ガラケー 女 名前。 煽り運転のガラケー女

煽り運転のガラケー女

ガラケー 女 名前

こんにちは。 バズインフィニティ編集部の天野です。 連日報道されている常磐道煽り運転のニュースですが、犯行に使われた白BMWが試乗車だったことがわかりました。 テレ朝newsによると、以下のように報じています。 10日、茨城県の常磐自動車道で車を運転中の男性が後方から来た白い高級外車にあおられ、運転手の男に顔を数回、殴られました。 車は神奈川県内のディーラーが貸し出していたことが分かっていますが、その後の取材で、先月21日に車の修理に訪れた県外の男性に代車として3日間の約束で貸し出されていたことが分かりました。 男性とは連絡が付かなくなるなどしていましたが、11日になって突然、代理人が返却に訪れたということです。 山本順三国家公安委員長は閣議後の会見で、「言語道断」「あらゆる刑罰法令を駆使し、抑止に努める」とコメントしました。 この報道にあるディーラーに試乗車の白BMW返却の代理人とはいったい誰なのでしょうか。 常磐道煽り運転殴打犯人のガラケー同乗者女との関連も含め、特定調査した結果をお伝えします。 関連記事 常磐道煽り運転殴打犯人のガラケー同乗者女は誰? 顔を特定! 常磐道煽り運転殴打の映像でもその存在が明らかになっているガラケーで撮影している同乗者の女ですが、この人物はいったい誰なのでしょうか。 一説には常磐道煽り運転者と夫婦だ、彼女だ、婚約者だ、妻だ、というような情報も散見しますが、その関係性に関しては現在までに特定されていません。 しかし、Twitterではボカシ無しのガラケー女の顔写真と思われる画像付きのツイートを発見しました。 おーいみんな〜! ボカシ無しを出せー!モザイクかけるな〜!って声がツイッター内で沢山出てるけどガラケー女のボカシ無しは既にでてるよ〜!😵 — すー バチェs3 suuu085 出回っているガラケー女の画像についてはほとんどが修正がされている写真ばかりのため、このガラケー女の顔を特定した写真は貴重な情報と言えます。 また他にもツイッターで、このガラケー女が被害者の車の後部座席のドア開けようとしてたのではないかとのツイートもありました。 犯人の行方が分からない現時点では、このガラケー同乗者の女がいったい誰なのかは特定が難しいですが、この許されない悪質な犯行の真相解明に今後の捜査の進展に期待したいところです。 ディーラーに試乗車白BMW返却の代理人を特定? 名前 実名 や顔写真 画像 は 常磐道煽り運転で使われた白BMWが試乗車であり、借りていた男の代理人がディーラーに返却していたことが報道により明らかになりました。 この代理人は白BMWをディーラーから借りていた男の知り合いとみられますが、一体誰だったのでしょうか。 現在までにわかっているこの代理人に関する情報は皆無ですが、常磐道煽り運転殴打の翌日に返却されていることからも、この代理人があおり運転の犯人に頼まれて返却した可能性は十分に考えられます。 この代理人が男性だったのか女性だったのかも定かではありませんが、もし女性だった場合、常磐道の煽り運転の際に同乗していたガラケー女かもしれません。 代理人が今回のあおり運転に何らかの形で加担していて罪に問われる場合は、名前 実名 や顔写真 画像 についても明らかになるでしょう。 その際はこちらでもその名前 実名 や顔写真 画像 についてお伝えできればと思います。 SNSやネットの反応 今回の報道で世論はどのように反応しているのでしょうか? SNSやネット掲示板への書き込みを抜粋して紹介します。 煽り運転でガラケーで録画してるアホ女はわざわざ自分側が不利になる証拠を保存してどうするの?バカなの?録画した方が勝ちとか思ってそうな低脳感w 高速道路上での停車も降車も 挙句同乗者の暴行もw 全て自分側が行ってる危険行為なのにな。 すげぇな。 何故録画しようと思ったのか純粋に知りたい。 — すけ。 同乗者の携帯女性自身も同罪。 厳罰に処して欲しい。 この2人は、別の形で何かまたやり兼ねません。 警察は早く逮捕して! — あっこ stopikko.

次の

煽り運転のガラケー女

ガラケー 女 名前

常磐自動車道で起きた「あおり運転暴行」事件の容疑者と同乗していた女性だとのデマを流された笹原えりなさんが、自身が営むしました。 声明は代理人弁護士の小沢一仁氏(インテグラル法律事務所所属)の名前で発表されており、笹原さんが同乗女性であるとの指摘に対し事実無根であること、心当たりが全くないことを伝えています。 また、同社に対して「当該情報に触れたと思われる人物からの電話が当社に殺到しており、業務に必要な電話を取ることができない」といった被害も起きているそうです。 このため笹原さんとその代理人弁護士は、 虚偽の情報を広めている者に対し法的措置を取ることを検討しているとのことです。 根拠のない不確定情報に惑わされて行動をしない あおり運転暴行事件の被疑者に対して、許されない、罰を受けるべきだという気持ちは理解できます。 しかし、不確定情報をもとに無関係の第三者を攻撃することも許されません。 それは男性を殴っていたあおり運転暴行事件の犯人と同じことをしているようなものではないでしょうか? 「この人が犯人なんだって」と言いたいのであれば、警察発表か、最低でも大手メディアが報道するまで待ちましょう。 今回の事件でも、殴った男の名前や顔がきちんと発表されたのは知っていると思います。 ネット上の不確定情報に惑わされてはいけません。 それは新たな被害者を生むと同時に、無関係の第三者の名誉を毀損する加害者も生み出します。

次の

“ガラケー女”に間違われた女性、人生を変えた壮絶な1日

ガラケー 女 名前

事件概要 茨城県守谷市の常磐自動車道で、男性があおり運転された上に暴行された事件で、県警は18日、傷害容疑で逮捕状を取り全国に指名手配していた住所、職業不詳の宮崎文夫容疑者(43)を大阪市内で逮捕した。 捜査関係者によると、宮崎容疑者は10日午前6時15分ごろ、守谷市の常磐道上り線で白の乗用車を運転し、茨城県阿見町の男性会社員(24)が運転する車に後方から接近。 前方に回り込んで停車させた上、乗用車を降りて男性の車に迫り、男性を「殺すぞ」などと脅迫して顔を数発殴り、けがを負わせた疑いが持たれている。 被害男性の車のドライブレコーダーが一部始終を捉えていた。 宮崎容疑者の車に同乗していた女も一緒に降車し、携帯電話で状況を撮影するなどしており、県警は女についても捜査を進めている。 宮崎容疑者は男性にあおり運転したほかにも、7月23日に静岡県内や愛知県内で同様の行為を繰り返していたとみられ、両県警も捜査を進めている。 関係者によると、宮崎容疑者が使用していた白の乗用車は横浜市内のディーラーが修理の代車として7月21日に3日間の約束で貸していたものだった。 しかし宮崎容疑者は「気に入ったので買うつもりだ」「仕事の都合で時間がかかる」などと応じなかったという。 ただ、茨城の事件翌日の8月11日、代理人が乗用車を返却してきた。 県警は15日、この乗用車を押収。 ディーラー側の貸し出し時の記録などから宮崎容疑者の身元を特定するとともにドライブレコーダーの映像分析を進めるなどしていた。

次の