鯛 あら煮。 臭みなく仕上げる秘密は3つ! プロが教える魚のアラ煮のレシピ

鯛のあら煮の作り方

鯛 あら煮

がおいしい! ゲストさん 07:53• がおいしい! ゲストさん 07:51• がおいしい! ゲストさん 07:43• がおいしい! ゲストさん 07:41• がおいしい! ゲストさん 07:13• がおいしい! ゲストさん 06:01• がおいしい! ゲストさん 05:10• がおいしい! ゲストさん 00:35• がおいしい! ゲストさん 00:29• がおいしい! ゲストさん 00:22• がおいしい! ゲストさん 00:22•

次の

【みんなが作ってる】 鯛のあら煮のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

鯛 あら煮

いろいろな食感とうまみがあって美味しい魚のアラ煮。 和食店や居酒屋などで見かけると、つい頼んでしまいませんか? 魚のアラは、魚屋さんで見かけると、とってもリーズナブル。 家でも作ってみたいものの、下処理の方法がわからないし、なにより臭みが気になる……。 そこで、魚のプロ、伊勢丹新宿店・東信水産の石戸宏さんに美味しく調理するコツを聞いてみました! 「魚のアラは、確かに形状が複雑なので下処理の方法には迷いますよね。 でも、塩&霜降りで臭みと汚れはしっかり取れるので、コツさえ分かれば簡単! アラは頭とカマには身が多く、目玉や唇のまわりはコラーゲンがたっぷり。 いろいろな味が楽しめる贅沢な部分なので、食べないのは損ですよ!」 これで臭みが取れる! 魚のアラ煮3つのポイント 1 「塩」で臭みを引き出してから、洗い流す 魚特有の臭みをとるため、煮る前に熱湯をかける「霜降り」は、煮魚の定番テクニック。 でも、霜降りの前に塩をふるのが、もっとしっかり臭みを抑えるポイントです。 塩の浸透圧の影響で魚の内側から水分が抜けてくると同時に臭みもしっかり抜けます。 2 取るべき「汚れ」は、触れば分かる 霜降りをすると、汚れは浮き上がってきます。 指で触ってみて、ひっかかりがある部分を洗い流せばOK。 3 臭み取りの秘密兵器は「ごぼう」! 香りが強いごぼうを一緒に煮ると、魚の臭みを上手にカバーしてくれます。 香りが大事なので、ごぼうは下ゆでしません。 臭みなく上品な仕上がり! 鯛のアラ煮のレシピ ︎材料(作りやすい分量)• 水…1カップ• 酒…1カップ• ごぼう…10㎝• しょうがの薄切り…3枚• 砂糖…大さじ1• みりん…小さじ1• しょうゆ…大さじ2• 「魚屋さんにお願いすれば、切り分けてもらえます。 「魚のアラは水から煮ます。 中火にして、煮汁をアラにかけながら煮汁がとろりとするまで煮る。 「煮詰まってくると、気泡がだんだん大きくなります。 「ゆずがなければ、木の芽や白髪ねぎでもいいですね」 しっかり煮汁を煮詰めていますが、身はふっくらとやわらく、コラーゲンはプルプル。 日本酒が欲しくなる味で、ごはんのおかずにもなるひと品です。

次の

【みんなが作ってる】 鯛 あら煮のレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

鯛 あら煮

ごぼうは皮をこそぎ落とし、5〜6cmの長さに切りそろえる 2. 酢水につけることで、アクを抜くだけでなく変色を防ぎます。 酢水は、ごぼうが浸る程度の水に対して酢小さじ1杯程度です。 今回はすでにぶつ切りされているものを使用したのでそのままですが、あらが大きい場合は塩をふる前にぶつ切りにしましょう。 煮詰めるときに身崩れしないように、大ぶりに切るようにしましょう。 塩をまぶすことで、表面にくさみがでてきます。 熱湯に浸して表面だけ加熱することを霜降りと言います。 熱湯してすぐのお湯では熱すぎて身が崩れやすくなるので、沸騰した鍋に直接入れるのはNGです。 さし水をしたり、一度沸騰させたお湯を別の容器に入れて、そこに鯛を入れたりなどワンクッション置いて温度を下げましょう。 手で触れられる温度になったら、表面のぬめりを洗い落とし、血合いなどを取り除きましょう。 霜降りするとうろこも簡単に取り除くことができます。

次の