パナソニック i pro センシング ソリューションズ 株式 会社。 医療用映像機器・部品の国内営業・マーケティング[パナソニックi

パナソニック、「i

パナソニック i pro センシング ソリューションズ 株式 会社

パナソニック(津賀一宏社長)は5月31日、国内外のセキュリティシステム事業を担当する新会社「パナソニックi-PROセンシングソリューションズ株式会社」を10月1日に設立し、ポラリス・キャピタル・グループ(ポラリス、木村雄治社長)と戦略的資本提携を行うと発表した。 パナソニックの社内分社であるコネクティッドソリューションズ社のセキュリティシステム事業は、これまで約60年にわたり市場のニーズに合わせて開発したセキュリティカメラなどの先進のエッジデバイスや、顔認証機能など特徴のあるソフトウェアを組み合わせて顧客に提供することで事業を展開し、日本国内のセキュリティカメラ市場でトップブランドの地位を確立している。 セキュリティ関連ビジネスはグローバルで安心、安全ニーズの高まりを受け、成長が見込まれる分野。 同社は事業会社を立ち上げることでこの分野での非連続な成長を実現することが可能と考え、新会社を設立し、ポラリスと戦略的資本提携を行うこととした。 新会社としてさらなる成長を目指すにあたり、複数の製造業や大企業との戦略的資本提携を通じて培ったポラリスの知識と経験を活用し、今後、セキュリティシステム事業の強みや特徴を受け継ぎながら、ポラリスから経営面を含めたリソースの支援を受けることで独立企業体として必要な体制をスムーズに、迅速に構築していく。 また、積極的なアライアンス、M&A戦略も視野に入れたソリューション力の強化、それらを武器にした北米マーケットを中心としたグローバルでの収益基盤の拡充、次世代に向けた新製品や新サービスの提供、医療機器向けカメラモジュールの販売拡大などを成長戦略の柱とし、これらを着実に実現することで、将来の株式上場も視野に入れて、独立企業体としての企業価値最大化を図っていく方針。 新会社のパナソニックi-PROセンシングソリューションズは、コネクティッドソリューションズ社セキュリティシステム事業部を母体に、イノベーションセンターのインダストリアルビジョン用小型カメラ研究・開発部門を加えて設立する。 また、米国のパナソニックシステムソリューションズノースアメリカ(PSSNA)のセキュリティ販売・開発部門を母体として新たに設立する新会社と、セキュリティカメラなどの製造を担当する中国のパナソニックシステムネットワークス蘇州(PSNS)を新会社の子会社とする。 なお、新会社設立後は、米国では新会社が直接、日本国内はパナソニックシステムソリューションズジャパンが、欧州、中国、東南アジア、オセアニア、カナダ、その他の地域では、現在販売を担当するパナソニックの各地域販売会社がそれぞれ新会社と契約し、同社ブランドのセキュリティカメラやソフトウェアなどを顧客に提供していく予定。 関連記事.

次の

パナソニックi‐PROセンシングソリューションズ株式会社 求人情報(福岡県/新会社アプリケーションリーダー〈販売

パナソニック i pro センシング ソリューションズ 株式 会社

パナソニックが半導体事業から撤退する方針を固めたことが28日、分かった。 台湾の新唐科技(ヌヴォトン・テクノロジー)に事業会社の株式を売却する。 パナソニックは同事業について令和2年3月期の黒字化を目指し、車載向けなどに注力することで立て直しを進めてきたが、米中貿易摩擦の影響などで販売が減速し、採算の好転が見込めないと判断した。 売却するのは、半導体の開発や製造などを手がける全額出資会社、パナソニックセミコンダクターソリューションズ(PSCS、京都府長岡京市)。 同社が49%を出資し、富山県や新潟県の3工場で車載や監視カメラ向けのイメージセンサーなどを生産する合弁会社も手放す。 パナソニックは過去に半導体の売上高で世界の上位に入ることもあったが、近年は積極投資でシェアを拡大した韓国や台湾メーカーとの競争激化で業績が悪化していた。 PSCSの平成31年3月期の売上高は922億円、営業損益は235億円の赤字だった。 全社的に業績が伸び悩むパナソニックは、収益力強化を目的に抜本的な事業構造改革を進めている。 今年4月に半導体事業の一部であるトランジスタやダイオードなどの事業売却を、今月21日には液晶パネル事業からの撤退をそれぞれ発表した。 津賀一宏社長は令和4年3月期までに「構造的な赤字事業を撲滅する」とし、赤字事業の売却や撤退を加速させる方針を掲げている。

次の

パナソニック、セキュリティシステム事業の新会社設立でポラリスと資本提携(週刊BCN+) パナソニック(津賀一宏社長)は5月31日、…|dメニューニュース(NTTドコモ)

パナソニック i pro センシング ソリューションズ 株式 会社

今でこそ働き方改革で改善されましたが、2年ほど… ワークライフバランス:不満 入社当初はわからなかったのですが、残業時間がとても多いです。 普段帰るのが9時以降になりますし、携帯も… 福利厚生:どちらでもない 福利厚生のシステムとしてはパナソニックグループということでしっかりしているのではないかと思います。 一番大きい要素は会社貸与の携帯を手放せないことです。 しかし業務が非常に多く、年度初期の目標を達成するためなら残業も… ワークライフバランス:とても不満 先ほども書いたように、残業が非常に多いです。 仕事ができる人ほど多く仕事を回されるので、帰宅できません… 福利厚生:どちらとも言えない 福利厚生は比較的充実している方だと思います。 有給休暇も法令より多くもらえます。 個人である以前に職業人であるのが良… 福利厚生:どちらとも言えない 福利厚生は一定以上評価できる水準であるとは思います。 ブラックかホワイトかの二択であれば、これはホワイトに属すると思います。 繫忙期は特に毎日残業になったりもしました。 そのこ… 福利厚生:満足 給料にも満足しており、残業代も15分単位で出ていました。 出張等にかかった金額も全て申請できました。 ブラック企業では全くないと思います。 圧倒的多数の50代は、その母数の多さから優秀な方ももちろんいるが、殆どがのらりくらりとしてる方が多いです。 彼らに新しい事を覚えさせるのは困難を極めます。 福利厚生、待遇面でいえば、半年前までパナソニックであり、大企業らしい良い面を引き継いでますが、それもあと2年間だけです。 その後はパナソニックのブランドも使えなくなり、待遇改悪は目に見えてます。 若い方は、働かないおっさんらを支えるため、通常の会社以上に辛い思いをするかもしれませんが、30代くらいまではそこそこ給料も上がるでしょうが、この会社が5年、10年存続するかはわかりません。

次の