新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット。 【コロナ休校】日本は9月入学だった?!メリットや世間の反応は?

【新学期9月案】9月入学制のメリットデメリットは?学年はどうなる?

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

この記事の概要はこちら• 9月入学をわかりやすく解説 今回、検討されている 「9月入学制度」ですが、文字通り 学校の入学及び新学期を現行の4月から9月に変更する という案になります。 現時点では、いつから? どこで区切るのか?など明確なことは決まっていません。 例えば来年の9月から施行された場合、通常なら4月から1年は2年、2年は3年と新学年に移行されますが、9月入学・新学期になると最初の1年目は引き延ばされるのか? また、卒業のタイミングも従来の3月から9月の一月前の8月に変更されるのか? など疑問点も多くあります。 そして、同時に 「9月入学」のメリット・デメリットも存在します。 日本も9月入学となると日本から海外への留学もしやすくなり、海外からの留学生の受け入れもしやすくなります。 夏なので、例えば今まで通りの冬の時期の受験トラブルでよくあった、雪で交通機関が乱れ受験会場に間に合わなかったなどの受験トラブルが少なくなり、 天気による影響が回避される可能性が高くなるかと思います。 例えば、休校しているところとしていないところ、また緊急事態宣言の動向次第では学校の運営も各自治体で大きく変わってくるかもしれません。 そうなると学校の再開時期が日本の各地でばらつき、学習の進み具合に差が出るかもしれません。 教育社会学専門の日本大学・広田照幸教授は 「今回の事態で本来4月から学ぶべき内容が十分学習できていない。 9月からのスタートに切り替えれば、改めて最初からしっかり学ぶことができ、遅れを補うことができる」 と指摘しています。 それが 「9月入学」に変更されるとなると必然的に卒業の時期も変わってしまうので、入社の時期もそれに合わして調整し直す必要が生じます。 卒業ソングなども春のイメージで作られているものが多いです。 そのような中、 「9月入学」になると今までのイメージが一新され、国民の方に理解を得られるかどうかの懸念があります。 特に、最初は違和感を感じるので抵抗感が出てくるのは致し方ないかもしれません。 ただ、これについては、逆にポジティブに考え、「秋」をイメージした卒業ソングなどを聞いてみたいという個人的な感情もあります。 1つ変えようとすると、すべての学校、教育段階に影響が出る。 変更は容易ではないと思う」 と指摘しています。 スポンサーリンク 入試・入社はいつ? 「9月入学」となると入試・入社の時期も変更されることは必須かと思います。 ちなみに現在は 入試が1月の終わりから2月の頭。 新卒入社が4月。 というのが一般的のようです。 そうなると、これついてはあくまで憶測ですが、個人的には 入試:7月の終わりから8月の頭 入社:9月 と、なってくるのではないでしょうか? ただ、こうした大幅な変更は、同時に大幅な調整を強いられることになります。 学校や企業への負担はもちろん、家庭の経済的な影響が増すことなどが強く懸念されています。 今までのルーティンから外れることは人間の本能的にも拒否反応を示すことも多く、今後より慎重な対応で進めていかなければならないかと思います。 個人的な不安点 ここはあくまで個人的に思った不安点・疑問点を挙げたいと思います。 さきほど挙げた、入試時期が7月の終わりから8月の頭 に変更されるとなると、地方予選を含めてもろに入試時期と被ることとなります。 そうなると、 この時期に大会開催できるのか?と思ってしまいます。 また、現状では冬に全国大会があるサッカーやバスケットボールなどがありますが、サッカーやバスケットボールでは夏のインターハイで引退するというケースが結構あります。 そうなると、高校野球もそのうち春の選抜で引退するというケースも出てくるかもしれません。 例えばプロ野球は開幕が3月、新人選手は大体1月上旬に入寮します。 そうなると仮に 「9月入学制度」の場合、8月卒業になるので、高校や大学に在籍していない空白期間が出来てしまいます。 さすがにプロ野球の開幕時期変更などは難しいので、入寮時期の変更などはあるかもしれませんが。。 まとめ 今回は 「9月入学制度」についてのメリット・デメリットについて調査・まとめてみました! 大幅な変更が余儀なくされるので現実的には少し厳しいのではというのが正直な感想です。 少なからずメリット・デメリットがあるので慎重な対応が必要な政策ではないかと感じました! それではご覧頂きありがとうございました。

次の

【新学期9月案】9月入学をどう思う?著名人の反応は?

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

最近注目されている9月入学案について、萩生田文部科学大臣も検討していることを発表しました。 【速報】 「9月入学」の検討 萩生田文部科学大臣 は 「9月入学 について選択肢の1つ」として検討中を明らかにしました。 — あかね??? 現実味を帯びてきた9月入学制案について、著名人はどう思っているのか、声を集めてみました。 「9月入学、今が最大のチャンスだ」「この4カ月でオンラインの教育環境を一気に整備すべきだ」橋下氏と玉木氏が意気投合(AbemaTIMES) — Yahoo! 多くの外国では9月入学が一般的です。 橋本氏も9月入学制にし国際基準に合わせることで、海外の大学へ進学する場合には必要なことと話しています。 また、現行の長期休暇としての夏休みは、1年間の学びを通していく上で間に挟むことは 非常に非効率としています。 アメリカなどは9月入学(新学期)し、6月頃に終わり、あとは長期休暇となります。 橋本氏も学年の終わりに長期休暇を与えることが本来の姿だと話しており、今が最大のチャンスだと力説しています。 賛成の理由 ・国際標準 ・平等なスタート ・中止になった学校行事等の復活 尾木ママ氏も橋本氏と同様に国際基準に合わせることで、 交換留学生などがやりやすくなり、優秀な人材を交流することで 大学のレベルが上がる。 それに伴い小中高もレベルが上がり、全体的な向上につながることをポイントとして挙げています。 そして、現在の休校期間は地域により異なり、学業時間に差が生じています。 これを9月入学制にすることで、改めて一斉にスタートできるので平等に始められると話しています。 また、インターハイや様々な学校行事も復活することが可能になるという点も挙げており、 9月入学制賛成派となっています。 9月入学制にすることで混乱は生じるだろうが、すでに今現在が混乱している最中だと話しています。 確かに、そう言われればそうですよね。 世界の先進諸国はほぼ9月 8月 入学。 今後、10年、20年先の日本の将来を考えた時、若者が世界で活躍しやすいように、日本も世界標準の9月入学にすべきだ。 現在のコロナの休学に伴う学力格差を防ぐことにもなる。 勿論、9月までの子供達の心のケアは当然担保する。 明日の全国知事会で強くプッシュする。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura 萩生田大臣には是非決断して貰いたい!これはコロナのピンチをチャンスに変える事になります。 その理由の多くはやはり 「混乱や戸惑い」といったところです。 新年度は4月という日本の文化を変えることへの抵抗。 変化を嫌い、保守的な日本人特有の性格を垣間見れたような気がします。 反対派の意見 ・学年はどうなる? ・暑い季節に卒業式?入学式? ・4月から始まるのが普通だし・・・ といった意見ばかりが目立ちました。 もちろん金銭的負担や学生の精神的な負担などを考慮したまっとうな反対意見もありましたが、反対派の意見としては現状を変えたくないという人の心理が大きいように見受けられました。 メディアでは、「今こそやるべき」というような意見も目立ちますが、社会全体の仕組みが変わることなので、こういう人もいても良いと思います。 いろんな観点から議論を重ねて欲しいですよね。 9月入学については、無責任な議論が横行している。 ちょっと真面目に考えれば、その困難さが分かるはずだ。 文部科学省で過去に何度も検討したことがある。 今の高3生のためには、大学の9月入学枠をできるだけ広げることと、9月入学のためのセンター試験を来年6~7月に実施することを検討すべきだ。 — 前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) brahmslover 今年の小1を9月に入学させると、その12分の5は入学時に7歳になる。 来年以降もそうするなら、義務教育の年齢を「6歳から」でなく「6歳5か月から」に変えることになる。 もし来年9月の新入生を6歳に戻すなら、来年の4~8月に6歳になる子も加わるから、この学年だけ人数が4割超多くなる。 — 前川喜平(右傾化を深く憂慮する一市民) brahmslover 【9月入学制 賛成or反対 まとめ】 著名人では賛成派が多く、9月入学制に向けて前向きに検討されていきそうですよね。 これからの議論では 「本当に実現可能なのか」というところに焦点が合わされ、様々なシュミレーションを繰り返し検討されていくのではないでしょうか。 まずは終息に向けて国民全員一致団結することが最優先ですが、9月入学制の実現についても 注目ですね。 当サイトへのアクセスありがとうございます。 昭和生まれ、平成、令和と時代を跨ぎテクノロジーの目まぐるしい進化を体感した世代です。 インターネットの普及と共に テレビ以外の動画コンテンツが増える続ける昨今、昭和から平成にかけてテレビ一択だった時代から、令和の時代は 映像を楽しむ選択肢も増えています。 当サイトではそんな動画コンテンツを 無料で楽しめる方法を調査し、案内しております。 平成までは「録画して見る」ですが、 令和は 「インターネットで見る」です。 テレビ番組もインターネットで楽しめる方法がありますので、是非ご参考にください。 また話題の人物にもフォーカスを当て、最新情報を綴っていきたいと思います。 ごゆっくりお時間許す限りお楽しみください。 タグクラウド.

次の

コロナ休校|9月新学期制が導入されたら、学年の区切りはどうなるの?メリットデメリットも

新学期、9月、コロナ、東京、メリット、デメリット

広告 個人的には賛成 まず、立場をはっきりさせておきますが私は 9月入学・新学期に賛成です。 理由は、この後で細かく解説する中で出てきますが、なるべく簡潔に言うと「9月入学・新学期が浸透しきった後のデメリットが存在しない」ということからです。 それでは、解説していきましょう。 グルーバルスタンダード目線だと9月入学・新学期 実は世界標準的に見ると、9月入学・新学期が一般的です。 半数ほどの国が9月入学・新学期なんですね。 日本のトップ大学といえば、東京大学ですがグルーバルな各国の大学と比較するとランキングでは低いままですよね。 そこで9月入学・新学期が実現すれば各国からグルーバルで優秀な人材が受け入れやすくなり、ランキングも向上するという考え方があります。 9月入学・新学期の影響は大きい たとえば、東京大宇だけ9月とするわけにはいかないというのが大きなポイントです。 一つの大学だけ9月入学・新学期にしたところで、新卒の入社時期や高校卒業後の空白タイムなどが発生してしまいますからね。 足並みを揃えて9月入学・新学期とし、新卒入社時期もズラす必要が出てくるわけです。 これが難しいため、中々実現しなかったのが今までの流れです。 9月入学・新学期のデメリット 9月入学・新学期のデメリットから見ていきましょう。 卒業月と入学月がズレる いわゆる「 ギャップイヤー」「 ギャップターム」などの名称で呼ばれるもので、いざ9月入学とした場合に卒業月が今まで通り3月にしても、逆に入学月に合わせて8月にしても空白の期間が存在してしまうという問題です。 たとえば、高校3年生が3月に卒業した後、9月まで大学に入学できないとなると、その期間に何をするのかという問題が出てきます。 ただ、これって日本特有の問題だったりもします。 学生自体に主体性がない人が多いため、自分で空いた期間に何をするのかが決められないってことなんです。 空白期間をデメリットとして考えてしまうんですね。 その間に勉強したり、経験を積んだりと私から見るとメリットに感じますけどね。 子供を養う必要があると思っている親からすると、負担になる可能性は消えませんけども。 企業の新卒採用時期を見直す必要がある 実際に9月入学・新学期が始まった後に関しては、卒業月が8月となりますよね。 そうなると、高校、大学の入学・新学期月に合わせて採用企業の入社時期も9月にする必要が出てきます。 これが大変というものです。 経営が厳しい学校の空白期間 9月入学・新学期が導入される最初の年は、3月卒業の可能性が高いため、その間の期間の授業料や入学料が入ってこないことになります。 もし、自転車操業の経営状態にある学校であれば、破産する可能性は充分あります。 これに関しては、政府が無利子の貸付を行うべきでしょう。 決算月などの影響 新学期に合わせた形で決算月を3月末としている企業が日本には多く存在します。 もちろん、年末にしている企業も多いです。 どこまで4月でないといけない企業があるのかはわかりませんが、影響がないとも言えません。 春が新生活という文化イメージが損なわれる 新学期といえば日本のイメージでは「桜」が思い浮かぶ人も多いでしょう。 それに合わせて学校の通学路に桜を植えている地域も実際に多く存在します。 それが今後は紅葉に変わることになるのでしょうか。 味気ないと考える人も多いでしょね。 9月入学・新学期のメリット では、9月入学・新学期のメリットです。 グローバル人材が増えることによる学力の向上 グローバルスタンダード的な視点としては、9月入学・新学期は一般的です。 となると、それに合わせて日本の学校に留学しにくる学生や、逆に海外へ留学というのも時期を調整しやすくなります。 学力の向上というのは、国力の向上に密接に関わっています。 非常に重要なメリットと言えます。 休校中の学生達の救済となる 現在、日本の学生のほとんどは休校の影響で4月からの授業を受けられていません。 このまま4月入学・新学期として進むと受験期にある学生の学力低下が心配です。 それに現在では、オンライン授業も単位として認められていないことから、単位不足となる学生も多く存在するでしょう。 そんな学生達も9月入学・新学期が導入されれば、多少は救済されることでしょう。 そもそも日本が4月入学・新学期になった理由は米農業の影響 文化的に日本は昔から4月が入学・新学期と思われるかもしれませんが、違います。 実際には、明治時代までは9月入学・新学期でした。 メチャクチャ最近の話なんですよ4月入学・新学期は。 当時は、主要産業だった米農業は秋に収穫して、それが現金化されるのが遅かったんですね。 それに合わせて会計年度を4月~3月と定めたわけです。 今となっては、主要産業が米なんてこともありませんし、現金化もそんなに遅くありません。 まったく4月にしている理由がないんです。 受験期の雪やインフルエンザの影響がない 毎年、降雪によって交通がストップし、受験に影響が出る学生が多く存在します。 そんな不運は可哀そうだと思いませんか? それに夏が受験であれば、インフルエンザが流行することもありません。 これは大きなメリットです。 デメリットのほとんどが実現後に存在しなくなる デメリットを先に紹介しましたが、そのほとんどが9月入学・新学期が導入されて5年もすれば存在しなくなります。 まず、「ギャップイヤー」「ギャップターム」などはその年にしか発生しません。 それに9月入学・新学期に対応するために使用した費用も、数年も経てば影響は少なくなります。 何か大きな変革がある時は、その準備が大変なだけで終わった後はより良く変わっているものなんです。 準備が大変なんていうしょうもない理由を出し始めたらキリがなく、何も変革なんてできません。 どちらになったとしても早期決定が必要 現在、新型コロナウイルス感染症 COVID-19 に関しての対応は、どの国も後手に回っていることが非常に多いです。 ドイツなどは医療崩壊を起こす前に緊急以外の手術を延期させて、病院を開放したりなど先手を打っているイメージはありますが…。 9月入学・新学期が実現するとなれば、学校・企業・自治体・家庭のどれもに多大な影響が出ます。 では、今からお願いします。 なんて簡単にいきません。 実現するしないに関わらず、早期に方針を決定していただきたいですね。

次の