馬鹿 でも チョン でも。 「馬鹿でもチョンでも」は差別語ではない

馬鹿チョン を 英語

馬鹿 でも チョン でも

ソウル地方弁護士会 日本右翼団体のデモ中止を要請 【ソウル聯合ニュース】 韓国のソウル地方弁護士会は2日、「日本の右翼団体が東京や大阪などで行っている在日韓国人を狙った無分別な人種差別的反韓デモを直ちに中止するよう要請する」との声明を出した。 隣国として善隣友好協力関係を築き、両国の訪問客数は年間500万人に上るが、右翼団体の反韓デモは両国関係に水を差すと憂慮を示した。 また、 「意志ある日本の国会議員や市民らは反韓デモに反対している。 日本弁護士連合会会長を務めた宇都宮健児元氏らが東京弁護士会に人権救済を申し立てた。 日本政府が彼らの声に耳を傾け、在日韓国人の身の安全と人権の保護に積極的に乗り出してほしい」と促した。 同弁護士会は、日弁連をはじめ第二東京弁護士会、大阪弁護士会など日本の弁護士会に書簡を送り、協力を要請した。 聯合ニュース 4月2日 火 19時32分配信 いやもうね、馬鹿チョンの慌てぶりが目に見えるようだ。 ソウル弁護士会が日本政府に、反韓運動中止を要請する声明を出したってことは、 在特会をはじめとする 反韓運動は功を奏しているということなのだ。 取るに足らないネトウヨの下らない幼稚なデモなら、 黙って無視すればいいからだ。 しかし無視できないところにきているのである。 とはいうものの・・・ さすが馬鹿チョン、されど馬鹿チョン、整形しても通名でも馬鹿チョンである。 こいつら馬鹿チョンは、いままで 反日運動でどれだけ過激なことやってきたか、 朝鮮人にはまったく理解できていない、否、出来ないのである。 下劣・低脳丸出し議員が日の丸を踏んだり、 日本の国鳥キジ、豚、犬などを日本に見立て、 それを惨殺して喜んでいるキチガイどもである! これを見れば、在特会の『馬鹿チョン殺せ~』など可愛いものである。 チョンの反日デモ・集会など、品がないどころか猟奇的、変態的でさえある。 しかしやはり在特会は日本人、馬鹿チョンと同じ真似は出来ないわwww だって日本人は文明人だからな。 』だの『日本に核攻撃せよ! 馬鹿チョンwww いつも書いてるように・・・ 朝鮮賊には 自己客観視・反省という精神機能が備わっていない。 ところがいざ、自分たちが同じこと・・・の十分の一のことでもされると、 もうまるで収容所のユダヤ人みたいに、 被害者意識丸出しで、 差別ニダ~、レイシスト怖いニダ~、政府は取り締まるべきニダ~wwwと、 馬鹿チョン伝統の 事大主義精神が満開になるゴミ民賊である。 以前のエントリにも書いたが・・・ 私は個人的には在特会みたいなデモ表現の方法は、 心情的には共感するものはあるが、戦術的には不適切だと思っている。 頑張れ日本行動委員会みたく整然と淡々とデモる方が効果的だと思う。 『殺せ』とか『たたき出せ』という罵声を感情的にあげるより、 『在日特別永住権廃止!』、『在日特権廃止!』、『在日の生保禁止せよ!』・・・ などのプラカードやシュプレヒコールの方が、一般には受け入れやすいと思う。 さて・・・ > 「意志ある日本の国会議員や市民らは反韓デモに反対している。 日本弁護士連合会会長を務めた宇都宮健児元氏らが東京弁護士会に 人権救済を申し立てた。 日本政府が彼らの声に耳を傾け、 在日韓国人の身の安全と人権の保護に積極的に乗り出してほしい」 ま、反日親韓朝の日弁連ですからね(笑) 『意思のある日本の国会議員や市民』は・・・ 南北半島の反日運動には反対しないのか? 日本を悪し様に侮蔑する反日教育を非難しないのか? 日本に見立てた動物虐待を非難しないのか? さらに・・・ これ 『日本人を殺せ! 』って書いてあるんじゃない? いいの、人権屋さん? 反韓は許されないが、 反日は 許されるのか!? 南北チョーセン人が異常な反日運動をやっても知らん顔、 日本人がちょっと過激な『罵声』だけの反チョンデモやっただけで、 人権侵害だの、政府への救済要請だの・・・ これが、 人権を売り物に在日を擁護する、 卑しい売国日本人の実態だ! 所詮 ダブルスタンダードの売国市民団体らの言うことである。 政治屋とは民主( ヨシフ有田)・共産・社民党の議員らであろう。 こいつらはいずれ日本政界から消えてなくなる売国奴のカスである。 <参考コピペ> 『有田芳生がTwitterで朝鮮工作機関の内部情報をうっかり大暴露!!! あげくの果てに「特定日本人」などとセンスの欠片もない造語で逃げる始末!!!! 』 私は 在特会らの排害運動とそれに呼応する、 在日&売国勢力の対立が益々深まり、社会問題化すればよいと思っている。 知られざる 特別永住権や、 強制連行の 嘘などが知れ渡るきっかけになるからである。 日本政府は、反日運動を国策とする馬鹿を真似る必要は無いが、 少なくとも在日チョンを付け上がらせてきた 特別永住権や、 対外国人 生活保護受給などを断固廃止すべきではないだろうか。 とにかく在日チョーセン人とは、日本に来たときから、 日本にはロクなことしかして来なかった有害民賊である。 こいつらが日本からいなくなって欲しいのは私も同感である。 戦後の混乱期にも日本政府は、 在日を日本列島から追い出そうとしていたのだ。 それほど在日チョーセン人とは有害異常な生物なのだ。 マッカーサーGHQ総司令官への書簡 在特会こそ、 愛国無罪! 在特会の行動を「利敵行為になるだけ」と批判する人たちもいますが、在特会を批判「だけ」すれば済む問題ではないでしょう。 「卵が先か、鶏が先か」的論法?で行けば、糾弾対象を「殺せ」と叫ぶだの、下品な手法を使うのは特亜の反日デモが元祖であり、本家ですね。 「在特会の様なレイシスト集団を取り締まれ」と火病っているスターリン議員はこの事を知った上で一方通行でしかない取り締まりをやれと言ってるのでしょうか? 特亜ではもう教育現場から徹底的に反日を刷りこまれ、TVからは反日ドラマが洪水?のように流れ(しかも嘘とデマに塗れた)・・・そんな状況下に幼い時から置かれた人間が、日本人をどういう風に見るか、スターリン議員には理解出来るのでしょうか?加えるのならば反在特会勢力として生まれた(爆笑)「レイシストしばき隊」も「レイシズム許すな」のスローガンとは裏腹に中指立てるは、生卵を投げるは(立派な犯罪行為)、ポスターも品の無い、悪趣味なデザインと文言を使うは、「どっちがレイシストだよ?」「お前が言うな」と突っ込まざるを得ない暴挙を、マスゴミが甘やかすのをいいことにやりたい放題ですね。 在特会の場合と違って彼らの周囲には諌める者がいないと見えて、一向に止める気配がありません。 在特会のデモや集会の方法を一般にも説得力を持たせるよう提言する一方で、左巻きの「反レイシズム」の化けの皮を剥ぐようにするのが得策でしょうね。 何を言ってもやっても無駄な人たちは責めようがありません。 話は変わりますが昔の写真なんか見て思うのですが、背は低いけど、顔の彫りなんかメチャクチャ深かったんです。 それがですね、最近は、ひらぺったい顔の連中なんかが増えてきてるんです。 働かないとか、運動しないとかそういう理由もあるでしょうけど、変な形で古代から弥生人が移民1000万みたいな感じでやってきて、混血が進んで、九州、その他の港町とかで、支那、チョンとかの汚いのが混じって、段々日本中に広がり、人相がアジア顔になってしまったのではあるまいかと思っちゃうんです。 厳しく取り締まらなかったら、地理的に近いですからどうなるか分かりませんよ。 明治時代、井上馨をはじめ政府首脳が日本人とアルメニア人との混血を進めようとした気持ちがよく分かります。 チョンが問題起こす、批判する、反日が擁護する、誹謗中傷合戦、うやむやにする、忘れる前に次の問題がやってくる…この繰り返し、敵が分かってるのに誰も攻撃しない。 結局正論よりも、詐欺師の人柄で極論を取ってしまう 、ある種の恋煩いみたいな選択をする奴が日本の中枢にいる訳ですね。 それが空気になったり。 正論を言う人を、空気でなんとなくよくないイメージで追いやる。 難しい人の正論を聞いてよりよくするより、オチャラケ人間の極論を聞いて、一緒にダメになる方を選択する。 気持ちの問題で。 これは私にも当てはまる事だと思うのですが、この構図が日本人を支配している一端だと思うんです。 日本という国は正論が通じないですから。 分かり切ってる外国の敵に対して、口で批判しても結局、文句言って御仕舞なんです。 反日日本人という後ろ盾、あいまいな日本人という最前線防御になる連中を叩けばいいのにやらないんですね。 保守も含めて。 それに朝鮮をあんなふうに誰がしたか。 日本人でしょ。 やま様 >昔の写真なんか見て思うのですが、背は低いけど、顔の彫りなんかメチャクチャ深かったんです。 そういえば、そんな印象ありますね。 江戸時代末期の写真とか明治の元勲などは、確かに彫りが深いように思います。 仰るように日韓併合などするから、半島の劣等生物が日本人に混入してきたからかも知れませんね。 さらに戦後は密航できて『強制連行ニダww』とか、特別永住権など、フザケた話です。 日本人はとにかく、良きにつけ、悪しきにつけ情緒的民族で、論理よりその場の雰囲気に左右されやすい民族なのは、山本七平さんらが述べていることです。 さらに判官びいきというのもあって、弱者といわれるとすぐ同情に走ってしまう悲しい性があります。 チョンはそれを巧みに利用して日本人に付け入ります。 それで泣く人間もかなりいるのに、同じことを繰り返す学習能力の無さには呆れます。 まあこれもチョンとは別の意味での民族のDNAなのかも知れません。 >それに朝鮮をあんなふうに誰がしたか。 日本人でしょ。 激しく同意します。 なにわ爺様 そうですね、日本人の民族解体が始まっているということでしょう。 中川秀直や野中広務などの『シナ人1000万人移民計画』など、まさにシナによる日本解体計画の一環でしょう。 シナチョンなど日本人の劣化が一番促進される悪性生物ですから、こんなんが続々今でも日本に住み着いているのは国家安全保障上、重大なる危険性をはらんでいます。 しかしNHKをはじめとしたマスゴミを完全に支配しているシナが、ナンとでも情弱を動かしますからね・・・ 在日韓国人がかいているブログでは、韓国人による 「戸沢村と加津良神社乗っ取り事件、対馬に侵攻を目論む」 理由について『日本にもつけこまれる土壌がある』と議論しています。 livedoor. html 『 もし在日韓国人に地方参政権が与えられれば 韓国政府の意向を受けた地方公共団体の長や議員が必ず誕生し 実質的に対馬は「乗っ取られる」でしょう 』 !!! カナダではアジア系移民(特に中国系)の増加が激しくて、 移民を制限しようという動きが出てきているようですし、 米国オーストラリアでも韓国人移民への排斥が始まっています。 日本も早く、外国人の入国条件を厳しくするべきです。

次の

NHK生出演中ノーベル賞の吉野彰さん「馬鹿だチョンだと言われながら頑張った」→司会者「今馬鹿だチョンだと不適切な発言が…」と謝罪 言葉の意味すら理解していないNHK

馬鹿 でも チョン でも

チョンは大元は芝居の幕間に拍子木を鳴らす音(チョンの間)や盆踊りの手拍子(チョチョンがチョン)から短い時間のことを指していました。 それが、ちょっとした事、程度の軽いもの(「チョンとボタンを押す」など)となり、さらに頭が悪いもの、間抜け、程度の悪いものと変化し、そこからバカチョンという言葉が生まれました。 朝鮮人、韓国人をチョンというのは彼らを見下して頭が悪いという意味でチョンを使い出した説と、朝鮮が訛った説、朝鮮人男性の髷(チョンガー)に由来する説などあります。 バカチョンが差別用語になってしまうなら、釣りの「チョン掛け」や相撲の決まり手の「ちょん掛け」も差別用語になってしまいますね。 まぁ、バカチョンは罵り言葉でもあるのであまり使わないほうがいいですけどね。 これは使ってはいけないことばです。 朝鮮はチョスンと発音されていて、チョンで朝鮮人を呼んでいました。 これは国語語彙史の研究書をみないといけないのですが、多分日韓併合のころからの植民関係になってからだと思います。 コンピュータの解説本に『猿でもできるMac』というのがありましたが、これも差別用語です。 犬山の霊長類研究所で実験している猿には、おばかな人間より賢そうな猿もいます。 そうですね、シナポコペンというのがありますが、差別用語です。 シナはChinaですから本来差別用語ではないのですが。 ポコペンは、親から受け継いだ田畑を分けて、貧乏になるばかもの、という意味があるので、差別用語です。 むかし『猿飛佐助』という漫画があり、しなちょうせん連合隊というのがでてきました。 メンバーの一人はぽこぺん小僧というのです。 作品中には差別のニュアンスはまるでありません。 むしろ大陸半島のすぐれた技術を持っているひとたちということで、むしろ尊敬の念すらありましたが、現代の用語使用ではやはりまずいでしょう。 『きちがい部落周遊記』という書がありましたが、これは著者自身が、差別用語のオンパレードだといって、時代の移り変わりを慨嘆していました。 あとは身体不具に関する言葉です。 学校では、むかしのばかな生徒というのは、いってはいけないので、今は発達障害児童というそうです。 私てきには、後者の方が差別の度合いが大きく響くのですが・・・・ ビートたけしさんは、あたまの不自由な人 と言い換えてました。

次の

江戸時代からあった言葉「バカチョン」が差別用語になった経緯

馬鹿 でも チョン でも

意味と用法 [ ] 「ちょん」とは「『半人前』や『取るに足らない人』のことを、芝居の終わりに打つ拍子木の音になぞらえた言葉」であったとされる。 「 第二版」は、「ちょん」の用例として、近世の明治時代の、「」から、『 ばかだの、ちょんだの』と言う記述を引用している。 「バカチョンカメラ」という言葉は日本語としても語呂がよくインパクトの強い表現であったため、口語のみならず活字表現としても広く使用され、コンパクトカメラ全体を指す代名詞となった。 本来の意味は「 vacation camera」であり、これをローマ字読みして「バカチョンカメラ」になったものである。 また一般用語として広まる過程において、「馬鹿でもチョンとシャッターを押せば撮れる」「馬鹿でも(差別対象である)朝鮮人でも撮れる」など、元々の意味とは異なるさまざまな解釈が誕生し、現在に至っている。 ばかちょんカメラは、従来カメラと縁遠かった女性や子供を販売の対象としており、かつて高嶺の花であったカメラを、安い値段で、いつでもどこでも誰でも簡単に撮影できるものとした商品であった。 こうした事情から、単に見下した侮蔑語ではなく、コンパクトカメラに対する親しみも込められていたと考えられる。 「」も参照 差別表現とされた経緯 [ ] 「バカチョン」という言葉がマスコミ各社で、いつから自粛されるようになったのかははっきりしていないが、「バカチョンカメラ」という語に対し差別表現であるとマスメディア等が抗議を受けた例としては、1975年2月にエジプトから帰国したがNHKにて「バカチョンカメラをもってゆくべきだった」と語った際のものが古い。 もともと朝鮮人を表す差別用語としての「チョン」という語が存在していたために「馬鹿な朝鮮人でも」「馬鹿でも朝鮮人でも」という差別的な意味と混同されて認識されることも多く、少なくとも2000年代前半には自粛されるようになっていったと考えられる。 NHKによって発表された「NHKの考える放送可能用語」に民放各社が追従するようになった2008年以降の日本では、特に放送業界において反射的にとなり、になっている。 1992年には、作品に「バカチョンカメラ」という表現があると、全国在日朝鮮人教育研究協議会(現全国在日外国人教育研究協議会)広島が抗議したことによりと発行の書籍が回収され、改訂版で謝罪文を掲載した。 が発行するでは、1981年2月1日に発行された第3版では見出し語として「ばかちょんカメラ」が存在したが、2011年に発行された第7版では既に見出し語からなくなっている。 脚注 [ ] 注釈 [ ] []• 『 第三版』では「 ばかちょんカメラ」と表記されている。 出典 [ ] [].

次の