ペパーミント ティー 効能。 ペパーミントティーの効能!集中力アップや整腸作用に効果的!妊婦さんは要注意!

うれしい効果がたくさん! ペパーミントの効能や使い方をご紹介します

ペパーミント ティー 効能

イギリスで栽培されたものが最高品質と言われている。 カフェイン ノンカフェイン 主な成分 メントール、精油成分、フラボノイド、タンニン、ミントポリフェノール、ビタミンB群、カリウム、カルシウム 作用 鎮静作用、鎮痛作用、発汗作用、殺菌作用、解熱作用、消炎作用、冷却作用 味覚 鼻に抜ける独特の芳香があり、清涼感のある風味 ペパーミントの歴史 ミントは、3500年以上も昔からヨーロッパで栽培され、親しまれてきたハーブ。 古代ギリシャでは、健胃薬や気付け薬として使われてきた他、髪や体を洗う石鹸の原料にも使われていたそうです。 飲酒が禁止されているイスラム教圏では、昔からアルコールの代わりにミントティーが良く飲まれています。 現在、ミントの種類は600品種ほどもありますが、大きく分けて、スペアミントとペパーミントに分類されます。 ペパーミントは、スペアミントとウォーターミントの交配種で、スペアミントよりも芳香が強く、薬効高いのが特徴。 そのため、ヨーロッパで薬用として利用されているのは、ほとんどペパーミントです。 ペパーミントにしか含まれていない有効成分もあるので、健康茶としても、スペアミントティーよりペパーミントティーの方に幅広い効能が期待できると言えます。 ペパーミントティーの期待できる効能• 胃もたれ改善• 膨満感改善• 胃痙攣の予防• 消化促進• 心身のリラックス• 下痢改善• 便秘改善• アレルギー症状改善• 乗り物酔い改善• 吐き気を抑える• 呼吸を楽にする• 風邪予防• 口臭改善 美肌作りから胃もたれ解消まで、ペパーミントには多くの薬効があるので、体の調子を整えるために賢く活用したいハーブです。 ここで、ペパーミントティーに含まれる有効成分が、人間の体内でどのような作用をもたらすのかをご紹介します。 精油成分メントールが、カラダと心に幅広い効能を発揮する ペパーミントの強い芳香は、揮発性精油成分であるメントールによるもの。 神経系に作用して脳内物質であるドーパミンの分泌を促進し、 気分をリフレッシュさせます。 そのため、 集中力を高めたい時や、気力を向上させたい時、緊張を和らげたい時などにペパーミントティーを飲むと良いとされています。 気持ちを落ち着かせる作用があるので、寝る前に飲むことで、 安眠効果も得られるようです。 そしてメンソールは、 筋肉の緊張をゆるめて痙攣を抑える働きもします。 腸のぜんどう運動を正常に保ち、 下痢や便秘を改善する効果や、胃痙攣を抑える効果、吐き気の改善が期待できます。 乗り物酔いの嘔吐反応も抑えることが可能。 胸や喉の筋肉もリラックスさせるので、 咳による胸の痛みや呼吸を楽にする効果も。 また、メントールには鎮痛薬としての効果もあり、痛みを和らげる神経物質の分泌を促し、 痛みの原因物質が生成されることを防ぐ作用があるため、 胃腸の不調による不快感や痛みを軽減します。 その他、 片頭痛や生理痛の緩和も見込めます。 メントールの効能はまだあります。 強力な 抗菌作用により、口腔内を清潔に保ち 口臭予防効果もあるのです。 ペパーミントティーでうがいをするだけでも、喫煙、飲酒、玉ねぎやニンニクなどの食べ物による口臭を改善できると言われています。 皮膚を活性化させる作用や、過剰な皮脂の分泌を抑えて肌を引き締める作用もあるので、 美肌作りにも効果的。 ルテオリン・ロズマリン酸・アズレンが、内臓や皮膚の炎症を抑える ペパーミントティーに含まれるルテオリン、ロズマリン酸、アズレンには、 抗アレルギー作用と抗炎症作用があり、花粉症やアトピーなどのアレルギー症状を抑える効果があるとされています。 アズレンは、特に 消化器官の炎症を抑える作用が高いとされています。 これらの成分の抗炎症作用と、メントールの皮脂分泌抑制作用との相乗効果により、 ニキビの改善も見込めます。 ペパーミント特有の成分ミントポリフェノールが、アレルギーを改善する 数多くのミントの中でも、ペパーミントだけに含まれている成分ミントポリフェノールは、 抗アレルギー作用があり、アレルギー症状を引き起こす神経物質ヒスタミンの分泌を抑制します。 ルテオリン、ロズマリン酸、アズレンと同様、 花粉症やアトピー、鼻炎などのアレルギー症状改善に効果を発揮します。 メントンが消化を助け、胃部不快感を和らげる 精油中に含まれる成分の1つで、メントール同様にハッカの芳香があります。 メントンは、 胆汁の分泌を促進して、タンパク質の分解・消化をサポートします。 食べすぎや飲みすぎによる 胃もたれや食欲不振を改善すると言われています。 ペパーミントティーの副作用 まれに、体質によってペパーミントでアレルギーが起こる場合があります。 ペパーミントティーを飲んだ後に、 頭痛、めまい、口内炎などのアレルギー症状が現れた時は、飲用を止めてください。 また、ペパーミントは、胃の痙攣を抑えて吐き気を緩和する作用がありますが、胃酸を食道に逆流させる働きもするので、 胃食道逆流症(GERD)を患っている場合は、ペパーミントティーで症状が悪化する可能性があるため注意が必要。 胃潰瘍がある人も、ペパーミントティーに含まれるメントールの影響で、 潰瘍が悪化する場合もあります。 ペパーミントティーは、 乳幼児には刺激が強すぎるため、飲ませないでください。 呼吸困難に陥る危険もあります。 ペパーミントティーに含まれる精油成分は、授乳時の乳腺炎を改善すると言われていますが、反面、 母乳の出を抑制する作用もあることを留意してください。 また、ペパーミントはホルモンに作用するという研究結果もあるため、一般的には、 妊娠中の飲用は控えたほうが良いとされています。 胃もたれや膨満感を感じる時にペパーミントティーを飲むことで、胃の辺りがスッキリするはず。 あるいは、花粉症を抑える目的で一日1~2杯ほど飲むのもオススメ。 ただ、ペパーミントティーは、継続して飲み続けないとアレルギー抑制効果はないので、症状が現れる1~2ヶ月前から毎日飲む習慣をつけると良いでしょう。 ペパーミントの科学研究 ペパーミントの抗菌・抗酸化効果について調べた研究 ペパーミントから抽出される精油成分は、微生物に対して抗菌活性を示したため、優れた天然抗酸化剤であると結論づけることができます。 この精油成分は、合成抗酸化物質と同等の抗酸化活性を示すことが明らかとなりました。 From the above results, it can be concluded that the tested essential oil exhibited antimicrobial activity against the tested microorganisms and it could be a better natural antioxidant. The essential oil provided comparable antioxidative activity as compared with synthetic antioxidants,… ペパーミントの毒性について調べた研究 イギリスで行なわれた実験で、無作為に選んだラットにペパーミントティーを投与したところ、卵胞刺激ホルモンと黄体形成ホルモンは増加し、テストステロンのレベルは減少するという結果がでました。 このことから、ペパーミントは女性ホルモン、男性ホルモン両方に作用することが分かります。 The effects of Mentha piperita and Mentha spicata herbal teas on plasma total testosterone, luteinizing hormone and follicle-stimulating hormone levels and testicular histologic features were evaluated. ペパーミントのアレルギー性鼻炎に対する影響について調べた実験 イギリスで行なわれた実験で、ペパーミントの抽出物をラットに投与したところ、腹膜脂肪細胞からのヒスタミン(アレルギー原因物質)放出を抑制する効果が認められました。 さらに、アレルギー物質が原因のくしゃみや鼻の擦りが減るという結果も出ています。 1回だけのペパーミント投与より、複数回の投与を行なった方が効果的でした。 A study was performed to clarify the effects of extracts of the leaves and stems of Mentha piperita L. on experimental allergic rhinitis.

次の

ミントティーのうれしい効果 効能とは?正しい取り入れ方注意点をご紹介

ペパーミント ティー 効能

ペパーミントとは ペパーミントは、シソ科ハッカ属に分類される植物の一種。 スペアミントとウォーターミントを交配させた品種で、主な原産地はヨーロッパなどです。 爽やかな香りが特徴で、古くから香料や風味付けなどに利用されてきました。 また、様々な効能があることから薬草やアロマ、ハーブティーとしても親しまれてきました。 ペパーミントティーの主な成分はメントール、ポリフェノール、フラボノイド、メントンなどで、胃腸の調子を整えるなどの効果が期待できるといわれています。 ペパーミントティーの味・香りについて ペパーミントティーは控えめなミントの味がしますが、5分以上蒸らすと甘みが出るといわれています。 香りはメントール特有の清涼感のある香りです。 ペパーミントティーの効能・効果の説明 ペパーミントティーには胃腸の不調を改善する作用があるといわれています。 また、ペパーミントティーに多く含まれているメントールの働きによって、集中力アップ作用、リラックス作用、口臭対策などの効能にも期待できます。 ルテオリンなどアレルギー症状を抑える成分も含まれているため、花粉症や鼻炎などのアレルギー症状をやわらげることにも役立ちます。 そのほか、鎮痛や抗菌、発汗作用、利尿作用などの効能にも期待できるといわれています。 他にも抗菌作用のあるハーブを紹介 ペパーミントティーの副作用デメリット ペパーミントティーには粘膜を乾かせる作用があり、飲み過ぎると胃痛を引き起こすことがあるので注意しましょう。 また、お子さんや妊娠中授乳中の方は摂取量に注意してください。 ペパーミントティーの入れ方・飲み方 ペパーミントティーの入れ方 お湯を沸かし、ティーポットとティーカップにお湯を注ぎます 温まったらティーポットのお湯のみを捨てます ティーポットにペパーミント(2g程度)を入れます お湯をティーポットに入れ、3分程度フタをして蒸らします ティーカップのお湯を捨て、出来上がったペパーミントティーを注ぎます ペパーミントティーの飲み方 ペパーミントティーは、他のハーブとブレンドしたり、蜂蜜やミルクを入れて楽しむこともできます。 夏場はアイスで飲むのもおすすめです。 濃い目に入れて、炭酸飲料で割ると清涼感がアップしますよ。 まとめ 様々な効能が期待できるペパーミントティー。 お茶としても楽しめますが、カクテルのモヒートにアレンジするのもおすすめです。 お好みの飲み方を見つけて、ペパーミントティーで爽やかな日々を過ごしましょう。

次の

ペパーミント茶の効能

ペパーミント ティー 効能

Image by from 日本ではガムや歯磨き粉などとして馴染みのあるミントですが、実は、海外ではハーブティーとしても多く飲まれ、また体に嬉しい効能もあるのをご存知でしたか? 例えば、ミントティーは 頭痛に効くハーブティーとして知られています。 さらに、 消化を助け、口臭を緩和してくれるなど、多くの嬉しい効能もあります。 また、 ミントにカフェインは含まれませんので、寝る前でも安心して飲むことができます。 ミントティーは、風味を楽しむために飲むのもよし、効能のために飲むのもよしと、日々の生活で大活躍のハーブティーです。 また、最近ではスーパーなどでも販売されるようになりましたので、手に入りやすくなったのも嬉しいですね。 ミントの種類 Image by from もっともよく利用されるミントの種類に、「スペアミント」と「ペパーミント」があります。 スペアミントはスペアミントですが、 ペパーミントは、実はスペアミントとウォーターミントの交配種です。 そのため、スペアミントとペパーミントは多くの共通点を有します。 これらのミントの最も大きな異なる点は、ミント独特のスーッとした感じを与える「メントール(メンソール)」という物質の含有量です。 スペアミントには1%未満のメントールが含まれるのに対し、ペパーミントには、少なくとも40%のメントールが含まれます。 そのため、スペアミントはデリケートな風味を有しますが、ペパーミントはもっとしっかりとした風味を有するのが特徴です。 3社のミントティー(「スペアミントティー」を2種類と「ペパーミントティー」1種類)の飲み比べでは、その違いがよくわかり、とても興味深かったです。 この飲み比べは「」にまとめていますので、こちらも是非ご覧ください! ミントティーはどんな風味? Image by from 多くの方が想像されるように、 ミントティーもミント独特のすーっとした、いわゆる「冷感」を有します。 味については、ブランドによって、わずかに甘みのあるものや、苦味もあるものもあります。 ガムのミント風味に慣れていて、ミントティーを飲まれたことのない方の中には、まずいと感じる人も多いようです。 私のお気に入り&おすすめの飲み方は、甘くして飲むこと。 砂糖などを入れて甘くすると、とても飲みやすくなり、すっごく美味しくなりますよ。 私はハーブティーは甘くせずにそのまま飲むことが多いのですが、ミントティーに関しては甘いのが好きなので、よく甘くして飲みます。 一番はじめに試すときには、砂糖を入れることをおすすめします。 なお、ペパーミントのエッセンシャルオイルをこめかみに塗って蒸発させるのも、効果的ですよ。 2.胃の不快感や胸焼けの緩和 Photo by on 胃痙攣は、胃の筋肉が収縮することによって引き起こされることがあります。 ミントに含まれるメントールの冷感作用には、胃の筋肉をリラックスさせてくれる働きがあるため、胃の不快感を軽減する効果があります。 また、この冷感作用には血流をよくする働きもあるため、胃痛の原因となる炎症も緩和してくれます。 また、メントールは消化を助ける胃液の分泌を促すため、ペパーミントを飲むことによって炎症を低減し、腸内のガスの発生を抑えることができます。 2.消化を助け、便秘や下痢を改善する Photo by on ペパーミントティーは、胃の不快感の緩和すると同時に、 消化を調整し、体内のガスが移動するのを助けるため、胃痙攣や膨満感を緩和してくれます。 また、 ペパーミントティーを飲むと胃液の分泌が促されるため、食べものがより効率よく消化されるようになり、下痢や便秘の改善へと繋がります。 そのため、ペパーミントティーは、デトックスのためにも使用されます。 3.口臭の改善 Photo by on ペパーミントが歯磨き粉に使用されるのは、ペパーミントのもつ爽快感と香りのためだけではありません。 ペパーミントには、口臭をカモフラージュする香りに加えて、口臭の原因となる細菌をやっつける殺菌効果があるのです。 口臭予防には、朝一でペパーミントティーを飲むのが効果的です。 さらに、 にんにくや玉ねぎなどを食べた後にペパーミントティーを飲むと、匂いを中和してくれますよ。 4.生理痛の軽減 5.風邪に効く Photo by on ペパーミントティーには、免疫を高めると同時に、風邪に効果のある物質が含まれています。 また、 ペパーミントティーには喉の筋肉をリラックスさせる効果があるため、気道を開き、風邪の症状を軽減してくれます。 さらに、ペパーミントには抗酸化物質が含まれており、これによって血流が促され、白血球が体内をより早く流れるようになり、ウィルスや細菌をやっつける働きが高められます。 また、ペパーミントティーには、 抵抗力を高めるのに必要なビタミンや栄養が含まれているため、病気になりにくい丈夫な体づくりを助けてくれます。 6.解熱 メントールには、体温を下げる働きがあることも知られています。 温かいミントティーを飲むことで発汗が促され、体温が下がります。 また、上述のようにメントールには筋肉をリラックスさせる効果があるため、高熱によって引き起こされた体の痛みを緩和してくれる働きもあります。 7.集中力を高める Image by from ペパーミントティーには、集中力を高めてくれる効果も期待できます。 これは、 ペパーミントに含まれるメントールの香りが、精神的明晰さと集中を司る海馬を刺激するためと言われています。 この効果を得るためには、温かいペパーミントの香りをしっかりと感じながら、ゆっくりと飲みましょう。 8.吐き気&乗り物酔いの緩和 Photo by on ペパーミントティーには、吐き気を緩和する効果があります。 これは、 ペパーミントの香りが吐き気を妨げる一方で、ミントに含まれる物質が胃の筋肉をなだめ、吐き気へとつながる胃の筋肉の緊張を防いでくれることによるものです。 乗り物酔いをする方は、是非乗り物に乗る前、または乗った後にペパーミントティーを飲んでみてください。 9.ストレスの緩和 Photo by on ペパーミントティーには鎮静効果があるため、アロマセラピーやアーユルベーダで、ストレスを緩和するために使用されています。 温かいペパーミントティーを飲むと、体温が下がり、体がリラックスして、炎症が緩和されます。 この抗炎症の効果により血圧が下がり、リラックスした状態になります。 ペパーミントにはカフェインが含まれていないため、寝る前にも飲むことができます。 他の食品同様、ペパーミントにもいくつかの副作用および注意点があります。 ペパーミントティーを避けた方が良い方 胃酸逆流の症状のある方 ペパーミントティーには食道の筋肉をリラックスさせる効果があるため、 胃酸が逆流する症状のある方はペパーミントティーを飲むのを避けた方がよいでしょう。 胃酸が逆流する症状のある方がペパーミントティーを飲むと、胸焼けや消化不良を起こす場合があります。 妊娠中&授乳中の方 Photo by on 多くのお茶/ハーブティー同様、ミントティーは適量であれば飲んでも問題ないとされていますが、過度に摂取すると、流産の可能性が高まる可能性があります。 流産経験のある方は、ペパーミントティーを飲むのは避けた方がよいでしょう。 また、 ペパーミントオイルは乳幼児の呼吸障害を引き起こす場合があります。 そのため、授乳中の方も、ペパーミントの摂取は避けましょう。 薬を服用中の方 Photo by on ペパーミントティーは、他の薬と作用し、影響を与える場合があります。 薬を服用中の方は、ペパーミントティーを飲む前に、医師と相談してください。 ミントティーの飲み方 ミントティーを一番手軽に楽しむには、ミントティーのティーバッグが一番!通常、カップにティーバッグを1個入れて、沸かしたてのお湯を注いだら3~5分待ち、ティーバッグを取り出せば美味しいミントティーの出来上がりです。 ミントティーは、ホットでも美味しいのですが、 アイスミントティーにしても美味しいですよ。 (アイスティーの場合も、甘くするのがおすすめです!) 特に水出しすると、とても柔らかい味になってさらに美味しくなります。 是非試してください。 アイスティー&水出しの作り方に関しては、「」をご覧ください。 おすすめのブランド ミントティー 同じミントティーでも、ブランドによって風味が微妙に異なります。 私がおすすめするミントティーは、以下の2つです。 「セレッシャルシーズニング」のペパーミントティー アメリカの人気ハーブティーブランド「」のペパーミントティーは、 ペパーミントの香りがとてもよく、ほのかな甘みがあり苦味が少ない、とてもきれいな風味のハーブティーです。 初めて試される方に特におすすめです。 なお、このペパーミントティーは、 セレッシャルシーズニングの人気商品「ハーバルサンプラー(ハーブ5種セット)」にも入っており、このサンプラーは、カルディでも販売されていますよ。 「トワイニング」のペパーミントティー トワイニングのペパーミントティーも、セレッシャルシーズニングのものと同様、 ペパーミントの香りがすごくよくて、リフレッシュには最高のハーブティーです。 セレッシャルシーズニングのものよりも、若干苦味が強いですが、飲みやすいです。 さすが、伝統のお茶ブランドという感じの仕上がりです。 関連ページ: ミントのブレンドティー ミントは様々なハーブティーにブレンドされていますが、よく利用されるのは、リラックス&安眠効果で知られるカモミールとの組み合わせです。 ミントはミント自体にリラックス効果がありますが、 ミントの風味はカモミールの風味とよくマッチし、癖のあるカモミールを飲みやすくしてくれます。 そのため、カモミールのブレンドティーにはよくミントがブレンドされています。 カモミール&ミントの組み合わせが入ったブレンドティーには、以下のようなものがあります。 セレッシャル・シーズニング スリーピータイム Sleepy Time セレッシャルシーズニングの看板商品!心地よい眠りを誘ってくれます。 スタッシュティー カモミールナイト Chamomile Nights カモミールの花、スペアミント、 天然の蓮風味がブレンドされており、癖のあるカモミールをとても美味しいハーブティーにしてくれています。 寝る前に30分位前に飲むと、リラックスさせてくれます。 トラディショナル・メディシナル ナイティナイト Nighty Night カモミールに加え、鎮静効果のあるパッションフラワー(トケイソウ)などがふんだんにブレンドされたハーブティー。 「このハーブティーを飲んだ後には、運転やアルコールの摂取は控えてください」という注意書きがあります。 実際よく効くので、寝付きの悪い方におすすめです。 カップオブカーム Cup of Calm リラックス用のハーブティー。 ナイティナイト同様、カップオブカームにもカモミールやパッションフラワーなどが配合されていますが、 カップオブカームに含まれるカモミールとパッションフラワーの量はナイティナイトよりも少ないです。 ペパーミントティーは、こんなにもたくさんの効能があるのに、とても美味しいハーブティーです。 是非試してみてください。

次の