ライン プロフィール 画像 サイズ。 LINE@タイムラインの最適な画像サイズ

【LINE】ホーム画面・プロフィール背景画像のサイズが合わない!?画像サイズ変更の仕方について

ライン プロフィール 画像 サイズ

プロフィール画像の設定の仕方~画像編 まずは、基本的なプロフィール画像の設定方法です。 カメラで撮る プロフィール画像変更に限らず、LINEに登録されている自分の情報を変更するには基本的に「設定」をタップします。 LINEを起動して、友だち管理画面の右上の歯車マークをタップしてください。 すると「設定」画面が開きます。 「設定」には「個人情報」「ショップ」「基本設定」「情報」という4つの項目があります。 プロフィール画像変更は「個人情報」の一番上にある「プロフィール」から行えます。 なお、友だち管理画面の一番上に表示される自分の名前をタップすると歯車マークにプロフィールと書かれたボタンが表示されます。 ここからプロフィールに行くこともできます。 プロフィール画面の一番上にプロフィール画像と、その右下に小さくカメラマークが表示されています。 プロフィール画像を設定していない場合は、人型のシルエットが表示されています。 目の前にあるものなどをカメラで撮影したい場合は「カメラで撮影」をタップしてください。 カメラ撮影画面が開きます。 写真の撮り方は通常と変わりありません。 撮りたいものに向けてタップし、指が離れる瞬間写真が撮影されます。 タイマーを設定して撮影することもできます。 画像上部の時計のボタンを押すと、タイマーまでの秒数を指定できます。 その他、カメラの切り替えなども通常の撮影と同じように行えます。 なお、プロフィール画像を変更した場合、タイムラインに通知がいきます。 この通知を止めたい場合は、「プロフィール」画面にある「画像の変更を投稿」のチェックボックスを外してください。 また、プロフィール画像は設定した後に削除し、デフォルトのシルエットに戻せます。 プロフィール画像の右下のカメラマークをタップすると、「削除」の項目があります。 ここから削除ができます。 手持ちの画像にする すでに撮影してあり、端末の中に保存してある画像をプロフィール画像にできます。 手順としては、端末内の画像がサムネイルで画面の下に表示されます。 この中からプロフィール画像にしたい画像を選択します。 一般的には、メインにしたいものを中心にして「次へ」をタップします。 「次へ」を押すと画像の加工ができます。 画像の加工が済みましたら左下の「完了」を押せばプロフィール画像が変更できます。 加工する 撮影した画像も手持ちの画像も、LINEに内蔵してある機能で加工することができます。 撮影した画像の場合は、撮影前にフィルターを掛けたりスタンプを押したりできますよ。 手持ちの画像でも、トリミング後に加工が可能になります。 加工の種類としては、大きく分けて4つの種類があります。 ・絵文字スタンプ ・文字入力 ・落書き ・カラーフィルター スタンプもカラーフィルターも多くの種類があるので、いろいろ試して遊んでみると楽しいですよ。 プロフィール画像の設定の仕方~動画編 次は、プロフィール画像を動画にする方法です。 アプリで撮る プロフィール画像は動画にすることもできます。 目の前にあるものなどをカメラで撮影したい場合は「カメラで撮影」をタップしてください。 カメラ撮影画面が開きます。 デフォルトでは「写真」になっていますので、「動画」をタップしてください。 撮影ボタンを押して撮影開始、同じボタンをもう一度押して撮影終了です。 撮影を終了すると、動画編集画面に移ります。 最大6秒間の動画を設定できますが、それより短くてもかまいません。 動画のサムネイルが画面下のバーのようなところに表示されます。 動画はじめと動画終わりを設定しているマーク以外のバーの上でスライドさせると表示を移動させられます。 動画はじめと動画終わりを設定します。 画面上では6秒間の動画が繰り返し再生されます。 停止ボタンを押すこともできますので、じっくり考えて6秒間を設定しましょう。 決定したら「次へ」を押してください。 そのあと動画が再生されない特に表示される画像を動画のサムネイルの中から選んで「完了」です。 手持ちの動画に設定する 画像と同じように、手持ちの動画を設定することもできます。 動画をアプリで撮影した時と同様に長さを編集できます。 このため、オリジナルが6秒以上でも調整して設定できますよ。 どんな画像が印象いいの?好印象なプロフィール画像とは! ここまで、プロフィール画像の設定方法をみてきましたが、実際どのような画像にしようか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。 ここからは、好印象なプロフィール画像の一例をご紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 好印象な画像 プロフィール画像で自撮り写真をのせていると印象が悪い、ナルシストに見られるというのはよく聞きますよね。 そこまでは思わなくても、人によってはネットリテラシーが低いととらえてしまうこともあるようです。 一方で、名前だけで誰だかわからなくても顔を見れば思い出せるから自撮り写真のほうがいいという意見も聴きます。 実際、プロフィール画像を自撮りにしている人はそう珍しくありません。 では、どんな画像が好印象なのでしょうか? デフォルトのままではそっけなさすぎるけど、人に不快感を与えないような無難な画像がいい、そう思う人も多いでしょう。 悪印象を抱かれにくいのはペットや風景の画像です。 好きな芸能人やアーティスト、キャラクターにしている人も多いですね。 ただ、これらの画像は無難である分写真だけだと誰のものだか分かりにくいという欠点もあります。 見てわかる画像 自撮りほど主張はしなくていいけど、見て誰だかわかるくらいの個性はほしい、そう思われる方もいらっしゃるでしょう。 こうした人たちがよく選ぶのが「誰だか見てわかる画像」です。 たとえば、はんこ風のプロフィール画像を設定している人もいます。 プロフィール画像が名前になるので、誰だか間違えようがありませんね。 あるいはポスター風などに加工した似顔絵を設定している人もいます。 似顔絵を利用した動画などであれば、たくさん並んだ中でも目立たせることができますね!.

次の

LINEのプロフィール写真変更はサイズと枠に気をつけて!

ライン プロフィール 画像 サイズ

LINEのホーム画像と丸くなったアイコンのサイズとは LINEのバージョン5. 0以降、アイコンが丸型になるという仕様変更がありました。 ホーム画面とアイコンは、オリジナルの写真や画像を設定している方が多いと思います。 ここでは、ホーム画面と丸くなったアイコンのサイズ、画像の選び方などをまとめてみます。 1.ホーム画面とアイコンとは? 最初に、基本をおさらいしてみます。 ホーム画面とは、LINEの自分のページ(ホーム)に表示される、四角形の大きな画面の事です。 プロフィール画面の「ホーム」という表示部分をタップすると、開きます。 次に、アイコンとは、LINEトークや友だち一覧、タイムランなどで表示される、丸型の画像の事です。 「トップ画面(トプ画)」「プロフィール画面(プロフ画)」とも言います。 どちらも、お好きな写真や画像を設定できますが、アイコンは丸型である為に、ちょうど良い設定にするには、画像調整が必要な場合もあります。 2.サイズ ホーム画面とアイコンのそれぞれに、写真や画像を設定したい場合、そのサイズは気になる所かもしれません。 画像や絵柄によっては、綺麗に当てはめる事が難しい場合もありますが、ホーム画面とアイコンのサイズは次の通りです。 なお、LINEの公式では、サイズ発表していない為、インターネット上の情報を引用しています。 あくまでも参考程度とお考え下さい。 ここでは、ホーム画面とアイコンそれぞれの画像選びのポイントを見てみましょう。 なお、画像や写真が多少大きくても、これらはLINEのトリミング機能で調整できます。 逆に、あまり小さい画像だと、拡大時に画像が粗くなったりして、綺麗に設定できない事があるようです。 この為、正方形や縦長の物、それに近い形の物は、上下が見切れたり、横の長さが足りなかったりして、ホーム画面内に上手く入らない可能性があります。 ホーム画面用の画像を選ぶ際には、横長の長方形か、それに近い形の物を意識してみると良いと思います。 下は、ホーム画面用の参考画像です。 この為、縦と横の比率が1対1の画像であれば、綺麗に入る事が多いです。 ただし、四角形の画像や写真を入れる場合は、角が切れ、外周にカーブがかかります。 周りが切れるので、画像周囲にスペースがある物や、画像中心に入れたいポイントやイラストなどが入った物、既に丸型になっている物などを選ぶと良いでしょう。 下は、アイコン用の参考画像です。 4.遊んでみよう! 丸型になり、不満の声も多いアイコンですが、ホーム画面との組み合わせで、色々と遊んでいる人も多いようです。 ここでは、そんな組み合わせ画像を少しご紹介します。 真似してみるのも良し!オリジナルを考えてみるのも良し!ぜひ、組み合わせで楽しんでみて下さい。 なお、画像は複数のインターネットサイトより引用しています。 最後に ホーム画面とアイコン、それぞれのサイズや形を把握しておけば、画像の設定もしやすくなります。 また、そのサイズ・形に合わせて作られた画像も沢山あります。 写真なら、自分で加工アプリなどを使ってみるのも良いでしょう。 自分なりに色々と工夫してみて、面白い画面や、素敵なアイコンにできると、LINE自体ももっと楽しくなるかもしれません。

次の

プロフィール|LINE for Business

ライン プロフィール 画像 サイズ

プロフィールを設定します。 メニューから、設定画面に遷移します。 端末やOSにより実際に表示される画面と異なる場合があります。 編集はアカウント設定から可能です。 「トーク」を必須として、ボタンは3つまで設定可能です。 登録したボタンはフローティングバーにも反映されます。 各プラグインメニューを編集し保存後、クリックすることで編集内容が保存・公開されます。 ボタンを設定します。 ユーザーが設置したボタンを選択すると該当メニューに遷移が可能になります。 プロフィールに表示したいボタンにチェックをいれます。 設定後は保存をクリック。 ボタン 説明 トーク アカウントとのトークルームへの移動ボタン 投稿 タイムラインへの移動ボタン 通話 基本情報で設定した電話番号へ発信するボタン 位置情報 基本情報で設定した地図への移動ボタン クーポン クーポンプラグインへの移動ボタン ショップカード ショップカードプラグインへの移動ボタン サービスぺージ 基本情報で入力した1番上のWebサイトURLへの移動ボタン 予約 基本情報で「外部URL」にチェックが入り、URLを入力している場合表示されます。 予約ボタンをユーザーがタップした場合、設定したページに移動するボタン• 基本情報を設定します。 営業時間や電話番号など、簡単な情報を登録できます。 プロフィールページ設定の基本情報の項目で「予約」「トーク」にチェックが入っている場合、 トークボタンの下に予約マーク、プロフィールに予約項目が表示されます。 予約マーク、予約項目をユーザーがタップするとトークルームに移動します。 「外部URL」にチェックが入り、URLを入力している場合、 プロフィールページ設定のプロフィールで予約ボタンを選択出来る様になります。 URLを入力している場合は、予約項目をユーザーがタップした場合、設定したページに移動します。 ボタンをタップすると、トークルームに移動します。 ユーザーに公式アカウントで予約を受け付けていることを分かりやすく訴求できるようになります。 ・プロダクト:製品の紹介に適したタイプです。 ・パーソン:人物の紹介に適したタイプです。 ・ロケーション:店舗や物件の紹介に適したタイプです。 プレビューで表示方法をご確認ください。 100個まで登録は可能です。 アプリ上では上部3つが表示され、4つ目からは「もっと見る」以降に表示されます。 アプリ上では最初の9枚が表示されます。 呼び込める画像は、最大200枚とタイムラインの画像投稿30枚です。

次の