姫路市 インプラント治療。 姫路市内のインプラントクリニック比較ガイド~自分の悩みから歯医者を選ぶ~

姫路市 歯科 坪田歯科医院

姫路市 インプラント治療

インプラントと従来の治療方法の比較 歯を1本失った場合• 従来の治療方法 ブリッジ 失った歯の両隣の歯を削って、1本の歯の代わりとなるブリッジを使用します。 メリット• 短い治療期間となります。 デメリット• 両隣の健康な歯を削る必要があります。 削られた歯への負担が増加します。 歯を失った部分の骨がやせていきます。 インプラント インプラントとセラミック人工歯を使って、両隣の歯を削らずに治療ができます メリット• メンテナンスを行なえば、長期間にわたって機能と見栄えを維持する事ができます。 天然歯に近い見栄えです。 健康な歯を削る必要がなく、周りの歯に負担がかかりません。 あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。 自然に噛むことができ、おいしく食べられます。 口元を気にせず、自然に話すことができます。 デメリット• 健康保険が適用されない治療となります。 簡単な手術が必要です。 歯を数本失った場合• 従来の治療方法 ブリッジ 部分入れ歯は、金属などのバネを健康な歯にかけて使用します。 メリット• 短い治療期間となります。 デメリット• バネなどが見えて、見た目があまりよくありません。 バネが健康な歯を傷つける恐れがあります。 違和感を感じることがあります。 歯を失った部分の骨がやせていきます。 インプラント インプラントは、天然歯と同じような安定性、機能性、見栄えを備えています。 メリット• メンテナンスを行なえば、長期間にわたって機能と見栄えを維持する事ができます。 天然歯に近い見栄えです。 入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。 あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。 自然に噛むことができ、おいしく食べられます。 口元を気にせず、自然に話すことができます。 デメリット• 健康保険が適用されない治療となります。 簡単な手術が必要です。 歯を全て失った場合• 従来の治療方法 義歯 個人に合わせた総入れ歯を、歯茎全体にかぶせます。 上あごの場合は、口蓋も覆います。 メリット デメリット• 入れ歯の安定が悪いとずれやすくなります。 硬い物を噛むと、入れ歯が歯茎を圧迫し、痛みを感じることがあります。 味覚に影響する場合があります。 入れ歯と歯茎の間に食べた物がはさまる場合があります。 あご全体の骨がやせることがあります• インプラント義歯 安定感があり、お掃除のために自分自身で取り外すことも可能です。 メリット• メンテナンスを行なえば、長期間にわたって機能と見栄えを維持する事ができます。 天然歯に近い見栄えです。 入れ歯と異なりしっかりと固定され、ずれなどによる不快感を解消します。 あごの骨が、やせほそるのを防ぐことができます。 自然に噛むことができ、おいしく食べられます。 口元を気にせず、自然に話すことができます。 デメリット• 健康保険が適用されない治療となります。 やや複雑な手術が必要です。 インプラントQ&A 治療期間はどれぐらいですか? 下あごで4~6か月、上あごで6~8か月です。 インプラントは何年もちますか? 40年以上の臨床歴があります。 治療は痛いですか? 治療中は麻酔をしますので痛みません。 インプラントの手術時間はどれぐらいですか? インプラント一本入れるとき、20分程度です。 手術のあと痛くなったり、腫れたりしませんか? 痛み止めを飲むことでなくなる程度の痛みは出る可能性があります。 患部が腫れぼったくなることはありますが、数日で消退します。 治療は安全なのでしょうか? インプラント治療は神経や血管の損傷に気を付ける必要があります。 CT撮影など十分なレントゲン検査を行い安全を確保して行います。 インプラントは歯槽膿漏になりますか? プラークコントロールさえできていれば、天然歯が歯槽膿漏になる確率よりもずっと低いです。 インプラント義歯は壊れることはないのですか? 欠けることはありますが、修理や再製作が可能です。

次の

姫路市内のインプラント!おすすめポイントや料金も掲載中

姫路市 インプラント治療

歯が失われた部分にインプラント(人工歯根)を埋め込む治療方法 特長 人工歯があご骨にしっかり固定されているため、硬い食べ物もしっかりと噛むことができます。 入れ歯やブリッジのように隣の歯へ負担をかけることがありません。 見た目がきわめて自然なため、大きく口をあけて笑うことができます。 インプラントからあご骨に噛む力が伝わるため、あごの骨が痩せにくいです。 注意点 インプラントを埋め込むための手術が必要です。 保険外治療(自費治療)になります。 インプラント治療を行う前にしっかりとカウンセリングを行います。 (治療期間、費用、仕上がり等を含めた利点、欠点) 患者さんにインプラントの特徴を理解いただいてから治療いたしますので、お気軽にご相談ください。 一般的なインプラント治療の流れをご案内します 1. インプラント治療についての説明と相談 まず患者さんのご希望やご不安な点、疑問点についてお聞きいたします。 お話しいただいたことを踏まえ、インプラント治療についてご説明いたします。 患者さんに納得していただいたうえで治療・検査を開始します。 精密検査 過去にかかった病気、現在の健康状態などを確認すると同時に、口腔内検査、レントゲン撮影を行います。 検査結果を元に、インプラント治療の計画を立案いたします。 虫歯・歯周病の症状があった場合は、先にその治療を行います。 歯垢・歯石もすべてクリーニングした状態でインプラント治療を始めます。 インプラント手術 インプラントを埋め込む1次手術を行います。 また必要に応じて、骨移植手術を併用します。 インプラントとあごの骨が結合するまで、2ヶ月~6ヶ月の治癒期間を設けます。 結合していることを確認してから、人工歯を取りつけるための部品(アバットメント)とインプラントと連結させる2次手術を行います。 複数の歯を失ってしまった場合や歯が全くない場合にも対応しております。 抜歯即時インプラントも可能ですのでご相談ください。 複数の歯を失ってしまった場合や歯が全くない場合にも対応しております。 4.メインテナンス インプラントはメインテナンスが重要です。 インプラント手術後の約1年間は月に1回の定期検診を行います。 その後も3ヶ月~6ヶ月に1回は来院していただき、検診していただきます。 人工歯は虫歯にはなりませんが、歯周病(インプラント周囲炎)になる恐れがあります。 インプラントには神経が通っていないので、天然歯以上に注意してお口の中を清潔に保つ必要があります。 インプラント部分のネジの締まり具合の点検や噛み合わせの調整も大切です。 長くインプラントを使うために、定期健診を受けてください。

次の

姫路でインプラント:歯医者【塩見歯科診療所】歯科:ホワイトニング

姫路市 インプラント治療

入れ歯を入れている患者さんの悩みの多くは、「入れ歯が痛い」「外れやすい」「ちゃんと噛めない」というものです。 抜けてしまった歯を補うために入れ歯を入れているのに、歯として機能していないのは大きな問題です。 体のどこかにいつも違和感や痛みがある状態というのは、本人が自覚している以上にストレスになっています。 ましてや、毎日の楽しみであるはずの食事がおいしく食べられないというのは、本当につらいことだと思います。 入れ歯を入れてから、なんだかイライラするようになったり、笑わなくなった…という話をよく聞きます。 「入れ歯は、痛くて外れやすくてちゃんと噛めないのが当たり前」ではありません。 きちんと原因を取り除いて、快適な生活を取り戻してほしいと願っています。 入れ歯の種類 部分入れ歯 数本の歯が抜けてしまったときに、残っている歯に「クラスプ」という金属のバネを引っかけて、歯を補う方法が部分入れ歯です。 歯は左右から揺さぶられる力に弱いので、バネを引っかけられている歯にかかる負担が大きくなり、その歯の負担能力を考えて設計します。 歯が抜けてしまえば、また新たに部分入れ歯を作り直さなくてはいけませんし、年をとるに従ってあごの骨がやせてきますから、定期的に調整していく必要もあります。 引っかける歯がなくなってしまえば、総入れ歯になってしまいます。 また、部分入れ歯は噛む能力が天然の歯の30%程度と言われ、食事を以前のように楽しめないとおっしゃる患者さんや、金属のバネがかなり目立ちますので、その点を嫌がる患者さんも多くいらっしゃいます。 自費になりますが、バネを金属でなく、歯肉色の樹脂で作ることもできます。 見た目を気になさる方はご相談ください。 歯科医として「今ある歯をいかに残すか」という点で考えると、抜けてしまった歯を単体で補えるインプラントの方が、患者さんの精神的な負担が軽く済み、長く快適に生活できるのではないかと思います。 総入れ歯 歯がとうとう一本もなくなってしまったら、総入れ歯を入れることになります。 保険治療の場合は、プラスチック製の総入れ歯しかありませんが、保険外(自費)の総入れ歯にはいろいろなタイプがあります。 たわみに強い金属床の義歯や、緻密な特別の樹脂;イボカップ(10年たっても臭くなりませんし、精度最高の加工ができます。 )で作る方法もあります。 人口歯を長持ちするセラミックで作ることもできます。 あごの骨の状態が良ければ、インプラント治療や、インプラントにホックをつけた義歯ができる場合もあります。 イボカップ義歯 自費 良い最終義歯を作るために、仮の義歯(治療義歯)を一度作成します。 それをたたき台に、粘膜と治療義歯の間にティッシュコンディショナーという柔らかいおもちのような材料を挟んで、数日~1ヶ月過ごしていただきます。 その間に、ティッシュコンディショナーが歯茎にそってなじみながら、徐々にかたくなってきます。 上で言う肉の薄いところは、圧がかかり、ティッシュコンディショナーが他に移動してうすくなってきます。 うすくなりそうなところは、治療義歯の内面を削合して、痛くならないように、新たなティッシュコンディショナーを足します。 このようにして、形態をととのえてゆき理想の形に仕上げてゆきます。 発音、見た目、機能、すべて良くなったところで、その治療義歯とそっくり同じ形の最終義歯をイボカップでつくり上げます。 結果、(痛くない、良く咬める、発音が良い、臭くならない、精度の良い)入れ歯=イボカップ義歯ができます。 人工歯も、セラミックの歯を使って、ながく使っても摩耗が少ないようにいたします。 イボカップとは、ドイツのイボクラ社製の義歯床素材の商品名で、重合機を含めたシステムの名前です。 固まる時のレジンの収縮を補正しながら固まる、精度のよい、緻密で10年経っても臭くならない、入れ歯ができます。 それを当院では、イボカップ義歯と呼んでいます。 入れ歯を入れることになった今、残った歯や歯ぐきをどう守るかが大切です。 歯が抜けてしまったのには、必ず原因があります。 抜けてしまった歯のところに入れ歯を入れてそれで終わり、ではなく、歯が抜けた原因を見つけて、それを解消しましょう。 そうでないと、また他の歯が抜けてしまったり、歯ぐきや骨の状態が悪くなって、将来もっと苦労することになってしまいます。 病気の原因を取り除いた後は、きちんとメンテナンスをしてと定期検診を受けて、口の中を清潔な状態に保ってください。 抜けてしまった歯を教訓に、もう歯が抜けてしまうことがないように、歯ぐきや骨をできるだけ健康に保つように、一緒に努力していきましょう。 私があなたのためにできるのは、歯科治療を通して健康なお口の環境を作り上げることです。 あなたの努力と私の歯科治療によって、あなたが何かを我慢したりあきらめたりすることなく、快適で楽しい生活が送れるように願っています。

次の