どんな とき も wifi 問い合わせ。 どんなときもWifi【問い合わせ】電話番号などの連絡方法まとめ

【どんなときもWiFi】ポケットWiFiの落とし穴・通信障害…とにかく遅い…!

どんな とき も wifi 問い合わせ

どんなときもWiFiを実際に使ってみた私の口コミレビュー どんなときもWiFiを契約して実際に使ってみました。 注文して何日で届いたのか、どのくらいの速度が出たのか、実際の使い方などを解説していきます。 どんなときもワイファイを契約しました どんなときもWiFiを注文して4日で届きました。 佐川急便で配送してもらえました。 箱を開けてみました。 緩衝材が入っており、しっかり動かないように梱包されていました。 どんなときもWiFiの箱を開けてみました。 黒い箱が本体が入っている箱で、他には契約明細など書類が同梱されていました。 契約内容の書類です。 「契約者情報」「契約サービス内容(オプションなど)」「料金詳細」「割引詳細」などが記載されていました。 どんなときもWiFiの端末の返却について記載がありました。 どんなときもWiFiはレンタル形式になるので、契約終了後は端末を返却する必要があります。 (届いた端末は新品でした) どんなときもWiFiの料金支払いについて記載がありました。 初回請求は「契約回次月」と「翌月」の料金を合算で、それ以降は毎月普通に引き落とされると書いてあります。 「初期契約解除」についての説明書類がありました。 初期契約解除とは、どんなときもWiFiが到着してから8日以内であれば違約金なしで解約できるというものです。 もし使ってみて繋がりにくい場合でも、この初期契約解除制度があるので安心感は高いです。 どんなときもWiFiは海外でも使えるオプションがあるのですが、どこの国で使えるのか記載がありました。 アメリカやイギリスなどの主要国はもちろん、コロンビアなど色々な国でも使えました。 本体の入っている箱を開けました。 ちなみに、どんなときもWiFiはこちらの黒い箱も含めて返却する必要があるため、 こちらの箱は捨てないでとっておきましょう。 使い方の説明書がありました。 接続は簡単なようで、すぐにできそうです。 後ほど実際にスマホで接続してみます。 側面のボタンを長押しして電源をオンにできます。 3秒長押しで電源がつきました。 電源が入ると、ライトが光るのですぐに分かります。 ボタンの操作方法について説明がありました。 電源オン:3秒長押し• 電源オフ:5秒長押し• 再起動:18秒長押し• リセット:リセットボタンを5秒推す と記載がありました。 どんなときもWi-Fiの大きさと重さについて どんなときもWiFiとiPhone7の大きさを比較しました。 どんなときもWiFiには左上に「ツノ」みたいなものがあるので大きめに見えるのですが、実際はiPhone7より一回り小さいです。 そのため、持ち運びやすく便利です。 また、 重さに関してもiPhone7よりどんなときもWiFiの方が軽いです。 厚さも比較してみました。 厚さに関しては、iphone7の方がどんなときもWiFiよりも若干薄いです。 ただ、ポケットにも簡単に入りますし、全然気にならない厚みでした。 職場の同僚がどんなときもWiFiの別色を持っていたので、一緒に写真を撮らせてもらいました。 左が「ゴールド」で、右が今回注文した「グレー」ですが、どちらも良い感じでした。 ただ、 僕はiphoneがブラックなので、右のグレーの方がマッチしていていい感じかなと思います。 実際に持ってみると端末はけっこうカッコいいのでテンションが上がります。 どんなときもWiFiの端末は、カバーをこのように開くことができます。 開くにはちょっとコツがいるのですが、カバーのツメを1つずつ外していくような形で開けられます。 カバーを開けると、SIMとマイクロSIMをそれぞれ挿入できます。 海外で格安SIMなどを買った場合、ここに挿して使えるので非常に便利です。 カバーにはバッテリー容量などの記載がありました。 どんなときもWiFiの使い方は? どんなときもWiFiの使い方を簡単に解説しておきます。 選択したら、今度はどんなときもWiFiの端末ウラに書いてあるパスワード(PWD)を入力します。 パスワードは数字のみだったので、入力しやすくて良かったです。 接続完了すると、チェックマークがついて通信できるようになります! つまり、 どんなときもWiFiは初期設定などの必要がなく、届いて電源を入れてからすぐ使うことができました。 どんなときもwifiの速度は? どんなときもWiFiの速度を測定してみました。 都心ではポケットwifiは速度が遅くなりがちと言われていますが、東京の都心(高田馬場)で測定したところ20Mbpsというかなり速い速度が出ました。 youtubeの動画もサクサク見れましたし、Amazonプライムの映画も綺麗に見ることができました。 どんなときもWiFiを使ってわかった悪い点 どんなときもWiFiのデメリット• 契約終了後は端末を返却する必要がある• 最大速度は150Mbps どんなときもWiFiのデメリットを挙げるとしたら、上記の2つになります。 どんなときもWiFiはレンタル形式になるので、契約終了後は端末を返却する必要があります。 ただ、これは破損などしないように気をつけておけば特に問題ないかと思います。 また、最大速度は150Mbpsと、他のポケットwifiに比べると少し低めですが、 実際の速度でいうとかなり速い速度が出たのでこれは気になりませんでした。 というのは、WiMAXは最大で1,200Mbps出るのに対して実測値が40Mbpsほどなのですが、どんなときもWiFiは最大150Mbpsに対して20Mbpsなので、最大速度に対してかなりパフォーマンスが高いです。 どんなときもWiFiを使ってわかった良い点 どんなときもWiFiのメリット• 本当に完全に無制限で使える• 月額料金が安くコスパが良い• 実際の速度が速い• ソフトバンク・au・ドコモの3回線に繋がるのでエリアがとても広い• 海外でも使える• 海外用の格安SIMも挿せる• 最短で即日発送&店舗でも受け取れる どんなときもWiFiのメリットを挙げると、上記の7つがあります。 最も大きなメリットとして、ポケットwifiで本当に完全に無制限で使えるのは、現状では「どんなときもWiFi」だけです。 というのも、WiMAXやポケットwifiで「完全無制限!」と記載があっても、3日で10GBまでや1日で3GBまでの制限が必ずかかるからです。 これは、ソフトバンクやWiMAXの回線規約として決まってしまっています。 しかし、どんなときもWiFiはソフトバンク・au・ドコモの3回線を自動で切り替えて接続するため、容量制限が本当に無く、1日100GBでも使うことができました。 また、 最大速度に対して実測値が速いのも特徴で、ポケットwifiで「最大612Mbps」と書いてあっても1Mbpsしか出ないような激遅wifiも存在するのですが、 どんなときもWiFiは20Mbpsというかなり速い速度が出たのでかなり使いやすいです。 無制限で安くて速いポケットwifiを使いたいのであれば、どんなときもWiFiはかなりおすすめできますよ。 現在CMなどで知名度がかなり高まってしまい、今後在庫が少なくなってしまうかもしれないので、気になる方はチェックしてみて下さい。 どんなときもWi-Fiの他の人の口コミ・評判 どんなときもWiFiを実際に使った他の人の口コミ評判をまとめました。 口コミの数はかなり多く、その中でも肯定的な意見が非常に多かったです。 それぞれ悪い評判と良い評判をまとめていきます。 どんなときもwifiの悪い評判 どんなときもWiFi… やっと届きましたぁ! せっかくなので頑張って悪い評判を見つけてみようと思い散々探したのですが、やっと見つかったのが上記の「届くのに10日ほどかかった」という口コミでした。 どんなときもWiFiは基本的に即日~2日後には発送されるようですが、この方は何らかの理由で届くのが遅くなってしまったようです。 (もしくは宅配便の受取日時が合わずに時間がかかってしまったのかもしれません。 地下でも悠々電波も入るし速度も安定。 某Wは地下やビルの内部ではなかなか電波が入り辛かったがどんなときもWiFiなら何ら問題がない。 逆に電波が入らない場所を探す方が大変だと思う。 まずまず。 朝時点では昨晩の40GB超の通信量の制限は見られず。 一部を上記にまとめましたが、 「速度が想像以上に速い」「無制限で使えてヤバい」「地下鉄でも使えてすごい」「田舎でも使える」などの口コミがありました。 どんなときもWiFiの他の人の口コミまとめ• 届くのに時間がかかる場合がある(宅配の問題?)• 速度が想像以上に速い• ガチ無制限なので映画が見放題• 地下鉄でもしっかり使えるし速度も安定してる• 速度が速くて無制限で使えてヤバい• 1日100GB使っても制限かからなかった• 田舎でもしっかり使えている どんなときもWiFiの口コミについて簡単にまとめると、上記のようになりました。 Twitterなどを見ていると口コミの数はかなり増えていて、どんなときもWiFiの使用ユーザーが非常に増えているのが分かりました。 「速度が遅かった」などの悪い評判はほとんど見つけられず、 たくさん口コミがあるにも関わらず良い意見が多かったので本当に良いポケットwifiなんだなと感じました。 確かに私もこの3ヶ月間非常に快適に使えています。 ポケットwifiを使ってみたいけど制限がかかるのが嫌な方や、速度やエリアが気にな方には非常におすすめできますよ。 ガチ無制限で使い放題なポケットwifiは現状ではどんなときもWiFiだけなので、参考になれば嬉しいです。 WiMAXで一番人気の「Broad WiMAX」と、ポケットwifiは最も有名な「ワイモバイル」を比較しています。 「最大通信速度」はルーター端末の最大速度ですが、Broad WiMAXは1,200Mbpsなのに対して平均実測値は40Mbpsほどです。 どんなときもワイファイは最大150Mbpsに対し平均実測値が30Mbpsなので、最大速度に対して速い速度がしっかりと出ています。 また、料金はどんなときもWiFiは最安で、月額3,480円でした。 「平均」としているのは、他のポケットwifiは料金体系が使用月によって変動するためです。 どんなときもWiFiは2年間ずっと3,480円で使えるため、その点も安心感は高いです。 また表の通り、 完全無制限で使えるのはどんなときもWiFiだけです。 他のポケットwifiは全て3日で10GBまでの制限があるため、この点はどんなときもWiFiは非常に画期的といえます。 エリアに関しても、どんなときもWiFiは「ソフトバンク」「au」「ドコモ」の3回線全てを使えて自動で切り替えてくれるため、非常に広い範囲で繋がります。 地下鉄でも速い速度で使えています。 正直、どんなときもWi-Fiは他のポケットwifiを潰しにかかってるな・・・と言えるくらい凄いスペックだと感じます。 これまで僕も8社のポケットwifiを使ってきましたが、どんなときもWiFiは料金と速度と容量が優れているので本当におすすめできるポケットwifiです。 本当に良いポケットwifiを使いたい方は参考にしてみて下さい。 どんなときもWiFiは速度が遅いのか? どんなときもWiFiを色々な場所で測定した速度を上記に載せました。 「東京都新宿区(高田馬場)」「神奈川県川崎市」「埼玉県草加市」で速度測定を行ったのですが、それぞれ「25Mbps」「28Mbps」「41Mbps」とかなり速い速度で使うことができました。 これがどれくらい速いのかというと、基本的にはスマホで使うのであれば10Mbps以上の速度が出ていれば動画も高画質でサクサクみれて非常に快適です。 ポケモンGOなどのゲームも快適に遊べます。 どんなときもwi-fiでは、その2~4倍以上の速度が出ているため、速度に関して遅いということは無く、非常に速いなと感じています。 また、凄いのは地下鉄でもしっかり20Mbps以上の速度が出ることで、スマホのLTE回線や他のポケットwifiでは電波が繋がらないことも多いので、しっかり安定して繋がるどんなときもWiFiはかなり便利です。 どんなときもWiFiにキャンペーンはある? どんなときもwifiは現在、毎月930円割引になるキャンペーンを行っています。 もともとの料金は月額4,410円だったのですが、今はキャンペーンで月額3,480円で2年間使うことができます。 これは、 2年間で22,320円も割引になるため、非常にお得なキャンペーンです。 また、2年後は割引がなくなってしまうのですが、一度解約して再契約すればまたキャンペーン割引を受けられるためコスパが良いです。 2年後に解約すれば違約金も0円で解約できるため、損せずに安い料金で使うことができますよ。 どんなときもWiFiの解約方法は? どんなときもワイファイは、キャンペーン割引が2年間だけなので、2年経ったら解約して再契約するのがお得です。 解約方法を説明しておきますが、非常に簡単に解約することが可能です。 に行き、申請フォームから手続きをするか、電話「0120-048-277」にかければ解約が可能です。 電話は他のポケットwifiは「ナビダイヤル」という有料通話の会社が多いのですが、どんなときもWiFiはフリーダイヤルで無料なのでこのあたりに誠実さを感じます。 サポートに電話すると色々と親切に教えてもらえたので、ネットでの解約が難しい方は電話でも可能ですよ。 どんなときもWiFi購入前に気になるQ&A一覧 どんなときもwifiのQ&A一覧• どんなときもワイファイを購入する前に気になる疑問10個をまとめました。 上記をクリックすると、それぞれの項目にジャンプできます。 1.どんなときもWiFiの初期契約解除制度って? どんなときもWiFiには、「初期契約解除制度」というものがあります。 これは、到着後8日以内であれば解約金なしで契約が解除できるというものです。 実際に使ってみてどうしても気に入らなければ、8日以内であれば違約金なしで解約できるため安心感が高いです。 2.どんなときもWi-Fiの対応エリアは? どんなときもWiFiの対応エリアは非常に広く、「au」「ドコモ」「ソフトバンク」の3回線を全て足したエリアで使用できます。 3.どんなときもワイファイはなぜ無制限で使えるの?クラウドSIMって? どんなときもWiFiが無制限で使えるのは、「クラウドSIM」という新しい通信方式を採用しているからです。 クラウドSIMとは少し難しい話になるのですが、本来スマホやポケットwifiに入っているSIMカードの代わりに、クラウドサーバー上に仮想SIMが用意され、必要に応じて各SIMに接続できるのです。 そのため、ソフトバンク回線やWiMAX回線にはそれぞれ月300GBまでや3日で10GBまでの制限がありますが、色々なSIMカードを使えるため完全に無制限で使用することができます。 4.どんなときもwifiの問い合わせ先は? どんなときもWiFiは、メール(support@donnatokimo-wifi. jp)での問い合わせが可能です。 また、公式サイトではチャットサポートも行われいるため、こちらから問い合わせるのが一番速く回答をもらえます。 5.どんなときもwi-fiは口座振替はできる? どんなときもWiFiは口座振替も可能です。 クレジットカードでの支払いか、口座振替での支払いが可能です。 また、法人契約の場合は請求書払も可能となります。 6.どんなときもWifiの充電器は必要? どんなときもWiFiにはオプションで充電器がありますが、これは正直なくても良かったです。 AmazonなどでmicroUSBのケーブルとコンセントを買えば充電できてしまうため、わざわざどんなときもWiFiのものを買わなくても大丈夫です。 7.どんなときもWiFiに送料はかかる? どんなときもWiFiは送料無料です。 また、店舗受取りも可能になり、「渋谷センター」と「秋葉原センター」では申し込み当日にすぐ受け取ることが可能です。 8.どんなときもWi-Fiは海外で使える? どんなときもWiFiは海外で利用可能です。 そのまま使うのであれば、1,280円~1,880円をオプション追加することで使用することができます。 また、SIMカードを挿入できるため、現地で格安SIMを買っても使用可能です。 9.どんなときもwifiに端末補償はある? どんなときもWiFiには端末補償があります。 契約終了後に端末を返却する必要があるため、故障などが心配な方は補償オプションに入るのがおすすめです。 ちなみに、どんなときもWiFiは「レンタル形式」といってもちゃんと新品の端末が届きます。 10.どんなときもワイファイの同時接続台数は? どんなときもWiFiは最大で同時に5台まで接続することが可能です。 そのため、旅行先で複数人で使いたい場合や、ビジネスでパソコンとスマホを一緒に使いたい場合なども快適に使えて便利です。 どんなときもWi-Fiの基本情報まとめ 運営会社 株式会社 グッド・ラック 住所 〒910-2178 福井県福井市栂野町第15号1番地2 メール support@donnatokimo-wifi. jp 電話番号 0120-048-277 主な事業 インターネット接続サービス インターネット会員サービス その他インターネット関連事業 営業開始日 平成22年3月17日 事業者区分 D-27-00408 どんなときもWiFiについてまとめ どんなときもWiFiについてまとめ• 本当にガチで無制限で使える(3日で10GBまでの縛りも無し)• 1日100GB使っても大丈夫だった• 月額料金も他のポケットwifiに比べて安くコスパが良い• 速度も平均30Mbpsと非常に速い• 端末はiphone7より小さくて持ち運びやすい• オプションで海外でも使える• ドコモ・ソフトバンク・auの3回線が自動で切り替わって使えるのでエリアが広い• 地下鉄でも速い速度で使える• 最短で即日発送してもらえる どんなときもWiFiについてまとめると上記のようになります。 やはり「本当に完全無制限で使える」というのは非常に凄いことで、他のポケットwifiでは実現できなかったことを「クラウドSIM」という技術によって実現したので画期的なポケットwifiだといえます。 また、スペック的には最大速度150Mbpsとそんなに高くないのですが、実測値は平均30Mbpsと非常に速く、ポケットwifiの中でもかなり速くて驚きました。 Twitterなどの口コミを見ても「田舎でも速度が速い」や「地下鉄でも使えて便利」など良い口コミが多く、今ポケットwifiを選ぶなら最もおすすめできるサービスだと感じています。 本当に良いポケットwifiを使いたい方にはどんなときもWiFiはおすすめですよ。 この記事がポケットwifi選びの参考に少しでもなれば嬉しいです。

次の

【どんなときもWiFi】ポケットWiFiの落とし穴・通信障害…とにかく遅い…!

どんな とき も wifi 問い合わせ

どんなときもWiFiユーザーが総務省へ苦情を入れている? 現在、どんなときもWiFiが繋がらない事態となり不満に思う一部のユーザーが総務省に苦情を入れています。 ユーザーは、使えないものに対して料金を支払うことが不満のようです。 どんなときもWiFiの苦情を総務省は受け入れる? 総務省がインターネット接続サービス、携帯電話サービスなどの電気通信サービスの利用者利益の保護を目的として、WEBフォームによるトラブル等の情報提供の受付をしています。 総務省では以前より電気通信消費者相談センターや各地方の総務省総合通信局にて電気通信サービスの相談を受けておりましたが、電話での連絡が必要でした。 現在は受付フォーム設置によりWEBサイトから簡単に情報提供をすることが可能となり、またフォームには具体的な会社名等も入力することができます。 提供した情報は総務省において、法令違反の調査、苦情の分析等に利用されます。 今回、どんなときもWiFiの苦情は総務省でも殺到しており、動く可能性があります。 どんなときもWiFiの苦情を総務省は電話でも受付してる? 消費者センターに行く時間がない場合は、総務省の消費者相談センターを利用することも可能です。 電気通信消費者相談センターの相談は対面はなく、電話でのみ受け付けています。 総務省では電話で直接の相談のほか、ウェブからの情報提供も受け付けていますが、相談窓口ではないため個別での返信は保証されません。 その為、直接電話で話した方が総務省側の回答をすぐに得られます。 総務省電気通信消費者相談センター 〒100-8926 千代田区霞が関2-1-2 中央合同庁舎第2号館 Tel: 03-5253-5900 1度契約考えたけど、客セン繋がらないとか希望者に日割り対応とか、客対応がなってない。 契約せずに正解。 総務省から起こられる事案では? 「どんなときもWiFi」通信障害の復旧は4月上旬ごろ 料金「希望者に日割りで免除」の対応に批判も(ねとらぼ) — Yahoo! 実は既に総務省から指導されてたのね… — きゃすばる 3u7aaa どんなときもwifi、総務省に繋げようとすると通信障害に見せかけて回線を遮断するシステムだったら笑う。 ネチネチとな。 こんなメール送る頭、回線回復に使え。 こんな内容テメは納得するか? — jaeyoung Chang moebious71 どんなときもwifiの文句言うなら総務省の専用フォームに意見言えよ こんな所で文句ツイートしても意味ねーから — Yujin ver. 0 yoshiteya どんなときもwifiで困ってる人 総務省への通報、苦情窓口はこちら。 匿名OK! 個人的に薄い内容でもいいから一人でも多く連絡すべき。 国を動かすには送信数、数が重要だと思う 多ければ多いほど動いてくれるはず — まこっちゃん@自由にいきたい!! makochanruzuo どんなときもWiFi解約したいけど解約金かかるのがなぁ。 総務省から指導を受けて解約金無しでOKとなるとしてもすぐじゃないだろうしな。 かといって回線復旧予定の四月までオンライン英会話出来ません!てそりゃ困るんだよ。 Googleニュースに出てました。 — 100万円 IH8BSRpKrlXK0el どんなときもWiFiはプロバイダである以上,どのような理由でもユーザに安定した通信を提供する義務があります 根本原因はSIMカードが不足したからですが,不足を見越して障害時の対応を準備しなければプロバイダではありません このままではプロバイダの無法地帯になります。 総務省に連絡しましょう — churtg churtg1 どんなときもWiFi通信障害の件 流石に頭にきたから総務省にクレーム入れたわ。 回線の自動最適化で快適に使える!と明記してるのに一部のキャリアからのSIMカードの提供がストップしており、SIMの増強に遅延が生じている。 が原因らしい。 に連絡した方がいいね — ますたべ職人諒 masutabefan どんなときもWiFiさん。 数年前のUQWimaxの集団訴訟の時は経産,総務省からKDDIへ天下りがあったから動かなかったけどグッドラックみたいなスタートアップに天下りしてる元役人いるかな? この前親会社のALLCONNECTは行政指導されてましたね。 後ろ盾無さそうですね。 真摯な対応に努めたほうがいいと思うよ — churtg churtg1 TwitterでどんなときもWiFiで検索してみたら10秒に1回はツイートされてるし総務省に連絡してる人めちゃくちゃいて行動力すげーなってなってる — ヤクルト rusclu どんなときもwifiの件で総務省へ連絡された方は、プルダウン内容どんなのにされてるんだろ。 明日にも連絡入れます。 私申請してないのに強制的に通信停止されてるみたいでアホくさくてお金払いたくないです。 仕事で使うけど今月まるっと無償にして、来月から着払いで受付てほしい。 違約金免除にならないと手が出せないと思ってますが、SIM200GBプランを契約したいなぁ。 (simフリーのiphoneにさしてルータにします。 ) この状況だと総務省が動いて違約金免除の方向に行きそうですね。 早めに契約した方が良さそうですね! — タキャスイ 358argtu どんなときもWiFiの通信障害と不誠実な対応の件… Twitterで罵詈雑言をつぶやいても何も変わらないし、電話もメールもつながらないよね… 株式会社グッド・ラックに訴えたいのならば、総務省や消費生活センター、つまり行政を通じてすべきだよ…そんなにハードル高い事じゃないし… — 第3GK Miilogy どんなときもwifi グッドラック の親会社ALLCONNECTが総務省から指導されてた。 匿名でいけますし、思ったより簡単に送れました。 電気通信サービスに関する情報受付フォーム — まこっちゃん@自由にいきたい!! makochanruzuo どんなときもwifi回線休止申請のご案内とかふざけてるだろ、休止申請じゃなくて復旧するまで自動的に無償で提供しますが普通じゃないのか? 解約したくても解約金とるんだろ?送料もこちらもちにするのか? Twitterで呟いてる人は総務省にもメール送ったほうがいいよ匿名OK! — まこっちゃん@自由にいきたい!! makochanruzuo どんなときもwifi契約者なんですが 契約通りの能力が提供できてないのだから 無償か解約に応じるのは普通の対応だと思うんだけど。。 こんな所で文句言っても時間の無駄。 オレは総務省に意見送った。 — Yujin ver.

次の

どんなときもWiFiの連絡先は?困った時すぐ問い合わせできるようにしたい!もしもの場合も安心!: 【WiMAX】激分かり!

どんな とき も wifi 問い合わせ

どんなときもWiFiが総務省の行政指導を受けた LTE系の無制限WiFiにおけるパイオニアとして有名だったどんなときもWiFi。 現在は、4月上旬から「サービス安定供給の観点」を理由に新規受付を停止しています。 どんなときもWiFiが、総務省から行政指導を受けるに至った具体的な経緯をまとめました。 行政指導を受けるに至った経緯は? 総務省が公表した「」によると、ポイントは以下の3点。 通信速度の低下に対する利用者からの多数の苦情• 無制限を謳っていたものの、実際は著しい速度制限をしていた• 一定の基準を超過した利用者に月25GBの上限を設けたうえでその基準を公開しなかった 一つずつ詳しく見ていきます。 通信速度が低下する問題が起きて、多数の利用者からの苦情相談があった まず問題の発端は、どんなときもWiFiの通信速度が遅くなっていたことにあります。 3月には通信障害が発生し、どんなときもWiFi側が「改善した」と公表しても実際は解消されていないなど、 多数の利用者の間で苦情が上がっていました。 原則的には「無制限」を謳っていたが、実際は通信速度を著しく制限していた どんなときもWiFiは原則「無制限」を謳っていました。 実際に本サイトが以前、どんなときもWiFiに確認した際にも「1TB テラバイト でも掛からない」と説明を受けたことがあります。 一応グッド・ラックとしては、「回線を占有するほどの過剰な通信や、違法ダウンロードなどの行為があった場合は384Kbps以下の制限を掛ける可能性がある」ことを公表してはいました。 ただ 、実際は384Kbpsどころか0に近い速度しか出ないという人もいるほど、通信速度を著しく制限していた事実が判明したというわけです。 一定の基準を超えた利用者に対して月間25GBを上限とする基準を公開しなかった 総務省が特に問題視しているのは、「超ヘビーユーザー」に対する月間制限とその対応です。 その 制限は月間25GBというもの。 1日1GB使っても、月の後半には制限に掛かるほどの厳しい制限に相当します。 しかも、どんなときもWiFiはこれを一切公表せず、利用者からの問い合わせに対しても一律に答えないようにしていました。 利用者の利益を損ない、社会的にも大きな影響を及ぼしたと判断された 総務省は「多数の苦情」「著しい速度制限」「制限の非開示」といった、どんなときもWiFiの対応は、利用者の利益を損なっている ことを指摘。 以上の経緯を踏まえ、総務省はグッドラックに対し、 電気通信事業法の第1条「利用者利益の保護」、第27条「苦情等処理義務」、第27条の2第1号「事実不告知等の禁止への違反」を認め、法の遵守を徹底することを求めました。 総務省はどんなときもWiFiに対して指導した内容とは? 総務省による具体的な指導内容は主に以下の4点。 問題発生の根本原因を解明すること• 利用者への適切な情報を提供すること• 苦情等処理義務を遵守すること• 実際より高い品質を謳わないこと 一つずつ確認していきます。 問題発生の根本原因を解明すること 総務省は、 どんなときもWiFiと回線供給元との連携不足や、 契約数に対して必要な設備増強の準備不足など、 速度遅延や通信障害が起こった根本となる原因の解明を指示しています。 クラウドSIMのポケットWiFiは、WiMAXなどの物理SIMに比べて、設備増強などのメンテナンス管理が非常に重要です。 この部分が改善されないと、サービスが再開されても通信の問題が解消されないため、最重要事項と言えるでしょう。 利用者への適切な情報を提供すること どんなときもWiFiは、通信障害により通信ができなかったユーザーに対して、月額料金の払い戻しや、解約違約金を取らないといった対応を取っていました。 ただ、超ヘビーユーザーには月間25GBの制限を掛けているといった内容を一切公表していなかったのは、ユーザーに対する適切な対応だったとは言えません。 そこで総務省は電気通信事業法第1条の「利用者利益の保護」に照らし、 適切な情報提供や措置を行うことを求めています。 苦情等処理義務を遵守すること どんなときもWiFiの公式Twitterにはカスタマー対応のアカウントがありますが、そこにもリプライでかなりの数の苦情が寄せられていました。 カスタマーセンターへの電話もなかなか繋がらない、問い合わせても説明をしっかりしてくれないなど不満を漏らす人の数はかなり多かったです。 指導では、そういった態勢を整備し、 法律で義務付けられている苦情等処理への対応を求めています。 実際より高い品質を謳わないこと 「原則無制限」といった、実質より高い品質を謳わないことも指導内容のうちの一つ。 「無制限と言いながら制限がある」というのは、ポケットWiFi業界では以前からよく指摘されていることですが、実際は「3日で10GB」「回線を占有する過剰な通信で」といった制限はあります。 ただ、こういった制限内容を利用規約、重要事項説明書に記載してあっても、 正直「無制限ではない」ことを分かりやすく表記する企業は多くありません。 なお、どんなときもWiFiが総務省に再発防止措置を報告するリミットは7月16日。 どんなときもWiFiがどのような対応を取るのか、詳細が分かり次第、本記事に追記する予定です。 総務省の注意喚起を受けて他社は対応に追われている どんなときもWiFiの行政指導を受け、同様にクラウドSIM端末を取扱っているポケットWiFiでは対応に追われています。 今すぐ他のポケットWiFiも同じように指導を受けるようなことは無いとは思いますが、総務省からの注意喚起を受けて、サービス内容の見直しや規約の変更等を検討しているはずです。 既に、 設備増強を理由に新規受付を停止したり、 「無制限」ではなく「1日〇GB」の制限を設けたりしているところがいくつか出てきているので、具体的にどのような対策をしているのかチェックしておきましょう。 設備の増強を優先するために新規申し込みを停止しているところもある 設備増強を優先して新規受付を停止しているギガゴリWiFiワールドと、設備増強の継続について説明文書を公表しているTHE WiFiの対応は以下の通りです。 ギガゴリWiFiワールドは新規受付を停止して設備増強を行っている ギガゴリWiFiワールドは、サービスを開始した当初から「設備増強を継続的に行うこと」をウリにしていました。 安定した通信環境を提供するため、設備増強を定期的に実施しています。 引用: その後、テレワーク需要もあって申込者数が激増。 設備増強を理由に、5月13日でサービスの新規受付を停止しています。 テレワーク等によるトラフィックの大幅な増加に対する設備の増強を優先するため、新規顧客の受付停止を行う判断をとらせていただきました。 引用: 設備増強が満足にいかなければ、速度遅延や通信障害といった問題が起こる可能性が出てきますから、ギガゴリWiFiワールドが新規受付を停止したのは、正しい判断でしょう。 THE WiFiは設備増強の継続と回線供給元の連携に関する文章を公式サイトに記載 THE WiFiは、5月にデータ通信の速度低下を認めてユーザーに謝罪し、通信設備の強化等を実施してきました。 その後6月19日に第二次報告を公式サイトに記載。 ここでは、契約者数の増加と、1人当たりの通信量が予想の約1. 6倍に増大に対して確保した設備では対応が追い付かず、速度低下が発生したことを報告しています。 現在、速度が著しく低下したユーザーについては、代替機の貸与や解約手数料の免除などで対応しており、今後も 設備増強の継続や、回線供給元との連携を図るということです。 「無制限」を強く推すポケットWiFiが減ってきている ギガゴリWiFiワールドやTHE WiFiのように設備増強に力を入れているポケットWiFiがある一方で、いくつかのポケットWiFiでは既に「無制限」から「制限あり」へ舵を切り始めています。 限界突破WiFiは1日あたり5GBと10GBで段階的に制限を加える内容に変更 無制限を謳って2019年秋にサービスを開始した限界突破WiFiですが、2020年4月に速度制限に関するルールを変更。 10GBを超過しても通信自体はできること、制限は24時にリセットされること、月間の通信量に制限はないことで、快適なインターネット通信が引き続きできることをアピールしています。 ハイホーレッツWiFiは1日7GBで翌々日に速度制限が掛かる ハイホーゴーゴーWiFiは端末の在庫切れで新規受付を停止。 それから数ヶ月して2020年6月にhi-hoから新しくハイホーレッツWiFiの新規受付が開始されました。 ハイホーレッツWiFiの特徴は、クラウドSIM端末でありながら「 無制限に使えることを謳っていない」こと。 速度制限のボーダーは1日7GBで、翌々日に128Kbpsの速度制限が掛かる仕組みです。 ちなみに 月間通信量は217GBまで保証されています。 1GBは、YouTubeを1日1時間見るくらいの通信量と言われているので、1日7時間程度見ると掛かるくらい。 正直、動画やSNSなど一般的な使い方なら、月217GBを使い切るのは結構大変です。 ハイホーレッツWiFiは、多くの人にとって不自由せずに使える「無制限」のようなポケットWiFiと言えるでしょう。 クラウドSIMプランを始めたそれがだいじWiFiは月150GBまで それがだいじWiFiは旧プランの端末が在庫切れとなり、2020年6月に新しくクラウドSIMプランを始めました。 総務省からの注意喚起も影響しているのか、 それがだいじWiFiは新プランにおいて月150GBで速度制限の基準を設けています。 1日あたりの速度制限はありませんが、ハイホーレッツWiFiに比べると月間通信量が少なく、 目安は1日5GB程度です。 ポケットWiFiを契約する時は設備増強状況や制限内容を要チェック どんなときもWiFiの行政指導の内容や、他社の対応などについて解説してきました。 ポケットWiFiで謳われている「無制限」の扱い方は以前から様々な指摘がありましたが、どんなときもWiFiが行政指導を受けたことで、今後その表記や基準を改めるポケットWiFiが増えるのは確実。 利用者としても契約する以上、 料金に見合った通信速度で通信できて、知らされている基準で制限のあるポケットWiFiのほうが安心して長く使えますよね。 恐らく今後は「無制限」を推すポケットWiFiよりも、1日あたりや月間で使える通信量をはっきりと示しているポケットWiFi人気が高まっていくことでしょう。 もちろん、 契約時は設備増強の状況や制限内容などをしっかり確認することをお忘れなく。

次の