胃 の 痛み ツボ。 「癒しのツボ」放送 平成30年度 12月

お腹が痛い時の対処法。すぐに効くツボを痛みの原因別に徹底解説!

胃 の 痛み ツボ

下痢や吐き気やゲップを伴う胃が重いと感じた時の対処法! 胃に現れる症状には様々なものがありますが、その中の一つに「 胃が重たい」と感じる場合があります。 とは言え、胃が重たいとはどのような症状なの?と聞かれても、具体的に説明するのは少し難しいものですが、例えば 朝起きた時に空腹のはずなのに胃のあたりがすっきりしない感じがしたり、胃がずっしりとしていて食欲がわかないなど、このような症状というのは程度の差こそあれど、誰もが一度くらいは経験しているものではないかと思います。 では、この 胃が重いと感じる原因は、一体何なのでしょうか。 ズキズキやキリキリとした胃の痛みや、胸やけがして胃がもたれている感覚とは異なる、胃が重いと感じる症状。 そのまま放っておくのは、何だか危険な気がしますよね? そこで今回は、胃が重くなる原因やそうなった場合の対処法をご紹介したいと思います。 胃が重い、張りがある時の原因は? 胃が重い、張りがあると感じる場合は、主に次の4つが原因として考えられます。 胃は、食べ物を一時的にためておく機能や、伸び縮みすることで消化した食べ物を腸に送る働きがあることから、伸びること自体に何ら問題はありません。 しかし、食べ過ぎによって多くの食べ物が詰め込まれてしまうと、胃がどんどんと膨らみ伸びてしまうため、結果的に胃の動きが悪くなって、食べ物が腸へとスムーズに移動しなくなってしまいます。 そのため、消化のよい食べ物より胃に掛かる負担が大きくなってしまうことから、胃が疲れてしまい動きが鈍くなってしまうと、胃に重さを感じるようになります。 しかし、ストレスなどによってこの自律神経に乱れが生じると、胃腸の消化機能も低下してしまい、胃の動きが悪くなって胃の重さを感じる症状が現れます。 年齢が若いと食べ物が胃に入ってから2~3時間で消化されますが、加齢と共にこの機能に時間が掛かるようになるため、その分胃が重いと感じる時間が長くなってしまいます。 胃が重い時の症状は? 胃が重い時は、何となく胃が重く感じる他にも、胃もたれや吐き気、腹部全体の膨満感、食欲不振などが症状として現れる場合があります。 また、胃が重たく感じる時には、胃や腸の疲弊、疲れが原因の場合もあるため、下痢や便秘などの症状が続いて起こることもあります。 このような症状は、通常は胃を休めて胃の重たさがなくなると、それに伴い消失しますが、いつまでも下痢や便秘が治らない場合や下痢や便秘を繰り返す時は、何か別の病気の可能性も考えられるため、病院で診てもらうのがよいでしょう。 胃が重い時の対処法!効果のあるツボは? 胃が重いと感じたら、できるだけ消化のよいものを食べて、胃の負担を軽くすることが大切です。 その際、お肉などのこってりしたものは避ける方が多いですが、以外と盲点なのが野菜(特に根菜類)です。 野菜は体によいものというイメージがあるため、このような場合にもよく選ばれますが、食物繊維の多いものは消化に時間が掛かるため、胃に負担を掛けやすくなってしまいますので避けるのがよいでしょう。 また、カフェインなどの刺激物も胃壁を荒らしてしまう原因となるため、胃が重い症状が改善されるまでは摂取しないようにしましょう。 なお、胃の重さを軽減するツボがありますので、是非試してみて下さい。 (動画を参照) 胃が重い時に効くツボ・・・中かん みぞおちとおへその中間にあるツボです。 吐き気を伴う胃が重い時の対処法 吐き気を伴う胃の重さがある時は、消化を促すために右を下にして横向きになって寝るのがよいでしょう。 このような体勢になることで、胃から十二指腸へと食べ物が流れ込みやすくなり、胃の重さやそれに伴う吐き気が軽減されます。 下痢を伴う胃が重い時の対処法 胃が重い症状と下痢が長く続く場合は、「過敏性腸症候群」の可能性があります。 特に、会社や人間関係でプレッシャーやストレスを感じやすくなると下痢が続いてしまうという方は、一度病院へ行って検査を受けた方がよいでしょう。 過敏性腸症候群は、慢性的な胃の不快感や下痢(便秘やおならの場合もあります)があるにも関わらず、腸に異常がない場合に診断されます。 今は過敏性腸症候群に効く薬も開発されていますので、自分は下痢体質だから、胃が重いのはよくあることだからと思わずに、病院を受診するようにしましょう。 ゲップを伴う胃が重い時の対処法 胃が重い時にゲップも出てしまう原因としては、早食いが考えられます。 通常の食事でも、食べ物と一緒に空気を飲みこんでしまうことがあるため、ゲップが出ることはそれほど問題がありませんが、胃が重い時というのは胃の動きが弱くなっているので、そこで早食いをしてしまうとゲップがたくさん出てしまう原因となってしまいます。 これを解消するためには、早食いを止めてよく噛んで食事をすることが大切です。 また、食事時ではない時にもゲップが出て、なおかつ胃の重さを感じる場合は、何か他の病気が原因の可能性があるため、病院を受診するのがよいでしょう。 胃が重い時におすすめの市販薬 胃が重いなと感じた時は、市販薬を飲んで胃の働きを助けることで症状を緩和・改善することができる場合があります。 ここでは、胃が重い時にお勧めの市販薬をご紹介します。 ソルマック胃腸液プラス 食べ過ぎや飲み過ぎによる、胃の膨満感や吐き気に効きます。 なお、この製品は生薬成分が含まれており、成分が沈殿することから、服用前によく振って使用して下さい。 solmac. html 新タカヂア錠 糖質やたんぱく質の消化を促す消化酵素が配合された消化剤です。 最近、消化に時間がかかる、消化力がなくなったと感じる方にお勧めです。 消化を促すことで、胃に溜まった食べ物をすみやかに排出してくれます。 参考URL: エビオス錠 天然素材のビール酵母の働きによって、弱った胃腸の働きを助け、元気な状態へと戻していきます。 胃もたれ、消化不良、胃部・腹部膨満感、食べすぎ、飲みすぎ、胸やけ、胸つかえ、吐き気などに効果があります。 asahi-fh. html 胃が重い時の原因や主な症状と対処法!効果のあるツボは?のまとめ 慢性的に胃が重い症状がある方は、その状態に慣れてしまいがちですが、本来の胃というのは食べた物を消化し、体のエネルギーに変える重要な役割を担っています。 そのため、いつも胃が重いと感じたり、食欲が落ちたなと思うことがあれば、まずは胃をしっかり休めてあげるようにし、それでも不快感がある場合は病院へ行って検査を受けるようにしましょう。 また、胃が重いと感じる症状が一過性の場合は、市販薬で症状が改善することがありますが、胃の疲労が長く続いている時や他に病気が隠れている時などは市販薬ではよくなりません。 市販薬を飲んでも調子が戻らない時は、かなり胃がダメージを受けていると思って、こちらもすぐに病院を受診するようにしましょう。

次の

「癒しのツボ」放送 平成30年度 12月

胃 の 痛み ツボ

土踏まず(上の方)• 足の裏には 「反射区」と呼ばれる、身体の臓器の動きを活発にしてくれる領域があります• 胃もたれやむかつきなど、胃の不調に対応しているのは土踏まず。 それも、上の方がよりピンポイントです。 最初に足裏全体を、手をグーにしてグリグリとさすり柔らかくしたら、土踏まずを重点的に押してみましょう 太白 たいはく• 足の親指の内側からかかとに向けてなぞっていくと、最初にへこんでいる部分があります。 足の親指の骨の付け根のすぐ下あたりです。 そこが「太白」です。 ここを親指でギューッと指圧していきます 胃が疲れているとかなり痛いです• 「太白」を刺激すると、 内臓の血液の巡りをよくしてくれる働きがあります• 胃もたれの解消には、肝臓などの他の臓器も元気になる必要があるので、このツボはぜひ押しておきたいツボですね 衝陽 しょうよう• 足の甲にあるツボです。 人差し指と中指の付け根の部分から足首に向けて、3センチほど下がったところにあります。 左右に骨があり、その真ん中のへこみの部分です。 このツボは、胃もたれの他に、 吐き気や食欲がない時にも押しておくといいツボです• 手の親指よりも人差し指の方がへこみにフィットし、しっかりツボ押しできますよ 厲兌(れいだ)• 足の人差し指の爪のキワにあるツボです。 中指側の爪の側面と覚えておくといいでしょう• ここは、 胃がムカムカするときや吐き気があるときに効果の高いツボです。 手の親指と人差し指で、つまむようにしてもみましょう。 右足と左足で試してみて、より痛いと感じる方を集中してもむと効果が高いと言われています 足三里(あしさんり)• ひざの外側、ひざの皿の骨の下から指4本分下がったところにあるツボです。 胃をはじめ、身体全体の不調に効くと昔から言われているツボです• すねの太い骨に沿うように押しましょう。 少し強めで、足先にズーンと刺激が伝わるぐらいの力加減が目安です 上巨虚 じょうこきょ• 「足三里」より1. 5cmほど下に下がったところにあるツボです。 このツボは、 口に酸っぱいものが上がってくるように感じたとき(胃酸が出過ぎている時)に押すと効果的と言われています。 いきなり力を入れてグッと押すとけっこう痛いので、少しづつ力を入れながら、じっくり刺激するのがおすすめです 梁丘 りょうきゅう• ひざの皿の上のふち(外側)から指3本分上に上がったところにあるツボです• ここを押すと、 胃もたれや胃痛を抑え、腸の動きも正常に戻す作用があります。 とは言えこのツボも、胃の調子が悪い時に押すと痛いので、急に力を入れずに少しずつ押していくのが良いです 胃もたれ解消を助けてくれる足のツボは、ひざから足先にかけてこれだけあります 足のツボなら寝ながらでも押せるので、胃もたれがツラくて横になっているときにでもできますね 年末年始やお祝い事など、ごちそうを食べる機会が重なると、だれしも訪れる可能性のある胃もたれ 足のツボのマッサージは、自分でできる応急処置の一つとして覚えておくといいですね ただし、足のツボを押したから万事OK というワケではなく、 日頃の食生活や生活リズムも見直しましょう 目に見えない部分ですが、美味しい食べ物を楽しむためには欠かせない 「胃」は、家族全員で大切にしていきたいですね•

次の

覚えておきたい! 即効性のある【胃もたれ 解消】法を女医が伝授

胃 の 痛み ツボ

スポンサーリンク 日々の生活の中で消化不良でお悩みだったり 血糖値が高くなりがちになるのが心配。 そんな時に、足つぼの反射区を刺激して、体の内側から自分自身の自然治癒力で膵臓の調子を整えてみませんか? 今回は、そんな膵臓の足つぼのやり方をお伝えしていきたいと思います。 膵臓の働きを知っておこう 膵臓の働きは様々ありますが、代表的な働きを知っておきましょう。 膵臓は胃の裏側にある臓器で、強力な消化酵素をつくり、また、インスリンやグルカゴンを内分泌して血液中の糖の量を調節する 出典:体の地図帳 消化や血糖値のコントロールを手助けしてくれているのが膵臓なんですね。 膵臓・十二指腸・胃の足つぼの位置・揉み方を解説 足つぼを始める前にワンポイント知識 反射区とは・・・足にある64箇所のツボのこと。 足つぼ、日本では足つぼマッサージ、足裏マッサージとも言われ、リフレクソロジーとも言われたりします。 英語表記はreflexology。 語源は、reflex(反射)と-ology(学や論の意味を表す名詞を作る接尾辞)を合わせた造語であるとの説が有力。 「 リフレ」と短縮して呼ばれることもある。 … リフレクソロジーを行う人は リフレクソロジスト(英: reflexologist)または反射療法士と呼ばれる。 参照:wikipedia 膵臓・十二指腸・胃の足つぼの位置 上の図の赤い丸のところが胃・膵臓・十二指腸の足つぼになります。 胃・膵臓・十二指腸の足つぼは隣接していて、どれも消化に関係しているので、せっかくだから、まとめて揉んであげるのがよいでしょう。 胃・膵臓・十二指腸の足つぼは、 右と左と両方にあります。 ちょうど、 両足の親指の付け根の下あたりですね。 土踏まずの親指側になります。 この後、動画での詳しい場所と足つぼの揉み方をお伝えしているので、よかったら参考にしてみてください。 足つぼの位置は、左右の足の指の付け根の1段下の部分。 人間の気の流れは左から右に流れているという考えから、左足、右足の順番に揉むと良いとされています。 だいたい2本線でその足つぼを塗りつぶすように押していきます。 押し方は、木の棒などで1点をぐーっと押し込んでスライドさせて押していきます。 だいたい3回。 呼吸をしながら息を吐いている時に押してあげると効果的です。 足つぼ動画 あなたの胃・膵臓・十二指腸を元気にしてあげよう 誰でもすぐにできるように、胃・膵臓・十二指腸の足つぼの揉み方を動画で説明しています。 動画と一緒に足つぼをやってみてください。 足つぼが気軽にできるアイテム 足を揉むのが面倒なあなたには、こんなアイテムがおすすめです。 上手に足つぼグッズを使えは手軽に胃・膵臓・十二指腸を調整していくことが出来ます。 便利なアイテムを使って足を揉むのも1つの手段として効果的です。 こちらの記事もおすすめです。 膵臓・十二指腸・胃の足つぼが痛くてもまずは心配しないで下さい。 足つぼは1回や2回やっただけでは本当の不調を見つけるサインを捉えることは素人ではなかなか難しいものです。 でも、 胃・膵臓・十二指腸の足つぼが痛いと思ったあなたは、そこがお疲れモードかもしれません。 胃腸関係がお疲れの時は、サプリと一緒に足つぼをやることで、 合わせ技で効果アップですので、オススメです。 私が普段から使っている生姜パワーをお教えしますね。 これで、私も胃の調子を整えています。 足つぼの痛みに関する不安が少しはなくなくなると思いますのでぜひ合わせて読んでみて下さい。 胃・膵臓・十二指腸がお疲れモードになると出て来る症状は? 膵臓・十二指腸・胃・は消化に関係している場所です。 胃・膵臓・十二指腸に疲れがたまると、 胃・膵臓・十二指腸の普段行っている働きが低下してきてしまいます。 つまり、消化や血糖値をコントロールが調子悪くなってくるわけです。 そうすると、考えられるのが、胃が重くなったり、消化不良、血糖値の乱れといった症状が出てくる可能性があります。 でも、 注意してもらいたいのは、いきなり病気にはならないということです。 疲労が蓄積し、負担がかかり、疲れが取れない状況が続いくことで、胃・膵臓・十二指腸が痛めつけられて、機能が低下し続けることによって、結果的に病気になってしまいます。 ですので、あくまでも胃・膵臓・十二指腸への 疲れを溜め込まないことが重要です。 そのために、毎日足つぼで反射区を刺激してあげてください! 膵臓・十二指腸・胃の疲労回復させてあげるには、足つぼが有効なんです。 膵臓・十二指腸胃・に疲労を溜めこむのは良くありません。 でも、胃・膵臓・十二指腸の疲れをとるなんて難しくて出来ないと思うかもしれません。 でも、 足つぼからの刺激によって胃・膵臓・十二指腸の働きをサポートすることが出来るんです。 これが足つぼの良いところ。 直接的に胃・膵臓・十二指腸をさわれなくても調子を整えてあげることが出来るのが足つぼ健康法です。 膵臓の足つぼのまとめ 足つぼが痛い!膵臓を元気にするにはどうしたらいい??• 膵臓は消化や血糖値のコントロールを担う役割がある• 膵臓の足つぼが痛くても病気だと不安にならないで!• 膵臓を元気にするには、足つぼ健康法が有効! もっと足つぼの本質を知りたいかたはコチラへ.

次の