和風煮込みハンバーグ 栗原はるみ。 和風煮込みハンバーグ|レシピ|ゆとりの空間

スッキリ!!栗原はるみ先生の【煮込みレンコンハンバーグ】 レシピ : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

和風煮込みハンバーグ 栗原はるみ

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 低カロリーレシピ•

次の

スッキリ!!栗原はるみ先生の【煮込みレンコンハンバーグ】 レシピ : 三ツ星主婦の「簡単!家庭料理レシピ・作り方

和風煮込みハンバーグ 栗原はるみ

煮込みハンバーグの具材と出汁 玉ねぎの粗熱を取っている間に 煮込みハンバーグの具材を用意し、簡単に出汁も取ってしまいます。 まず、きのこは2〜3種類くらいあれば十分。 今回は しめじ50g、えのき茸50g、椎茸2枚を使いました。 それぞれ石づきを切り落とし、えのきは長さを3等分に、椎茸は薄切りにします。 ブロッコリーも加えると彩りがよく、 きのこと一緒に煮汁の中で直に入れて火を通せるので手間もさほどかかりません。 小房に切り分け(大きければ縦に半分に割って)、ため水の中で洗います。 それから、煮込むためのだし汁は、カツオ節の小袋パックに熱湯を注ぐだけでOKなので、ぜひだし取りしてみてください。 耐熱容器にカツオ節を計4gほど入れて熱湯を400mlそそぎ入れます。 はじめは手をグー、パー、グー、パーとひき肉と調味料を握るようにして全体を混ぜ、全体が混ざったらぐるぐるとかき混ぜるように練ってタネを作ります。 ひき肉250gなら大さじ4、ひき肉300gなら大さじ5が目安となります。 タネが出来上がったら、作る個数にざっくりとボウルの中で切り分け、手に取って成形していきます(今回は3つに分けましたが、煮込みハンバーグなら4〜6個の小ぶりにしてもOK)。 楕円形に軽くまとめたら 表面をならして形を整え、片手から片手へ軽く投げるようにして空気を抜きます(10回くらい)。 最後に、楕円形のハンバーグの中央部分を軽く押さえたら成形の完了です。 火加減を少し落として片面2〜3分ずつ焼いて、両面に焼き色をつけます。 焼き色がつけばハンバーグを端に寄せて、Bのだし汁、醤油、みりんを加えます。 続けて空いたところにきのこを入れ、沸いてきたら火を少し弱め、 ぐつぐつと煮汁が軽く煮立つ状態で8〜9分煮ていきます。 4〜5分経ったタイミングで、一度ハンバーグの上下を入れ替えます。 その時にブロッコリーも加えます。 厚みのあるハンバーグの中央に竹串を刺して、透明な肉汁が出るかを確認し、火通りがOKなら器にハンバーグとブロッコリーだけ取り出します。 あとは煮汁にとろみをつければ完成です。 小さめの容器にCの片栗粉と水を合わせてよく溶き、沸騰させた煮汁を混ぜながら、水溶き片栗粉を加えてとろみをつけます。 とろみがついた後にも、弱火で1分ほどぐつぐつと煮立つ状態を保ち、とろみを安定させるとよいです。 先に盛り付けたハンバーグの上にあんをかけてできあがりです。

次の

煮込みハンバーグ(和風の簡単レシピ/作り方):白ごはん.com

和風煮込みハンバーグ 栗原はるみ

主食:パンor白米 主菜:和風煮込みハンバーグ 汁物:かぼちゃのポタージュ 和風スープの煮込みハンバーグですが、洋風な一汁一菜でした^^ 私はパン、夫は白米でいただきました。 和風煮込みハンバーグ 『』のスープハンバーグが美味しすぎたので、家でも食べたくて作りました。 ハンバーグのタネ テレビで超有名『たいめいけんの茂出木浩司シェフ』のレシピです。 我が家では下記点を変更しています。 玉ねぎとバターは炒めずレンチン• 卵黄ではなく卵1個を使用• ナツメグなし 最初はナツメグありで作ったのですが、和風にナツメグは合わないな~と思ったので、二回目以降はナツメグなしにしています。 玉ねぎや卵はめんどくさいのでこのやり方にしています^^; ハンバーグのスープ 和風スープは『料理研究家の栗原はるみさん』のレシピです。 だし汁はレシピどおり、他の調味料は半分の量にして作っています。 なのでハンバーグのタネは、合い挽き肉を使っていない茂出木シェフのレシピを使っています。 ミキサーがない場合 我が家にミキサーがなかったとき、下記のように作りました。 玉ねぎはすりおろす(かぼちゃは普通の大きさでOK)• レシピどおり煮込む• ざるを使ってかぼちゃを濾す ちょっとめんどうですが美味しくできました^^ おすすめのミキサー 最近までミキサーのない生活をしていたのですが、『家でスムージー作りたい』と思ったのがきっかけで買うことにしました。 物によって機能面に違いがあるようで結構迷ったのですが、私は粉末も作れる機能がほしかったので、『Iwataniのクラッシュミルサー』という商品を買いました。 連続使用可能時間が120秒って短くない?とちょっと不安でしたが、氷や凍っている果物を入れても一瞬でスムージーができるので、全然短くありませんでした^^ ポタージュも一瞬でできました。 容器に250mlほどしか入らないので3回に分けてミキサーにかけましたが、ざるで濾すことに比べるとかなり楽でした(笑) 水と洗剤を入れてミキサーにかければ隅々まで洗えるし、コンパクトなので収納に困らないところも気に入っています。 最近は料理研究家の土井善晴さんの著書『一汁一菜でよいという提案』で話題になりましたが、何百年も前から人々の生活に定着している食事の形式です。 このブログでは夫婦と2匹の猫の日々のあれこれを書き綴っています。

次の