府中 市 コロナ 感染 数。 府中市美術館で常設展拡大 コロナで企画展中止、コレクションから人気作品展示(みんなの経済新聞ネットワーク)

【多摩市・稲城市】東京アラートが発令 都の感染者34名・多摩市では新たに1名の感染を確認・6月2日発表の新型コロナウイルス感染者発生状況

府中 市 コロナ 感染 数

府中市美術館(府中市浅間町1、TEL 050-5541-8600)は現在、展示数を増やした拡大常設展「東京近郊のんびり散歩」「江戸時代から現代まで」を開催している。 (調布経済新聞) 同館は、新型コロナウイルス感染防止のため6月1日まで全館を臨時休館していた。 本来はこの期間(5月23日〜7月5日)に企画展「府中市美術館開館20周年記念 ここは武蔵野 描かれた『むさしの』、400年を辿る旅」を開催予定だったが、展覧会準備を十分に行えない状況だと判断しやむなく中止した。 そこで今回は広い企画展会場も利用し、通常より2倍ほど多い約190点を展示する常設展を行うことにした。 「東京近郊のんびり散歩」では小林清親・井上安治・正宗得三郎・松村健三郎・鷹野隆大らによる、明治時代から現代までの東京とその近郊を描いた作品を紹介する。 学芸員は「空の青さや季節の変化、道行く人々のざわめきなど、忙しい毎日の中で見過ごされそうな一瞬の風景を切り取っている。 公園を歩くようにのんびりと、美術館での風景散歩を楽しんでいただければ」と話す。 「江戸時代から現代まで」では江戸時代後期の洋風画から、明治以降の洋画、現代の大画面作品まで、同館コレクションの作品を紹介する。 清水登之の「チャイルド洋食店」や牛島憲之の「貝焼場(午後)」など人気作も展示。 同館では再開に当たり「困難な時こそ美術は私たちを励まし、喜びや安らぎを与えてくれる存在であると信じている。 地域の美術館としてこれまで、美術の美しさや楽しみ、新たな気づきを身近に得られる場であるよう活動を続けてきた。 これからもそのような場であるように全力を尽くす」とメッセージを寄せる。 今後の企画展は「ひらいてみよう 美術の扉」(7月18日〜9月6日)、「府中市美術館開館20周年記念 動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり」(9月19日〜11月23日)などを予定している。 感染予防対策として、入館時の検温・記名(クラスター発生時の連絡用)・マスクの着用・咳(せき)エチケット遵守をお願いしている。 体調不良や発熱がある場合は入場できない。 館内ではほかの観覧者と一定の距離を保つよう呼び掛けており、展示室が混雑する場合は入室を制限する。 開館時間は10時〜17時(入場は16時30分まで)。 会期中の休館は月曜。 入館料は、一般=200円、高校生・大学生=100円、小学生・中学生=50円(府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」提示で無料)、未就学児および障害者手帳などを持った人は無料。 7月5日まで。

次の

府中市美術館で常設展拡大 コロナで企画展中止、コレクションから人気作品展示(みんなの経済新聞ネットワーク)

府中 市 コロナ 感染 数

都の退院者数の問題、今日のぶら下がり記者会見でも知事が指摘。 3週間くらい53人で止まったままでした。 都が確認して368人に。 感染者が多い各区主体の保健所の業務フローとデータ管理の見直しが急務になりますね。 都内感染3000人超え 小池知事「退院も増えている」 — 藤 井 あ き ら 🙎 都 議 🙆 ソ ー シ ャ ル デ ィ ス タ ン シ ン グ 🕺 fujiiakiratokyo 退院患者の数は、それまで3週間ほど53人でしたので、突然297人に増えるのは、明らかにデータとして異常です。 ありえない事態です。 「東京都は何かデータを操作しているのではないか」と疑う人が出てきてもおかしくありません。 そういった誤解を与えて信頼を失えば、今後の政策・施策の効果にも悪い影響が出てくる可能性があります。 そういった疑念は、すぐに払拭するように情報を発信をするべきです。 原因は、激務の中、保健所から都への報告が届かなくなっていること 退院者数は、各保健所から東京都に報告がされるものになっています。 しかし、コロナ相談や陽性者数が急増する中で保健所の業務も激増し、保健所から都へ退院者の報告が上げることができなくなっていました。 以下の記事などを見ても、急増する陽性患者により、保健所の業務が回らなくなっています。 そのため、都側でも退院者数を把握ができず、公表している退院者数は53人のままでした。 都もおかしいと考えたのか、 本来の保健所ではなく都側から直接病院に連絡をして確認をしたそうです。 その結果、退院者は297人と確認され、対策サイトにも反映されました。 保健所で情報が止まってしまい、都側でも退院者数のデータを把握できていなかったことが問題でした。 では、なぜそのようなことが起きるのか? 21日16時40分 退院者の数が、さらに600人に増えていました。 都の確認が進んでいるという点ではポジティブに評価できますが、すべて把握できているのかどうか心配になります。 保健所の設置主体は23区においては区が設置主体 そこで、PCR検査のフローの確認と、陽性者の報告、ステータスの管理をどのように行っているのか整理をしました。 まず、新型コロナウイルスの 陽性者の管理は保健所が行います。 保健所の設置主体を確認すると、都の権限が直接及ぶのは、多摩・島しょにある6つの直轄の保健所のみです。 特に患者の多い23区の保健所は、設置主体がそれぞれの23区です。 つまり、23区内の保健所については、管理等の権限がそれぞれの区にあり、東京都はあくまで支援する立場です。 陽性者が判明すると、各保健所から東京都に対して報告され、都では病床のマッチングを行います。 ここにボトルネックがあります。 23区の保健所についてはそれぞれの区が主体で、都は支援・サポートする立場なのです。 危機において「お見合い」になってお互いが動けなくなっているのではないかと懸念をしています。 これは想像ですが、データ管理の方法、運用などもそれぞれの保健所によってルールが違うのではないでしょうか? 本来は、今の技術を使えば、リアルタイムに情報を反映させることも、そんなに大変なことではないはずです。 (なので、そこは また別途考察してみたいですが、課題は本論と同じ気がします) 優れたデータ公開も一歩扱いを間違えれば信頼を失ってしまう危険性がある 東京都新型コロナウイルス感染症対策サイトは、その見やすさ、わかりやすさから大変好評を得ていますが、裏側のデータについては以前より課題意識を持っていました。 データを公開することは、都民との信頼関係を築く上で非常に重要です。 しかし、誤ったデータを出したり、何かを誤魔化しているのではないかと疑われてしまっては本末転倒です。 第一段階を過ぎて、データの出し方を正確に、わかりやすくするための精査する段階に来ていると思います。 まずは保健所の業務フローを見直して、保健所でしかできない事と外部に任せることができることを精査し、外注すべきはすることが求められています。 アイスランドでは、コロナ感染者の追跡を警察が行っているという例もあるようです。 日本では難しいのかもしれませんが、新型コロナと言う国難を前にしては、それくらいドラスティックに考えてもいいはずです。 そして、 システム化・自動化による業務の効率化、迅速化、リアルタイム化が重要です。 先日のブログでは、を紹介しましたが、厚生労働省でもセールスフォース・ドットコムを活用して、都道府県や民間検査機関との情報連携の迅速化する事例が出てきています。 今後、リアルタイム性が求められる民間検査機関でのPCR検査状況、受け入れ状況の確認を迅速化するとのことです。 また、これらは約1週間で基本となる情報連携基盤を開発したとのことで、東京都もこれから導入しても遅くありません。 都は、今後、システム化を含めて保健所業務の効率化を検討していくべきです。 藤井さま 新型コロナに関するいろいろな情報ありがとうございます。 私は以下を東京都議会に東京都HP経由提言継続しています。 発熱外来での検体採取は院内 感染の問題もありますので、以下の様なPCR検査専用ブースの設置が急務と思います。 例えば東京都のケースでは、感染症指定病院の都立駒込病院の駐車場にPCR検査ブースを設置(東京首都圏は自家用車を利用できる人は限られているので、外国のドライブスルー方式ではなく、ウォークスルー方式)、味覚臭覚障害のある人、発熱・咳の症状はあるが軽症で徒歩や自転車で移動可能な人には、公共交通機関は利用せず移動、PCR検査をしてもらう。 同様に都内の他の感染症指定病院の駐車場にもPCR検査ブースを設置、同様の検査を行う。 検査希望者が殺到しない様、全てかかりつけ医経由各PCR検査ブース設置病院の予約をとった上で行う。 発熱、強い倦怠感、咳、味覚臭覚障害のある人、感染者との濃厚接触者は症状がなくても、最初から新型コロナウィルス感染を疑い、上記専用ブースでPCR検査を行う。 現在、新型コロナウィルス感染者の動向は、複数の医療機関を受診した上でPCR検査に到達するケースが散見されるが、PCR検査陽性反応が出る迄の間、感染者は職場に行ったり、他人と濃厚接触している事例が多々あります。 上記により町のクリニックや耳鼻咽喉科での院内感染防止にも繋がると思います。 築地魚市場跡地等に重症化の可能性が高い高齢者向け新型コロナウィルス感染者及び疑いのある患者専用の仮設病院の早急なる建設・設置をお願いします。 新型コロナ専用病院を設置することにより、他の病院での院内感染の防止と新型コロナ以外の患者の病床確保に繋がると思います。 若者の感染者で上記 症状がでている人が散見されますので、この情報を加えることによりビッグデータの分析をより効果のあるものに出来ると思います。 一覧表に、発症日・症状、PCR検査陽性日がない。 リリース日は件数としてカウントして報道した日付のことだろう。 居住地、年代、性別、職業、渡航歴、接触歴があっても病院名・保険所名と発症日・症状、PCR検査陽性日がないと迅速に突き合わせて訂正できない。 発症日・症状、PCR検査陽性日を含めて全件報告するよう義務づけられていないので件数だけ報告とかになる。 連休明けノ5/8-5/14は過去のデータを報告日に反映して遡って修正していないので各区データのデータがデタラメです。 5月21日は11名発生のはずが前日から58名増えていて区別に病院内・施設内・家庭内・公園・市中のデータを見て検疫・隔離・予防・検査・診断・治療の対策状況を確認しようとしても無理です。 次の点を考慮するべきだと思う。 東京都は「調査中」件数が23件のまま、現在10日間が過ぎている。 埼玉県の場合も(さいたま市・川越市・越谷市・川口市)は詳細データ(何例目、年代、性別、国籍、職業、居住地、発症日、症状、PCR陽性日、感染源接触、同居家族、濃厚接触者)は各市のホームページを辿らないとわからず、県発表の数字(検査人数、陽性者数、 現在の患者数(入院中(うち重症)宿泊療養、自宅療養、入院調整中)、退院・療養終了、死亡の数字へのみ反映されます。 ただし、反映は迅速です。 しかし、手作業なのでシステム化により瞬時に繁栄し、件数だけでなく詳細データも同列に扱われ、都道府県や市の担当者や国の担当者がどこでもいつでも行われれば「横の連携分析」や「対策の横展開」が行われる。

次の

コロナウイルス感染症について

府中 市 コロナ 感染 数

[広告] 「東京近郊のんびり散歩」では小林清親・井上安治・正宗得三郎・松村健三郎・鷹野隆大らによる、明治時代から現代までの東京とその近郊を描いた作品を紹介する。 学芸員は「空の青さや季節の変化、道行く人々のざわめきなど、忙しい毎日の中で見過ごされそうな一瞬の風景を切り取っている。 公園を歩くようにのんびりと、美術館での風景散歩を楽しんでいただければ」と話す。 「江戸時代から現代まで」では江戸時代後期の洋風画から、明治以降の洋画、現代の大画面作品まで、同館コレクションの作品を紹介する。 清水登之の「チャイルド洋食店」や牛島憲之の「貝焼場(午後)」など人気作も展示。 同館では再開に当たり「困難な時こそ美術は私たちを励まし、喜びや安らぎを与えてくれる存在であると信じている。 地域の美術館としてこれまで、美術の美しさや楽しみ、新たな気づきを身近に得られる場であるよう活動を続けてきた。 これからもそのような場であるように全力を尽くす」とメッセージを寄せる。 今後の企画展は「ひらいてみよう 美術の扉」(7月18日~9月6日)、「府中市美術館開館20周年記念 動物の絵 日本とヨーロッパ ふしぎ・かわいい・へそまがり」(9月19日~11月23日)などを予定している。 感染予防対策として、入館時の検温・記名(クラスター発生時の連絡用)・マスクの着用・咳(せき)エチケット遵守をお願いしている。 体調不良や発熱がある場合は入場できない。 館内ではほかの観覧者と一定の距離を保つよう呼び掛けており、展示室が混雑する場合は入室を制限する。 開館時間は10時~17時(入場は16時30分まで)。 会期中の休館は月曜。 入館料は、一般=200円、高校生・大学生=100円、小学生・中学生=50円(府中市内の小中学生は「府中っ子学びのパスポート」提示で無料)、未就学児および障害者手帳などを持った人は無料。 7月5日まで。

次の