格安 sim iphone 壊れ たら。 iPhoneが故障した! どこに連絡をすればいい?

格安スマホの端末保証の必要性と壊れた時の対処法

格安 sim iphone 壊れ たら

中でも保証内容が広く3端末までカバーする「モバイル保険」は、使いやすく特におすすめのサービスとなります。 モバイル保険とは? 出典: とは「さくら少額短期保険株式会社」が提供する、スマホをはじめゲーム機やパソコンのための保証サービスです。 3台までの機器をカバーできる点が特徴です。 モバイル保険についての料金や保証内容の他加入条件をひとつずつ解説します。 モバイル保険の利用料金 モバイル保険の利用料金は 月額700円です。 AppleCareだと端末種類によって金額は異なりますが、モバイル保険では月額一律700円でお得です。 また、モバイル保険の場合は保険のため非課税となる点もメリットといえます。 AppleCareは加入時に一括で料金を支払わなくてはいけないため、初期費用が大きくなります。 しかし、モバイル保険は月額費用のみのため、 はじめに支払う金額が小さくて済むのも便利です。 モバイル保険がおすすめの理由• 金額が安い• 初期費用をおさえることができる• 保険のため非課税• 全損でも保証の対象• 例えば、iPhoneXSなら22,800円となります。 全損の場合でも保証の対象となる点や端末3台までカバーするなどメリットの多い点が、モバイル保険をおすすめする理由です。 スマホ保険 出典: は株式会社justInCaseが運営する、iPhoneおよびAndroid端末専用の保険です。 中古端末も保証の対象となる点がメリットで、申し込みはスマホからアプリを使用し簡単に申請できます。 ここではスマホ保険についての料金や保証内容、そして加入条件を解説します。 スマホ保険の利用料金 スマホ保険の利用料金については以下のポイントで異なります。 自己負担金の有無• 端末種類• 使用期間 「自己負担金(3,500円)」の有無によって金額が異なります。 例えば、画面の損傷だと3,400円、そのほかの故障だと11,800円の費用が発生します。 ただし、スマホ保険の保険料は端末ごとに異なります。 iPhone 5sの自己負担金あり・なしの保険料 自己負担金あり(3,500円) 自己負担金なし 1~3ヶ月 356円 467円 4ヶ月目以降 249円 326円 古い機種は金額が安くなる傾向にあります。 また、スマホ保険の場合 4ヶ月以上契約すると保険料が安くなる点もメリットです。 スマホ保険の補償内容• 画面割れなどの破損• スマホ内部の故障• 突発的な水濡れ• 通常端末の紛失や盗難は保険の対象外となるケースが多く、補償されている場合でも1万円を超える自己負担金が発生することがほとんどです。 スマホ保険なら自己負担金は0円もしくは3,500円で済むためお得です。 当然水濡れや画面割れといった故障にも対応しているため安心です。 スマホ保険の加入条件 補償対象 iOS iPhone 5s以降のiPhone端末 Android OS6以上のAndroid端末 中古端末や格安SIMで購入した端末も補償の対象となりますが、製品の種類やOSのバージョンによっては対象外となるケースもあるため注意してください。 AppleCareとスマホ保険どちらがおすすめ?口コミも紹介 スマホ保険がおすすめの理由• 保険料は月々356円~となりお得• 盗難・紛失も補償対象となる• 中古端末も補償対象となる 実際の口コミも紹介します。 AppleCareに抵抗無く入る人には保険会社がやってるスマホ保険もオススメ — menn menn just in caseのスマホ保険使ってみた。 AppleCareより月額360円くらい安く、AppleCareは2年縛りだが、こちらは最低3か月から。 — 梅木雄平 Mr. サブスクリプション umekida 今出てる中では一番安いiPhone8の64Gにしました! 58,080円 とりあえず使えたらオッケーという気持ちで AppleCareは入らず、よそのスマホ保険みたいなのにしようと思います。 画面が壊れた場合など格安で修理をおこなえます。 補償期間である2年の間最大2回まで格安でiPhoneの修理がおこなえます。 また、専任スペシャリストのテクニカルサポートも電話で受けることが可能です。 期間が過ぎた場合は利用することができないため、申し込みを検討している場合は注意してください。 製品購入から時間が経っている場合は、今回紹介しているモバイル保険やスマホ保険を選びましょう。 ドコモ・ソフトバンク・auの各キャリアごとのサービス内容をお伝えします。 料金や補償範囲を見ていきましょう。 自己負担金に関しては端末によって異なります。 修理は1年間に2回までおこなうことが可能です。 補償範囲 補償内容は次の7つです。 水濡れ• 加入条件 加入条件は 製品購入から14日以内です。 申し込み前にすでに故障があると利用できません。 【ソフトバンク】あんしん保証パック with AppleCare Services 出典: では「あんしん保証パック with AppleCare Services」の名称で端末保証サービスを提供しています。 自己負担金に関しては画面割れの場合が3,400円、その他の破損は11,800円となります。 補償範囲• 水濡れ• 加入条件 ソフトバンクのあんしん保証パック with AppleCare Servicesの加入条件となるのが、 端末の購入との同時申し込みです。 つまり、新規回線契約および機種変更のタイミングでしか加入することはできません。 また、iPhone 5s 以前の機種はサービス対象外のため注意してください。 そこでこの項目では、故障紛失サポート with AppleCare Servicesの料金詳細や補償範囲をまとめました。 盗難および紛失は4年間で2回までとなります。

次の

格安SIMのココが欠点!後悔しないための格安SIMのデメリットまとめ

格安 sim iphone 壊れ たら

格安スマホが壊れた時の対処法 もし今使っている格安スマホが故障したら、どう対処すればいいのでしょうか。 大手キャリアなら、故障したスマホを近所のショップに持っていけば対応してくれます。 しかし、格安スマホは近くにショップがない場合がほとんどです。 また、キャリアで購入した端末で格安SIMを使用していて、どこに修理を出していいのかわからない場合もあります。 ここでは故障した時の対処法や、故障に備えてしておくべき準備を説明しています。 それでも対処しきれない場合のために、サポート面が充実しているMVNOを選ぶのも大切です。 サポートが充実しているおすすめのMVNOも紹介しているので、ぜひ参考にしてください。 格安スマホの保証について 格安スマホには、各MVNOが提供している補償と、端末メーカーの保証サービスがあります。 大手キャリアで購入しSIMロックを解除した端末でも、各キャリアのショップで修理を受け付けてくれます。 ただし、契約が終了している場合は、当然各種割引などは対象外になるため、修理費用は全額自己負担になります。 また、端末に異常がない場合は契約中のMVNOでの修理を案内されることになります。 SIMロックを解除した端末の修理に関して、くわしくは各キャリアのサイトを確認してください。 MVNOの端末補償サービス MVNOにも端末補償サービスがあります。 スマホ+SIMカードの購入、もしくはSIMカードのみの購入でも加入できます。 多くのMVNOで、月額400~500円ほどのオプションサービスとなっています。 補償内容は落下による故障や水没、自然故障などが対象で、電池パックの消耗など付属品は対象外となることが多いです。 故障したらMVNOに連絡し、送られてくる代替機を受け取って故障したスマホを送ります。 交換・修理したスマホが戻ってきたら代替機を送り返すという流れになります。 万が一代替機を紛失・破損した場合や、返却しない場合、別途違約金が請求されます。 代替機でも大切に扱うようにしましょう。 メーカーの1年間保証サービス メーカーから直接購入したスマホに関しては、故障したのが購入から1年以内であればメーカーの保証サービスが受けられます。 自然故障であればメーカー保証が適用されるので、無償で修理ができます。 ただし、落下による画面割れや水没など、自身の過失で故障してしまった場合は修理代金がかかります。 代替機も必要なら自分で用意しなければならないため、思ったよりも費用がかかることがあります。 場合によってはスマホを買い替える スマホが壊れた時期や購入方法によっては、買い替えた方が良い場合もあります。 格安スマホは名前のとおり、スマホ本体も基本的には格安です。 修理にかかる費用より、新しく格安スマホを購入したほうが安く済むことがあるのです。 考えられるのは、ネットショップなどで購入した格安スマホを、使用して1年以上経過したころ自然故障した場合などです。 安いものなら20,000円ほどで新品のSIMフリースマホが購入できます。 この場合MVNOの補償に入るか、メーカー保証を利用することになります。 しかしMVNOの補償は多くが契約時加入となっており、加入していない場合は受けられません。 また、メーカー補償はだいたい1年間ですので、その期間を過ぎていたら適用されません。 どちらも適用されない場合、全額自己負担で修理もしくは交換に出すことになります。 しかしそうすると費用は購入時の端末代金と同額か、それ以上になるでしょう。 そのような場合は、新しく格安スマホを購入した方が良いでしょう。 購入時は最新でも、1年も経てば最新モデルの登場で旧型となり価格も下がっていることがあります。 修理に数万円かけるのであれば、同じ値段で最新モデルを購入した方がお得かもしれません。 しかし、ハイエンドモデルの格安スマホが購入1年以内に故障した場合や、端末の故障時にいずれかの補償が利用できる場合は、修理や交換をした方が良いこともあります。 故障した際の状況に応じて、よりお得な方法を選択しましょう。 各MVNO共通の特徴• 月額300円~500円という値段設定• 端末購入の申し込みと同時• 修理は無料もしくは修理対応がなく、交換対応が基本• 年間に保証してくれる回数が1回~2回 格安スマホを修理や交換に出す前にやっておくべきこと ここでは、修理もしくは交換前にやっておくべきことを説明します。 まず1つめがスマホに付けている アクセサリー類の取り外しです。 修理に出すと、ケースやストラップ、画面フィルムなどのアクセサリー類はすべて取り外され、戻ってきません。 大切なアクセサリーは修理に出す前に取り外しておきましょう。 2つめが重要で、 データのバックアップを取ることです。 スマホを修理もしくは交換に出すと、スマホのデータはすべて消えてしまいます。 これはMVNOの端末補償サービスでも1年間のメーカー保証でも変わりません。 大切なデータはあらかじめバックアップを取っておく必要があります。 iPhoneの場合は、iCloudやiTunesにデータのバックアップを取っておけば、新しいiPhoneに復元できます。 ただし新しい端末がiPhone以外だとどちらも利用できません。 そういう場合やAndroidの場合は、SDカードやPCに移動やコピーをする必要があります。 また、Googleドライブなどのクラウドにアップロードしておくという手もあります。 しかし、簡単にバックアップがとれない状況もあります。 たとえば、電源は付いても液晶が割れてなにが表示されているかわからない場合もあると思います。 そういうときは、まずPCに繋いでみてください。 内部ストレージのデータが閲覧可能なら、そのままデータをPCに移すことができます。 閲覧不可能ならデータが損傷しているため、諦めるしかありません。 もし電源が付かない、といったレベルの故障の場合、内部ストレージのデータは諦めてください。 AndroidでSDカードに画像や動画などは保存している場合ならSDカード内のデータだけなら助けられます。 このように、故障してからでは遅い場合もあります。 万が一に備え、 日頃からこまめにバックアップをとるよう心掛けましょう。 また、上記のバックアップはスマホに入っているデータのバックアップ方法です。 個別のアプリ内のデータはそれぞれの方法でバックアップをおこなってください。 バックアップや引き継ぎの方法は、アプリや公式ホームページなどで説明されています。 あらかじめ読んでおきましょう。 格安スマホを修理してくれるMVNO スマホが故障した時に備えて補償サービスのあるMVNOを利用したいけど、どのMVNOが良いのかわからないという人のために、端末補償サービスがあるおすすめのMVNOをまとめています。 楽天モバイル「端末補償」「つながる端末保証 by 楽天モバイル」 こちらは、「水没」「破損」「全損」「故障」に対する補償となっており、スマホやタブレットは交換で対応しています。 月額利用料は500円で、端末交換は4,000円~7,000円 税別 の負担金がかかります。 どちらも加入後に追加で申し込みができないので注意が必要です。 「つながる端末保証 by 楽天モバイル」は楽天モバイル以外で購入したスマホの保証です。 他社で購入したスマホを使用する場合は、入っておくことをおすすめします。 修理負担金:無料• 回数:1契約につき年間2回まで BIGLOBE「BIGLOBE端末安心サービス」「BIGLOBE SIM端末保証サービス」 こちらも「水濡れ」「破損」「全損」「故障」に対する補償となっており、スマホは交換で対応しています。 月額利用料は380円で、端末交換は5,000円 税別 ~の負担金がかかります。 「BIGLOBE SIM端末保証サービス」はSIMのみで購入したスマホの保証です。 修理負担金:無料• 「水濡れ」「破損」「全損」「故障」に対する補償となっており、スマホは交換で対応しています。 また、mineo安心パック2という、月額594円で端末安心保証サービスとウイルスバスターモバイルにまとめて加入できるオプションがあります。 故障はもちろん、ウイルスによるトラブルもサポートしてくれるのでおすすめです。 「持込み端末安心保証サービス」はSIMのみで契約したユーザー向けの保証で、他社で購入したスマホの故障に対応してくれます。 会員ページからいつでも加入できます。 回数:どちらも1年間に2回まで DMM「端末交換オプション」 こちらの補償も「水濡れ」「破損」「全損」「故障」が対象となっており、スマホの交換による対応になります。 端末交換オプションは月額利用料350円で、端末交換は3,000円の負担金がかかります。 DMMもmineoと同様に、端末交換オプションとセキュリティソフトをセットにした「安心パック」という月々500円のオプションもあります。 ただし DMMモバイルで購入した端末のみという条件があります。 名称:端末交換オプション• 価格:月額350円• 申し込み方法:DMMモバイルで端末購入時、同時に申し込み• 負担金 交換 :3,000円• 負担金 修理 :修理なし• 回数:年間1回まで• 備考:メーカー保証期間の1年間は対象外 修理や交換にかかる日数 スマホは毎日使うものですから、1日でも手元にないと困るという人が多いと思います。 もっとも対応が早いのは交換で、最短1~3日程度で交換できるようです。 一方修理の場合はスマホの損傷具合によって期間が違います。 急ぎの場合は負担金を払って交換、そうでない場合は無料での修理をおすすめします。 スマホを修理に出して戻ってくるまでの流れは以下のようになります。 バックアップを取る• WEBもしくは電話で修理、交換の手続きをする• 故障したスマホを送る• 修理が終わったスマホが送られてくる メーカー保証なのかMVNOの補償かによって変わりますが、おおむね以上の手順で進みます。 MVNOによっては費用がかかったり、代替機を貸してくれたりすることもあります。 その他おすすめ記事•

次の

iPhoneが故障した! どこに連絡をすればいい?

格安 sim iphone 壊れ たら

ドコモ・au・ソフトバンクのiPhoneから格安simに乗り換えるとき、 合わない格安simがあるので注意したいものです。 実際に使ってみてはじめて気づくことが多々あります。 このページでは口コミを完全無視し、22社契約してiPhoneと相性のいい主要格安SIM MVNO事業者)を比較し、そのうち8社を選んでランキングにしました。 管理人はiPhone7Plusのブラックを持っています。 iPhoneと格安simをセットで使いたい人の参考になれば幸いです。 音声通話simとデータ専用simのランキングも表にしておきますね! 音声通話simのシェア データ専用simのシェア 1位 2位 3位 4位 5位 ちなみに20代に圧倒的に大人気なのはです。 参考にしてみてください! 通信速度で選ぶなら! UQモバイル au回線のMVNO業者 通信速度で選ぶなら間違いなくココ。 auから直接通信網を調達しているMVNE業者。 毎月速度通信していますがUQ-mobileは 通信速度のぶっちぎりのトップ! 圧倒的に速い速度記録を毎月出しています。 速度で選ぶなら間違いなくUQモバイル。 親会社がauだから速いというウワサもあります。 いまのところデータ繰越はできないのですが無制限プランもありますし、通信測度は尋常じゃないので見逃せないですね。 アップルで購入したiPhone7Plusとの相性もバッチリでした。 iPhoneで格安simを契約される方は、nanosimではなくてマルチsimなので注意してください。 料金 速度 音声通話つきsim 3GB 1680円 無制限 2680円 データ通信sim SMS機能:無料 3GB 980円 無制限 1980円 UQモバイルのAPN設定 通話をよくする人なら! 楽天モバイル ドコモ回線のMVNO業者 人気とスマホの品揃えで選ぶならココ。 楽天モバイルは、月額850円で「5分かけ放題プラン」があるので、 通話はよくする方にも支持されてます。 業界でもDMMモバイルとはりあうほど料金は安い。 シェア数もメキメキ伸ばし、 一気に2番手まで伸ばしています。 昔は悪評多かったけど新プランを発表してから、通信速度が遅かったという声も少なくなってきたように思いますね。 ただ一番安い200Kbpsまでしか速度の出ないプランは、速度はあまり期待しないほうが良いという声が多い。 管理人は契約するなら3. 1GBプラン以上をおすすめします。 料金 速度 音声通話つきsim 低速200Kbps 1250円 3. 1GB 1600円 5GB 2150円 10GB 2960円 20GB 4750円 30GB 6150円 データ通信sim SMSありは下記の料金に+120円 低速200Kbps 525円 3. 1GB 900円 5GB 1450円 10GB 2260円 20GB 4050円 30GB 5450円 楽天モバイルのiphone7PlusのAPN設定と体感速度 auからの乗り換えなら mineo マイネオ ドコモ・au回線のMVNO業者 au系のiPhoneなら候補。 以前はベッキーがキャラクターだったマイネオ。 そんなこともあったねと、悪影響もなくシェアも業界4~5位くらいまで伸ばしています。 直にドコモとauから回線を借りている企業なので通信が安定しています。 auスマホユーザやドコモのユーザーにも人気のSIMです。 パケット容量なくなれば、容量が余ったユーザーから分けてもらえるプランも魅力。 ただ同じau系のUQモバイルのほうが速度は速いです。 あとCMで露出も増えたこともり申し込みが殺到しているようで、simが届くまで1週間待ちました。。。 料金 速度 音声通話つきsim 500MB auプラン 1310円 ドコモプラン 1400円 1GB auプラン 1410円 ドコモプラン 1500円 3GB auプラン 1510円 ドコモプラン 1600円 5GB auプラン 2190円 ドコモプラン 2280円 3GB auプラン 2190円 ドコモプラン 3220円 データ通信sim SMSは無料 500MB 700円(au・ドコモ共通) 1GB 800円(au・ドコモ共通) 3GB 900円(au・ドコモ共通) 5GB 1580円(au・ドコモ共通) 3GB 2520円(au・ドコモ共通) mineo(ドコモプラン)のiphone6のAPN設定と体感速度 LINEをよく使う人なら LINEモバイル ドコモ回線のMVNO業者 SNSメインで使う人ならコレ。 LINEモバイルは、 LINE・ツイッター・FACEBOOK・インスタグラムを利用しているときは、容量が減らない独自のサービスがあります。 LINEモバイルならではの特権ですね。 SNSをよく使う 20代の男女に一番支持されている格安simです。 料金 速度 音声通話つきsim 1GB 1200円 3GB 1690円 5GB 2220円 7GB 2880円 10GB 3220円 データ通信sim SMSありの料金 1GB 620円 3GB 1110円 5GB 1640円 7GB 2300円 10GB 2640円 シェアで選ぶなら OCNモバイルONE ドコモ回線のMVNO業者 シュア1位で信頼感で選ぶならココ。 OCNは格安SIMの中ではシェア1位でブランド力もあり、4000万回線突破は確実といわれているほど圧倒的なシェアです。 ここまで販売数を伸ばしているのは 独自のマーケティングを確立しており、しばらくはシェア1位を維持しそうです。 管理人はMNPはOCNモバイルONEにしました。 リアルに現在10GBの大容量プランで通話料合わせて月4~5000円くらいです。 BIGLOBEはプロバイダーとして実績のある企業で、 サポートが厚く初心者に優しい。 「BIGLOBEでんわ 通話パック」という通話用が安くなるプランもあるので、国内で通話をよくされる方も安心。 またwi-fiスポットも本来有料である「BBモバイルポイント」と「Wifiスクエア」が使えるのもプラスポイントです。 さすが大手プロバイダーだけあって丁寧に説明してくれます。 わかりやすい。 初めて格安simにされる方にはおすすめしたいですね。 ビッグローブは料金は安いとは言えないですが、大手プロバイダというのは魅力です。 料金 速度 音声通話つきsim 1GB 1400円 3GB 1600円 6GB 2150円 12GB 3400円 データ通信sim SMSありは下記の料金に+120円 3GB 900円 6GB 1450円 12GB 2700円 BIGLOBE SIMのiphone6のAPN設定と体感速度 家族で乗り換えるなら IIJmio ドコモ・au回線のMVNO業者 ファミリープランがある。 家族で乗り換えならココ。 業界では老舗。 格安SIMの「IIJMIO」がなんと100万回線を超えました。 auの4G LTE回線にも対応!つまりauが販売したiPhone・スマホでも利用できる!(simロック解除は必要) デメリットは通信の使いすぎによる 3日制限があるのと、料金面ではちょっと高いかなという点です。 低価格よりも品質を重視しているので仕方ないかなという印象です。 また家族でシェアできるプランがあり、 1契約で最大10枚まで申し込むことが出来ます。 (3枚目まで無料。 4枚目からは月額400円+されます) 家族全員が電話番号そのままで乗り換えるMNPをするときも 1契約で済むので、3000円ほどの事務手数料がかからないわけです。 *MNPするとき1契約では乗り換えできないsimも中にはある 家族でもつならIIJmioのファミリープランはおすすめです。 料金 速度 音声通話つきsim 3GB 1600円 6GB 2220円 10GB 3260円 データ通信sim SMSありは下記の料金に+140円 3GB 900円 6GB 1520円 10GB 2560円 IIjmioのiPhone7PlusのAPN設定と体感速度 音楽や映画が好きな人は U-mobile ドコモ回線のMVNO業者 オプションで選ぶならココ。 U-mobileはFreebitから格安SIMのインフラをレンタルしている2次業者ですが確実にシェアを伸ばしているMVNO業者。 音楽聞き放題のUSENグループならではのサービス「スマホでUSEN」は面白いオプションです。 プランの中には「ダブルフィックス」という1GBまでは680円1GB超えると900円なるなど段階的に料金があがるので、節約を意識して使える使い勝手のいいプランもあります。 通信速度はどうかなという声もあり実測しましたが、現在は速度はでない傾向です。 ただ使えないというレベルではありません。 料金 速度 音声通話つきsim 3GB 1580円 5GB 1980円 無制限 2980円 ダブルフィックス 通信量1GB以下だと1,480円 1GB超えると1,780円 データ通信sim SMSありは下記の料金に+150円 1GB 790円 5GB 1480円 無制限 2980円 ダブルフィックス 通信量1GB以下だと680円 1GB超えると980円 u-mobileのiphone6のAPN設定と体感速度 3日制限について 重要な「3日制限」についても触れさせてください。 3日制限といって、 3日間である一定の通信量を超えると低速になるという制限があり、3日制限がある格安simとない格安simがあります。 ネットで買い物したり動画をよく閲覧されるかたにとったら 結構重要な指標ですのでsim選びの参考にしてみてください。 3日制限のある格安SIM IIJmio、DMMモバイル、mineo(auプラン)、NifMo、BIGLOBE SIM(音声通話スタートプラン・エントリープラン)、UQ mobile(ゆるい制限) 3日制限のない格安SIM 楽天モバイル、OCNモバイルONE、mineo(ドコモプラン)、BIGLOBE SIM(ライトSSプランのみ制限あり) 公表なし U-mobile simの乗り換えは難しくない はじめてsimを自分で設定したり挿入したりするのは慣れないかもしれないですが、驚くほどカンタンですぐ慣れます。 「あんな精密機器、汗ばんだ手で触って大丈夫かな?」と思ってる人も大丈夫です。 さすがに汗はふき取って欲しいですが、毎月速度を測るためにsimを触りまくって半年経ちますが、いまだに1枚も壊れていないので安心してください。 また格安simの初期設定(APN設定)についてもYOUTUBE動画で解説しております! これでiPhoneへの格安simの差し替え方法はカンペキです。 まとめ.

次の