ソイプロテイン。 【徹底比較】ソイプロテインのおすすめランキングTOP15

ソイプロテインの効果【メリット・デメリットとホエイとの使い分け】

ソイプロテイン

ホエイプロテインもカゼインプロテインも、牛のお乳から作られる乳由来のタンパク質ですが、プロテインにはヘルシーな植物性タンパク質もあります。 その代表格が 「ソイプロテイン」。 大豆が原料であるソイプロテインの生理機能やソイプロテインを選ぶメリットを解説します。 ソイプロテインとは ソイプロテインの「ソイ(Soy)」は、 「大豆」のこと。 大豆には「油脂」のほか、「タンパク質」が 約35%程度含まれています。 ソイプロテインは、大豆から油脂を絞った後に、タンパク質を取り出したものです。 植物由来の 「大豆タンパク質」がたっぷり含まれているのです。 ・動物性タンパク質と植物性タンパク質 肉・魚・卵・牛乳・乳製品などに含まれている動物性タンパク質は、アミノ酸スコアが良好で、さらに体内での利用効率が 90%以上と優れています。 タンパク質を体内に取り込むためには有効な栄養成分です。 しかし、動物性タンパク質を摂取しようとすると、飽和脂肪酸やコレステロールなど、過剰摂取による生活習慣病が懸念される栄養成分が多く含まれるため、赤身肉を選ぶなどの工夫が必要です。 一方、豆類、穀類、野菜、果物に含まれる植物性タンパク質はアミノ酸スコア、利用効率ともに動物性タンパク質より劣ります。 では、動物性タンパク質同等の栄養価、利用効率を持つ植物性タンパク質があったら摂取してみたいという方も多いのではないでしょうか。 ・動物性タンパク質と同等の栄養価、利用効率を持つ「ソイプロテイン(大豆タンパク質)」 ソイプロテインは植物性タンパク質でありながら、アミノ酸スコアも利用効率も動物性タンパク質に負けていません。 さらに、植物性タンパク質に属する大豆タンパク質は、飽和脂肪酸含有量が低く、コレステロールを含まれないことから、脂質異常症などの生活習慣病にはつながりにくいと言われています。 日常の食生活で、肉や魚などの動物性タンパク質を摂ることも大事ですが、ヘルシーな大豆・大豆製品を取り入れ、積極的に大豆タンパク質を摂取しましょう。 手軽に利用できるソイプロテインを活用することもおすすめです。 「inバー プロテイン グラノーラ」 ソイプロテインの生理作用とメリット ソイプロテインはアミノ酸結合が多いため、アミノ酸が数個から数十個結合したペプチドという形にまで分解されている場合があります。 これを 大豆ペプチドと呼びます。 この大豆ペプチドの生理作用の研究は数多く行われ、報告されています。 その中から、アスリートにとって有効な筋肉への作用、減量やダイエットを促す作用、あらゆる年代、性別、アスリートから健康志向の方など多くの方におすすめできる内容をピックアップしてご紹介します。 ・アスリートの方に ソイプロテインはカラダづくりが期待できます。 そのため、トレーニング後だけでなく、朝食などトレーニング前の食事での摂取もおすすめです。 また、重要なエネルギー源であるブドウ糖のカラダへの取り込みを促進すると言われているため、翌日のトレーニングの準備として就寝前の利用にも向いています。 脂肪成分が少ないためトレーニングオフの日、就寝前にも安心して使うことができます。 ホエイプロテインより劣りますが分岐鎖アミノ酸(BCAA)も含まれています。 カラダづくりにおすすめですので是非活用しましょう。 ・女性のお悩みごと ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる身体的・精神的な不調。 これは女性ホルモンの分泌量が低下して起こると言われています。 ソイプロテインには注目の イソフラボンが含まれています。 ソイプロテインのデメリット 多くの生理作用が期待できるソイプロテインですが、これらは利用方法によってはデメリットとなることがあります。 また筋肉の修復に時間がかかることにもつながります。 即効性を期待する場合はホエイプロテインが有効です。 即効性を期待する場合はソイプロテインの中でも、大豆ペプチドのように分解をすすめた成分のものを選ぶことをおすすめします。 牛乳のタンパク質から作られるプロテインより独特の風味がでています。 苦手な方は、いくつかのソイプロテインの商品から好みの味をみつけましょう。 フレーバーがついた商品もおすすめです。 アスリートのからだづくり、日々の健康サポート、吸収がゆるやかで、美容に良い成分も入っている、大豆パワーたっぷりの「ソイプロテイン」。 植物由来なので、乳由来のたんぱくが苦手な方におすすめのプロテインとも言えます。 メリット・デメリットを理解することで、家族みんなで利用できるのがソイプロテインです。 プロテイン初心者の方も、まずはヘルシーなソイプロテインから始めてみてはいかがですか。

次の

ソイプロテインの効果とデメリット!飲むタイミングなども徹底解説

ソイプロテイン

筋トレにはもちろん、栄養補給・運動によるダイエットを助けるドリンクとしても人気のソイプロテイン。 しかしタンパク質含有量や味、配合成分などが異なるさまざまな商品が販売されているため、一体どれが本当に優秀でおすすめの商品なのか気になりませんか? そこで今回はザバスやケンタイなど、 Amazon・楽天・Yahoo! ショッピングなどで売れ筋上位のソイプロテイン15種類、全23商品を全て購入し、最もおすすめのソイプロテインを決定したいと思います。 検証は、 全ての商品を実際に飲んで以下の4点を比較・検証しました。 タンパク質含有率• 溶けやすさ• 腹持ち 果たしてどの商品が最もおすすめのベストバイ商品なのでしょうか?ぜひ購入の際の参考にしてくださいね! カゼインプロテインを選ぶ際に必ずチェックしておきたい「5つのポイント」をご紹介します。 今回は、筋肉芸人そしてボディビルダーとしてご活躍中のなかやまきんに君に、選び方を取材しました。 <取材協力:なかやまきんに君> お笑い芸人・ボディビルダー。 東京オープンボディビル選手権第23回準優勝、第24回準優勝。 自身のトレードマークである肉体を鍛えるため、アメリカへの筋肉留学を経てサンタモニカ市立大学運動生理学部を卒業。 筋肉の知識や筋トレの方法をわかりやすく発信しているも人気が高く、自身がプロデュースしたプロテインも発売されている。 2018年10月26日に学研プラスより初の著書を出版。 今回検証した商品• 明治|ザバス ウェイトダウン• 健康体力研究所|Kentai パワープロテイン プロフェッショナルタイプ• 明治|ザバス ソイプロテイン100• アルプロン|大豆プロテイン100 ココアミルク風味• エーピーエス|大豆プロテイン チョコレート• Myprotein|ソイプロテイン アイソレート チョコレートスムーズ• 明治|SAVAS シェイプ&ビューティ ミルクティー風味• ニチガ|大豆プロテイン プレーン• 健康体力研究所|ウェイトダウン ソイプロテイン• 540プロジェクト|540ソイプロテイン改• 森永製菓|ウイダー おいしい大豆プロテイン コーヒー味• ボディプラスインターナショナル|バルクスポーツ ソイプロ• 明治|ザバス タイプ3エンデュランス バニラ味• Real Style|ビーレジェンド ストイックソイ さっぱりヨーグルト風味 驚異的な腹持ちのよさで見事ランキング1位に輝いた、ザバスのウェイトダウン。 また腹持ちだけでなく、 タンパク質もしっかりと含有されていて、味もお菓子のようでおいしいとほとんどの検証項目で高評価を獲得しました。 やや溶けにくさが気になりますが、飲んでみると気になるほどではなく、腹持ちのわりに飲みやすいというのも嬉しいポイントです。 ヨーグルト味よりも、チョコレート味のほうが好評。 チョコレートよりかは ココアのような風味で、しつこい甘さのないがないため毎日でも飲めるほど。 mybestが自信を持っておすすめするベストバイソイプロテインは「明治 ザバス ウェイトダウン」で決まりです!.

次の

ソイプロテインかホエイプロテインか。併用はやめておいた方がいい!

ソイプロテイン

ソイプロテインとは? プロテインなんて、どれも同じと思っていませんか? プロテインにも種類があり、それぞれ役割が異なります。 筋トレをしたい人、健康維持や美容目的の方も利用します。 ソイプロテインにはどのような特徴があるのか、基本的なことから確認していきましょう。 プロテイン そもそもプロテインとは何か知っていますか? プロテインは英語で「protein」、つまり「タンパク質」のことです。 タンパク質を英語でprotein(プロテイン)と言い、日本ではタンパク質を簡単に摂取できるようにしたサプリメントのことを「プロテイン」と呼んでいます。 日本では、3種類のプロテインが有名です。 一つは牛乳のタンパク質の大部分を占めるカゼインから作られる「カゼインプロテイン」。 もう一つは牛乳の上澄み部分から作られる「ホエイプロテイン」。 そして 大豆から作られたのが「ソイプロテイン」です。 ソイプロテイン ソイプロテインは、大豆から作られるプロテインです。 他のプロテインが動物性タンパク質なのに比べて、ソイプロテインは植物性のタンパク質となっています。 少し粉っぽくて飲みにくいのですが、健康維持や美容目的で利用されています。 ソイプロテインは 体内への吸収率が低く、ゆっくりと長い時間をかけて効果を及ぼします。 ソイプロテイン最大の特徴は「大豆イソフラボン」が含まれていることです。 ソイプロテインの嬉しい効果については、次の章で詳しく見ていきましょう。 関連記事 ・ 健康維持に最適!ソイプロテインの3つの効果 プロテインは「筋肉を肥大させるために飲むもの」というイメージが強いかもしれませんが、実はそれだけではありません。 特にソイプロテインは、筋肉関係よりも、美容関係に強い効果を発揮することがわかっています。 筋肉に興味がない方も、「飲む価値」のある凄いサプリメントなのです。 筋肉量の維持 人は運動するとエネルギーを消費しますが、実は何もしていないときでも少しずつエネルギーを消費し続けています。 生きているだけで心臓は動き、血液は流れ、呼吸をし、代謝を行っています。 エネルギー不足になると大変なので、1日数回の食事から栄養を摂取し、「体脂肪」や「筋肉」にエネルギーをため込んでいるのです。 そこからまた少しずつ体脂肪や筋肉を分解してエネルギーを消費していき、再び食事をとってエネルギーをため込む、という繰り返しを行っています。 特に大きな負荷のかかる運動を行うと、大事な「筋肉」がエネルギーとして利用されてしまいます。 それが長く続くと、筋肉はどんどん減少していくことになります。 しかし プロテインは筋肉の代わりにエネルギーとなるので、筋肉の分解を防ぎます。 特にソイプロテインは吸収率が低く、ゆっくりと長い時間をかけて体のエネルギーとして使われていくのです。 体の細胞を作る 人の体は、そのほとんどが「アミノ酸(タンパク質)」で構成されています。 皮膚、筋肉、骨、内臓、髪の毛や爪まで、 すべてタンパク質が元となって作られているというのは驚きですよね。 そのタンパク質が不足すると、それらの細胞に支障をきたすことは言うまでもありません。 ソイプロテインは、大豆から精製されたタンパク質のかたまりです。 ソイプロテインから補給したタンパク質が体内で分解され、それぞれの細胞に生まれ変わっていくのです。 「タンパク質、ビタミン、ミネラルだけしっかりと摂取していれば生きていける」という学者もいるほど、私たちの体にとってなくてはならない栄養素なのです。 美容効果 大豆には「大豆イソフラボン」が多く含まれています。 大豆から作られるソイプロテインにももちろん大豆イソフラボンは含まれており、 高い美容効果が期待できます。 イソフラボンは、女性ホルモンである「エストロゲン」とほぼ同じ化学構造になっています。 つまりその作用も「エストロゲンと似た働きをする」という特徴があります。 エストロゲンは女性の美容に大きく関わっており、女性らしく美しい体を作るという大きな役割を果たしています。 関連記事 ・ ソイプロテインのメリット・デメリット ソイプロテインは筋肉量の増加、維持、そして女性に嬉しい効果があるというお話をしてきました。 ではもう少し具体的に、他のプロテインとどこが違うのか解説していきましょう。 ソイプロテインのメリット・デメリットを知ることで、自分が求めているプロテインを知ることができるはずです。 ひとつはやはり「大豆イソフラボン」が含まれていること。 イソフラボンが腸内で代謝されることで「エクオール」と呼ばれる美容物質に変化します。 抗酸化作用のあるエクオールが髪や肌に作用し、美容に大きな効果を与えてくれるのです。 体内への吸収率が低いため、効果が長時間持続します。 朝飲むと夜まで、寝る前に飲むと次の日の朝までゆっくりと時間をかけて効果を発揮し続けてくれるでしょう。 つまり ダイエットや美容目的で飲むなら、ホエイプロテインよりもソイプロテインのほうが効果的だということです。 動物性タンパク質を継続して摂取していると体が臭くなるという報告がありますが、ソイプロテインならその点は心配ありません。 また牛乳が苦手な方やアレルギーをお持ちの方でも、ソイプロテインなら飲める可能性があります。 まず大切なのが、吸収力が低いということ。 持続力はありますが、その反面瞬発力はあまり期待できません。 筋トレをしたあとに飲んでも、それが筋肉になるまでにとても時間がかかってしまうのです。 「プロテインは筋トレのために飲む」というイメージが強いですが、ソイプロテインは 筋トレよりも「健康維持」や「美容目的」で飲むのが効果的です。 まずソイプロテインは水分に溶けにくく、少し「粉っぽい」ことが特徴です。 慣れている人は気になりませんが、苦手な人は飲みにくいと感じるかもしれません。 「飲みにくくて苦手だけど、どうしてもソイプロテインが飲みたい」という方は、シェイカーがあると少し飲みやすくなるのでおすすめです。 関連記事 ・ ソイプロテインのおすすめの飲み方&飲むタイミング! 「ソイプロテインのデメリット」でもお話しましたが、ソイプロテインは他のプロテインと比べると少し飲みにくいのが特徴です。 そんなソイプロテインでも飲みやすくなる「おすすめの飲み方」、そして効果を最大限発揮させるための「おすすめのタイミング」をご紹介します。 基本はシェイカー プロテインを飲むとき、「シェイカー」があると非常に便利です。 シェイカーは粉末状のプロテインと水分を入れ、溶かして飲むための容器です。 シェイカーは必須アイテムではありませんが、ソイプロテインに限っては「シェイカーがないと飲めない」という人もいるほど重要なアイテムとなっています。 シェイカーはホームセンターやドラッグストアなどで販売されており、プロテインに付属している場合もあります。 ネットでも数百円で売っているので、お気に入りを見つけてプロテイン生活に役立ててみてください。 飲み方 ソイプロテインは少し飲みにくいのが特徴ですが、シェイカーでしっかり振るとかなり飲みやすくなります。 「水」に溶かして飲むのが基本ですが、 慣れるまでは「牛乳」に溶かすのがオススメです。 特にココア味は牛乳と相性が良いので、是非試してみてください。 他にもスポーツ飲料やジュースに溶かして飲む人もいますが、糖質の摂り過ぎになることがあるのでオススメしません。 ジュースで飲む場合、1杯につき糖質10g前後なので、1日に1~2杯程度までにしておきましょう。 プロテインのフレーバーによっても合う合わないがありますので、いろいろと試してみるのも良いでしょう。 飲むタイミング プロテインを効果的に飲むのであれば、飲むタイミングも重要です。 ただソイプロテインは持続性が高いので、そこまで気にしなくても良いでしょう。 オススメは、 朝に1杯、おやつに1杯、寝る前に1杯です。 ソイプロテインの効果持続時間は、約5~6時間です。 朝1杯飲んでおけば夕方まで持ちますし、寝る前に1杯飲んでおけば朝まで効果が持続します。 このタイミングでソイプロテインを飲んでおけば、健康維持、美容目的、さらには筋トレにもしっかりと効果を実感することができるはずです。 注意点としては、一度にたくさん飲んでも効果は変わらないということです。 1日中効果を発揮させようと朝ご飯の代わりに3杯飲んだとしても、持続時間はそこまで変わりません。 人によっては気分が悪くなってしまうこともあるので注意しましょう。 ・ソイプロテインは大豆から作られたプロテインで、体内への吸収率が低く、ゆっくりと長い時間をかけて効果を及ぼす。 ・ソイプロテインは筋トレよりも「健康維持」や「美容目的」で飲むのが効果的。 ・おすすめのソイプロテインは「明治 ザバスソイプロテイン ココア味」。 ・ソイプロテインの飲み方は慣れるまでは「牛乳」に溶かすのがおすすめ。 タンパク質は私たちの美容や健康に欠かせない、重要な栄養素です。 タンパク質を毎日適量摂取するだけで多くの病気を予防し、健やかな生活を送ることが可能です。 特にソイプロテインは筋トレ目的よりも、健康維持や美容に優れた効果を発揮するサプリメントです。 もちろん筋トレにも効果がありますので、「筋肉もつけたい」「健康のためにタンパク質を摂りたい」という方に向いています。 プロテインごとのメリット・デメリットを知り、自分にぴったりのプロテインを見つけましょう!.

次の