どろあわわ成分表示。 泥と豆乳の力で汚れを落とす人気の洗顔石鹸「どろあわわ」の解析【洗顔美人.com】

どろあわわ成分の分析結果!保湿効果によりお肌をケアしながら洗浄してくれる!

どろあわわ成分表示

この炭に、 「汚れを 吸着してくれる」効果が 期待できるんだ。。 (かなりマイルドな 「スクラブ効果」って 感じかな。。 よかったら見てみてね。 そんな泡について、 コメントしてる人が ほとんどになるよ。。 あと、使用後の 感想では、、 毛穴の汚れがスッキリ! と言ってる人が ホント多いよ。。 ここは、この 「どろあわわ」シリーズの 大きな特徴だと言えるね。。 あと、 つっぱり感がないとか、、 しっとりモチモチの肌に なったとか、、 肌がワントーン 明るくなったとか、、 ニキビも出きにくくなった とか、、 そういった声が 多くあったよ。。 すっかり気に入って、 ボディにも使ってる人も わりといたね。。 あと、 形状が使いやすい って声もあったな。。 「どろあわわ」と 「くろあわわ」、、 共通の口コミは こんなトコだよ。。 分析してみると、、重要度順に• 毛穴の悩みに効果的• モコ泡の使用感がいい• 洗い上がりがスッキリなのに「しっとり」• 透明感・肌トラブルへの実感 って形で、口コミが 集中していた形かな。。 あと、 「くろあわわ」と 「どろあわわ」の「違い」に ついてのコメントも 少なかったけど、あったよ。。 くろあわわが、、 毛穴の汚れが「より」スッキリした 気がする といってる人がいたよ。。 マンナンの粒のコロコロが 気持ちよかった という声もあったね。。 あと、泡立ちについては、 「くろあわわ」は、 十分な泡立ちだけど、 「どろあわわ」に比べると 少し落ちた気がする っていう人もいたよ。。 あ、あと、これまで 話してきた口コミは、全部 「個人の感想」なので、効果などを 保証するものじゃないので、 理解よろしくね。。 レビューを分析して「違い」を評価してみる 最近は、この「くろあわわ」と 「どろあわわ」を実際に 両方使ってみて、いろいろと 比較してくれてるサイトが 多くなったきたね。。 (隼人もしろっ!って 話しなんだけど。。 ま、 「湿度」「温度」 「泡立てネットや手に含んでる水分量」 とかによっては、ビミョーに 変わってくるってコトもあり、 なかなか 条件を一緒にするのも 難しいからね。。 あと、あくまでも、 洗顔石鹸として、どちらも 優れてるコトには、 変わらないよ、、 「あえて比較すれば・・」 ってコトなので、そちらも 理解よろしくね。。 これは、口コミでも コメントされていたので、 確かにそうみたい。。 ってコトは、あまり 差がないのかなぁ~ってコトも 考えられるよ。。 総合的に評価すると、 「どろあわわの方が、やや きめ細かく ふっくらとした 泡に仕上がる」 って形みたい。。 でも、ここの差は わずかだと思うよ。。 ま、公式的にも そういうPRなので、これは 素直に「くろあわわ」かな。。 まず、、 泡立てネットに 「水」か「ぬるま湯」を 含ませるんだ。。 そこから、余分な 水分は切るようにしてね。。 そして、「くろあわわ」か 「どろあわわ」を 適量出す。。 それから、 ネットを軽く まるめて、空気を 含ませながら、 泡立ててあげてね。。 泡立つスピードは けっこう 早くて、10~20秒くらいで しっかりしたモコ泡に なるみたいだよ。。 で、しっかりと 泡立ったら、 ネットから泡を 絞り出す。。 おでこ• あと、いくら優しく 洗ってくれるといっても、 毛穴の汚れをスッキリ取った 後だから、、 洗い終わったら、できるだけ 早く、化粧水などで、 保湿をしてあげた方がいいね。。 で、疑問に思ってる人が いる感じなのが、、 「マツエクをしてるんだけど、 くろあわわ や どろあわわを 使っても大丈夫なのかな?」 ってコト。。 なので、 一般的な 洗顔料では、それほど ダメージには ならないって 言われてるよ。。 (ただし、まつげを ゴシゴシこするとかの 洗い方にもよる)。。 でも、たしかに、 そこは、毛穴の汚れを スッキリ落とすって評判の 「どろあわわ」と「くろあわわ」 なので、、 気になる人はいるかもね。 マツエクのグルー(接着剤)の種類• 洗浄成分とグルーの相性• 洗い方による物理的なダメージ によって、マツエクの「持ち」は 変わってくるので、、 難しい問題だね。。 ただ、 「マツエクをしてるけど、 問題なく使えてます!」 って声もたくさんあるので・・・ っていうトコロだね。。 効果のトコでも 話したように、、 「くろあわわ」は、 「どろあわわ」とベースは 変わらずに、 「やし殻活性炭」「泥炭」 「マンナン」 を新たに加えた、、 って感じにだいたい なってると思うよ。。 あと、、 くろあわわについては、• 着色料• 鉱物油• 石油系界面活性剤 が 無添加 と公式ページ上で アピールされてるんだ。。 でも、どろあわわには それが見当たらない。。 うん、これは確かに 「石けん」の 成分表になるね。。 いや、実は最近 石けんの 成分表示について調べたトコ なんだよね~。。 一般的には、成分名に 「カリ石けん素地」とかって 書かれてるコトが多いんだけど、、 こちらは、 原料を表示した 形になるね。。 「ミリスチン酸」「ステアリン酸」 「水酸化K」「ラウリン酸」 とかが それに当たると思うよ。。 これって けっこう大事なコトじゃない かなぁ~って思ってて、、 とくに、固形じゃないモノって、 普通に「ボディ ソープ」とかって 書いていて、全然 石けんベースじゃないのって 多いからね。。 なのに、石けんの成分表示は、いろんな 形が許されていて、この くろあわわの 例みたいに、分かりにくいのもあるよ。。 こちらの記事に まとめてあるので、 よかったら読んでみてね。。 「くろあわわ」のみに代表される 成分をみていくと、、 やし殻活性炭(成分表記:炭)(スリランカ産) 今回の「黒パワー」の源に なってるのが、この やし殻の活性炭だよ。。 表面にできてる無数の穴が、 汚れを吸着してくれるんだ。。 このスリランカ産の活性炭にたどり着くまでに 200種類の植物で 試してみたというので、、 スゴいよね。。 で、もう一つの「黒パワー」は、 この 天然泥炭だね。。 マンナン粒(成分表記:グルコマンナン)(こんにゃく由来) こちらは、洗浄の手助けを してくれる成分だね。。 低刺激ながら、 皮脂などへの 洗浄力はある、、しかも、 保湿成分までは持っていかないって、 言われてる なかなか優れモノの 成分だよ。。 って形だね。。 なので、 毛穴の汚れに 優しく泡でアプローチできる 「くろあわわ」「どろあわわ」は、 そこそこ効果が期待できると いうワケだね。。 ただ、炎症が起こってしまってる 赤ニキビには、やっぱり、 「炎症を鎮める」有効成分とかが 入ったニキビ薬とかが いいんじゃないかな、、って 感じだね。。 ちなみに、「白ニキビ」と 「黒ニキビ」なら、 どっちの「あわわ」がいいの? って話しなら。。 隼人的には、 より毛穴汚れに しっかりアプローチしてくれる 「くろあわわ」の方が オススメかな、、って思うよ。。 あと、ごくまれに ・「どろあわわ」を使ったら、 ニキビが増えた… みたいな口コミもあるんだけど。。 」って 思って使い続けるのにも リスクがあるしね。。 もし、使い続けるなら、 皮膚科に行って、お医者さんの 判断を仰いだ方がいいよ。。 【タイプ別】こんな人なら「どっち」がオススメ?。。 「くろあわわ」は脱脂力が上がってるので、 皮脂を取りすぎてしまうリスクがあるからね。。 ま、「どろあわわ」「くろあわわ」 ともに「毛穴スッキリ」が見込める 石けんなんだけど。。 また、ゴワつきとかを 感じてる人なら、、 やっぱり新しくなった の方がオススメかな。。 新しく配合された 「米麹エキス」 「米ぬか発酵エキス」の パワーで、 ・肌をやわらかく ほぐしながら 洗ってくれる 効果が期待できるんだ。。 2つの洗顔石けん、解約の方法はどんな形? 「定期コースは安いのは 分かってるんだけど、、 なんとなく解約が うまくできるかが不安。。 」 そう思って、定期購入を ためらってしまう人も けっこういる みたいだね。。 ポイントとしては、次の3つだね。。 解約方法は、 「電話で連絡」• 連絡は 次回発送の10日前までにする• 回数の条件がある定期コースの場合は、 その回数を完了するまでは解約できない って形だね。。 あと、「電話」って いうと、しつこく 引き止められたりするんじゃ、、 って身構える人も いるかもだけど、、 口コミの情報によれば、 「名前」「電話番号」 「解約をする理由」 をサラっと聞かれるだけで すんなり解約できる パターンみたいだね。。 」 と思ってたら、連休が 重なってて、ムリだった、、 みたいなコトも考えられるので、 少しだけ早めに動いた方が いいかな、、って思うよ。。 ただ、あまりにも ヒットして、 「RIZAP」って 名前が大きくなったので、、 社名を 「RIZAPグループ株式会社」 に変更して、 事業部門を以前の名前の 「健康コーポレーション株式会社」 に分社化させたって形。。 (ちょっと難しかった かな。。 その他のヒット商品として、 ・ ・ ・豆乳クッキーダイエット など、たくさん 世に送りだしているよ。。 スゴいよね。。 ちなみに所在地は、 〒169-0074 東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー31F になってるよ。。 はじめて購入するなら「どろあわわ」「くろあわわ」どっち?。。 「くろあわわ」でゴッソリ毛穴 洗顔をしたら、 夜は、 たっぷり目のスキンケアで しっかり潤してあげて、、 朝は、「どろあわわ」で 「ほぐし洗顔」。。 これだと いそがしい朝にも ピッタリだと思うんだ。。 なので、 入り口としては、 まず「どろあわわ」から って形だね。。

次の

いつかの石けんのライバル?どろあわわと成分/コスト/口コミで比較

どろあわわ成分表示

・泥成分が肌の汚れを吸着! ・豆乳発酵液でお肌しっとり健やかに! ・保湿成分がお肌の潤いを守ってしっとり肌に! 一時は某大手口コミサイトの洗顔石鹸ランキングの常連だった人気の洗顔石鹸がどろあわわです。 メーカーである健康コーポレーションはスキンケアや美容機器、健康食品など美と健康に関する様々なアイテムを販売しています。 今では泥は吸着力があることが知られていて、泥の吸着力が洗顔に利用されていることが多いです。 泥と似た吸着力のある成分としてクレイやシルトがありますが、何が違うかご存じでしょうか? クレイは粘土のことで、地質学的には粒の大きさが3. 001mmを表します。 余談となりましたが、現在はクレイを使用した洗顔も様々なメーカーから販売されており、特に泥が画期的というわけではありません。 ですが、なんと泥洗顔市場では5年連続で売上No. 1を達成されているようです。 というわけで、すごい人気で累計販売数830万個を突破した「どろあわわ」について特徴や成分解析をご紹介します。 汚れの吸着力に優れた泥のパワー 洗顔で大切なこと、それはなるべくお肌に負担をかけずに不要な汚れを洗い流すことです。 つまり、汚れを落とす吸着力が高ければゴシゴシ洗いをしなくても汚れを落とすことができますので、必要以上にお肌に負担をかけずにすみます。 どろあわわにはマリンシルトとベントナイトが配合されています。 マリンシルトはその名のとおり、海の底に堆積した泥でミネラルを豊富に含み、マイナスイオンの力によって汚れを吸着してくれます。 ベントナイトはどろあわわの説明の中では泥と紹介されていますが、粘土に分類される土です。 毛穴の奥に入り込んだ汚れを吸着しお肌をスッキリした状態に導きます。 ただし、汚れ落ちに関しては個人差もありますし、いくら泥の吸着力があると言っても、魔法のように毛穴の汚れがきれいさっぱりというのは期待しない方が良いかもしれません。 豆乳と乳酸菌の力でお肌しっとり どろあわわには豆乳発酵液が配合されています。 豆乳発酵液というのは豆乳を乳酸菌で発酵させた液なのですが、豆乳に含まれるイソフラボンがお肌をしっとりと保湿してくれます。 ちなみに豆乳発酵液には保湿効果以外にもメラニンの生成を抑えたり、お肌の保水力を高めるヒアルロン酸の生成を促したりといった効果もあるとのことです。 もちろん洗顔なので洗い流してしまうため、豆乳発酵液本来の保湿力は活かされませんが、それでも保湿成分があることで洗い上がりにお肌がつっぱることを防ぎしっとり感を与えてくれます。 その他の保湿成分3種類 どろあわわには豆乳発酵液以外にも3種類の保湿成分が配合されています。 それがコラーゲンとヒアルロン酸と黒砂糖エキスです。 コラーゲンやヒアルロン酸はお肌にも元々存在しているものなので、お肌にやさしく馴染みが良い保湿成分です。 黒砂糖エキスはコクトオリゴと呼ばれたりもしますが、糖というのは化粧品において保湿成分としてよく使われる成分です。 オリゴ糖といえば腸内の善玉菌の餌となり腸内環境を整えてくれることで有名ですね。 これらの保湿成分が配合されることで洗い上がりにお肌がすぐカサつくことなく潤いを守って洗うことができます。 もちもちの濃密泡 洗顔で重要なのことはゴシゴシと手で擦るのではなく、泡で洗う感覚で洗うことです。 擦ると摩擦によってお肌がダメージを受けてしまい、角質層が傷つくとお肌の潤い成分が逃げ出してしまいやすくなり、乾燥肌の原因にもなります。 そのため、もちもちとした濃密泡を作ることができるというのはお肌への負担を減らしながらしっかりと汚れを落とすのにおすすめです。 ただし、泡がもちもちであればあるほど良いというわけでもありません。 きちんと成分を見て判断しましょう。 成分解析 それでは成分についてみていきます。 水は石鹸のベースとなるものです。 ベントナイト 海シルト 上記は泥&シルト成分で吸着力がありお肌の毛穴などに詰まった汚れを落としてくれます。 ミネラル効果でお肌を健やかに導いてくれる効果もあります。 グリセリンは保湿剤ですが、石鹸作りの副産物として含まれることもあります。 ミリスチン酸 ステアリン酸 水酸化K ラウリン酸 上記は脂肪酸と水酸化Kなので液体石鹸の成分となります。 BGはブチレングリコールといい、防腐効果のある保湿成分です。 まれに肌に合わない人がいるようです。 酸化チタンは紫外線拡散剤として使われることの多い成分ですが、洗顔には紫外線を反射させる意味がないので、石鹸に配合される場合は白色を着色させるのに使われることが多いです。 ステアリン酸PEG-150は非イオンの界面活性剤で乳化剤として使われます。 黒砂糖エキス サクシニルアテロコラーゲン 豆乳発酵液 ヒアルロン酸Na 上記は保湿成分です。 サクシニルアテロコラーゲンというのは通常のコラーゲンからアレルゲンを取り除いたコラーゲンをさらに加工した最高品質のコラーゲンです。 高い保水力があります。 ステアリン酸グリセリル(SE)は乳化安定に使われる非イオン界面活性剤です。 コカミドプロピルベタイン ココイルメチルタウリンNa 上記はベタイン系とアミノ酸系に似た性質を持つ高級なタウリン系と呼ばれる洗浄成分です。 どちらも低刺激で洗浄力も強すぎず潤いを守って洗える成分です。 またどちらも、合成界面活性剤であり、石鹸だけの洗顔とは異なる洗顔料と言えます。 ただし配合量的には石鹸成分が多いのでメインは石鹸です。 ステアリン酸グリコールは乳化作用のある非イオン界面活性剤です。 エタノールはアルコールで抗菌作用や肌の引き締め効果などがありますが、アルコールアレルギーがある方は注意が必要です。 EDTA-2Naはキレート剤です。 キレート剤というのは洗顔料自体が変質しないようにするための成分です。 ただしEDTA-2Naは旧表示指定成分でもあり、お肌への刺激となる成分です。 メチルパラベン プロピルパラベン 上記は防腐剤です。 そしてどちらも旧表示指定成分です。 防腐効果は防腐剤の中でもトップクラスで製品の品質を安定させる効果が強いですが、肌への負担も大きい成分です。 全成分からわかることは、洗顔として汚れをおとしたり、洗い上がりに乾燥させない保湿力を持った石鹸メインの洗顔料ですが、お肌への刺激には少し注意が必要です。 どろ豆乳石鹸 どろあわわの主な口コミ.

次の

「くろあわわ」と「どろあわわ」の違いは?効果から価格まで徹底比較してみたよ…

どろあわわ成分表示

この商品の特徴• 累計12000000個売れた人気シリーズ• 3種類の泥で、毛穴の汚れや余分な皮脂をしっかり落とす洗顔料• メインの洗浄成分は石けん系。 『ミリスチン酸』『ステアリン酸』『ラウリン酸』と『水酸化K』を反応させることで出来る『カリ含有石けん素地』です。 石けん系の洗浄成分は強い危険があるわけではありませんが、洗浄力が高いので皮脂を奪いすぎて乾燥を招いたり、肌質によっては刺激になることも。 毛穴ケア系のコスメなのである程度洗浄力があるのは良いことですが、乾燥肌・敏感肌の人は毎日ではなく「しっかり毛穴ケアしたい日だけ」使った方が良いかもしれません。 『コカミドプロピルベタイン』も両性イオン系の界面活性剤で、石けんの刺激を和らげる効果もありますが、アメリカではアレルギーの原因の可能性が指摘されているので、、あまり良い成分とは言えないですね。 アミノ酸系の洗浄成分も入っていますが、量が少ないのであまり効果はないかも💦 その他の洗浄系の成分としては『ベントナイト』『海シルト』『タナクラクレイ』というクレイが入っています。 どれも毛穴の汚れを取るには良い成分ですが、乾燥や刺激の原因にならないとは言い切れません。 洗浄成分を見た結果としては「効果は高そうだけど人によっては乾燥・刺激あり。 しっかり洗いたい人・タイミングで使うもの」といった印象ですね。 パラベンが2種類入っていますが、製品の防腐に必要な成分で、微量が入っている程度なので、肌への影響は基本的にないと思われます。 全体的な解析結果としては、大きく気になった点は石けんがベースなので洗浄力が強めなことぐらい。 クレイは人によっては乾燥することもありますが、毛穴の汚れを取るにや優秀な成分。 肌質や頻度を考えて使えば、それほど肌に悪いものではないでしょう。 また、洗顔料ではありえないレベルに豪華な保湿成分・美容成分が入りまくっているのが嬉しいポイント。 沖縄産マリンシルト=海シルト• 国産ベントナイト=ベントナイト• 国産タナクラクレイ=タナクラクレイ• ヒアルロン酸=ヒアルロン酸Na• 豆乳発酵液=豆乳発酵液• 黒砂糖エキス=黒砂糖エキス• 国産真珠液=加水分解コンキオリン まとめ• 皮脂をとりすぎて乾燥しやすいので、肌質に合わせて使用頻度を考えて• 洗顔料としてはかなり豪華な保湿成分を配合• 水自体に特別な効果はありませんが、刺激やアレルギーなどのリスクもありません。 グリセリン ベース(保湿) 化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。 ベース成分の中でも特に低刺激で保湿力が高いのが特徴。 高濃度で配合されているものは、ニキビ肌との相性は悪いです。 ベントナイト 増粘or吸着 水を吸収して粘度のような性質になり、洗い流すパックなどに良く使用されます。 自然界の掃除役とも言われ、クレイの中でも高い吸着力を持ち、頑固な角栓や皮脂をしっかり取り除きます。 洗浄・洗い流し系のコスメ以外に入っている場合は増粘(ゲル化)が目的です。 クレイ系の成分なので人によっては肌が乾燥したり、目に入ると刺激になる可能性はあります。 ミリスチン酸 洗浄or調整 高級脂肪酸の一種で、水酸化Naや水酸化Kと混ぜることで石けん(陰イオン界面活性剤)になります。 石けんに使われる高級脂肪酸の中で、泡の持続性に優れているという特徴があります。 乳化の補助のために配合されることもあります。 ステアリン酸 洗浄or調整 高級脂肪酸の一種で、水酸化Naや水酸化Kと混ぜることで石けん(陰イオン界面活性剤)になります。 石けんに使われる高級脂肪酸の中では気泡力が弱め。 刺激が少し強めです。 テクスチャ調整や乳化の補助のために配合されることもあります。 BG ベース(保湿) 化粧品のベースとしてよく使われる保湿成分です。 低刺激で、グリセリンに比べて保湿力は劣りますがさっぱりした使用感です。 酸化チタン 顔料・紫外線錯乱剤 肌の表面で紫外線を反射し、UV-AとUV-Bに対して防御効果を持ちます。 カバー力のある白色の粉末なので、メイクアップ目的でも配合されます。 フェイスパウダーなどに多く配合すると、皮脂を吸収する役割も。 水や油を吸収しやすいので、制汗剤やボディパウダーに配合されることもあります。 そのまま使うと刺激が強いため、シリカや水酸化AIなどでコーティングして配合されます。 コーティングされたものは皮膚刺激はほとんどなく、安全性の高い成分です。 酸化亜鉛に比べ、金属アレルギーのリスクもほぼありません。 石鹸に配合される場合は白く発色させるのが目的です。 洗い流されるので特に危険はありません。 水酸化K 洗浄or調整 強いアルカリの性質を持ち、高級脂肪酸や油脂と混ざることでカリ石けん素地(陰イオン界面活性剤)になります。 水酸化Naで作った石けん素地に比べて、水に溶けやすいので、主に液体タイプの化粧品に使われます。 単独では強い刺激のある成分ですが、化粧品では中和されているため刺激はほぼありません。 製品の増粘やph調整のために配合されることもあります。 ラウリン酸 洗浄or調整 高級脂肪酸の一種で、水酸化Naや水酸化Kと混ぜることで石けん(陰イオン界面活性剤)になります。 無理に避けるほどではありませんが、石けんに使われる高級脂肪酸の中では刺激が強いです。 乳化の補助のために配合されることもあります。 ジステアリン酸PEG-150 乳化・増粘 非イオン(ノニオン)界面活性剤・乳化剤です。 乳液やクリームなどのスキンケアによく使われる乳化です。 ステアリン酸グリセリル SE 乳化 非イオン(ノニオン)界面活性剤・乳化剤です。 グリセリンエステル系で、非常に多くの化粧品に使われています。 乳化・分散作用が高く、酸化されにくい構造を持ちます。 SE とは自己乳化型という意味で、少量の石けん成分を含みますが、刺激は気にするほどありません。 コカミドプロピルベタイン 洗浄 両性イオン(アンホ)界面活性剤・洗浄成分です。 アミドベタイン系で、洗浄力は普通ぐらい。 柔軟作用もあります。 粘り気があり、泡立ちを良くしたり泡だれを防ぐ効果や、陰イオン界面活性剤の刺激をやわらげる効果も持っています。 ほどよい洗浄力で皮膚刺激が少なめの、バランスの取れた洗浄成分です。 低刺激シャンプーやベビーソープにもよく配合されています。 海シルト 汚れ吸着 汚れ吸着成分です。 皮膚の細部や毛穴に入り込んで、マイナスイオン後からで汚れをしっかり吸着して取り除きます。 ミネラル分が多く、消炎、引き締め効果も期待できます。 強い刺激はありませんが、クレイ系の成分なので人によっては肌が乾燥したり、目に入ると刺激になる可能性はあります。 タナクラクレイ 汚れ吸着 福島県棚倉町で採掘される海泥の一種です。 毛穴の汚れや余分な皮脂を吸着して落とします。 ミネラルを豊富に含み美容効果が期待できます。 肌への刺激はほとんどありませんが、脱脂力は高めなのと、目に入ると刺激になりやすいので濃度が高い場合は注意です。 アミノ酸やビタミンBなどを豊富に含み、お肌に潤いを与えながら、柔らかくほぐす作用があります。 アスペルギルスとは『麹』のことを指します。 基本的には低刺激ですが、発酵系の成分なので刺激を感じる人もいるかも。 加水分解コンキオリン 保湿 「真珠エキス」と呼ばれる保湿成分です。 アミノ酸やペプタイドを多く含みます。 肌の水分量を増加させたりコラーゲンやエラスチンの生成をサポートする、保湿やハリ対策におすすめの成分です。 アミノ酸を豊富に含み、NMFや細胞間脂質を補います。 肌の柔軟や抗酸化、美白効果も期待できると言われています。 基本的には低刺激ですが、発酵系の成分なので刺激を感じる人もいるかも。 シロキクラゲ多糖体 保湿 白キクラゲは楊貴妃が美容維持のために食べたとも言われるきのこ。 化粧品としてもセラミドの合成促進による保湿・肌のバリア改善や抗酸化効果が期待できます。 チューべロース多糖体と併用することで、単体で配合するよりも高い保湿効果が望めます。 サクシノイルアテロコラーゲン 保湿 保湿成分です。 保水力に優れており、肌の土台で水分を蓄えて保湿・ハリ・弾力の維持をサポートします。 通常のコラーゲンを誘導体化して、水溶性を高めたり、アレルギーの可能性のある成分を除去したもの。 一般的なコラーゲンの上位版という位置付けです。 豆乳発酵液 保湿 イソフラボンを多く含み、保湿だけでなく美白や抗酸化作用なども期待できます。 発酵系の成分なので刺激を感じる人もいるかも。 基本的には低刺激ですが、大豆アレルギーの方は控えた方が良い成分です。 ヒアルロン酸Na 保湿 化粧品でよく使われる定番の保湿成分です。 1gで2~6Lの水分保持力があります。 肌の細胞と細胞の間で、水分の保持やクッションのような役割をしている、保湿に重要な成分。 粘度が非常に高く、配合量が多いと、とろっとしたテクスチャになります。 黒砂糖エキス 保湿 ミネラル、アミノ酸、ビタミンなどを豊富に含むサトウキビ由来の保湿成分です。 メラニンの生成を抑える美白効果もあると言われています。 セラミドと全く同じ効果があるとは言い切れませんが、近い作用を持ち、低コストで配合出来るのがメリットです。 角質の柔軟化、水分の蒸発を防ぐ作用があります。 製品の安定化やべたつき防止効果もあります。 ココイルメチルタウリンNa 洗浄 タウリン系のアニオン(陰イオン)界面活性剤です。 アミノ酸に近い性質を持ちますが、アミノ酸よりは少し洗浄力や泡立ちが上。 その分アミノ酸よりは少し刺激になる可能性はありますが、基本的にはお肌に優しい洗浄成分です。 ステアリン酸グリコール 着色 パール光沢があり、化粧品を綺麗に白く濁らせるために配合されます。 増粘、保湿、乳化安定などの効果もあると言われています。 着色がメインの成分ですが、刺激は特にありません。 EDTA-2Na キレート 製品の金属イオンを封鎖して品質を維持します。 刺激の可能性も指摘されていますが、化粧品に少し配合される程度ではそれほど影響はありません。 品質の維持に意味のある成分ですし、無理に避ける必要はないでしょう。 メチルパラベン 防腐 ごく少量の配合で、製品の抗菌・防腐に高い効果を発揮します。 パラベンは避けられがちですが、実際には化粧品に配合する防腐剤の中では毒性が低く、お肌への刺激も少ない防腐剤です。 メチルパラベンは代表的なパラベン4種類の中で、少し防腐力は弱めですが、低刺激です。 プロピルパラベン 防腐 ごく少量の配合で、製品の抗菌・防腐に高い効果を発揮します。 パラベンは避けられがちですが、実際には化粧品に配合する防腐剤の中では毒性が低く、お肌への刺激も少ない防腐剤です.

次の