しょうぶ し 力士 コロナ。 コロナに倒れた力士、勝武士(しょうぶし)さんを悼む

コロナに倒れた勝武士を悼む声 角界蝕む糖尿病リスクに [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

しょうぶ し 力士 コロナ

勝武士 しょうぶし 力士の経歴は? プロフィール 名前:勝武士太郎 しょうぶしたろう 本名:大森清考 生年月日:1991年11月4日 没年月日:2020年5月13日 出身地:山梨県甲府市 身長:166㎝ 体重:108. 9㎏ 職業:力士(高田川部屋) これまでの実績 三段目:在位場所48 取組335 勝147 負189 序二段:在場所26 取組182 勝99 負83 序ノ口:在場所3 取組21 勝14 負7 前相撲戦歴:1場所 勝武士力士は中学卒業の直後に高田川部屋に入門しています。 身長166cmと小柄な勝武士は、第二新弟子検査をパスして、力士になりました。 力士としては非常に小柄ですが、持ち前の強い足腰を武器にして活躍していました。 まだまだこれからの活躍が期待される未来ある力士でした。 勝武士 しょうぶし 力士の感染ルートは?死因は過去の持病が原因か? 気になるのが勝武士力士の感染ルートですが、報道では、勝武士力士は3月に大阪で開催された夏場所に出場していました。 その後、4月4日の土曜日にコロナウイルスの症状と見られる発熱を発症し、色々な病院に連絡するものの、全く受け付けて貰えなかったそうです。 自主隔離の現実を強いられましたが、4月8日の水曜日になっても、熱は一向に下がらなかったそうです。 この時既に、熱以外にも、咳をした際にでる痰に血が混入しているのを確認した為、すぐに救急車を呼びますが、またしても受け入れ先の病院が見つからなかったようです。 その後、最終的に都内の病院が受け入れ先として決まり、入院します。 そして、PCR検査も受け、陽性反応が出ました。 回復するかと思われていましたが、勝武士力士には元々、糖尿病の持病がありました。 その為、症状は一向に回復せず、4月19日の日曜日に事態が悪化し、集中治療室に運ばれます。 そして、5月13日水曜日、入院していた都内の病院で死亡が確認されたということです。 しかも28歳。。。 今回は【 大相撲勝武士力士がコロナウイルスで死亡!感染ルートや経歴は?持病が原因か】と題してお届けしました。 勝武士力士はまだ28歳でした。 未来のある1人の若き夢追い人が亡くなってしまったことは非常に残念です。 ご冥福をお祈りします。 また、生き残った人達で亡くなっていった人達の分まで、ここで何とかコロナを食い止めましょう。 国民全員が一致団結し、第二波を防ぎましょう。

次の

コロナ感染で死去の力士は、日本の失策の犠牲者!「#4日間はうちで」の責任(週刊女性PRIME)

しょうぶ し 力士 コロナ

日本相撲協会は13日、西三段目82枚目の 勝武士(しょうぶし)さん(本名末武清孝=すえたけ・きよたか=、山梨県出身、高田川部屋)が同日午前0時30分、コロナウイルス性肺炎による多臓器不全のため、東京都内の病院で死去したと発表しました。 28歳という若さでした。 新型コロナ感染での死者は角界初。 国内で20代の死亡は、年齢が明らかになっている中では初とみられています。 そんな勝武士さんのプロフィールなどを中心にコロナ感染への経路やどのような力士だったのか紹介していきたいと思います。 勝武士さんのwiki風プロフィール しこ名 勝武士(しょうぶし) 本名 末武清孝(すえたけ きよたか) 出身 山梨県甲府市 生年月日 平成3年11月4日(28歳) 改名歴 平成25年十一月 勝武士 幹士 平成24年七月 彈丸 一風 平成24年一月 勝武士 清孝 平成19年三月 勝武士 太郎 部屋 高田川 身長・体重 166. 0センチ 108. 9キロ 戦歴 260勝279負(勝率0. 482) まだまだ若手でこれからが期待されるべき力士だった勝武士さん。 今注目されている炎鵬関さんは25歳。 そんな彼との若手同士の取り組みも近いうちに見れたかもしれないと思うと残念です。

次の

コロナ感染で死去の力士は、日本の失策の犠牲者!「#4日間はうちで」の責任

しょうぶ し 力士 コロナ

高熱で大相撲の春場所8日目から休場している西前頭15枚目の千代丸(28=九重部屋)が、新型コロナウイルスの感染の有無を調べるため、力士として初のPCR検査を受けることになった。 16日、日本相撲協会の鏡山危機管理部長(元関脇・多賀竜)が明らかにした。 千代丸は前日39・7度の熱を出したが、この日はさらに40度に上がった。 蜂窩(ほうか)織炎の可能性もあるが、相撲協会は陽性反応が出た場合、春場所の中止を決めている。 検査結果は17日にも判明する。 高熱による休場から一夜明け。 14日夜に38・6度、15日朝に39・7度あった千代丸の熱は下がるどころか、起床時の検温で反対に40度まで上がった。 師匠の九重親方(元大関・千代大海)はすぐに、大阪市内の病院で診察を受けさせた。 そして相撲協会の鏡山危機管理部長に、熱が2日続いたため大事を取ってPCR検査を受けさせることを報告し了承を得た。 鏡山部長によれば、千代丸にせきなどの症状はなく、胸部のエックス線検査でも異常はなかったという。 「師匠からは、もしかしたら蜂窩織炎の疑いが強いと報告を受けた。 体は元気だと聞いている」と説明した。 蜂窩織炎は高熱を伴うことが多く、千代丸の兄弟子の千代大龍も前日「蜂窩織炎の熱みたいな感じじゃないですか」と話していた。 千代丸は現在、九重部屋宿舎の2階個室に隔離されており、弟の千代鳳は「熱は下がらないけど、元気らしいです。 会っていないので分からないですけど。 でも40度も出て、1日で治ったら化け物ですよ。 トイレ以外(宿舎の)部屋から出ていない。 電話しても寝てるのか、面倒くさいのか出ない。 (血液型が)B型なんで」と苦笑いしながら話した。 九重部屋の他の力士に変わりはなく「(千代丸の部屋の)近くには(誰も)行かないですよ」と様子を明かした。 春場所を異例の無観客で開催している相撲協会は、全ての力士に起床時と就寝前の2度の検温を義務づけ。 37・5度以上の熱が2日続くと原則休場。 新型コロナウイルスの感染者が出た場合は、本場所を即刻中止する方針を打ち出している。 千代丸はPCR検査を保健所で受ける予定で、そのタイミングや結果について鏡山部長は「今日(16日)は報告は来ない。 来るとしたら明日」と話すにとどめた。 九重部屋関係者の話では新型コロナウイルスに感染している可能性は低そうだが、気掛かりなのは間違いない。 喉を綿棒でこすって採取した粘液や、たんに含まれるウイルスに特有の遺伝子配列を、専用の装置で増幅して検出する。 増幅するには、採取した検体に試薬を加えて温度を上下させる操作が必要で、結果が出るまでに4~6時間程度かかる。 感染初期などでウイルス量が少ないと検出できない場合もある。 大きければ5~10センチ四方になることもあり、高熱も出る。 裸で稽古する力士は足や太腿、お尻などにできやすく、皮下脂肪は菌の餌になるので増殖しやすい。 抗生剤を使って菌を殺していかないと。 高熱が続いているということであれば菌の勢力が強いというシグナル。 炎症があるのなら蜂窩織炎の可能性が高い。 それだけ高熱が続いているのであれば、新型コロナの可能性は低いのではないか。 インフルエンザであれば特効薬もあるので熱は下がる。 皮膚に赤み、腫れが出て、痛みを伴う。 足のすね、甲などに発生し、高熱が出ることが多い。 軽症の場合は飲み薬で治癒するが、重症の場合は入院治療を要することも。 治療には5~14日間かかり、人から人にうつることはない。

次の