乳がん 症状。 乳がんステージ4です。症状がありません。

乳がんの症状とは-早期発見のために注意すべき症状はある?

乳がん 症状

2016年1月43才で、まさかの乳癌告知を受けました。 乳癌発見に至るまでの経緯について書いてみます。 私の乳癌初期症状 胸を触っても、しこりがあるかどうかもわからない。 なんとなく硬い部分があるような気がするけど、しこりともいえない。 39歳で娘を出産。 授乳していたこともあり、胸の硬い部分も乳腺症?くらいに考えていました。 しかし、乳癌の不安も少なからずあり、情報には耳を傾けていました。 それでも、 「ネットやテレビで盛んに言われている、乳がんの症状には当てはまらないし。 」 でもやっぱり 「乳腺症?生理前だから?ひょっとして乳癌?」 そんな感じで3年ほど過ぎて行きました。 不安もあって意を決して病院に行きました。 関連記事 症状1)左乳房にジンジンするような強い痛みがあった。 40代になってから、毎月一定の時期に、左胸が痛くなった。 39歳で出産して以降、 ある一定の時期になると乳房の張りを感じるようになりました。 ある一定の時期とは、生理前10日間ぐらいです。 この時は、生理前の胸の張りだろうと思い込んでいました。 ですが、時が経つにつれ痛みは、ジンジンするような強い痛みになっていきました。 あまりに痛いので、市販のロキソニンを服用。 ロキソニンを飲むと痛みは治りました。 症状2)乳癌特有のしこりはなかった。 痛みはありましたが、乳癌の初期症状にあるような、 豆粒のようなしこりは触ってもありませんでした。 乳癌は胸のしこりで発見されると聞きますが、私の場合しこりではありませんでした。 強いて言えば、左乳房に奥に筋状の硬いものがあるような感じでした。 症状3)乳頭からの分泌物もなかった。 乳癌の初期症状である、乳頭からでる分泌物もありませんでした。 乳がんになると、乳頭から血液のような液が出ることがあるそうです。 乳癌に当てはまるはっきりした症状はないものの、激しい痛みがあったのでマンモグラフィー検査を受けることにしました。 マンモグラフィー検査で乳癌の疑い。 癌家系じゃないし、まさか乳癌じゃないだろう? 痛み止め欲しいという理由と、ひょっとして癌だったらどうしようという不安と、 両方の気持ちを抱えながら、近所のクリニックで、マンモグラフィー検査を受けました。 結果、しこりがレントゲンに写り、癌の可能性。 さらに組織診という細胞をとる検査で乳癌ステージ1が確定しました。 今となっては、勇気を出して検査に行ったことが自分の命を救うことになりました。 全く痛みのなかった右乳房にもがんが見つかる マンモグラフィーで左胸、乳癌発見。 精密検査のMRIで右胸にも癌が! 左胸の検査で乳癌が確定し、乳がんの手術数が多い大きな総合病院へ転院しました。 手術のため、さらに検査を進めていくと、 しこりを形成しない乳癌が右胸にもみつかりました。 右乳房は、痛みもなくマンモグラフィーでも超音波でもがんの指摘はありませんでした。 左胸のために行った精密検査のMRIにより、偶然右乳房の乳癌も発見できました。 マンモグラフィーにも、超音波検査にも映らない乳癌があることを初めて知る。 右胸は、まさか?と思うくらい症状がなかったので少しショックでした。 乳癌=しこりと思っていた常識を打ち破るくらいの衝撃でした。 左側の乳房は、乳腺症の症状によく似ていました。 生理が終わると症状が軽くなる 乳腺症は、乳癌や乳腺炎などはっきりした病気ではなく、 女性ホルモンのバランスがくずれて、乳腺に起こるさまざまな病変の総称 おっぱいの加齢に伴う変化 おっぱいが加齢する?!そんなこと考えてもみませんでした。 乳腺症の中に乳癌が合併することもあるそうです。 痛みがあるから乳癌でない。 にはならない。 乳房に痛みがあって不安になり、ネット検索すると「乳癌自体に痛みはない。 」と 医師の方の記事で書かれていました。 その記事を読んで、 「痛みがあるんだから、乳腺症かも?」 と、勝手に解釈していました。 しかし、それは危険な解釈でした。 痛みがある=ホルモンバランスの崩れ=通常とは異なる。 痛みがあるなら、自己判断せず、検査する方が賢明だと実感しています。 もしあの時勝手に乳腺症と決めつけ病院に行かなかったら。 きっと後悔していたと思います。 マンモグラフィーや超音波で要検査になり、 針生検をして良性か悪性か確定診断できたことで、 早期に乳癌を発見できました。 マンモグラフィーで要精密検査になったらどうすればいいの? マンモグラフィーをした経緯 私の場合、左胸に乳房痛が、半年間くらいありました。 痛みは、生理が始まる2週間くらい前から生理が始まるくらいまで。 「乳腺症?かな」くらいで、我慢していました。 しかし、痛みが気になり胸も張っていたので、 マンモグラフィーの検査をしました。 マンモグラフィーの検査結果は、1週間後。 再度追加検査をした。 マンモグラフィー再検査になると、超音波検査、針生検検査をする。 検査の結果、がんの疑いありのカテゴリー4で、要精密検査になりました。 家族親戚に、がん患者は一人もいません。 意外な結果に青ざめました。 先生曰く、超音波の画像を見る限りでは、たぶん良性。 どちらか判断がつかないので、針生検検査で細胞を採取しました。 細胞を採取する検査の結果で、良性か悪性か確定される 細胞をとる検査は、超音波の画面を見ながら、 しこり部分に針を刺し、しこりの細胞をピストル型の 注射器のようなもので吸引して行いました。 ただ寝ているだけなので、これといって大変な検査ではありませんでした。 麻酔をするので、痛みもありません。 採取した細胞を病理診断に出し、結果は1週間後に出ました。 結果は、悪性。 しこり1cmの早期乳がんでした。 針生検の細胞の検査結果が良性だった場合にやっておくこと。 がん保険を見直す 確定診断で、良性の結果が出れば治療の必要はありません。 1年に1度、マンモグラフィーを受け、 しこりが大きくなっていないことを確認して終わりです。 乳がんになると、がん保険にしばらく入れなくなります。 入っているがん保険を確認したり、がん保険に入っていなければ、加入を検討することをお勧めします。 乳がんになると、手術以外にも乳房再建の手術費や薬物治療の医療費などがかかります。 乳がん患者の多くの方は、保険に入っていて良かったといいます。 自分の入っている保険が、非浸潤がんでもおりるのか、がん一時金がもらえるのか、抗がん剤治療費はもらえるのかなど 細かい点も確認しておいたほうがいいです。 関連記事 経過観察中でも気になれば、乳腺専門の病院で検査する。 良性と判断されると、経過観察になります。 1年に1回ないしは、半年に1回、マンモグラフィーや超音波検査をします。 良性なら1年に1回の検査で十分だという人もいれば、1年間放置してもし悪性だったらという不安に思う人もいると思います。 良性が悪性になることはないそうですが、自分の体は、自分にしかわかりません。 不安ならば、もう一度検査してみてもいいんじゃないでしょうか? その際は、産婦人科などではなく、 乳腺専門クリニックや病院で検査することをお勧めします。 要精密検査で不安になっても、逃げなくてよかった マンモグラフィーで要精密検査の結果になったら、 乳がんかもしれない?!と不安になります。 誰に相談していいのかわからないし。 がんと確定されるのが怖くて、 確定診断の検査をやりたくない気持ちになりました。 でも、逃げなくてよかった。 乳がんと診断されたのは、ショックでした。 両胸も全摘になったし。 しかし、早めにわかったことで、命の危険はありません。 乳腺科の病院のブログに、 乳がんを放っておいた場合、半年経つと大きくなっているイメージと書かれていました。 乳がんを放置するのは、その後の人生にとってデメリットです。 治療が長引くし、命の危険にさらされるかもしれない。 要精密検査になったら、まずは乳がんかどうかはっきりさせる確定診断してもらうのが大切だと実感しました。 針生検の検査結果が悪性だった場合にやること 手術する病院を決める。 がんの告知をうけると同時に、手術する病院を決めなければなりません。 私の場合、乳腺クリニックの先生の紹介で病院をきめました。 今後の治療を行う大事な選択です。 通える範囲で、乳がんの手術数が多い病院が候補になってきます。 年間の手術件数は、ネットで調べました。 参考になると思います。 関連記事 悪性の検査結果が出ると、さらに精密な検査が必要になります。 病院が決まると、がんがどの範囲まで広がっているのかさらに検査します。 その結果をふまえ、乳房温存手術、全摘手術などが決まります。 しこりの大きさ• がんの広がり具合• 脇のリンパ節への転移 などを詳しく調べました。 精密検査は、今後の治療を行う大きな病院に転院し、乳腺専門外来で行いました。 その時の記事がコチラ 細胞の検査が判定不可能だった場合にやったほうがいいこと 判定不可能だったら、確定するまで検査する マンモグラフィーで要精密検査になり、細胞を採取したのに、結果が判定不可能。 そんなことも、よくあるようです。 実際私も、1件目の病院で細胞診の検査結果が、判定不可能になりました。 「がんかもしれない?!」 どちらとも言えない結果は、不安が残るだけでした。 再度、乳腺専門のクリニックで、マンモグラフィーからやり直し、確定検査をしました。 結果、悪性の判断がつきました。 癌になっても早期発見できれば元の生活に戻れる。 乳がんと診断された直後は、誰でも不安になると思います。 命の危険は? 仕事はどうする?など。 手術が終われば、体内のがんが取りきれてホッとしました。 幸い、早期発見だったため、長期療養や命に関わるようなこともなく、術後2週間で仕事復帰できました。 乳癌早期発見で、改めて検診の重要性を痛感しました。 癌家系でなくてもがんになる可能性は十分あります。 乳がんは、乳腺を取る手術のため、食べることや歩くことに支障がありません。 内臓への負担がないので、比較的元気に過ごせ、回復も早いです。 マスコミで取り上げる乳がんは、余命など深刻な状況の話題が目立ちますが、 実は、多くの方が元気に過ごし、いままでどおり健康な生活を送っていることを知ってほしいです。 痛みがあると進行が早いの? 痛みがあっても癌自体はとても小さかった。 私の場合、痛みから乳癌発見に至りました。 乳癌と確定され治療まで1ヶ月くらいかかります。 その間、癌が進行するんじゃないかと不安になりました。 手術が終わり病理結果で癌の大きさが判明。 あんなに痛かったのに癌自体は4mmほどの大きさで済みました。 痛みと進行は全く関係ないとホッとしました。 痛み=乳癌ではないけれど、乳がんだった人で、胸が痛かった人もたくさんいるというのは事実。 痛みがあったおかげで、私のように早期に乳癌を発見できた方も多くいるのではないでしょうか? 乳房にしこりや痛みがあるなんて、ものすごく不安です。 ですが、乳癌の手術を終えてみると、死の淵から這い上がるような壮絶なものではありませんでした。 検査等で早めに見つかれば、術後2週間くらいで元の生活に戻れます。 自己判断せず、必ず検査することをお勧めします。 乳がんだったら怖いけど、勇気を出して検査することは、自分の身を守ることだと知った。 家族や親戚に一人も癌になった人がいないのに、乳がんになりました。 今でも信じられないです。 ですが、頭でどんなに否定しても、体に宿ったがん細胞は自然消滅することはありません。 むしろ長い年月をかけて、どんどん増えていきます。 乳がんと診断された時は、絶望感でパニックになりましたが、手術後振り返ると今こうして元の生活に戻れているのは 医療のおかげです。 日本には最高の医療があり、料金も数万円ですみます。 ありがたいです。 2016年1月 43歳で左胸浸潤性乳がん、ステージ1を宣告される。 2016年2月 左胸浸潤性乳管癌から非浸潤がんに診断がかわる。 2016年3月 右乳房にも非浸潤がんを発見。 2016年4月 病理結果より 左 乳頭腺管ガン ステージ1 ルミナルA 右 非浸潤ガン ステージ0 2016年4月 タモキシフェンにて術後治療中 家族にガン歴なし。 43歳まで大きな病気なし。 育児と仕事がで日々を過ごすシングルマザー。 他人事と思っていた、ガンという病。 2人に一人は、ガンを発症すると言われています。 ガンは、早期発見が大切だと痛感しました。 世間では、抗がん剤による脱毛や余命といったネガティブなイメージが強い印象です。 しかし、早期発見に至れば、抗がん剤や余命に悩まされることもありません。 一人歩きしている、ガンに対するイメージと実体験で感じたギャップ。 まさかの出来事が、誰にでも起こることだと身を持って感じ、 実体験を備忘録として記録することにしました。

次の

乳がんと症状|乳がんを学ぶ|がんを学ぶ ファイザー

乳がん 症状

乳癌は体の表面近くに出来るガンなので大きくなっても、重要な臓器(肺や肝臓)を圧迫したり、破壊しません。 しかし、転移して様々な症状を引き起こします。 治療法が良くなり、延命できる期間が延びていますが、転移を生じる期間も長くなり末期になると転移の症状に苦しみます。 他のガンと同様に悪液質になり、体重が減り食欲が減ってゆきます。 [lwptoc] 乳癌の特徴• 体の表面のガン• 肺、肝臓、骨、脳への転移症状• 悪液質 体の表面のガン 体の表面に出来るガンは内臓に出来るガンと異なり、大きくなって他の臓器を圧迫する症状がありません。 体の表面に向かって大きくなっても、命に関わらないという特徴があります。 しかし、大きくなると、いつかは皮膚を破り、ガンが体表で感染し、強い悪臭を生じます。 皮膚を突き破っても痛みは強くないのですが、見た目は派手であり、ボディーイメージが崩れるため自尊心が傷つきます。 乳癌は女性に多く、乳房という女性のシンボルの形が崩れるため、を生じやすく、心のケアが重要です。 癌は表面に向かって大きくなるだけではありません。 ガンは体の中心に向かって大きくなります。 ガンが体の中心に向かって広がってゆくと、肋骨、肺があるため、痛み、息苦しさを生じるようになります。 肋骨や胸膜には痛みを感じる神経があるので、強い痛みが出現します。 肺までガンが広がれば、息苦しさが生じてきます。 転移 乳癌の末期症状の特徴の1つが転移です。 他のガンでも転移は生じますが、乳癌の場合は転移の大きさが命に関わってきますし、症状にもつながります。 骨への転移 乳癌は骨に転移すると、転移したところの骨膜を破壊し骨折を引き起こします。 骨折すれば当然痛いです。 骨転移が増え、転移した骨からカルシウムが異常に放出されてしまうと、血液内のカルシウム濃度が上がり、意識障害を生じるようになります。 意識障害は、相当な量の転移が広がらないと生じません。 リンパ節転移 乳癌はワキの下のリンパ節や首のリンパ節に転移します。 ワキの下には腕からの神経が走っているので、圧迫すればしびれや痛みを生じるようになるでしょう。 リンパ液の流れが悪くなると、腕がむくみ、重たく感じるようになります。 また腕が太くなるという、体の姿形が崩れるため、精神的な辛さ、スピリチアルな痛みが生じるでしょう。 肺転移 乳癌は肺に近いためか、肺に転移しやすいガンです。 肺転移は命に関わってきます。 肺転移が大きくなれば、呼吸が不十分になり、息苦しさを生じるでしょう。 肝転移 肝臓への転移も多いです。 肝臓への転移は相当大きくならないと肝不全にはなりませんが、肝臓が大きくなるとお腹が痛くなります。 脳転移 脳への転移は様々な症状を引き起こします。 痙攣、意識障害、頭痛、吐き気、めまい、半身不随、誤嚥などです。 脳転移は症状が様々で、治療法や対策が少ないため、本人も周囲も大変辛い思いをします。 進行が遅い乳癌で脳転移を引き起こすと、長い間、半身不随や、意識障害、けいれんなどの症状に苦しむ場合があります。 悪液質 体のやせ具合は、乳がんの進行速度に依存します。 進行が早い場合は、やせも非常に早く進行します。 どのガンでもいえることですが、ガンと診断された時から、をしておけば、自分で自分のことが出来る時間が増える可能性があります。 乳がんもほかのガン同様に、悪液質の進行が死因となるケースが多いようです。

次の

乳がんが再発した時の症状を、再発部位ごとに医師が解説!

乳がん 症状

Q.乳がんの症状 [管理番号:8] 性別:女性 年齢:24歳 乳がんの症状について教えてください。 しこりができるといいますが、しこりの大きさや硬さはどんな感じですか? 痛みなどもあるのですか? よろしくお願いします。 A.回答 こんにちは。 田澤です。 ご質問ありがとうございます。 乳がんの症状ですね。 早速、回答いたします。 症状ですが、殆どが「しこり」です。 痛みはまずありません。 しこり - 乳がんの症状 -• 硬さ:典型的な癌の触診所見は「硬く石ころのように触れる」ですが、例えば、非浸潤性乳管癌(超早期:0期)のように「しこりなのか迷うような」凹凸所見(硬結)もあります。 大きさ:乳癌は癌細胞1つから発生して増殖して「腫瘍を形成」します。 最初は目に見えない程非常に小さく、時間と共に確実に増大します。 * つまり小さいから良性とか、大きいから癌ということは一切ありません。 腫瘍の大きさにより、経験上だいたい以下のようになります。 腫瘍が0~3mmの段階 石灰化でも無いとこの大きさでは見つかりません。 超音波でも見つけられません。 3mm以上あれば 経験豊富な術者なら超音波で見つけられます。 1cm以上あれば 「しこり」を自覚できる人がでてきます。 (小さい乳房の人は小さい内にしこりを自覚できますが、大きい乳房の場合には困難な事も多い。 ) 2cm以上あれば 大概の方は「しこり」を自覚します。 触診所見はあくまでも存在診断(何かあるか?)であり、質的診断(それが癌かどうか?)には超音波が最も有効です。 乳頭分泌 - 乳がんの症状 - ホームページの「」を参照にしてもらうといいのですが、乳頭分泌の大部分は癌とは関係ありません。 ・癌の可能性のある乳頭分泌は「片方の乳頭からの分泌で、一つの孔(単孔性)」です。 特に血性乳頭分泌は要注意です。 痛み - 乳がんの症状 - 実際に痛みを伴う乳癌は稀です。 (ゼロではありませんが) 乳房痛の場合、殆どが、乳腺症や乳腺炎です。 (ホームページの「」にそれぞれの症状について解説しています。 癌と関係ないのですが、抗生剤内服や切開排膿などの治療が必要な場合がありますので、受診を検討してください。 以上、参考にしていただければ幸いです。 関連する質問 Q.貧乳でもマンモグラフィーを受けられるか? 痛いのか? 乳癌検診は何歳から受けたらいいのか? 性別:女性 年齢:23歳 私はいわゆる貧乳なのですが、マンモグラフィーは普通に受けられますか? また、マンモグラフィーは痛いと聞くのですが、どれくらいの時間がかかり、どの程度の痛さですか? それから、今は健康で、乳がんの症状はありませんが、何歳ぐらいから乳癌検診を受けたらいいのでしょうか? Q.授乳中のしこり 性別:女性 年齢:25歳 今、生後四ヶ月の娘に授乳中の者です。 子供が生後一カ月の頃、左胸にしこりを発見し心配になったので、乳腺外科でエコーと触診で見てもらい母乳のつまりだと診断され、両胸とも問題ないとのことで安心していました。 次は右胸に二つしこりを発見しました。 心配性なので悪いものではないかとまた心配しています。 もし、悪いものなら診察後三ヶ月で小豆ほどの大きさのしこりができたりするでしょうか?それとも大丈夫なものなのでしょうか?回答よろしくお願いします。 Q.乳癌か乳腺炎か(痛みのあるしこり) 性別:女性 年齢:32歳 3日前から、左の脇の下乳の切れ目?の辺りを押すとシコリがあり激痛です。 子供も一歳になり、夜の授乳しかない状態です。 今まで乳腺炎になったことはないです。 症状としては、張る事もなく、熱を持った感じもないです。 シコリもあり痛みが増してきているので、乳癌ではないかとても心配です。 Q.乳ガンでしょうか? 性別:女性 年齢:39歳 数ヶ月前から、症状として、左胸が押されると痛みがあります。 左胸脇側を押すとしこりのような物もあり痛みます。 左脇下がつれるような常に筋肉痛のような痛みがあります。 4月に乳ガン検診があるのでそれまで待ってていいものか、早く受診したほうがいいのか。 どこを受診したらいいのか分からず。 そのままになってしまってます。 乳ガンの可能性高いでしょうか? (2015年2月に質問) Q.仮に乳がんであった場合の授乳について 性別:女性 年齢:28歳 28歳産後4ヶ月授乳中です。 母親が乳がん罹患しています 他わかる範囲で近親者に乳がん罹患者なし。 妊娠前より胸にしこりがあり、エコー、触診してもらいましたが「しこりはあるがエコーで写ってこないので悪いものではないだろう」とのことでした。 それから数年、現在は授乳中なので、胸にしこりがあっても然り、とは思うのですが、仮にこのしこりが悪性であった場合、母乳を介して子どもに影響がある可能性はありますでしょうか。 心なしかしこりが気になっていた側の母乳 母乳パッドについている の方が変わった臭いがする気がします。 これは思い込みかもしれませんが… Q.今日、やっと診察に行きました。 性別:女性 年齢:42歳 病院嫌いで、軽いパニックもあるので、あまり病院には行きませんが、 自覚できる症状として、シコリが気になってたのと、痛みがかなり出てきたので、今日診察に行きました。 先生から「シコリの大きさも硬さも心配だから、麻酔して細胞を病理に送って検査する。 」っと言われました。 麻酔も激痛でしたが、今、麻酔がきれたのか、右胸の激痛とかなりの腫れがあります。 Q.乳ガンの生存率 乳ガンのステージ 性別:女性 年齢:30歳 乳ガンのステージについて教えてください。 ステージ別のガンの進行度や治療法、生存率について教えてください。 Q.左の胸のしこりがジンジン痛い 性別:女性 年齢:40歳 先日、乳ガン検査をし、採血・触診・マンモ・エコーをしました。 シコリ三センチが見つかり、触っても痛くて、左胸の乳輪の少し上に確認しました。 先生が、癌とハッキリと言いました。 あとは、MR・CTです。 と 転移してるかの確認と 針を刺して癌の細胞検査です。 まだ、痛みもあり癌のステージや進行が不安です。 昨夜は 泣き腫らして、今週の検査結果を覚悟して聞こうと思うんですが、やっぱり、この、痛みが不安なのと、シコリが硬直するような痛みなんです。 痛みの具合とか、進行してるのでしょうか? Q.右胸に3. 8センチの腫瘤悪い顔つきのガン、リンパにも影といわれました。 性別:女性 年齢:39歳 昨年4月に出産したのですが、妊娠中から右胸のしこりが気になって症状を伝えていたのですが、 「産後じゃないと分からないよ!」と言われてそのままでした。 その後お産でバタバタし、最近右のおっぱいを飲んでくれなくなり、左右の大きさも変わり、右胸だけとても固くなってきました。 そして痛みも出てきました。 でもおっぱいが張ってるせいだろうと思っていました。 先日健康診断で再検査となり行った所、マンモと超音波の検査をしました。 超音波の画像を見せられて先生から「とても悪い顔つきでリンパの方にもちょっと」と言われました。 瞬間全身に行くガンだ! と思い頭が真っ白になりました。 「死ぬんですね?死ぬんですね?」と取り乱し聞いてしまいました。 先生は少し黙ると「それは何とも言えません」とおっしゃいました。 4歳と1歳になったばかりの娘がいます。 今日これからCTなど検査に行きますが、ハッキリと言われるのが怖くて怖くて狂いそうです。 子供二人残して逝けません…… 「悪い顔つき」と調べると悪性の亡くなる方ばかりです。 涙が止まりません。 乳がんとは 乳がんは最も増加している癌です。 乳がんは若い年代に多い 30代後半から50代後半に多く、特に40代後半では女性の癌の半数を占めます。 乳がんは高齢者でも注意が必要 確かに若い年代に多いのが特徴ですが、70歳以降でも毎年18000人が乳癌になります。 乳がんは早期発見し易く、治る癌です。 必ず後悔します。 質問者を『応援しています!』 / 田澤先生の回答が『参考になりました!』 という方はクリックしてください。

次の