緊急 事態 宣言 保育園。 緊急事態宣言解除に伴う市内保育園等の今後のご利用について

新型コロナウイルス感染症対策に係る保育所等の対応について(令和2年5月28日時点) 横浜市

緊急 事態 宣言 保育園

これを受けて「在宅勤務の場合は家庭で」としている区もあるが、働く親からは「家で子供を見ながら仕事なんてできない」との悲鳴も。 また、「自粛」としながらも、休園並みの強い表現で登園しないよう求める区や園もあり、必ずしも言葉通りの実態にはなってはいないようだ。 ほぼ全区で「休園」か「自粛を」 23区が発表したサイトや直接の問い合わせによる調査では、千代田区や中央区など8つの区で原則的に区内の認可保育園に関して「休園」とする表現を使用していた。 一方、品川区や世田谷区など14区では「自粛」を要請する表現にとどめている。 ただし、温度感は様々だ。 同じ自粛でも「やむを得ない場合を除き自粛を」とする板橋区のような表記もあれば、「可能な場合にはご協力を」(新宿区)、「無理をしてまで登園自粛していただく趣旨ではありません」(中野区)のような自治体もある。 言葉の使い方や求める強度には違いがあるものの、これら22区では原則として保護者に対して子供の家庭での保育を求めている。 自粛か休園かに関わらず、医療関係者など職業を限定して特別に預かったり、どうしても仕事を継続する必要がある親になどに対しては個別に相談を求めたりしている区も多い。 「原則休園」の渋谷区や豊島区では「世帯全員が警察官、消防官及び医療従事者のご家庭に限り」などと職業を例示して、特別保育を実施するとした。 4月9日朝現在、江東区だけは検討中だとしており、決定は週内に予定しているという。 在宅勤務の場合は、登園できる? 親が在宅勤務となっている場合にも、登園自粛するよう求められるのか。 この点では区の判断は分かれている。 「登園自粛」としている品川区は「在宅勤務など保護者が家にいる場合は原則利用できません」と表記。 港区は「保護者等がテレワーク勤務や休業できる場合など」について自粛するよう求めている。 一方、同じく「登園自粛」の大田区では「保護者が在宅で、かつ、ご自宅にて保育が可能な場合」に登園を控えるようにと表記されている。 また、世田谷区は「仕事を休んで家にいることが可能な保護者」に対して自粛を要請している。 品川区に住む30代の会社員女性はオフィスが閉鎖となり在宅勤務となっている。 「安全のためには仕方がないけれど、家で子供がいたら絶対に無理。 仕方がないので子供が昼寝中か、夜に寝かせてからの仕事になりそう」と話している。 結局、園ごとの考え方で違いも とはいえ、自粛とした区の場合、どこまで強く要請されるのか、その度合いは仮に同じ区内でも園によって違うという例もあるようだ。 世田谷区の30代会社員女性は、きょうだいを別々の園に通わせている。 長男の私立認可保育園では、保育士の命を守るため、との理由で登園はしないようにと強く要請され、「自粛とはいえ結局預かる気は無いなと感じた」という。 一方、次男の区立保育園では、区からのお知らせの紙を受け取っただけで何も言われなかったという。 「休暇」取得できるかに差も? また、企業によっては、従業員に対して保育園の休園に伴って特別休暇を取得できる制度としている場合もある。 自粛を要請している区では、従業員が提出を求められるであろうことを想定し、区長名でのお願い文を配布しているところも。 しかし、「自粛」の港区に在住する30代の会社員男性は、「会社に相談してみますが、休園ではないので休暇が認められるかは不安です」と話している。 「自粛」か「休園」か、実態が同じでも企業の方針次第では従業員が休暇取得をできるかどうかの点で差が生じる場合もありそうだ。

次の

緊急事態宣言の解除に伴う保育園の対応について

緊急 事態 宣言 保育園

都道府県知事は、生活の維持に必要な場合を除き、期間と区域を決めて住民に不要不急の外出の自粛を要請できる。 都道府県知事は学校、社会福祉施設、興行場(映画、演劇、音楽、スポーツ、演芸などの施設)の管理者に対し、施設の使用制限もしくは停止を要請・指示できる。 また、イベントの主催者にイベント開催の制限もしくは停止を要請・指示できる。 都道府県知事は、臨時の医療施設を開設するため、土地、家屋または物資を使用する必要があると認めるときは、当該土地等の所有者および占有者の同意を得て、当該土地等を使用することができる。 一定の条件を満たせば同意がなくても使用できる。 都道府県知事は、緊急事態措置の実施に必要な物資(医薬品、食品その他の政令で定める物資に限る)であって生産、集荷、販売、配給、保管または輸送を業とする者が取り扱うものについて、その所有者に対し特定物資の売渡しを要請することができる。 正当な理由がないのに要請に応じないときは、特定物資を収用することができる。 指定行政機関の長らは、国民生活との関連性が高い物資などに価格の高騰や供給不足が生じたり、生じる恐れがあるときは、法令の規定に基づく措置などを講じなければならない。 国民の行動が規制される可能性があり 自由な生活が出来ない状況になりますね。 ・期間は、法律上、「2年を超えてはならない」と定められています。 ・区域は、全国一律ではなく、対象となる都道府県等を限定すること 安倍首相は全国の学校に対して休校を要請し、公立・私立を問わず多くの学校が休校を始めました。 当初、保育園などは休校要請の対象となっていませんでした。 しかし、3月10日の緊急対策第2弾に保育園も盛り込まれました。 新型インフルエンザ等緊急事態宣言の内容としては、「都道府県知事が休止や自粛の要請をできる他に、措置を講じるように指示をすることができる」とあります。 緊急事態宣言後は、都道府県知事の判断によって各地で変わってくると思います。 お住まいの市区町村や通わせている学校によって対応が変わってきますので確認するようにしていきましょう。 緊急事態宣言で仕事はどうなる? 「緊急事態宣言」が発令された地域では、休みになる仕事も出てくると思います。 また、在宅ワークが可能であれば切り替わることも十分考えられます。 しかし、医療・医薬品・医療機器等の製造販売、電気・ガス等の供給、輸送等のライフラインを担う公共機関に携わる仕事は休めないかもしれませんね。 緊急事態宣言で生活はどうなる? 緊急事態宣言によって都道府県知事から外出の自粛要請が行われます。 緊急事態宣言が出たからといって、スーパーに買い物に行けなかったり、食料・食品を買えなくなることはありません。 感染拡大が止まない地域においては、感染拡大を起こすことのないよう「限定された環境」で物資の受け渡しが行われるとおもいます。 都道府県知事は、緊急事態措置の実施に必要な物資(医薬品、食品その他の政令で定める物資に限る)であって生産、集荷、販売、配給、保管または輸送を業とする者が取り扱うものについて、その所有者に対し特定物資の売渡しを要請することができる。 正当な理由がないのに要請に応じないときは、特定物資を収用することができる。 緊急事態宣言に対するネットの反応は? 安倍首相に で させて国民の私権を制限させる権力を与えることに反対。 春節前に武漢で新型肺炎が発生した後に速やかに入国禁止措置をとればこのような事態にならなかった。 政治は結果責任。 — Seiron2020 seiron2020 非常事態宣言出してくれよ もう首都圏やばいよ 無症状感染者の数がどれだけいるかわからない状態で通勤させるなよ — 英国面に堕ちた猫 OdU6eFFSUn5yQbb はよ外出禁止せえ!! さもないと1番死者数の多い国になりかねへんで… 経済とか国民の声を気にしてる場合か!!! そっちの方が大損失や — ベイイエ H0METAR0U 日本が非常事態宣言したらどうなるんだ? 家から出られなくなるのか? 買いだめ必死だな。 というような意見もありました。 緊急事態宣言により外出の制限など発生するかもしれませんが、 今と大きく状況が変わるほどではないと思います。 慌てて食料品や日用品を買い溜めせず、 冷静に行動するように心がけましょう。

次の

緊急事態宣言下の情報公開

緊急 事態 宣言 保育園

緊急事態宣言とは 緊急事態宣言とは、下記の2つの条件を満たした時、 首相から発令されるものです。 そして、この宣言が発令されると、 対象の都道府県知事に様々な権限が与えられます。 つまり、これからは国(政府)からの要請がなくても、 知事の判断で 人々の行動を制限することができるようになるのです。 これが緊急事態宣言が発令される前と、大きく異なる点です。 具体的に何が変わるのか。 緊急事態宣言が発令されると、以下の内容の措置が取られます。 正直、今までとほとんど変わりません。 外出は自粛、小中学校は休校、スポーツや音楽などのイベントは自粛。 今までもそうでした。 表の右側部分の医療関係も、今まで通り病院に必要な物資の確保や搬送を行うということです。 強いて言えば、「要請」に従わない場合、 「指示」ができるようになります。 例えば、今後、軽症の感染者の滞在場所としてホテルなどが利用されるようになりますが、その際にホテル側が「風評被害がこわいから断る」と言っても、知事からの「指示」で利用をお願いすることができるようになります。 スポンサーリンク とはいえ「指示」も、罰則などの強制力があるわけではありませんので、これによる効果がどの程度なのかは、疑問ですが・・・。 要は、今まで以上にもっと自粛しようねってことです。 このような内容なのに、なぜ緊急事態宣言の発令をこんなに渋っていたのか、 私にはよくわかりません。 もっと早く出してもよかったんじゃ・・・。 各自で確認を 緊急事態宣言とは言っても、ヨーロッパのように、外出が禁止になるわけでも、ロックダウン(都市封鎖)になるわけでもないようです。 食品の買い出しで外出することはできるので、買いだめの必要もありません。 なので、必要以上に怖がらず、冷静な判断をしましょう。 そして重要なことは、 「対象の都道府県知事に様々な権限が与えられる」= 「自分で情報を確認する」 ということです。 各都道府県で異なった要請・指示が出される可能性もあるので、 住んでいる地域の 確かな情報を確認するようにしましょう。 例えば、現状、保育園は通常通りの開園をしていますが、 県や自治体から 休園の要請があるかもしれません。 県や自治体からの要請で保育園を休ませることになったのであれば、 保育料の免除の可能性もあります。 他にも、様々なケースが考えられますので、 自分で必要な情報を確認するようにしてください。 それから当たり前ですが、手洗い・うがいは欠かさずに。 さいごに 今、病院は人材不足、機材不足により、大変なことになっています。 最前線で働く医療関係者のみなさん、物資を運んでくれている配達員の方々、 私たちが生活するために働いてくれているスーパーやドラッグストアの店員さん、 その他にもたくさんの人が働くことを余儀なくされています。 その方たちには敬意と感謝の気持ちを持って接しましょうね。 そして、ありとあらゆるお店の経済損失は、計り知れません。 お客さんが来なくて瀕死状態のところばかりです。 一刻も早い補償が必要です。 でも今はとにかく 「ステイホーム」です。 出かける必要がない人は、家にいましょう。 感染を広げないことが、経済復活を早めることになり、医療崩壊を防ぎ、 みんなを助けることになるのです。 感染しない感染させない努力を。 がんばろう。 《関連記事》.

次の