長野 県 伊那 市 パワー スポット。 長野・パワースポットおすすめ10選!ドライブで行こう!定番から穴場まで

必ず行きたい!エネルギーが強い長野のパワースポット巡り10選

長野 県 伊那 市 パワー スポット

戸隠神社(北信) 坂本冬美の『また君に恋してる』の曲が使われた、いいちこのCMで一時大ブームとなった戸隠神社です。 樹齢700年を超えるご神木、樹齢800年を超える三本杉の高い木々からはマイナスイオンがたっぷり出ていそうですよね。 学業成就・商売繁盛・開運・厄除・家内安全にご利徳があるといわれています。 住所〠:長野県長野市戸隠 TEL:026-254-2001 分杭峠(南信) 世界有数のパワースポットと言われている長谷の分杭峠は、天然の気が湧き出る氣場があるゼロ磁場地帯です。 2つの層がぶつかり合うのでゼロ磁場という珍しい空間が出来るようですが、TVや雑誌で取り上げられた為、今や観光客が沢山出入りするようになりました。 パワースポットにはシャトルバスでの移動になります。 坂にイスがあり、そこで気をもらいます。 1度行きましたが、何となく心が洗われた様な気がしました。 バスは春~3シーズン運行です。 水を汲みに行ってる方も見かけたので、車で行かれる方は水も良いかもしれません。 少し歩きますが、良い運動になる距離に位置します。 岡本太郎さんも絶賛したとの事。 顔はモアイっぽく、かなり大きくてビックリしました。 阿弥陀如来で下社から近いので、下社参拝後に開運を祈願する事をオススメします。 独特な参拝方法も。 こちらもメディアに取り上げられてから、最近観光客は多いようです。 〒393-0051 長野県諏訪郡下諏訪町社 0266-27-1111 四柱神社(中信) 松本市大手の街中にある神社で、近くには縄手通りという昔の町並みを再現した通りがあり、縄手通りから境内に入ります。 天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、天照大神の4柱の神を祀る事から四柱神社といいます。 松本城やPARCOからも近く、老若男女沢山の人が参拝に訪れています。 縁結び・復縁・恋愛成就に強い神社という事で若い人にも人気です。 住所〠:長野県松本市大手3丁目3 TEL:0263-32-1936 諏訪大社(中信) 7年に1度の『御柱祭』で有名な諏訪大社です。 御柱祭で使われる御柱が社殿の四隅に立てられているので、強いパワースポットとなっています。 春宮には大きな縁結びの杉の木があります。 特に縁結び・子宝にご利益があります。 住所〠:長野県諏訪市中洲宮山 1 TEL:0266-52-1919 善光寺(北信) お寺の善光寺もパワースポットの1つとなっています。 日本最古といわれる仏像、一光三尊阿弥陀如来を本尊としています。 極楽往生・所願成就のご利益があると言われています。 お戒壇巡りは本堂右手の急な階段を降りていき、真っ暗で何も見えない中、鍵を探して触ります。 これがなかなか難しいんです。 極楽の錠に触れる事が出来ると、秘仏のご本尊と結縁を果たすことによって往生の際に迎えに来てくれるという約束をもらえるといいます。 住所〠:長野市大字長野元善町491-イ TEL:026-234-3591 穂高神社(中信) 安曇野市穂高にある神社です。 本宮の他に上高地に奥宮、奥穂高岳山頂に嶺宮があり、日本アルプスの総鎮守とされています。 先日行って知ったのですが、お正月の交通祈願祭は車ごと祈願するみたいです!これにはビックリ。 交通祈願が有名みたいですね。 効きそうで気になります。 住所〠:長野県安曇野市穂高 TEL:0263-82-2003 下諏訪温泉(中信) 下社秋宮は温泉の湧出地で、精神面のパワースポットとされています。 境内にも御神湯があり、ちょっと気をつけないと熱いですが、ご利益がありそうです。 大王神社 開運洞(中信) 大王わさび農場内にある神社です。 居るだけで幸せになれそうです。 大王窟は開運洞であり、中にいる七福神に触れると幸せになれるという言い伝えがあります。 夏に行きましたが、そこだけ涼しくて快適でしたよ。 パワーをもらえました! 〒399-8201 長野県安曇野市豊科南穂高 ぴんころ地蔵尊(東信) その名の通り「健康長生きでピンピンコローリ楽に大往生」を祈願するお地蔵さんです。 佐久にあります。 最近は結構知られていて、健康を願って県内外から沢山の方が訪れています。 野沢成田山薬師寺山門に建立されたお地蔵さんで、毎月第二土曜日には縁日が開かれています。 〒385-0053 長野県佐久市野沢地区 0267-62-0753.

次の

✮長野県のパワースポット✮10選

長野 県 伊那 市 パワー スポット

最近「パワースポット」という怪しげな言葉が独り歩きしまくっている。 それは神社仏閣だったり大自然であったり、何かしら人の心に良い影響を及ぼす力の働く場所といった意味合いで使われているものと軽く思っていたが、中には「パワースポット巡り」にカルト的な熱狂ぶりを見せる人々もいる。 本屋には「パワースポット本」が乱立し、東京では明治神宮がオススメだとか、鎌倉の成就院が良いとか、様々な情報が飛び交っている。 しかし全国各地にパワースポットと呼ばれる場所が沢山存在する中で、日本最強のパワースポットと呼ばれている場所が長野県伊那市にある。 その場所の名は 「分杭峠」(ぶんぐいとうげ)。 日本最大の活断層である中央構造線上に走る国道152号秋葉街道にある標高1424メートルの峠で、伊那市(旧長谷村)と大鹿村の境にある。 活断層がぶつかり合う巨大なエネルギーが集まり「ゼロ磁場」が形成されていると言われ、中国の気功師が分杭峠の 「氣場」を発見したとテレビ番組で取り上げられるやいなや、奇跡を求めて全国各地からこの峠を目指す人々が集まるようになったという、なんともオカルティックな場所だ。 ネット上で分杭峠について調べると、末期ガンが治ったとか、足が痛くて歩けなかったのがスッと痛みが引いて歩けるようになっただとか、何やら胡散臭い健康器具とか変な仏具とかを高いお金を出して買っちゃうような層の人達がよく話しそうな体験談がわらわら出てくる。 なんとこの峠だけで一冊の案内本まで出来上がっている程、この分杭峠という場所はアツい。 そんな分杭峠の氣場(ゼロ磁場)を体感するために当取材班、わざわざ長野県くんだりまで行って参りました。 場所は駒ヶ根市から車で約30分、伊那市から高遠経由で約1時間、茅野市から杖突峠、高遠経由で約1時間半。 東京、名古屋のいずれから来ても片道3時間以上は掛かる。 結構な秘境だ。 だが肝心の分杭峠へ向かうにも現地に車を止める事が出来ない。 何故なら分杭峠への訪問者があまりにも多くスペースの限られた峠の駐車場が一杯になってしまい、狭い林道状態の峠道の安全が確保できないという理由で、麓に作った駐車場に車に止めて、そこからシャトルバスに乗って峠に行くように案内されるのだ。 「氣場」じゃなくて東西線の「木場」なら家から近いんですけどねえ。 駒ヶ根方面から峠道を登り国道152号に合流すると、かなり分杭峠に近い所まで来る事が出来るが、結局は延々と麓のシャトルバス乗り場まで戻らされてしまう。 無理矢理車で峠まで行っても警備員に追い返されるだけで無駄足に終わる。 しかし笑ってしまったのは、既にこの場所にも分杭峠のゼロ磁場関連の土産物屋の看板や、「ゼロ磁場の水」を販売する地元企業零磁場ミネラル水製造工場の看板を見かける事だ。 もう完全に「パワースポット」が地場産業として定着しているようだ。 峠道を延々と下って、麓のシャトルバス乗り場に辿り着いた。 長野県でも特に秋葉街道という所は秘境中の秘境みたいな場所で、おいそれと気軽に来れるような場所ではないはずだが、それでも結構な数の観光客がいる。 謎すぎる分杭峠ゼロ磁場土産とゼロ磁場観光施設の数々 シャトルバス乗り場付近は分杭峠を訪れるパワースポット愛好家達を相手としたプレハブ建ての土産物屋まであるのだが、店の名前も「気の里」売店とネーミングまで既にオカルト気味である。 気の里売店を見ると、様々なチラシが貼りつけられている。 特に「ゼロ磁場の宿 入野谷」の気合の入りまくった広告が目を引く。 ゼロ磁場の湯を使った温浴施設(瞑想室付き)、さらに「ゼロ磁場シリーズ」と銘打ったガラス細工の案内、そして売店にはゼロ磁場の水を使って作られたどら焼き「氣どら」や伊那名物のソースかつサンドを「氣サンド」と銘打って販売。 ダメだ、分からない。 ここは我々の理解の範疇を完全に超えている。 そもそも「気」を旧字体の「氣」とわざわざ書いてしまうあたりがキテるぞ。 さらに自動販売機には500ミリリットルペットボトル入り 「ゼロ磁場の秘水」までもが売られている。 隣の「いろはす」が120円なのに、ゼロ磁場の秘水は250円と倍以上の価格。 やべえ。 さらにシャトルバス乗り場から50メートル程離れた場所に、零磁場ミネラル株式会社の水製造工場と水販売所がある。 ここにもさぞ有難そうに秘水を買い求める客が居る。 ちなみに2リットル入りペットボトルは750円だった。 ゼロ磁場パワーが何なのか知りませんが、間違いないのは秘境過ぎて何もないこの旧長谷村の経済を潤している事である。 横付けされたワゴン車の車体にも、分杭峠とゼロ磁場の秘水を紹介する新聞記事がベタベタと貼りつけられているのだ。 秘境の村でしかなくこれといって観光資源のなかった旧長谷村にとっては、パワースポットブームは歓迎すべき事態なのだ。 恐らくは村人の生活を一変させた分杭峠の「ゼロ磁場」。 よく分からんが分杭峠をテーマにした新曲やご当地新名物の「ドーナツ万十」まである始末。 気の流れを含む神秘の味って何なんだ。 もうゼロ磁場の前では何でもありだ。 分杭峠は車乗り入れ禁止。 有料のシャトルバスでどうぞ そしていよいよ分杭峠行きのシャトルバスに乗る事になるのだが、バス乗り場の真ん前にあるプレハブ小屋でチケットを買うだけ。 バスは有料で、往復一人650円(インターネット予約だと50円引き) そして「ゼロ磁場の水」を持ち帰る為の水用タンクも販売中。 よく見るとみんなでかいペットボトルなりポリタンクを持っている。 これも分杭峠の「ゼロ磁場の水」を汲んで帰る為だ。 いやはや凄いな。 エリアから記事を探す• 110• 104• 117•

次の

長野・パワースポットおすすめ10選!ドライブで行こう!定番から穴場まで

長野 県 伊那 市 パワー スポット

信州は伊那市にあるパワースポット「分杭峠」をご存知でしょうか。 ここ数年、テレビや雑誌などで取り上げられることが多く、たくさんの観光客が訪れる、今注目のパワースポットです。 冬期は雪のため閉鎖されていましたが、4月に入り、いよいよ今年度のオープンを迎えました。 新緑の森林浴もできる癒しのパワースポット「分杭峠」に、みなさまをご案内いたしましょう。 新型コロナウイルスの発生と感染拡大に伴う、県境をまたいだ移動の自粛が2020年6月19日より解除されます。 また県境をまたぐ観光については「徐々に行い、人との間隔を確保すること」というガイドラインが政府より示されています。 各種報道機関の発表、施設や各自治体のホームページなどで最新の情報をご確認ください。 (LINEトラベルjp)• 写真:常盤 兼成 「分杭峠」は国道152号線沿いにありますが、この国道は幅員がせまい区間が多いため、峠に向かうには伊那市にある粟沢駐車場にて、シャトルバスに乗り換える必要があります。 粟沢駐車場までは中央自動車道の伊那ICから車で40分ほど。 「分杭峠」に向かうシャトルバスは予約不要で、8時から15時まで、土日祝日は30分間隔で運行されています。 峠までの所要時間は15分ほどです。 公共交通機関でお越しの方は、JR飯田線の伊那市駅から高遠までバスに乗り、高遠からは長谷循環バスで粟沢駐車場まで移動します。 シャトルバスが運行される前は「分杭峠」付近の路上駐車などが原因でたびたび渋滞が起きていました。 国道152号線は、近隣住民の生活道路でもあることから、パワースポットに訪れる人専用のシャトルバスの運行が決まりました。 シャトルバスは4月下旬から11下旬まで毎日運行され、料金は往復650円です。 【分杭峠シャトルバス】 トラビスジャパン株式会社 電話 0265-71-3800 伊那市と大鹿村の境を成す「分杭峠」に到着 写真:常盤 兼成 くねくね道をバスに揺られること15分、「分杭峠」に到着。 「分杭峠」は秋葉街道の峠の一つで、日本最大にして最長の大断層地帯「中央構造線」上にある、地盤の大変もろい場所。 2つの地層がぶつかっているという理由から、エネルギーが凝縮されているパワースポットとして紹介されるようになりました。 「分杭峠」付近には、地球内部の未知のエネルギーの出入り口とされる「ゼロ磁場」というのが存在しており、人々の心身を活性化させ、力を与え元気にしてくれる効果があるとされています。 簡単にはたどりつけない山間部、なおかつ大断層地帯にある地盤のもろい峠、などの複合要素も、何かスピリチュアルな気分にさせるのでしょう。 写真:常盤 兼成 「ゼロ磁場」の付近には、写真のように木でできたベンチが、階段状に並べられています。 みなさん思い思いの格好で「気」を感じています。 手のひらを上向きにして目をつぶって座っている人、大きく深呼吸を繰り返す人など、パワースポットの「気」を最大限吸収しようとしている人が多くいらっしゃいます。 お時間がある人は、ぜひ平日に訪れてみてください。 人がたくさんいるときより、誰もいないほうが「気」を多く感じられる気がしませんか。 「ゼロ磁場」から発せられる「気」を独占でき、帰りの坂道の足取りもどこか軽くなりますよ。 パワースポット「分杭峠」で自らの自然治癒力を高めましょう! 心身の癒しを求め多くの人が訪れる、長野県のパワースポット「分杭峠」。 中央構造線上にある「ゼロ磁場」が体感できるスポットとして、毎年数万人の人々が来訪する人気パワースポット。 ここでは「気場」で感じる「気」とともに、森林浴効果も相まって、心身ともに清らかな気持ちになり、心も体も軽くなります。 ストレスや悩みに苦しんでいる方は、一度訪れ、心と頭をリフレッシュしてみませんか。

次の