ろう や ぼう 2 最終 回。 漫画「代紋 TAKE 2」の最終回がまさか過ぎて驚愕www

ろうやぼう2(中国ドラマ)のあらすじやキャストは?ネタバレ最終回も!

ろう や ぼう 2 最終 回

C 2017 China International TV Corporation. All Rights Reserved. BSテレ東にてBS初放送!圧巻のスケールと緻密なストーリーで観る者を釘付けにした超ヒット作の続編「琅琊榜(ろうやぼう)<弐>~風雲来る長林軍~」7月15日(月)第46話~第50話(最終回)のあらすじを紹介、本作は日本でもリリースされており、公式サイトで予告動画が視聴できる。 だが皇太后の命令で狩猟の儀は中止となったことから急きょ皇宮を攻める作戦に出ることに。 元啓の謀反を疑う岳銀川は、荀白水の死に際の言葉の意味に思い当たり、配下の譚恒を琅. 山へと遣わす。 だが譚恒は道中 城外で集結している東湖羽林を目撃、すぐに都へと戻る。 その頃、琅. 山では荀飛盞が平旌のもとを訪れていた。 平旌は荀白水の殺された状況から、皇帝 蕭元時に危険が迫っていることを知る。 かつて都で起きた疫病騒動の責任を問われた皇太后は、息子の蕭元時を守るために自決する。 その頃、岳銀川は蕭元時から託された天子の六印を手に、長林王に助けを求めるべく都からの脱出を図る。 その長林王 蕭平旌は、琅. 山を下り荀飛盞と廊州の鳩房を訪れていた。 焦る飛盞を前に、平旌はある物を取り出す。 それはかつて父から受け継いだ長林軍の令牌だった…。 朝臣が集まる中、退位の儀が粛々と進められていた。 急いで城門に駆けつける元啓や狄明たち。 そこに現れたのは蕭平旌の号令を受け各地から集まった大軍だった。 平旌は蕭元時の身柄を引き渡すため3日の猶予を元啓に与える。 一方、城外の異変を知った岳銀川は、密かに城門を乗り越え平旌に面会を求める。 無事に梁帝 蕭元時を救出し、金陵の鳩房へと身を寄せるが、襲撃を察知したため急きょ、閉鎖されている長林王府へと向かう。 しかしここにも蕭元啓の兵が待ち受けていた。 その頃、城門では羽林営に扮した譚恒らが門を開き、岳銀川が率いる援軍を無血で入城させる。 一方、長林王府へと駆け込んだ平旌たちは、大勢の兵に囲まれていた。 そんな中 平旌は幼い頃に1度だけ開いたことのある密室を捜し出し…。 蕭元啓の兵は戦意喪失して投降、何成や狄明も命を落とす。 四面楚歌となった蕭元啓は、蕭平旌に一騎打ちを申し込み、墨. 侯直伝の技を繰り出すが、紙一重で平旌が勝利。 元啓は審理を待たずその場で処刑され、血みどろの謀反劇は幕を閉じるのだった。 多くの犠牲を出した梁の朝廷。 だが平旌は長林王府を再興することなく、平章への墓前である決断を下す…。

次の

ろうやぼう2(中国ドラマ)のあらすじやキャストは?ネタバレ最終回も!

ろう や ぼう 2 最終 回

Contents• exblog. 梁王朝にあって長林王 蕭庭生率いる 長林軍は、梁帝の信頼も厚くその名を世に轟かせていました。 一方で皇太子の母は、長林軍の影響力が強まることを非常に危惧していました。 そんなある時、蕭庭生は北の敵国大渝の不穏な動きをつかみ、北の国境への派兵を求めます。 その派兵からお話が展開していくことになるんですね・・・ 本国の中国では先月の2月5日に最終回を迎えたばかりの本作! 第一作とは違い今作は 原作のないオリジナルとなります。 前作から数十年後の梁王朝が舞台になっています。 主演は前作で子供だった皇族の遺児<庭生>の息子二人です! まるで、一大大河ドラマとなってきましたよねー ドラゴンボールみたい・・・笑 前作をチェックしたい人はU-NEXTで! というか琅邪榜 ろうやぼう って何?意味は? 男たちの宮廷闘争を描いた『琅琊榜』は緻密な計算と、戦略が持ち味のドラマです。 それに個性的なキャラクターが加わり人気爆発となりました。 そして、気になるのがこの ろうやぼうの意味ですよねー ろうやぼうとうっても一発では決して出てきません笑 前作を見た方ならわかると思いますが、宮廷にも影響を与える情報組織・ 瑯琊閣(ろうやかく)というものがありました。 あらゆる情報を網羅している組織で、現在でいえばCIAとかKGBのような組織と考えればいいでしょうか? 琅琊榜(ろうやぼう)とは、その 瑯琊閣が毎年発表する様々なランキングのことでした。 blog82. fc2. ch-ginga. 1997年生まれ。 演じていた当時はまだ10代でした。 これからが楽しみな俳優さんです。 — 凛 Rin haragurotenshir 琅琊榜 ろうやぼう ~麒麟の才子、風雲起こす 総合的に大変良質なドラマでした。 万人受けするエンターテイメント作品に仕上がってます。 壱 のラストに謎が残ってる気がして、しつこくDVD見返す事十数回でやっと気が付いた真相ですが、中国国内ではネタバレしてるのでしょうか?赤焰事案は犯罪ですよね。 多くの人が陥れられてますが、狙いは林燮ただ一人だったと思います。 そして動機も多分マザコンですね。 犯人はここに書いて良いのか分かりませんが、靖王です。 梅長蘇が皇帝に押し上げちゃったあの人。 将来の皇帝に相応しいと梅長蘇である林殊は見込んだのですが、靖王が梅長蘇の正体に気が付かないシーンに疑問を感じませんでしたか?そして靖王が母である静妃と梅長蘇の父・梅石楠の関係を気にしすぎたと思いませんか?石楠が林燮だと知った時の靖王は異常ではなかったでしょうか。 全ては靖王が常軌を逸したマザコンだった故に企てた林燮抹殺の計画だったのです。 ついでに林殊も殺してしまえと考えたのは、母が林燮を想い続け林燮の息子である林殊を余りにも可愛がり過ぎたからです。 動機はそれだけで、赤焰軍も祁王もその母・楽ようも巻き添えです。 まぁ靖王が殺意を抱くのに林燮の妹だったり甥だっただけでも十分です。 林殊の母が皇帝の妹であっても見逃す事は出来なかった程強い殺意です。 赤焰事案の頃、何故靖王が都に居なかったか、これで分かりますよね。 それをうまく言い繕ってますが、梅長蘇はそこを見抜けなかったが為にラスト北の国境へ出征した後呆気なく戦死してしまいますが、靖王が関わってないと思いますか?大揄と結託して背後から襲うような汚い真似で梅長蘇にトドメを刺したのではないしょうか。 梅長蘇の回りは飛流初め多くの猛者が護って居た筈なのに余りにも簡単に死んでしまいました。 そして林殊の位牌から赤い布を外した靖王の目から暗い呟きが聞こえませんでしたか?彼は多分こう言ったでしょう。 「お前は私の友でも敵でさえなかった」と。 林殊は死ぬ間際には全て悟って居た筈、でも誰にも何も言いませんでした。 自分が道を敷いた皇太子が犯罪者だなんて言えませんよね、霓鳳にも蒙摯にも藺晨にもです。 完全なる敗北の中で林殊は目を覆うばかりの靖王の邪悪さに涙しながら死にましたよ。 でも確かに靖王はその後名君になっちゃいました。 そして庭生父子が主人公で 弐 が始まります。 こちらは誰が 壱 の人物の生まれ変わりかを想像しながら見ると楽しいです。 平章とその妻小雪は絶対あのカップルですよね。 壱 とは男女逆転してますがそこがまた楽しいかも知れません。 では、長過ぎてすみません。 失礼します。

次の

映画『るろうに剣心』最終章、あらすじ・キャスト・公開日【5月27日更新】

ろう や ぼう 2 最終 回

南北朝時代を模した架空の国・梁。 都では皇太子と第5皇子・誉王(よおう)との後継者争いが激しさを増していた。 その麒麟の才子とは、江左盟の宗主・梅長蘇のことだった。 両者は早速、梅長蘇(ばいちょうそ)の獲得に乗り出すが、梅長蘇は蘇哲(そてつ)と名を変え、都に潜入していた。 梅長蘇は実は、12年前に謀反の罪で壊滅させられた赤焔軍の生き残り、林殊(りんしゅ)だった。 猛毒に侵され以前とは違う容貌となった林殊は、軍を罠に嵌めた者たちへの復讐を果たそうと都に舞い戻ったのだ。 一方、南の国境を守る雲南公主・穆霓凰(ぼく・げいおう)は、梅長蘇の中にかつて許嫁だった林殊の面影を見出し、惹かれていく。 梅長蘇もまた霓凰への想いに胸を痛めるのだった。 やがて誉王の謀士となった梅長蘇は誉王を巧みに操り、皇太子派と誉王派の勢力を削いでいく。 そして、君主の器量を持つ第7皇子・靖王(せいおう)を後継者の座に就けるべく動き出すのだった。 1.これぞ「男たちの闘争」。 中国全土で話題沸騰、男性版「宮廷の諍い女」! 2013年中国・台湾・香港で一大ブームとなり、日本でも大きな話題となった宮廷劇「宮廷の諍い女」。 しかし本作は男性版「宮廷の諍い女」という要素だけでなく、「宮廷の諍い女」+「三国志」+「水滸伝(すいこでん)」の良さを凝縮。 主役の梅長蘇の知略は「三国志」の諸葛孔明に匹敵し、江湖の義、兄弟の契りを描いた仁義の篤さは「水滸伝」に匹敵する。 まさに2015年度最大の中国時代劇大作!.

次の