アズレン 周回 レベリング。 【アズレン】レベル120までの効率的なレベリング(レベル上げ)方法【アズールレーン】

【アズールレーン】レベリング(レベル上げ)の効率的なやり方【アズレン】

アズレン 周回 レベリング

1:1艦隊がグダる理由• 火力足りねぇ• モタついて航空攻撃が増える• 対空足りなくて戦闘機落とせねぇ MVPや旗艦だけを考えると、最も経験値効率に優れる「前衛と主力それぞれ1隻編成」は、オート戦闘に向いていません。 1:1艦隊では、前衛の火力が足りず、レベリングする艦船のレベルが必要な自体に陥ります。 前衛の火力が不足すると、自爆ボートに主力艦の攻撃が吸われちゃうのも痛い。 対して前衛を2体にすると、大幅な火力上昇に繋がります。 さらに、レベリングに一段落付いた後、育ちが悪かった方を使って次のレベリング艦を引っ張れます。 先のマップほど獲得経験値は増えるので、突破力を高めるためにも前衛2と主力1の編成がおすすめです。 常時「中途半端レベル艦」が何隻か居るのが理想 1隻以上はSレア以下で レベリング艦隊を「前衛2、主力1」で編成する際、最低でも1隻はSレア以下の軍艦を編成しましょう。 SSレア艦は単純に限界突破がしづらく、限界突破をしていない艦船はレベルが70で打ち止めになります。 70まで育成した艦は当然他の船と交換するのですが、その際全員SSレア艦だと、艦隊の平均レベルが低すぎて、一度大幅に効率の悪いマップへ戻る必要が出てきます。 1隻でもSR艦がいれば、汎用ブリで容易に限界突破できるため、常時レベル90台の船でレベリング艦隊を引っ張れる好循環が作れます。 設備は耐久優先で レベリング艦隊は耐久値を優先した装備がおすすめです。 固定値でのステータス上昇となるので、低レベル時こそ装備が挑戦マップを左右します。 参考までに、中国のwikiで具体的にオススメされている装備は、• SGレーダー• 応急修理装置• バルジ の3種類でした。 特に駆逐艦は耐久力が2倍程度まで跳ね上がるため、背伸びしたレベリングが現実的になります。 シナジーのある艦は同時に育てる 同じ所属の艦船や、ゆえんのある艦船を強化するバフスキルを持った艦船は、バフ対象と同時に育成することで大幅な背伸びレベリングが可能です。 シナジーによる強化は他スキルと比べて高い効果を持つので、育成しやすいだけでなく、育成後も戦力として活躍すること間違いなし。 目安レベルは3隻艦隊でのレベリングを意識しているので、6隻積んで行けばかなり低いレベルでも攻略できます。 レベル1~ 最初のレベリングとしておすすめなのが、1-4や2-1。 ……と中国のありがたいwikiには記載されているのですが、結構どこでもいいです。 新規プレイヤーの主力艦隊育成であれば、演習の経験値効率は目を見張るものがあります。 サブ艦隊の育成ということであれば、委託での育成が良いでしょう。 レベル30までは限界突破もほとんどできず、消費燃料も少ないため、6隻編成でのレベリングも十分視野に入ります。 レベル25~【2-4】 レベル25程度まで育成できたら、2-4で本格的なレベリングを始めましょう。 目玉ドロップはレキシントン。 関連記事 レベル40~【3-4】 レベルが40にもなれば、アズールレーンの代名詞である3-4がおすすめ。 中国wikiでは、「70まで3-4」とありますが、最初はもう100まで3-4でいいです。 5章あたりからは、どうせ複数艦隊用意しないと事故が多発します。 ただ、赤城と加賀はボスからしかドロップしないはず。 途中で撤退レベリングは勿体無いので要注意。 加賀と赤城が揃ったところで限界突破素材も足りないので、ひたすら周回しても無駄になりません。 応急修理装置は「赤城」や「加賀」と違い、どの戦闘でもドロップする可能性があります。 3-4周回はボス直行 3-4の周回は、とにかくボスへの直行がおすすめ。 そもそも「赤城」と「加賀」がボスドロップのみなのですが、チャットでのやり取りや体感 笑 を踏まえると、その確率は恐らく0. どの戦闘でも応急修理装置は落ちる。 つまりボスでも当然ドロップするので、3-4はボスへ直行しましょう。 また、直行すればボス戦を含めて戦闘回数が5回以内に収まります。 弾薬バフを必要としない艦隊であれば、弾薬補給をせずに周回できるため、周回効率も上がります。 10隻程度は拾ったし、体感もバカにはならないと思う 消費燃料は20~30で 3-4を周回する際は、消費燃料が20~30程度に収まるような編成にしましょう。 その際、艦隊の平均レベルが40程度ほしいところ。 3章から敵艦の性能向上が著しく、20未満での編成となると、よほど強力な艦以外はレベル40での周回が厳しくなります。 理想は、育成艦隊3隻に限界突破を行い燃料消費を20程度にすることですが、一時的に4隻艦隊とするなどの施策もあり。 上記画像は4隻艦隊の一例です。 実際にプレイしたところ、3-4をフルオートでギリギリクリアできました。 「駆逐艦」という艦種がオート向けでなかったり、主力艦のレベルが低かったりと問題点あってのクリアなので、艦種やレベルの振り方次第ではもうちょっと楽になります。 事実、インディアナポリスを陽炎にしたらクリアできませんでしたし。 総合戦力は上がったんですけどね……。 ちなみに、燃料消費が20未満でも周回できるようになるのはレベル60後半あたりから。 その頃にはデイリーの装備箱や、3-4で落ちる応急修理装置のレシピもたまっているはずなので、装備面の心配も無いでしょう。 レベル75~ レベルが75程度まで上がれば、4-3と4-4の周回に着手するのもあり。 艦ドロップの4-3、装備ドロップの4-4。 ただ、3-4が艦も装備も良いもの落ちるんで、やっぱ3-4だとは思いますけど……。 僕は一生3-4でした 4-3 4-3は、重砲艦である「テラー」と「エレバス」のドロップが特徴。 重砲艦は、装甲が弱い代わりに火力と燃費に優れた主力艦で、低コスト艦隊を組む際に便利な軍艦です。 現状ではSSレアの重砲艦が存在せず、理論値ともなりえる船なので、両艦とも確保しておくのがおすすめ。 4-4 4-4は、現状で最強と名高い「203mmSKC連装砲」がドロップするマップです。 重巡洋艦のメイン武器が乏しいなら、4-4の周回も十分に視野内となるでしょう。 また、火力と対空を高水準で両立した軽巡洋艦「クリーブランド」も手に入ります。 対空射撃時、大きく対空値を上昇させるスキル• Sレア艦なので、手軽な限界突破が可能なのも嬉しい点。 レベル80~ レベルが80にもなれば、第5章である「ソロモン海にて・中」のマップが周回対象に。 特に、全てのロイヤル艦を強化する「クィーン・エリザベス」がドロップする5-2や、艦載機の耐久力を上げられる「空母燃料タンク」のドロップ判定がある5-3は周回の価値アリ。 5章のドロップは、全体的に演習で有用なものが多いですね。 すぐにできる対処法• 2艦隊で挑戦する• 主力艦を増やす• 弱い敵艦隊を狙う• ボス前で弾薬を補充する• 手動でプレイする おすすめマップがクリアできない場合、すぐにできる対処法としては、上記の5つ。 また、長期的に見るなら、艦船の「強化」もおすすめです。 艦これにおける近代化改修のように、不要な艦船を合成すると、主要なステータスが1. 3倍程度まで上昇します。 アズールレーンでは、戦闘した艦隊分の燃料しか消費されません。 3隻艦隊を2つ用意して挑戦すると、耐久面でも弾薬面でも有利に戦えます。 主力艦を増やす アズールレーンは、主力艦隊中央に配置される「旗艦」が倒されると、優勢でも敗北扱いとなってしまいます。 燃費は悪くなってしまうものの、主力艦を1隻増やすだけでも、実質的な艦隊の耐久力を大幅に向上させられます。 この際、自爆ボートを自身で処理できる戦艦や、バフの強力な艦船を編成すると、数以上の働きを見せてくれるでしょう。 弱い敵艦隊を狙う アズールレーンでは、敵艦隊の強さがマップで確認できます。 ただ、強力になればなるほど獲得経験値も増えるため、ドロップ目的の格下海域周回であれば、逆に真っ赤な奴を狙っていくのもアリ。 当然、消費燃料数に差異はありません。 火力があれば、それだけ攻略が容易になるため、弾薬補給ポイントが存在する海域ではこまめに弾薬を補給しましょう。 弾薬上限を増加させる「工作艦」を所有しているなら、艦隊に組み込むのも効果的です。 密着して魚雷を発動したり、敵の弾幕が激しい時まで航空攻撃をキープしたりと、少しの手間で大きなメリットを得られるのが手動プレイの利点。 特に、駆逐艦は手動向けの性能となっているため、オートでのレベリングは敷居が高くなる傾向にあります。 ただ、4桁を超える周回を手動でするのも苦行ですので、あくまで応急措置程度の認識にとどめておきましょう。 委託レベリングの注意点 サブ艦隊の序盤育成でおすすめな委託育成。 艦隊これくしょんとは違い、6艦敷き詰めたほうが効率に優れる点には注意しましょう。 何隻で出撃しようが燃料消費に変化は無く、出撃前の経験値は一隻あたりのものなので、開いた枠があるとその分丸々無駄になってしまいます。 スポンサードリンク 寮舎は埋めておこう 寮舎システムは忘れずに利用しておきましょう。 「訓練」に配置された艦船は、食糧がある限り経験値が増加し続けるほか、1時間毎にコンディションが回復し続けます。 コンディションが高い状態だと、戦闘での取得経験値にも1. 2倍のボーナスが入るため、寮舎経験値との相乗効果でスクスク育ちます。 海軍カレーや王家グルメなどの高級料理は、一定時間寮舎での獲得経験値を増加させる効果を持っています。 他の食糧であれば、同時に効果が適用されるため、併せて利用すると更に効率が良くなります。 特に、海軍カレーはオイルの消費で購入できるうえ、消費オイルに対して回復する食糧値が他食糧と変わらないため、一押しの食糧です。

次の

【アズールレーン】現在アズレンが抱える問題点について

アズレン 周回 レベリング

効率よくレベリングするための基礎として理解しておきましょう。 条件 経験値 旗艦に配置 1. 5倍 コンディションが最高 1. 2倍 戦闘でMVPをとる 2. 0倍 旗艦に配置 旗艦に配置するだけで1. 5倍、主力艦隊は育成しやすいです。 コンディションが最高 艦船を寮舎に入れておけば、自然とこの状態になります。 レベリング予定の艦船は寮舎に入れておきましょう。 敵艦隊の大きさによる違い 敵艦隊の規模が大きいほど獲得できる経験値が増えます。 規模 経験値 小型艦隊 1. 0倍 中型艦隊 1. 1倍 大型艦隊 1. 2倍 中枢艦隊(ボス) 1. 5倍 周回におすすめの海域 12-4(Lv. 110~) 推奨レベル 敵レベル 獲得経験値 Lv. 110~ Lv. 113 小型艦隊 921 中型艦隊 1024 大型艦隊 1106 中枢艦隊(ボス) 1347 Lv. 110~のレベリングにおすすめの海域です。 補給マスがあり、獲得経験値が高いためレベリングしやすいです。 自爆ボートや戦艦が出てきませんが、航空攻撃がきついので対空装備がしっかりしていないと主力艦隊が落とされます。 ボス向けの艦隊に空母を固めるなどして、 制空権が「制空権優勢」以上になるように調整しておくとレベリングしやすいです。 「ユニコーン」「明石」「イラストリアス」などが1隻でもいると周回が安定します。 周回がきついという方は、お試しください。 ボス戦の難易度は高めなので、S勝利を狙う場合はレベリング艦を減らさないとA勝利になる可能性があります。 12-4ドロップ情報 ボス戦でSSR重巡「鳥海」がドロップします。 道中でレベリングし、ボス戦は全力艦隊にしておいてドロップ狙いという構成にしておくと効率が良いです。 12-4 関連記事 12-2(Lv. 105~) 推奨レベル 敵レベル 獲得経験値 Lv. 105~ Lv. 109 小型艦隊 907 中型艦隊 997 大型艦隊 1088 中枢艦隊(ボス) 1326 Lv. 105~のレベリングにおすすめの海域です。 12-4には経験値面で劣りますが、航空攻撃が少しゆるく周回しやすいです。 自爆ボートや戦艦が出てきませんが、航空攻撃はきついので対空装備がしっかりしていないと主力艦隊が落とされます。 ボス向けの艦隊に空母を固めるなどして、 制空権が「制空権優勢」以上になるように調整しておくとレベリングしやすいです。 「ユニコーン」「明石」「イラストリアス」などが1隻でもいると周回が安定します。 周回がきついという方は、お試しください。 個人的には12-4より、12-2の方が気楽にレベリングできるのでおすすめです。 12-2ドロップ情報 金魚雷の設計図がドロップするのは嬉しいです。 11-4(Lv. 100~) 推奨レベル 敵レベル 獲得経験値 Lv. 100~ Lv. 106 小型艦隊 884 中型艦隊 973 大型艦隊 1062 中枢艦隊(ボス) 1293 Lv. 100~のレベリングにおすすめの海域です。 自爆ボートが容赦なく飛んでくるため、主力艦隊が空母のみだと落とされる可能性が高いです。 主力艦隊は 戦艦や巡洋戦艦を推奨します。 Lv100を超えれば12-2を周回することも可能ですが、「113mm連装高角砲」がドロップするので、こちらを周回するのもおすすめです。 ボスの「センダイ」はそこまで強くないので、レベリング艦隊でもS勝利を取りやすいのも嬉しいところです。 11-4ドロップ情報 SR軽巡「コロンビア」がドロップします。 優秀な対空砲「113mm連装高角砲」の設計図がドロップするのが嬉しいです。 10-4(Lv. 100~) 推奨レベル 敵レベル 獲得経験値 Lv. 100~ Lv. 101 小型艦隊 678 中型艦隊 745 大型艦隊 813 中枢艦隊(ボス) 991 Lv. 100~のレベリングにおすすめの海域です。 11-4がきつい時は、ここからレベリングを開始すると良いでしょう。 自爆ボートは飛んでくるので、対策は忘れずにしてください。 10-4ドロップ情報 強力な軽巡「神通」がドロップします。 8-4(Lv. 80~) 推奨レベル 敵レベル 獲得経験値 Lv. 80~100 Lv. 85 小型艦隊 588 中型艦隊 646 大型艦隊 705 中枢艦隊(ボス) 853 Lv. 80~100のレベリングにおすすめの海域です。 道中が4戦のみなので、 ボス戦も含めてレベリングしましょう。 弾薬マス、資源マスも出現するため周回もしやすいです。 自爆ボートが大量に出現するため、空母のみのレベリングは安定しません。 空母をレベリングしたい場合は、前衛を増やしたり戦艦を僚艦として配置するなど工夫しましょう。 8-4ドロップ情報 ボス戦でSSR重巡「摩耶」がドロップします。 ドロップ率は非常に低いです。 優秀な重巡主砲「203mmSKC連装砲」の設計図がドロップします。 6-4(Lv. 70~) 推奨レベル 敵レベル 獲得経験値 Lv. 70~100 Lv. 68 小型艦隊 522 中型艦隊 574 大型艦隊 626 中枢艦隊(ボス) 765 Lv. 70~100のレベリングにおすすめの海域です。 弾薬マスがあるため、 ボス戦も含めてレベリング艦隊のみで周回可能なのが魅力的です。 敵航空艦隊は出現しません。 自爆ボートが出現するため、対策は忘れずに行いましょう。 空母よりも戦艦や巡洋戦艦の方がレベリングしやすい海域です。 6-4ドロップ情報 ボス戦でSSR駆逐艦「夕立」がドロップします。 5-2(Lv. 50~) 推奨レベル 敵レベル 獲得経験値 Lv. 50~70 Lv. 50 小型艦隊 414 中型艦隊 456 大型艦隊 496 中枢艦隊(ボス) 609 Lv. 50~70のレベリングにおすすめの海域です。 道中が4戦のみなので、 ボス戦も含めてレベリングしましょう。 資源マスが1つあるので、回収しつつ周回すると良いでしょう。 5-2ドロップ情報 強力な戦闘機「F6Fヘルキャット」の設計図がドロップします。 3-4(Lv. 30~) 推奨レベル 敵レベル 獲得経験値 Lv. 30~50 Lv. 32 小型艦隊 306 中型艦隊 337 大型艦隊 367 中枢艦隊(ボス) 452 Lv. 30 ~50のレベリングにおすすめの海域です。 周回難易度は高くありませんが、運が悪いと「赤城」「加賀」を目的として永遠と周回することになります。 経験値効率は良くないので、ドロップ狙いでなければLv. 50を超えたら次にいきましょう。 3-4ドロップ情報 SSR空母「赤城」「加賀」がドロップします。 汎用的な設備「応急修理施設」の設計図がドロップします。 艦隊の編成数と特徴 レベリングする時に何隻編成すべきか?と迷った時に参考にしてみてください。 6隻編成• 短時間で周回できる• 推奨レベルより少し上の海域でレベリングできる• 燃費が悪い 4隻編成(主力1隻)• 前衛の手数が多く、自爆ボートの処理なども得意• 手数が多いので、燃費と周回時間のバランスが良い• 前衛艦隊を中心に育成できる 4隻編成(主力2隻)• 燃費と周回時間のバランスが良い• 主力と前衛艦隊をバランス良く育成できる• 主力が戦艦中心:自爆ボートの処理も安定• 主力が空母中心:制空値を稼げる 3隻編成• 低燃費で周回できる• 前衛でMVPを取ると経験値効率が非常に良くなる• 艦船の組み合わせ次第で戦闘時間が長くなる• 後半海域のレベリングには不向き 2隻編成• 超低燃費で周回できる• 前衛でMVPを取ると経験値効率が最効率• 戦闘時間が長くなる• 後半海域のレベリングには不向き おすすめ設備 レベリングする際におすすめの設備を紹介しています。 応急修理装置 耐久値をアップしつつ回復も支援してくれます。 迷ったらこれを装備させておきましょう。 SGレーダー 空襲遭遇率を下げ、待ち伏せ回避成功率をアップさせる優秀な設備です。 無駄な戦闘を避けつつ周回するには必須と言えます。 強化油圧舵 回避と耐久を大きくアップします。 10章以降の海域でレベリングする時に活躍します。 バルジ オート周回では魚雷が直撃することも多いです。 魚雷のダメージを大きく軽減してくれるため非常に有効な設備です。 まとめ 私は長期委託と寮舎だけでLv. 100まで上げて、10-4からスタートすることも多いです。 12-4は経験値効率が良いですが、周回難易度も高いので 12-2を周回するのがおすすめです。 レベリング目的の周回は飽きる原因にもなるので、イベントの周回などもうまく使いながら効率の良いレベリングを目指しましょう。

次の

【アズレン】速攻でLv120にするレベル上げ(レベリング)術

アズレン 周回 レベリング

Lv120まで上げるための必要経験値 1キャラをLv1からLv120まで上げるのに必要な合計経験値は 4,325,675です。 数字だけ見ると途方もないですね…。 ちなみにLv100まで上げるには合計 1,120,675必要ですが、100から110までは 915,000、110から120までは 2,290,000も必要です。 Lv100以降の必要経験値が大きく上昇しており、100まで上げてもまだ半分も達成していないことになります。 海域周回 より多くの経験値を得るには? 海域を周回する前に、以下の基礎知識を頭に入れておきましょう。 MVPを取ったキャラは経験値 2倍 戦闘終了後のリザルト画面にMVPと表示されたキャラは 経験値が2倍もらえます。 MVPの条件は最も敵にダメージを与えることなので、優先して育てたいキャラはできる限り火力を上げるようにしましょう。 旗鑑のキャラは経験値 1. 5倍 旗艦とは、主力艦隊の真ん中に配置したキャラのこと。 頭の上に旗がついているはずです 旗艦に配置するだけで 経験値が1. 5倍になるため、お手軽に経験値を増やせます。 仕様上、前衛艦隊 駆逐艦、巡洋艦など は旗艦に設定できないので注意! コンディションが最高だと経験値 1. 2倍 コンディションとは、キャラ詳細画面の名前欄の横に表示されている顔のマークのこと。 緑色のニコニコマークかつキラキラしたエフェクトになっていれば、 経験値が1. 2倍になります。 コンディションは 寮舎に入れれば勝手に回復するため、育成したいキャラは寮舎に入れておきましょう。 敵艦が大型艦なら 1. 2倍、ボス艦は 1. 小型艦 1倍 中型艦 1. 1倍 大型艦 1. 2倍 ボス艦 1. 5倍 ボス艦 中枢艦隊 は経験値が 1. 5倍ももらえるので、大型艦をできるだけ倒しつつ、最短でボスを倒すのが効率的な周回です。 A評価以下だと経験値がおよそ 0. 8倍に下がる A評価になるとS評価の時より 約0. 8倍ほど経験値が減ってしまいます。 燃料を気にしすぎて最小編成で出撃してしまい低評価を繰り返すよりは、しっかりと S評価で戦闘に勝利しましょう。 とにかくいっぱい育てたいキャラがいる• 燃料が有り余っている 育てたいキャラが大量にいるなら何も考えず全部編成するのが一番! 特に戦力が整っていない初心者は迷わず6隻で編成しましょう。 主力艦より前衛艦を多く育てたい• 低燃費かつ時間をかけずに育成したい 主力艦1隻に前衛艦を3隻を編成した周回。 艦船や空母は1隻ごとの燃費が多いため、駆逐艦など燃費が少ない鑑を中心に戦力を維持することができます。 前衛鑑を多く置くことで1回ごとの戦闘が早く終わるので、スムーズに周回がしやすいです。 キャラ1隻を重点的に育てたい• 燃料を極力節約したい 燃料の消費を気にするならこの編成。 主力艦1隻に最小限の前衛艦を編成します。 また、MVPを狙ったキャラに取らせやすいので、育成したいキャラを重点的に育成させるのに適しています。 2隻にするか3隻にするかは編成するキャラのスペック次第。 ケチりすぎてA評価や全滅にはならないよう注意しましょう。 おすすめの装備は? 防御重視の装備がおすすめ 周回ではとにかく1隻もやられずに海域をクリアすることが最優先。 装備のその他の枠には、体力を回復できる応急修理装置や耐久を上げるバルジなどを優先的につけましょう。 MVPを取らせたいキャラに最強装備を! MVPになれば経験値がより多くもらえるため、優先的に育てたいキャラは最強装備で周回させましょう! 逆にMVPを取らせたくないキャラには、あえて弱い武器を装備させるのも手です。 獲得経験値の量はS評価を取った場合の数値です。 MVPなどの倍率は含まれていません。 また、編成するキャラによっては推奨レベルに達していても道中でやられることもあるので注意。 推奨レベル おすすめ 海域 敵レベル 獲得経験値量 ドロップ一覧 〜 Lv30 2-3 Lv18 小型:216 中型:237 大型:259 ボス:321 Lv30〜50 3-4 Lv33 小型:306 中型:337 大型:367 ボス:452 Lv50〜70 5-2 Lv51 小型:414 中型:456 大型:496 ボス:609 Lv70〜85 6-4 Lv69 小型:522 中型:574 大型:626 ボス:765 Lv85〜95 8-4 Lv86 小型:588 中型:646 大型:705 ボス:853 Lv95〜105 9-3 Lv93 小型:624 中型:686 大型:748 ボス:907 Lv105〜110 10-4 Lv102 小型:678 中型:745 大型:813 ボス:991 Lv110〜115 11-4 Lv107 小型:884 中型:973 大型:1062 ボス:1293 Lv115〜 12-4 Lv116 小型:922 中型:1014 大型:1106 ボス:1347 寮舎 寮舎は経験値の倍率に関わるコンディションを回復できるだけでなく、「訓練」で経験値も獲得できる重要な施設です。 育成したい艦は必ず寮舎に入れておくようにしましょう。 枠はできるだけ最大まで拡張しよう 寮舎は最大で5枠まで拡張できるので、5人ものキャラを「訓練」して同時に育成ができます。 さらに500ダイヤを支払って2階を開放すると、「休憩」としてコンディションを回復できる人数が増えます。 「休憩」では経験値がもらえないのが残念ですが、1階と2階合わせて計10人のキャラのコンディションを回復できるのは大きいです。 しかし、5枠拡張するのにダイヤが合計1400個も必要なのがネック。 課金してでも拡張しておく恩恵はあると思います。 食料はボーナス付きのものを優先 食料は海軍カレー、王家グルメ、フルコースがおすすめ。 それぞれ経験値ボーナスが設定されており、より多くの経験値がもらえるようになります。 王家グルメ、フルコースはダイヤで交換 燃料を溢れさせるくらいなら、海軍カレーにどんどん変えてしまいましょう。 演習 演習では1日15回燃料なしで戦えるだけでなく、経験値量もそこそこ美味しいのがポイント。 元帥を目指していないなら、経験値稼ぎの場として使っていきましょう。 最も経験値が多くもらえるのは、6隻で編成されており、なおかつレベルが100前後であること。 これらの条件を満たした敵を倒せば、最大で1キャラ1000以上もの経験値がもらえます。 もちろん、旗艦の1. 5倍補正やMVPの2倍補正もかかるので、最大3000もの経験値を得るのも夢ではありません! 勝つためにはレベル>戦力を意識 演習では敗北しても経験値はもらえますが、当然勝利した時の方がより多くの経験値がもらえます。 そこで、演習で勝ちたい時は戦力よりもレベルに注目して対戦相手を決める方がいいです。 先述した通り、アズレンはレベル差による補正が激しく、どんなに強い装備を整えて戦力を上げてもレベル差で覆されることがほとんどです。 レベル差が20ほどあったら絶望的なため、できるだけレベルの近い相手と戦うのが無難です。 かといってレベルが低すぎても入手経験値が減ってしまうので難しいところですが…。 委託 委託は一定時間放置するだけで経験値がもらえるため、アズレンができない時でも無駄なくレベル上げが可能です。 委託したキャラの人数によって燃料や時間が変動する訳ではないので、最大人数の6隻を選択してどんどん委託しましょう。 消費燃料が1200と時間も燃料もそれなりにかかりますが、 6隻全員に18000EXPが獲得できるチャンスです。 長時間ゲームができない間でも簡単にレベリングできる機会ですので、寝る前や仕事前は忘れずに委託しましょう。 まとめ 11章、12章を周回できるようになれば経験値効率は上がりますが、それでもかなり時間がかかります。 演習で元帥を目指している方やイベントのEX海域攻略を目指す方は頑張りましょう! おすすめ記事.

次の