オナニー デメリット。 朝オナニーの効果とデメリット・健康に良いのか|早漏になる

【健康に良い?】オナニーをする事で得られるメリットとは?デメリットもご紹介!!

オナニー デメリット

みなさん!いきなりですが毎日オナニーはしていますか? やっぱり1人きりで楽しむオナニータイムもいいものですよね。 例え大好きな彼女、愛する嫁さん、可愛いセフレがいても、会えないタイミングには「別腹」といった感じで楽しみたいのが男のオナニーってものではないかと。 …とはいえ毎日欠かさずオナニーを楽しむ人であっても、ふと我に返って考えること「こんなに毎日オナニーしててデメリットってないの?」…といったネガティブ思考というか純粋なる好奇心が湧き上がってこないですか? そんなことが頭をよぎるほど毎日のようにハマっているのであれば、ふっとそんなことを考えてしまうのもやっぱり自然なことかもしれません。 そんな楽しいオナニーライフに邪魔な雑念を払拭すべく、調べに調べたオナニーのデメリットに関する話をまとめているのでご覧ください。 オナニーにデメリットはあるのか? さてここからがいよいよ本題となります。 ずばりオナニーにデメリットはあるのか? 実はすでに「特に大きなデメリットはない」…といった意見を述べている専門医も少なくありません。 子作りを念頭に置かれるのであれば、常に新鮮な精子を維持できるよう、3日に1回程度は射精しておくのが好ましいとは言えます。 ですが、一番大切なことは、変に神経質にならず、自分自身の身体に素直に付き合ってあげることでしょう。 射精をし過ぎることの悪影響というのは、実質ほとんどありません。 …ちなみに日本男性の平均オナニー回数をご存じですか? 一方、日本人男性の射精を伴うオナニーの頻度は月あたり5. 6回と報告されており、 セックスの3倍弱に及ぶ頻度がある事が判明しております。 日本人男性のオナニー回数を平均化すれば、3日に1回よりもペースは非常に緩やかなので「過度」なんて程遠いと言えそうです。 まぁしかしこれはあくまで平均の話。 実際には1か月に1回とか2~3か月に1回という性欲減退気味?かと思う人もいれば、風俗に行くために普段オナニーはしないという人もいるため、こういった人が平均オナニー回数を減らしていたりします。 それに「オナニーマスター!?」と言えるほどの達人であれば、毎日どころか1日数回のオナニーを楽々とこなしている強者もいるわけです。 適切なオナニーは、明確な基準が存在しません。 それが「オナニーをたくさんすると馬鹿になる」などの根拠の希薄な都市伝説が構築される隙を生んでいます。 ただ、こういった話で思い出すのが「人生は下りのエスカレーターを上るようなもの」という言葉です。 人が何らかの努力をしている間にサボればその分だけ自分は周りに置いて行かれる…、つまり「他者より遅れる=馬鹿になる」と考えれば、それはあながち的を外れているとは言えない考え方でもあるんですよね。 オナニーを適度にリフレッシュ程度にすることができ、それでかえってプラス効果をもたらすというのであれば問題ないでしょう。 しかしコントロール不能のバーサクモード…それこそ「そればかり・それが全て」になるのであれば、意外と馬鹿になる(遅れる)は言い得て妙な言い回しなのかも。 そういう意味では物理的にオナニーに割き過ぎるほどに割いた時間は、まさに大いなるデメリットと言えなくもない。 関連記事: 射精障害になる可能性 これはオナニーによる負の連鎖が災いする可能性。 ただしオナニー自体が直接的に要因となるものではありません。 前項目でも触れましたが1日に数回数十回とするようなオナニーでは、どうも快感慣れしてしまうせいか気持ち良さをいつもよりあまり感じにくくなりやすい。 なんだか勃起力低下に加えて射精感の低下も感じる。 つまりは多少のオナニーでは快感がやや物足りなくなる。 そこで「もっと気持ち良くなりたい!」と強い快感を求めるようになり、いわゆる「間違ったオナニー方法」へと足を踏み入れる可能性が高まるわけです。 正しいオナニーだけしていればそのリスクはそれほど高くないはずですが、人の性欲はときに際限がないものですから困ったものですよね。 …そして「1日数回のオナニー+間違ったオナニー方法」は最悪の相性で、気付けば元の正しいオナニー方法では射精できなくなりやすい。 さらにパートナーとのセックスでも射精しづらいという遅漏や膣内射精障害を発症するリスクが高まるというわけです。 普段、床オナの強い刺激に慣れてしまっている男性は、性行為時の女性の膣内では刺激が足らず中折れをしてしまうことがあるのです。 これが、「床オナでED」の理由です。 補足すると今回は床オナニーについて触れていますが、間違ったオナニー方法には他にも強グリップオナニー、足ピンオナニー、無射精型寸止めオナニーなどあるので、これらのオナニー方法にも注意しておきましょう。 関連記事: ミネラル亜鉛が欠乏する? これについては「最もらしい解説」が添えられているケースも多いが、専門家によってバッサリと否定されているので基本的には心配無用かなと。 そもそも亜鉛とはミネラルの一種で人には欠かせないもの。 亜鉛が関係するものは多いので亜鉛不足になれば貧血、食欲低下、血糖値の悪化、抜け毛が増える、やる気低下によるうつ、記憶力や認知力の低下、免疫低下によって風邪をひきやすくなるなど。 近年では亜鉛欠乏性味覚障害により、味を感じにくい…もしくは味を感じないといった若者が増えているのだとか。 それと精子の形成のためにも使われていたり、不足するとEDの発症にも関係ありと性関係にまでその影響は及ぶ。 必ずしも亜鉛不足が一因とは言えない可能性もありますが、気になる症状があれば様々な習慣や食事と一緒に亜鉛不足も疑ってみるべきかもしれませんね。 …そしてオナニーによって亜鉛不足を招くのでは?…といった話も聞きますが、これに対して専門家がきっちりと反論。 精液で亜鉛やたんぱく質が消費されるため、髪の毛にいく亜鉛が不足してしまい、髪の毛が抜ける。 (中略)それごときで体内の栄養バランスは崩れません。 亜鉛も、通常の食生活をしていればそれなりにとることができます。 ) 確かに消費される栄養素のことを考えると不足しそう…その説明を見るとそんな風に感じますが、どうやら基本的には心配することはなさそう。 しかしちょっと気になる話も小耳に挟んだのでついでに。 日本人は潜在的な亜鉛欠乏状態である割合が高く、最近の報告でも先進国で唯一10~30%が亜鉛欠乏状態にあると報告されています。 まぁこれはそもそも過度なオナニーそのもの…というより、こうなってくると基盤となる食生活の方の問題なのかなと思いますが。 関連記事: オナニー死の可能性 これもオナニーのデメリットとして書かれることの多い話。 分かりやすくオナニー死と書きましたが自己欲情死と堅苦しく呼ばれることもあれば、ネットで拡散された「テクノブレイク」の方が馴染み深い人もいるかもしれない。 テクノブレイクはギリシャ語の「tekhne(技巧、技術)」と「break(壊す)」を組み合わせた「造語&和製英語」。 もともとは2010年に流された「宮城県の男子高校生がオナニーのし過ぎで死亡」というフェイクニュースが元ネタとなっているらしく、この情報は今でもそれっぽい内容でネットの世界を漂っているようです。 そう考えるかもしれませんが、日本だけでも1年に200~300例は「オナニー死」が原因と考えられる死亡例が発生しているとのこと。 …そういえば過度なオナニーで有名な記録があるのをご存じですか? オナニーのオリンピックと呼ばれたこともあった「マスターベータソン」の公式記録において、2008年の絶頂回数男性部門では「7時間で28回」という大記録を映像作家であるエリザベス宮地氏が達成しています。 (ギネス世界記録では非公認) 彼は「1年間で1,500回&最終日には1日50回」のオナニーをしたと自身のブログで語っており、まさに過度なオナニーの体現者でもあるわけですね。 ちなみに彼は2020年の今でも精力的に活動中のご様子。 …ちょっと話はそれましたが、オナニー死…テクノブレイクについては専門医である新宿ライフクリニックの須田院長に直接取材した情報もあります。 テクノブレイクという言葉自体の定義に疑問はあるそうですが、「オナニーで死亡しないということはない」という見解を述べています。 セックス中に突然死するのであれば、オナニーでも「可能性はゼロではないと思われます」。 これが須田院長の見解だ。 しかし、それは心血管系と脳血管系の疾患を発症しやすい人であり、セックス同様の運動や興奮があるという条件が整えばの話だ。 上野さんが検死した腹上死500例以上のうち、オナニー中の急死も8%含まれているとしている。 テクノブレイクの定義に疑問は残るが、「オナニーでは死亡しない」とするのは間違っている。 確かにオナニーよりも負担のかかるセックスが、引き金になるケースは稀とはいえやっぱりゼロではなく、オナニーも過度にすればそれに匹敵するほどの引き金になる可能性がゼロではないかもしれない。 過度なオナニーを続けた記録保持者も確かにいますが、過度なオナニーはやっぱり別物と考えるべきかもしれない。 関連記事: オナニーを0か1かで考えない 今回はオナニーのデメリットに関する情報をまとめてみましたが、お役に立てる有益な情報はあったでしょうか? こうやってあらためて確認してみると、やはり一般的なオナニー程度であればデメリットになるようなことはほとんどなさそうですね。 しかし元々循環器疾患(心疾患、脳血管疾患など)がある場合、リスクが高まる可能性が示唆されているので特に高齢の方は注意しておくべきかもしれません。 また、過度なオナニーについてはまだまだ明らかになっていないことも少なくないと思うのでその点にもご注意。 …こういった話を聞くと「じゃあオナニーをせずにオナ禁だ!」…と、極端な結論を導き出す人も少なくありません。 ただ、すでに明らかなとおり一般的なオナニーではやはり目立ったデメリットはないし、逆にオナニーをすることにもメリットがあるんですよ? まぁオナニーのメリットについては以下の記事にまとめているので、よければそちらの方も読んで頂ければと思います。 関連記事: …オナニーとは人間が本来持つ「性欲」という本能を、比較的に手軽に解消できる身近で素晴らしいスキルではないかと思っております。 そういった意味でも、オナニーにおいて重要なのは自分らしくそれと自然に付き合うことなのかもしれませんね。 自分に合った自分ならではの程よい「オナニーサイクル」をつくり、それなりにオナニーライフを楽しんでみてはいかがでしょうか? 関連記事:.

次の

オナニーする効果は?毎日しすぎはNG?女性のメリット・デメリット【ラブコスメ】

オナニー デメリット

外面的な影響としては、性器の着色と変形がある。 以前より広く知られていることだが、自慰行為の摩擦刺激は皮膚や粘膜組織を黒ずませる。 特に大陰唇、小陰唇の濃色化が顕著である。 組織が黒くなるのはメラニン色素の沈着のためであり、これは摩擦による単純な刺激のほか、自慰行為による性ホルモン分泌の活性化も影響している。 性器の濃色化の程度は、元々の体質によるところもあるが、概ね自慰行為の回数に比例している。 つまり自慰行為の開始年齢が早いほど、自慰行為の頻度か高いほど、より濃い色となる。 特にホルモンバランスが不安定な思春期に自慰行為を行なった場合、急速に性器が濃色化していくことが分かっている。 また、自慰行為で性器への摩擦を繰り返すことにより、性器、特に小陰唇が変形する。 小陰唇の形が歪になると共に、小陰唇が伸張し、ついには大陰唇からはみ出すようになる。 これは排尿に深刻な影響を与え、尿が斜めに放出され、飛沫が飛び散るといった不都合を生じる。

次の

女性がオナニーするメリット・デメリット • ミッキーの媚薬ブログ

オナニー デメリット

精通がきてからというもの、あまりの気持ち良さに毎日のようにオナニーをしている男性も多いはず。 自分の好きなように性的快感を得られるので、結婚してもオナニーだけはやめられないという男性もいるほどなんだとか(というか、大半の男性はそうみたいですね)。 そんなオナニーですが、やり方を間違えたり、やり過ぎてしまうと困った事になるかもしれないので注意が必要です。 今回は、 オナニーをしすぎてしまった場合のリスクやデメリットを9つ紹介します。 オナニーしすぎのデメリット1:膣内射精障害になる可能性も 膣内射精障害とは、セックスをしたときに女性の膣内で射精をすることができなくなってしまう症状のことです。 オナニーをしすぎていたり間違ったやり方でオナニーをしていたりすると、膣内射精障害になってしまうので注意が必要です。 膣内射精障害の最大の問題点。 それは、恋人や奥さんなどパートナーとの関係性が悪化してしまうということ。 言うまでもなく、セックスは肉体を使った親密なコミュニケーション手段のひとつです。 なので、膣内射精障害によって満足のいくセックスができないことは、パートナーの女性にとっても大きな悩みとなってしまいます。 夫や彼氏の膣内射精障害が続くと、「私に魅力がないからイケないんじゃ…」と考えてしまい、寂しさや虚しさを募らせてしまう女性は多くいるようですね。 その結果、夫や彼氏との関係を見直し、別れを切り出してしまうなんてことも珍しくはありません。 「たかがまんこの中でイケないだけだろ…」 もし、あなたが膣内射精障害をこのように軽い気持ちで捉えていたら要注意です。 奥さんや恋人との不和につながる重要な問題です。 オナニーのしすぎで膣内射精障害になってしまうと、奥さんや恋人と破局してしまうこともあり得るということですね。 十分に気をつけなくてはいけません。 なぜ膣内射精障害が起きるのか? 男性が膣内射精障害になってしまう原因は、大きく分けて2種類あります。 1つ目は、心理的な要因によるものです。 「ちゃんと射精しなくちゃ」 「女性をしっかり満足させなきゃ」 こういった気持ちが心理的なプレッシャーとして男性の心に重くのしかかり、結果として逆に射精できなくなってしまうというものですね。 奥さんや両親からの子作りの期待が強い場合など、自分の気持ちとは裏腹に膣内射精障害になってしまう男性はたくさんいるようです。 2つ目は、オナニー習慣によるものです。 ・セックスとはかけ離れたオナニー ・性的な刺激が強すぎるオナニー こういった 特殊なオナニーを習慣づけてしまうことで、膣内射精障害になってしまいます。 膣内の刺激で性的に興奮できなくなってしまうためですね。 一度こういった癖がついてしまうと、矯正するのは大変です。 膣内射精障害が悪化する前に、以下にあげるような間違ったオナニー習慣を止めるにしましょう。 射精する瞬間に、足をまっすぐに伸ばして緊張させるオナニーですね。 足ピンオナニーは、ベッドで仰向けになってオナニーをする男性に多いようです。 下半身全体に力を入れることになるため、足ピンオナニーはよりちんこへの刺激が強くなると言われています。 そのため、日常的に足ピンオナニーをしている人は多くいるようですね。 スマホでエロ動画を見ながら寝っ転がってオナニーをしてると、知らず知らずのうちに足ピン状態になってしまうので注意が必要です。 足ピンオナニーに慣れると、足ピン状態でないと射精ができなくなってしまいます。 通常のセックスにおいて、男性が足ピン状態になることってあまりないですよね。 騎乗位のときぐらいでしょうか。 そのため、フィニッシュにまで至らず中折となってしまうことが多くなってしまいます。 床オナとは、 うつ伏せになって、ちんこを布団や床に強く擦りつけることで性的刺激を得るオナニー方法です。 床オナでのちんこへの刺激はかなりのものです。 身体の重さで圧迫することになるので、膣内で感じる何倍もの刺激をちんこで受けることになります。 そのため、床オナを日常的に行っている男性は、かなりの確率で膣内射精障害になってしまうとのこと。 将来的な男性不妊にも直結することなので、多くの産婦人科医が床オナをすぐに止めるように呼びかけています。 仮性包茎の男性が好んで行うオナニーの仕方のようですね。 包皮の上からの刺激となるので、強い刺激にも耐えられるのが特徴です。 そのため、皮オナをやるとき、男性は自分の利き手を使ってかなりの刺激をちんこに与えてしまいます。 その刺激の強さは、女性の膣内の刺激を軽く凌駕するほどのもの。 皮オナに慣れきってしまうと、女性の膣を使ってのセックスが物足りなくなってしまうでしょう。 この結果として、「セックスより皮オナのほうが気持ちいい」と脳内にインプットされ、膣内射精障害となってしまうのです。 オナニーしすぎのデメリット2:はげる? これはネットでもよく噂されていることですが、オナニーをしすぎると禿げると言われています。 これを気にして一ヶ月くらいオナ禁をする人もいるくらいです。 この「オナニーをし過ぎると禿げてしまう」というのは本当なのでしょうか? ハゲる原因のひとつに男性ホルモンの分泌があります。 男性をハゲにしてしまうのは「ジヒドロテストステロン」というホルモン。 このホルモンは男性ホルモンである「テストステロン」が変化したものですが、その変化のきっかけになるのが亜鉛不足と射精と言われています。 漢方では髪の毛の事を「血余」と言います。 血というのは血液ではなく栄養のことを指します。 体内に十分に栄養がいきわたり、その余った栄養が髪の毛を作るということですね。 男性は射精すると体中の栄養素を大量に消費します。 そのため射精をしすぎて栄養が足りなくなると、真っ先に切り捨てられるのが髪の毛というわけです。 また、射精時に消費する栄養の中には亜鉛も含まれています。 亜鉛には精子を活性化させると同時にテストステロンをジヒドロテストステロンに変化させるのを抑える働きもあります。 射精後に興奮が急激に収まってしまう「賢者タイム」を引き起こすのも、ジヒドロテストステロンの作用と言われています。 つまり、射精をすることで栄養素を失い、さらに賢者タイムが訪れる度にハゲに近づいているというわけです。 どうにかしてニキビができるのを防ぎたいと考えている人も多いのではないでしょうか? 実はこのニキビにもオナニーのしすぎが関係しています。 射精すると大量の栄養素が消費されるというのはすでに説明しましたが、このとき肌に必要な栄養も足りなくなってしまいます。 その結果として、肌質が悪くなってニキビができてしまうということですね。 さらにハゲをもたらすホルモン「ジヒドロテストステロン」には皮脂を多く分泌する作用もあるため、オナニーをした後は顔に脂が多くなってニキビが出やすくなるんだそうです。 しかし、オナニーをしなさすぎるとこれもまた男性ホルモンを増やしてしまうことになるんだとか。 研究の結果によると、オナ禁からおよそ1周間くらいで一時的に男性ホルモンの分泌量が増えるようです。 オナ禁をしているのにニキビが増えるという現象はこのせいではないかと考えられます。 この単語が初めて登場したのは、エロ系のサイトによる「オナニーのしすぎで死亡」という嘘ニュースの中です。 これが話題となり、「オナニーをやり過ぎると死ぬ」というデマが流れたわけですね。 しかし、「テクノブレイク」という医学用語はデマではあったものの、 オナニーをしている最中に死亡しているケースは年に数十件も発生しているのだそうです。 ・心臓や脳に持病をもっている方のオナニー ・高血圧の男性や女性による心臓に負担をかけてしまうオナニー ・窒息プレイをしながらのオナニー こういった危険なオナニーのプレイの結果、死亡してしまうことがあるんだとか。 オナニーにハマるとどんどん強い刺激を求めがちですが、自分の体調をよく理解した上で、危険のないオナニーをするように心がけましょう。 精子が作られるのは1日に1億程度。 つまり、オナニーによって失われた精子を補充して満タンにするためには、2~3日必要になるということになります。 オナニーが気持ちいいからと言って 1日に何度も射精してしまうと精子の補充が間に合わなくなってしまいます。 その結果、精液に含まれる精子の数が減少してしまい、将来的に大変困ったことになってしまうというわけですね。 オナニーしすぎのデメリット6:病気になる可能性がある オナニーをする時にしっかりと手を洗っていますか?もしかしてトイレに行った後、手を洗いもせずにオナニーを初めてしまってはいないでしょうか?不潔な手でオナニーをしていれば、当たり前ですが 病気を引き起こす可能性が高まります。 また、オナニーの時に使ったオナホールを洗い忘れてそのまま使用するなんて言うのもNGです。 尿道炎などの病気に罹って激痛に苦しみたくなければ、手やオナホールなどはしっかりと洗って清潔に保つようにしましょう。 オナニーしすぎのデメリット7:女性にモテなくなるかも?! 男性ホルモンのひとつとして知られる「テストステロン」は運動や食事、睡眠などをしっかりと取ることで分泌されます。 テストステロンが分泌されることで、男性らしい体が作られたり、やる気が湧いて行動的になれたり、モテる男になることができます。 しかし、オナニーをしすぎることで、このテストステロンはジヒドロテストステロンへと変わってしまうことに。 前述したように、ジヒドロテストステロンは 皮脂を増やしてハゲを進行させてしまうなど、男を非モテへと変化させてしまう恐ろしいホルモンです。 そんなジヒドロテストステロンの働きを抑えてくれるのが、精子の中に含まれている亜鉛という栄養素。 しかし、ここでオナニーをしすぎてしまうと、精子に含まれる亜鉛が減ってしまいます。 その結果、ジヒドロテストステロンが多く作られてしまい、禿げたり脂ぎった体質になるなど女性にモテなくなる可能性が増えてしまうのです。 オナニーしすぎのデメリット8:集中力や学習能力が低下する オナニーをした後に、急に体がダルくなって強い眠気に襲われるというのは、男性であれば一度は経験したことがあるのではないでしょうか。 これは射精後に脳下垂体前葉から「プラクチン」というタンパク質ホルモンが分泌されるためです。 プラクチンは性欲で一杯になっている男性の精神状態を平常な状態に戻すために分泌されます。 これによりドーパミンが抑制されて冷静になるわけですね。 俗にいう「賢者モード」になるのはプラクチンの作用なのです。 プラクチンが分泌されると倦怠感や眠気などに襲われます。 これによって無用な射精を防ぐと言われているのですが、この時に 集中力まで奪われてしまい学習能力などが低下してしまうのです。 オナニーしすぎのデメリット9:短命になる可能性がある オナニーをすることによって多くのエネルギーを消費し体は激しく疲労します。 この激しすぎるエネルギーの消耗が原因で、 急激な老化が引き起こされる可能性があると言われています。 ネズミを使って強制的に射精させる実験を行ったところ、オナニーをさせたネズミはオナニーをさせなかったネズミに比べて約15%も短命になったのだとか。 さらにオナニーをしすぎると、男性器を過度に刺激するために、細胞の癌化を促進してしまい癌の発生率が高まってしまうなんてことも報告されています。 ここまでまとめてきたように、オナニーはしすぎは身体にとって害となるものです。 とは言え、しなさすぎても生殖機能が衰えてセックスの時に勃起しなくなったりすることもあります。 なので、トレーニングのつもりでほどほどにすると良いでしょう。 また、女性の場合は男性と違ってオナニーをすることで女性ホルモンが分泌されて綺麗になることもあるみたいですね。 以上、オナニーしすぎのデメリットやリスクのご紹介でした。 催眠オナニーなら少ない回数で数倍気持ちよくなれる オナニーしすぎのデメリット10:無意識に股間を触ってしまう 「猿がオナニーを覚えると、死ぬまでやり続ける」なんてことが言われているように、オナニーから得る快楽はかなりのものになります。 日常生活におけるあらゆる「楽しさ」を凌駕するほどの、肉体的な気持ちよさをオナニーで味わうことができます。 なので、オナニーをしすぎてしまうと、人によってはオナニーに対して中毒状態になってしまうことも。 何をしていても、「オナニーしたい…」と考えてしまうわけですね。 そんな オナニー中毒状態になった男性に多いのが、「無意識に股間を触ってしまう」という癖です。 TPO関係なく股間を触ることが癖となっているわけです。 当然ながら、このような癖があると、 社会生活に大きな支障をきたすことになります。 ・仕事相手からの評価が下がる ・女の子から「キモい」と思われる ・街中の人からは避けられる こういった最悪な状態になってしまうことも十分に考えられます。 このような無意識の股間いじりを癖づけないためにも、オナニーのしすぎには注意をするようにしましょう。 そもそも最適なオナニーの頻度とは?毎日オナニーはやり過ぎ注意 ここまで過剰なオナニーの恐ろしさについてまとめてきました。 オナニーのしすぎを反省し、自分のオナニースタイルを見直そうとしている方も多いのではないでしょうか。 そこで気になるのが、「最適なオナニー頻度はどれぐらい?」ということだと思います。 獨協大学の泌尿器科の先生は、理想のオナニーの回数について次のように述べています。 何回やっても構いません。 ただし、パートナーの妊娠を希望する男性には、週1以上の射精をオススメしています 引用: 意外にも やり過ぎのラインはないようです。 「性欲が溜まってムラムラしてきた」という感情があったら、その気持ちに嘘をつくことなくオナニーしてしまっていいみたいですね。 アメリカの調査では次のようなことも指摘されています。 1カ月当たりの射精回数が21回以上の男性では、4~7回の男性に比べて前立腺がんを発症する危険性が2割前後低かった 引用: 前立腺がんは、ここ10年ほどで日本国内において急増している病気です。 年間50,000人近い新規の前立腺がん患者が報告されています。 そんな前立腺がんを予防するためには、 月に21回以上、つまり1週間5~6回ほどは射精をしたほうがいいみたいです。 なかなかの頻度ですよね。 また、あくまでも参考になりますが、タレントの中村静香さんがネットメディアに寄稿した記事では、適切な射精頻度の算出方法として次のようなものが提案されていました。 ・20代:10日間に8回 ・30代:20日間に7回 ・40代:30日間に6回 ・50代:40日間に5回 引用: 何らかのオナニー頻度の指針が欲しいという方は、この中村静香さんの射精回数の目安を参考にしてみるといいかもしれません。 オナニーし過ぎないためには?シコる回数を減らす方法 オナニーは中毒性があるものです。 実際、欧米ではポルノ依存症が社会問題として提起されていたりします。 一度、何らかのオナニー方法に病みつきになってしまうと、なかなか脱却するのは難しいのが正直なところです。 ここまで読まれた方の中には、「何とかしてオナニーの回数を減らしたい」と思っている方もいるでしょう。 では、 オナニーを適切な頻度で止めるためには、どういったことをすれば良いのでしょうか。 以下に具体的な方法をまとめていきます。 一切のエロ動画視聴を止める オナニー中毒となっている人は、多くの場合、エロ動画中毒でもあります。 エロ動画には人間の動物的な本能を掻き立てる強い刺激があるため、止めどなく見続けてしまうものです。 オナニーのやり過ぎの元凶はエロ動画にあるかもしれないということですね。 なので、 オナニーを適切な頻度に抑えるためにも、エロ動画の視聴を一切止めてみましょう。 スマホやPCで特定のエロサイトを閲覧することが習慣づいてしまっているなら、それらのサイトへの接続をブラックリスト登録するなどしてブロックしましょう。 習慣化を専門にしているライターによると、特定の習慣をやめるためには以下のような期間が必要となるようです。 なので、3ヶ月が目安になるということですね。 思い切って、 90日間のエロ動画断ちに挑戦してみましょう。 依存症として医療機関を受診する 「オナニーがどうしても止められない」という場合は、性依存症(セックス依存症)とみなされる場合もあるようです。 そういった場合は、 精神科や心療内科を訪れて専門医の治療を受けるのが効果的であるとされています。 日本人は、「何かの依存症の治療で医療機関に行く」ということを恥とみなしがちです。 しかし、この考えは捨て去るべきものです。 実際、欧米では、一般の人がもっとカジュアルに心療内科やカウンセラーのお世話になっています。 なので、オナニー依存症の克服と称して医療機関を訪れることは、決して恥ずかしいことではありません。 プライバシー保護もしっかりしているので、周囲バレの心配もありません。 ぜひ気軽な気持ちで、最寄りのクリニックを訪れてみることをおすすめします。 夢中になれる趣味に打ち込む オナニー以外の楽しみを日常生活に見つけることも重要です。 「オナニーをしたいという気持ちのはけ口を見つける」ということですね。 オナニー以上に夢中になれる趣味があれば、オナニーの回数は自然と減っていくことでしょう。 時間を忘れて没頭できるものなら、基本的にどのようなことでも、オナニー欲を紛らわせるのに効果があるとされています。 自分の興味の赴くままに、色々なことに手を出してみるのも良いかもしれません。 大事なことは、人生を充実させて心身を良い状態に保つということです。 できれば、 他者との交流のある趣味のほうが良いとされています。 部屋で一人になる時間があると、どうしてもオナニーの欲求と戦わなければいけません。 そのような孤独な時間を減らし、気の合う仲間とコミュニケーションがとれる趣味に打ち込んでみましょう。 催眠オナニーなら少ない回数で数倍気持ちよくなれる オナニーのしすぎだけど中々止められないあなたにおすすめな方法が「催眠オナニー」。 催眠オナニーでは手でペニスを扱くことはしません。 使うのは脳。 催眠オナニーとは 「サイニー」とも言い、催眠音声などを利用し自己暗示をかけて脳を快楽に浸し、射精を伴わない絶頂「ドライオーガズム」を起こすことです。 催眠音声による催眠状態でエッチな暗示をかけられると、男性であっても女性のような絶頂(ドライオーガズム)を迎えることができ、射精よりも遥かに強い快感を得ることができるのだとか。 ペニスに刺激を与えることも射精をすることも必要なく、 普段のオナニーより遥かに強い快感を得られるサイニーにはメリットがたくさんあります。 しかし、いきなり催眠オナニーが良いと言われても 「本当に自分も没入できるのか」 「そもそも催眠って大丈夫か」 などなど不安になりますよね。 そこで初心者であっても経験者であっても、 「簡単に催眠状態に入り絶頂体験が出来た!」と絶賛されている催眠音声を紹介します。 初めての催眠音声はこれ! 品質と価格の面からおすすめなのが FANZA(元DMM)から発売されているという作品です。 催眠オナニーの教科書のような音声なので、初心者の入門にはもってこいの作品です。 年上のお姉さんに言葉責めされたい人向け。 催眠オナニーは、妹系よりもお姉さん系の方がダントツ人気。 設定はお姉さんですが、声だけ聞くと妹系好きの人にもたまらないエロ可愛い声!自信を持ってオススメできる作品です。

次の