ゴア 描写。 ゴア描写/グロ描写 小説家になろう 作者検索

【グリーンルーム】あらすじと感想。気軽に観たら後悔するゴア描写

ゴア 描写

Q 最近、PS2のソフト『アマガミ』というギャルゲーがやりたくなりまして…… PS3でもできるのかなぁと思いまして質問しました。 PSPバージョンは持っているのですがどうしてもPS2ソフトバージョンがやりたいのです。 それで、友達に聞いたところによるとPS3の初代ではPS2ソフトもできたらしいのですが、今のPS3だとできないらしくて… でも、どうしてもPS3やりたいんです。 僕は今、PS2もPS3も持っていないので……できれば新しい型でプレイしたいのです どうしたらよいでしょうか?? PS3を買ってプレイステイションストアからダウンロードするとPS2のソフトでもPS3でできますかね?? 下手くそな質問内容ですいません。 回答をお願いします。 A ベストアンサー 今販売されているPS3でPS2のソフトを使うことは出来ませんよ 初期型のPS3はPS2のチップを搭載していたので使用できましたが、今のPS3はコストカットの為そのチップを搭載するのを辞めたのです なので、絶対に使うことが出来ません ですが、最近になってようやくPS2ソフトのダウンロード版が発売されてきました 欲しいソフトがあればPS3本体にダウンロードすることでプレイできます なので、欲しいソフトのダウンロード版があればPS3を買えばいいし、なければPS2本体を中古で買うなりすればいいのです 質問を読む限り、PS2で特別遊びたいソフトがアマガミ以外ないように思えます それならPS3を買えばいいです 一度PS3で遊んでしまうと画面がキレイすぎてPS2のゲームはプレイしたくなくなりますよ 自分も3買ってから一度もPS2のゲームは起動すらしたことないですので A ベストアンサー イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオロギ-には賛成・反対といった概念がないのです。 例えば、環境破壊は一般的に「やってはいけない事」という一定の考えに 組織されています。 つまりみんなが根本的な共通の考え(やってはいけない事)として組織されているもの、これがイデオロギ-なんです。 しかし、社会的立場によってはその「やってはいけない事」を美化して 公共事業と称して環境破壊をする人達もいますけど。 ここでイデオロギ-という概念に対して色んな論説が出てくるわけです。 一応これは一つの例ですけど。 というかこれくらいしか説明の仕様がないですよ~~・・。 こういう抽象的な事はあまり難しく考えるとそれこそ分からなくなりますよ。 この説明で理解してくれると思いますけどね。 イデオロギ-というのは確かに色んな解釈をされていますけど、 狭義ではそれぞれの社会階級に独特な政治思想・社会思想を指します。 つまり分かりやすく言えば、人間の行動を決定する根本的な物の考え方の 体系です。 一定の考え方で矛盾のないように組織された全体的な理論や思想の事を イデオロギ-と言うんです。 例えば、人間はみんな千差万別であり色んな考えを持っています。 だから賛成や反対といった意見が出てきますね。 しかし、イデオロギ-というのはみんなが認める事象の事です。 イデオ... A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...

次の

スプラッター映画

ゴア 描写

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年2月) スプラッター映画(スプラッターえいが、 splatter movie)とは、シーンにおける生々しい描写に特徴のある、の様式のひとつである。 大部分は広義のに含まれるが(スプラッター的要素のまったく無いホラー映画は少なくない。 また、ホラー映画をオカルトや超自然現象を描いたものとして狭義に限定すると、生身の殺人鬼や犯罪者を描いた、あるいはSFとしての設定を持つスプラッターものこれには含まれなくなる)、身体の一部が切断されてはね飛んだり、血しぶき(splash)が吹き上がったりするといった、誇張を含むあからさまな表現は、スプラッター映画独自のものといってよい。 「スプラッター・ムービー」という呼称はに定着したものであり、1970年代以前は「ゴア・ムービー( Gore Movie)」という呼び方が多く用いられていた。 起源 [ ] にの監督が始祖となって作り上げたジャンルとされる。 その後にイタリアのをはじめ、、、、、、、、などによって基盤が創られると、に大ブームとなった。 大量のスプラッター映画が製作され、多くの秀作や、いわゆる「B級作品」が誕生した。 に突入すると衰退の時期を迎えたが、今日でもコンスタントにスプラッター映画は製作されている。 概要 [ ] スプラッターの元祖は末から初頭にで流行したという恐怖劇専門の劇場で上演された、血糊などを大量に用いた特殊効果による残酷な殺人描写を多く含んだ演劇にあるとされる。 グラン・ギニョールの恐怖劇は後にアメリカのと呼ばれるコミック誌の恐怖漫画に影響を与え、その荒唐無稽でグロテスクな残酷描写がスプラッター映画の原点であるとされる。 映画における「スプラッター」の歴史は1963年に監督が『血の祝祭日』 Blood Feast,1963年)を発表したことから始まる。 カルト宗教にとり憑かれた狂信的な肉屋が若い美女を次々に惨殺し解体する異常犯罪を描いた猟奇映画であり、くり抜かれる眼球、切り裂かれる舌、手足の切断、脳や内臓の抉り出しといった過激な残酷シーンをにおいて初めて直接的に描写した作品であった。 スプラッター映画の始祖とされるのはルイスだが、それ以前から恐怖映画において残酷表現が過激化する萌芽は存在していた。 スプラッター映画が発明される以前には、恐怖映画において「ショッカー」「ショック映画」と呼ばれるジャンルが存在した。 主な作品としては監督の『』(1955年)、監督の『』(1959年)、主演の『』(1953年)、主演の『黒死館の恐怖』 Horrors of the Black Museum,1959年)といった作品が「ショッカー」の代表作とされる。 これらの作品はスプラッター映画と呼べるほどの過激な流血描写が直接的に表現されているわけではないが、観客にショックを与える表現を重視したという点で、後のスプラッター映画の地ならしに近い役割を果たす。 1960年代 [ ] 1960年になると「ショッカー」「ショック映画」の系譜に連なる名作として、監督の『』(1960年)が登場。 主演女優のがシャワールームで惨殺される有名な「シャワーシーン」が世界に衝撃を与えた。 ジャネット・リーの肌をナイフが直接切り裂く描写は見られないが、当時としては画期的と言えるほど過激な暴力描写が物議を醸した。 この映画の殺人シーンが後のスプラッター映画につながっていったと見る意見は多い。 この作品はヒッチコックが、クルーゾー監督による『悪魔のような女』のショッキングな演出を超える恐怖を作り出したいとの意欲から製作されており、当時としては類のない新次元のショック映画を創出したとして評価されている。 また、『サイコ』と同じ1960年に公開された監督の『』1960年)をスプラッターの元祖と見る意見もある。 作家のは後年『血を吸うカメラ』を評して「おしゃれなスプラッター映画」と評価している。 『サイコ』と『血を吸うカメラ』がきっかけとなって、世界的に精神異常者による猟奇犯罪を描いた「サイコスリラー」が流行。 恐怖映画の分野で人気を博していた監督が『第三の犯罪』 Homicidal,1961年)や『サイコ』の原作者を脚本に招いた『血だらけの惨劇』 Strait-Jacket,1963年)を発表。 巨匠として名高い監督も恐怖映画に挑戦し、『』(1962年)と『』(1964年)をヒットさせた。 また、インディーズ映画からもジェームズ・ランディス監督による『サディスト』 The Sadist,1962年)などの異常心理を描いたスリラーが量産される。 これらの作品は『サイコ』のシャワーシーンを超える衝撃を観客に与える効果を模索し、従来の恐怖映画よりも猟奇色を強めた作風を突き進めて行った。 また、英国の怪奇映画制作会社もサイコ・スリラーに意欲的に参入。 セス・ホルト監督の『恐怖』 Taste of Fear,1960年)や監督の『恐怖の牝獣』 Nightmare,1964年)といった作品では猟奇色は控えめなミステリー・タッチによる知的なサスペンス劇として老舗怪奇映画会社の威厳を保ったが、一方で猟奇色を前面に出したジミー・サングスター監督の『惨殺! 』 Maniac,1962年)のような作品も制作した。 ハマーのライバル格といえる英国のも、ロバート・ブロックを脚本に招いたフレディ・フランシス監督の『』 The Psychopath(1966年)を制作。 スプラッターとは呼べないながら犠牲者をガスバーナーで焼き殺す残酷描写や、死体のそばに犠牲者そっくりに似せた人形を残すなどの猟奇色を強く打ち出した作風で話題となった。 こうした流れの中で前述の通りにハーシェル・ゴードン・ルイスが、1963年の『血の祝祭日』を皮切りに、露骨な人体解体描写を取り入れた恐怖残酷映画を立て続けに制作。 『血の祝祭日』がにおいて若者たちから熱狂的な人気を得たことからルイスは同種の血まみれ映画を量産することとなる。 『悪魔のかつら屋』 The Gruesome Twosome,1967年)、『血の魔術師』 The Wizard of Gore,1969年)、『ゴア・ゴア・ガールズ』 The Gore Gore Girls,1971年)と、作品を重ねるごとにルイスの残酷描写は過激さを増してゆく。 ルイスの時代には「スプラッター映画」という言葉はまだ作り出されておらず、「ゴア・ムービー(血みどろ映画)」 Gore Movies と呼ばれていた。 これらの「ゴア・ムービー」は若者の間で熱狂的な人気を博しながら世間一般からは低俗な三流映画として侮蔑の対象となっていた。 こうしたサイコ・スプラッターの流れとは独立して、1968年には監督が『』(1968年)を発表。 当時は知る人ぞ知るとしての評価にとどまったが、この映画における人肉をむさぼり食うは、後年のスプラッター・ブームにおいて重要なジャンルとして成長することになる。 1970年代 [ ] ハーシェル・ゴードン・ルイスに始まった「血みどろ映画」は1970年代においても、監督による『血に飢えた断髪魔/美女がゾクゾク人肉パイに』 Bloodthirsty Butchers,1970年)、デヴィッド・ダーストン監督による『』(1970年)、エド・アドラム監督による『血まみれ農夫の侵略』 Invasion of the Blood Farmers,1971年)、J・G・パターソン監督による『ドクター・ゴア/死霊の生体実験』 ' Doctor Gore,1974年)、ジョエル・M・リード監督による『悪魔のしたたり』 Bloodsucking Freaks. 1974年)などがインディーズ系の映画会社によって制作され続け、世間からは無視に近いとしての地位に甘んじながらもドライブイン・シアターやミッドナイトシアターで熱狂的な人気を博した。 あくまでアングラとしてしか存在しなかった「血みどろ映画」をメジャーの地位に押し上げたのは、イタリアの監督であった。 それまで『血ぬられた墓標』 La maschera del demonio,1960年)などの古典的なゴシック怪奇映画で知られていたイタリアのマリオ・バーヴァ監督が、1971年にによる過激な残酷描写を取り入れた『血みどろの入江』 Reazione a catena Ecologia del delitto ,1971年)を発表。 素人役者をキャスティングした低予算で粗雑な作りのH・G・ルイス作品とは異なり、やといった国際的な知名度を持つ名優の出演、練られた脚本、特殊効果のをはじめ衣装のエンリコ・サッバティーニや音楽のといった一流のスタッフによって制作された初のスプラッター映画として世界に衝撃を与えた。 また、『血みどろの入江』は残酷描写の演出におけるビジュアル面とストーリーラインにおいて、1980年代のスプラッター・ブームにおける火つけ役となる『』(1980年)に多大な影響を及ぼすこととなる。 バーヴァの『血みどろの入江』を皮切りに、当時イタリアで流行していたとよばれる推理サスペンス映画が、生々しい残酷描写を積極的に取り入れ始める。 セルジオ・マルティーノ監督による "La coda dello scorpione"(1971年)や『影なき淫獣』 I corpi presentano tracce di violenza carnale,1973年)、マッシモ・ダッラマーノ監督による『ソランジェ/残酷なメルヘン』 Cosa avete fatto a Solange? (1972年)や "La polizia chiede aiuto"(1974年)、監督による『マッキラー』 Non si sevizia un paperino,1972年)、アルマンド・クリスピーノ監督による『炎のいけにえ』 Macchie solari,1974年)、監督による『』(1975年)といった70年代のイタリア製スリラーは、犯人捜しの推理ミステリーの体裁を取りながら、血みどろのスプラッター描写を露骨に表現したことで刺激に飢えた若い観客からの支持を得た。 また、この時期にイタリア映画界は『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』から強い影響を受けたゾンビ映画の名作とされる『悪魔の墓場』 Non si deve profanare il sonno dei morti(1974年)を送り出す。 『悪魔の墓場』では後に『』(1980年)で名声を確立する特殊メイク技師・の腕によるゾンビのメーキャップと残酷描写が『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』をしのぐ過激さを見せる。 このように1970年代のイタリア映画は、残酷描写の追求にかけてアメリカ映画と張り合う急進性を発揮していた。 さらにアメリカの監督による『』(1972年)、監督による『』(1974年)、カナダの監督による『』(1977年)や監督による『』(1974年)といった、高い技術と緻密な脚本・演出に支えられた現代的な残酷ホラーが多く製作される。 これらの作品はH・G・ルイスが狙ったような単なる表面的な血みどろ描写による刺激だけではなく、残酷シーンの痛々しさを通して人間心理にひそむ狂気や異常性の恐ろしさを描き上げたという点で、当時としてはリアルで現代的な感覚を持った恐怖映画だったと言える。 英国におけるサイコ・スリラーからスプラッター映画への発展は、アメリカともイタリアとも異なる独自の道をたどった。 英国においてのサイコ・スリラーは、本質的には『サイコ』よりも『血を吸うカメラ』の路線を突き進んだ発展を遂げたと見られる。 『サイコ』公開後に異常心理を扱ったスリラーの傑作を送り出した英国のハマー・プロは、1970年代になってからも、ピーター・コリンソン監督による ""(1972年)のような優れたサイコ・スリラーを制作した。 ハマー制作のサイコ・スリラーは流血描写よりも『血を吸うカメラ』の系譜に属する、粘着質な心理的恐怖に重きを置いた作風であった。 これはハマーのみならずハマー以外の制作会社による英国製サイコ・スリラーにも見られる特色で、英国製サイコ・スリラーの代表作とされるロイ・ボールティング監督による『』(1968年)なども陰湿で粘着質な心理的恐怖描写が、しばしば『血を吸うカメラ』と比較される。 英国ではこうした流れの中で、独立プロ系の監督が独自の様式によるスプラッター映画を確立させる。 1974年の『拷問の魔人館』 House of Whipcord,1974年)は、アメリカ映画『悪魔のいけにえ』からの強い影響を受けながらも、『血を吸うカメラ』や『密室の恐怖実験』に通じる粘着質な心理恐怖描写による陰湿な作風がアメリカ映画とは異なる英国的な残酷ホラーと評価されている。 イギリスの有力な映画批評誌 ""誌は、『拷問の魔人館』を『血を吸うカメラ』と比較して批評する論文を掲載した。 ピート・ウォーカー監督はその後も『フライトメア』 Frightmare (1974年)や『魔界神父』(1975年)で独自の粘着質な作風を持つサイコ・スリラーを発表しながら、1970年代という時代の中で残酷描写を先鋭化させる。 特に『スキゾ』 Schizo,1976年)および『カムバック』 The Comeback,1978年)においては、イタリアのダリオ・アルジェント監督による『サスペリア PART2』から強く影響を受けた、過激なスプラッター描写を含むサイコ・スリラーを作り上げてカルト的な人気を得た。 一方で古典的な怪奇映画の体裁を取りながら、残酷描写を過激化させた作品も作られるようになる。 イギリスのやジム・オコノリー監督による『愛欲の魔神島・謎の全裸美女惨死体』 Tower of Evil,1972年)や、イタリアの監督による『ヨーロッパのある都市の警察のシークレット・ファイルより』 Estratto dagli archivi segreti della polizia di una capitale europea,1972年)といった作品は、ストーリーラインは監督の古典的怪奇映画『』(1932年)に代表される「オールド・ダーク・ハウス」のパターンを下敷きにしながら、積極的に血みどろの残酷描写を取り入れ、1980年代以降のスプラッター映画のパターンを先取りしているとされる。 これらの流れと平行して、1973年の『』(1973年)のヒットによって始まった映画ブームの中で、インディーズ映画のみならずメジャー・スタジオの大作映画においても残酷描写が過激化。 監督の『』(1976年)や監督の『センチネル』(1977年)といった有名監督の大作映画においてさえ、残酷な描写を露骨に表現する傾向が加速していった。 こうした流れの中で1978年には監督の『(1978年)と監督の『』(1978年)という2本の恐怖映画が公開され、世界に衝撃を与える。 以降のスプラッター映画の流行において、『ハロウィン』が打ち出した超人的な殺人鬼を扱った映画と、『ゾンビ』が打ち出した人肉をむさぼり食うゾンビを描く映画という、ふたつの流れが主流となっていく。 1980年代 [ ] 1980年には『ハロウィン』の系列に属する『』(1980年)と、『ゾンビ』の流れに属する『』(1980年)の2本が公開され、いずれも世界的なヒットを記録する。 『13日の金曜日』はマリオ・バーヴァ監督の『血みどろの入江』からストーリーラインや小道具、残酷描写の演出に至るまで細かく模倣しながら、登場人物を映画の観客層として想定する10代後半の若者に設定したことで、若者たちに熱狂的な支持を受けて大ヒットを果たす。 『サンゲリア』では古典的な吸血鬼映画のストーリーを土台として用いながら、極端まで過激化した残酷描写によって話題を呼んだ。 『13日の金曜日』の特殊メイクを担当したおよび、『サンゲリア』の特殊メイクを担当したはホラー・ファンから注目を集めた。 出典・脚注 [ ]• 「スクリーンの夢魔」澁澤龍彦著(河出書房新社) [ ]• 「ホラー映画の怪物たち」 児玉数夫著(新潮文庫) [ ]• 「カリガリ博士の子どもたち-恐怖映画の世界」 S. プロウアー著(晶文社) [ ]• 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の

【グリーンルーム】あらすじと感想。気軽に観たら後悔するゴア描写

ゴア 描写

ホラーは永遠!イーライ・ロスがゴア描写に終了宣言した「ノック・ノック」を語る 2016年6月10日 17:30 初タッグ組んだキアヌ・リーブスとイーライ・ロス監督 C 2014 Camp Grey Productions LLC [映画. com ニュース] 監督がサイコスリラー「」について語り、との初タッグやホラー映画に対する思いを明かした。 ロス監督のオファーに応え、リーブスは「たまたまスケジュールが空いていたらしく、『いいよ、僕この企画やる』と言ってくれて決まったんだよ」とプロデュースとしても参加。 ロス監督は、「追い込まれた男を見事に演じてくれた」と初の父親役に挑んだリーブスに「彼は本当にひょうきんで、ファニーな奴だった。 仕事ぶりも素晴らしく、プロ根性があって演技も素晴らしい。 過小評価されていると思う」とほれ込んだようだ。 家族と幸せな日々を送っていた建築家エヴァンは、ひとり留守番をしていた豪雨の夜にふたりの美女を家に招きいれてしまったことから、地獄へと転がり堕ちていく。 エヴァンはこれまでのリーブスのイメージとは程遠く、美女に翻ろうされた挙句、情けない姿をスクリーンでさらす。 エヴァンの心を削る狂気の美女コンビを演じた女優陣は、、の若手注目株。 「エヴァンの周りを旋回するサメのような存在」として映し出すため、「彼女たちにとってのリアルなゲームなんだと。 チェスゲームをやるように、一手一手進めて詰め寄るようにと、それを意識するようにやってくれと伝えた」と細かな演技を行ったという。 なすすべなし! C 2014 Camp Grey Productions LLC 食人族を描いた前作「」は残酷な描写が多かったが、本作ではグロテスクさは影を潜め精神的苦痛が見る者を襲う。 「いわゆるゴア(血みどろ)シーンに対するマイクドロップ(終了の宣言)なんだ」と明かし、「これまでは、森へ行きました/に入ってみました/学生運動やってみました……という、慣れている環境から抜け出して異文化に接することで何かが起きる、という構成だった。 今回は、家へ異文化がやってきましたと、逆転させてみたんだ。 安全パイだと思ってガードが緩くなっているところに、異文化が乗り込んでくるんだよ」と新たな恐怖をテーマにした。 本作は「幸せとは、結婚して子どもを産んで……こういうことだ! みたいな公式があるけど、あくまで表面的なこと」ということに対し、「美女たちが『bullshitだ!』とエヴァンの気持ちを代弁してくれているんだ」。 そして、サンダンス映画祭で話題を集めたホラー「ザ・ウィッチ」を引き合いに出し、「アートとは何か? ということも意識して作っている」と説明。 「『ザ・ウィッチ』もアートだと思う。 にノミネートされている作品を見て、これの何がアートなんだ? と思ったりする。 でも世間の人たちは『これがアートだ!』と言っていて、何なんだ! と思うわけ」と持論を展開した。 「」などさまざまなホラー作品を生み出してきたロス監督にとって、「恐怖は誰しも人生で対峙しなければならないもの。 恐怖映画は、それを浄化するためにある」ものだ。 「これからもホラーはずっと続くと思う。 ホラーは永遠だ! いつでも、形を変えてその時代のホラーが出てくる。 ある時は狂信的な教祖、今は大統領選がホラーだよね。 核ミサイルを飛ばせるような奴が大統領になったらどうするんだ! 実は僕の作品はミリタリーベースで人気なんだよ。 彼らは日常的に人の死体を見るけれど、決して顔色を変えてはいけない。 そういう環境を強いられている彼らが、ホラーを見る時には『怖い、怖い!』と堂々と言う。 つまり『臆病者だな』と言われないで済む免罪符のような存在で、彼らにとっては心の解放になるんだ」 「」は、6月11日から全国で公開。 (映画. com速報)•

次の