かき氷 枕草子。 【『日本書紀』の初めてアルアル1】「夏の氷」の意外な歴史|歴史チャンネル

かき氷の発祥は日本ではなく○○!? 流行りのふわふわかき氷の発祥も調査!

かき氷 枕草子

「かき氷」は、一体いつ頃から日本で食べられるようになったのか。 現在、日本で見つかっている「かき氷」に関する最も古い記述は、平安時代中期に清少納言(生没年不詳)によって書かれた「枕草子」の中に残されている。 「あてなるもの。 (中略)削り氷にあまづら入れて、新しき金椀に入れたる。 」 これは「上品なもの。 削った氷にあまづら(甘味料)かけて、新しい金属製のお椀に入れたもの。 」と訳されており、清少納言は「細かく削ったかき氷に甘い蜜をかけた物」を、大変雅びやかで上品だと書き記したのだ。 当時の氷は、冬の間に雪解け水を使った池で自然の冷気によって凍らせたものを、氷室と呼ばれる穴に運びこみ、わらびの穂や茅を敷き詰めた上に並べて、更に氷全体を覆って保管したといわれている。 非常に貴重で高級だった氷は、夏になると貴族の元へ運ばれ、貴族たちは氷を手のひらに乗せたりして涼を楽しんだようである。 それを細かく削り、初めて口にしたのが清少納言だったのかもしれない。 また、この歌が書かれた平安時代中期頃は甘い調味料は大変少なく、はちみつ・水飴・あまづらは高貴な身分の者でしか口にすることができない貴重な食材であった。 高級な氷に貴重な蜜をかけて食べるかき氷は、当時の貴族たちの中でも限られた人しか口にすることのできない「あてなるもの」であった。 2-あまづらのかき氷の再現 「あまづら」に関しては蔓草の樹液あるいは甘茶蔓の汁と言われているが、清少納言がどの植物を食したのかは正式にわかってはいない。 この「あまづらをかけたかき氷」とはどんなものなのか?現在でも食べることができるのか?という疑問が毎年多く寄せられていたが、何年探してもこれというかき氷を見つけることができなかった。 この度「一般社団法人 日本食文化会議」理事長で、日本の食文化に詳しい松本栄史先生に甘茶蔓を使用して当時食べられていた蜜を作っていただき、「あまづらのかき氷」を再現することとなった。 甘茶蔓を叩き潰して煎じ作られた蜜は、少し土の香りがするがほのかな優しいあまさで、氷と一緒に口にすると まずは根菜独特の香りが、その後いつまででも舌に残るような天然のあまさが舌に残る。 松本氏によると、「今回のかき氷は、甘いものを食べ慣れた現代人が食べても美味しいと思えるように少し濃い味付けとなっているが、当時の貴族たちが口にしたものは再現したかき氷よりもずっと薄かったと思われる」とのこと。 甘いものを口にすることがほとんどなかった平安貴族たちにとっては、それでも随分甘く濃厚な蜜に感じられたに違いない。 3-「あまづらのかき氷」はどこで食べられる?.

次の

かき氷(かきごおり)とは

かき氷 枕草子

7月25日はかき氷の日。 かき氷の別名「夏氷」の語呂合わせで定められたようです。 暑い時期ならではの楽しみのひとつが、氷菓。 何気なく食べてる夏のスイーツも、調べてみると意外な歴史や面白い食べ方が発見できます。 そんな日本のスイーツの歴史ををご紹介します。 最初に食べたのは清少納言? 意外に歴史のあるかき氷 清少納言 枕草子絵巻 夏の定番スイーツといえば「 かき氷」。 関西では「かち割り氷」という呼び方の方が一般的でしょうか。 お祭りなどでも大抵お店がある馴染み深い食べ物ですが、現存で一番古い記録は 『枕草子』の「削り氷(けずりひ)」と言われています。 小刀で削り出した氷に、甘葛から抽出した金色の汁をかけたもの。 それが金属のお碗に入れられていたとのことで、想像するだけで涼しくて甘そうです。 また、江戸時代には将軍がきな粉と砂糖をかけてかき氷を食べた記録が残されています。 冷凍庫などのない時代、夏の氷は貴重品。 かき氷は特権階級しか食べられない特別なもの。 大衆に浸透したのは、人工氷の生産が広まった明治20年代とのことです。 元々は冬の風物詩だった水ようかん 冷蔵庫などで冷やして食べるのがおいしい「 水ようかん」。 古くはおせち料理の料理菓子として食べられていました。 福井県など一部の地域では今でも「水ようかんは冬に食べるもの」という文化が残っているようです。 ちなみにようかんは、元々は中国の料理。 「 羊羹」という字の通り羊の肉を使ったスープで、肉のゼラチンによって自然と固まり、そのまま食べることもあったようです。 そんなようかんが日本に伝わったのは鎌倉時代から室町時代にかけてのことと考えられています。 伝えたのは禅宗の僧侶。 戒律で肉食は禁じられているので、羊の肉の代わりに小豆を使ったのが現在の日本におけるようかんの始まりと考えられています。 冷やしてもおいしい! 冷やしカステラ ポルトガルのお菓子が元になっているのが有名な「 カステラ」。 とは言え日本で独自の発展をして、もはや原型を留めておらず、これも立派な和菓子と言っていいでしょう。 日本に伝わったのは室町時代末期、現在の形が完成したのは江戸時代中期のことと考えられています。 そんなカステラ、実は冷蔵庫で冷やしても固くならないのだとか。 鎖国中でも外国との貿易が行われていた長崎では、冷やして食べる冷やしカステラは一般的なんだそうです。 そのまま食べる、牛乳に浸す、アイスを乗せるなど、色んな食べ方が楽しめます。 以上、夏に食べたい冷たいお菓子とその歴史でした。 日本全体だけでなく地域の歴史や文化も垣間見えて、お菓子ひとつでも意外と奥深い世界が広がってるようです。 今日はかき氷を食べながら日本の歴史に思いを馳せるのも良いですね。 ただしお腹の冷えにはぜひご注意を。 (Sati) 関連記事.

次の

あまづらの削り氷

かき氷 枕草子

「かき氷」は、一体いつ頃から日本で食べられるようになったのか。 現在、日本で見つかっている「かき氷」に関する最も古い記述は、平安時代中期に清少納言(生没年不詳)によって書かれた「枕草子」の中に残されている。 「あてなるもの。 (中略)削り氷にあまづら入れて、新しき金椀に入れたる。 」 これは「上品なもの。 削った氷にあまづら(甘味料)かけて、新しい金属製のお椀に入れたもの。 」と訳されており、清少納言は「細かく削ったかき氷に甘い蜜をかけた物」を、大変雅びやかで上品だと書き記したのだ。 当時の氷は、冬の間に雪解け水を使った池で自然の冷気によって凍らせたものを、氷室と呼ばれる穴に運びこみ、わらびの穂や茅を敷き詰めた上に並べて、更に氷全体を覆って保管したといわれている。 非常に貴重で高級だった氷は、夏になると貴族の元へ運ばれ、貴族たちは氷を手のひらに乗せたりして涼を楽しんだようである。 それを細かく削り、初めて口にしたのが清少納言だったのかもしれない。 また、この歌が書かれた平安時代中期頃は甘い調味料は大変少なく、はちみつ・水飴・あまづらは高貴な身分の者でしか口にすることができない貴重な食材であった。 高級な氷に貴重な蜜をかけて食べるかき氷は、当時の貴族たちの中でも限られた人しか口にすることのできない「あてなるもの」であった。 2-あまづらのかき氷の再現 「あまづら」に関しては蔓草の樹液あるいは甘茶蔓の汁と言われているが、清少納言がどの植物を食したのかは正式にわかってはいない。 この「あまづらをかけたかき氷」とはどんなものなのか?現在でも食べることができるのか?という疑問が毎年多く寄せられていたが、何年探してもこれというかき氷を見つけることができなかった。 この度「一般社団法人 日本食文化会議」理事長で、日本の食文化に詳しい松本栄史先生に甘茶蔓を使用して当時食べられていた蜜を作っていただき、「あまづらのかき氷」を再現することとなった。 甘茶蔓を叩き潰して煎じ作られた蜜は、少し土の香りがするがほのかな優しいあまさで、氷と一緒に口にすると まずは根菜独特の香りが、その後いつまででも舌に残るような天然のあまさが舌に残る。 松本氏によると、「今回のかき氷は、甘いものを食べ慣れた現代人が食べても美味しいと思えるように少し濃い味付けとなっているが、当時の貴族たちが口にしたものは再現したかき氷よりもずっと薄かったと思われる」とのこと。 甘いものを口にすることがほとんどなかった平安貴族たちにとっては、それでも随分甘く濃厚な蜜に感じられたに違いない。 3-「あまづらのかき氷」はどこで食べられる?.

次の