だから僕は音楽を辞めた 歌詞。 【ヨルシカ/だから僕は音楽を辞めた】の歌詞の意味を徹底解釈

だから僕は音楽を辞めた/ヨルシカの歌詞

だから僕は音楽を辞めた 歌詞

ご存知ですか? 去年から引っ張りだこのアーティスト、 ヨルシカ 「聞いたことはあるけど…」 「全く知らなかった... 」 そんな方もいるでしょう👂! では知らない人のために…👇 男女二人組 と知って私は最初驚きました。 ! 歌っているのは suis スイ という 女性。 しかし作詞作曲は ボーカロイドプロデューサー n-buna ナブナ という男性。 らしいのです。 考えたって分からないし、 青空の下、君を待った 風が吹いた正午、 昼下がりを抜け出す想像 ねぇ、これからどうなるんだろうね 進め方教わらないんだよ 君の目を見た何も言えず僕は歩いた 🔑 君の目とは? もう少し進めます。 考えたってわからないし 思春なんてつまらないし 辞めた筈のピアノ、 机を弾く癖が抜けない ねぇ、将来何してるだろうね 音楽はしてないといいね …困らないでよ 答えを言ってしまうと、 君 とは 音楽 のことなんです。 主人公は Bメロで ピアノをやめました。 音楽に未練があるんですね。 しかし、将来音楽ではない何かをしなければならないけれど想像ができない。 そうです。 これは 夢を追うことと 社会という現実の 矛盾に悩む歌 なんですね。 10代のそれも受験期、 私たちが将来を考えさせられる時期です。 まるでそこで決めなければならないみたいに。 そして 好きなもので生きていきたい、のに 現実は冷たい風当たり。 これほどに 10代らしい歌は ありそうでなかったと思います。 このように、この歌の中に出てくる 君 とは 自分の大事に思うもの、=音楽 のことで まるで人のように表現しています。 ねぇ、将来何してるだろうね 音楽はしてないといいね …困らないでよ 先程のBメロにこんな歌詞がありましたが してないといいね、の後 困らないでよ、の歌詞までに 少しの間があります。 聞けばこの間が、何が言いたいのか きっと分かります。 そう、この間が 会話の沈黙のように聞こえるのです。 これは私を、本当に驚かせた。 歌詞だけでも 曲だけでも生み出せない感動です。 その両方がなければ表現できない 間。 この間によって うつむいた主人公、主人公の本音が垣間見えます。 タイトルにもありましたが この歌詞の最大の魅力は この歌詞が 会話文 になっていること。 それも君=音楽と。 心の中の声と喋っているようになっているのです。 それを表現するのは 〇〇ないんだ 、 〇〇ってと言った口語的口調。 どこか言い聞かせるような、 どこか言いたくてしょうがないような、 そんな、 心の叫びと 冷静に考えたい自分の 葛藤が浮かびます。 この歌詞が会話文になっていることによって 自分が 二人いるように感じます。 そして 以下 ラストサビより、 僕だって信念があった 今じゃ塵みたいな想いだ 何度でも君を書いた 売れることこそが どうでもよかったんだ 本当だ 本当なんだ 昔はそうだった だから僕は 僕は音楽を辞めた 歌詞にもあるように、 音楽をするのは 利益のためではなく、 ただ 君 ここでは大事な人のこと のことを書いていれればよかった。 なのに純粋に音楽をしていられる 時期は過ぎてしまった。 現実を考えると、音楽だけでは食べていけない。 それで音楽で生きていくのは難しい状況に直面し だから僕は音楽を辞めた この曲は一文字も無駄のない、巧妙な歌詞です。 本当に素晴らしかったです。 最後に、 これは一番のBメロにある 机を弾く癖が抜けない この歌詞です。 共感する人も多いのでは? こんなにどんぴしゃな表現で 共感させながら、未練を表現する言葉があるなんて。 癖、というところが いかに自分に染み付いているものかわかりますね。 だから一文字も無駄がない。 パステルカラーの 3Dという 全く新しい絵で 爽やかでとても綺麗でした。 このMVに出てくる女の子は 君 = 音楽 で、 冒頭は駅のホームのシーンに女の子と並んでいるところから始まりますが、 それは一緒にこれからの人生を音楽も連れていこうとする気持ち、が表現されています。 しかし、途中からだんだんいなくなってしまう。 、 最後には消えてしまう。 歌詞と合わせてMVも楽しんでみてください。

次の

だから僕は音楽を辞めた

だから僕は音楽を辞めた 歌詞

楽曲名「だから僕は音楽を辞めた」とは 「だから僕は音楽を辞めた」は ヨルシカの1st Full Albumと同名。 複数の楽曲を解釈したことで明らかになりましたが、アルバム内の楽曲、いやもしかするとヨルシカの楽曲全てが、ひとつの世界観で繋がっているのです。 別楽曲の歌詞で エルマ、君なんだよ 君だけが僕の音楽なんだ とあったことから、主人公にとってエルマ 女性 と音楽は同意義であり、人生の全てであることが明らかになりました。 つまり 「音楽を辞めた」 という本楽曲のタイトルからは• エルマの喪失• エルマのことを謳う 想う のを辞めた といった事例が推測される。 更に別楽曲の歌詞で 歳取れば君の顔も忘れてしまうからさ 乾かないように想い出を とあることや空に手紙を送るMVの情景から エルマとはもう会えない状態にある という可能性が示唆されました。 今回は「藍二乗」「パレード」の解釈を前提に考察を進めていきたいと思います。 この二曲は今回紹介する 「だから僕は音楽を辞めた」を深めていくうえで重要となるため、先に内容を把握しておくことをおすすめします。 では、MVの解説に移ります。 MVの意味・解釈 登場人物は 「主人公」と 「エルマ」 3:05からの映像で、 前半の映像に映っていたエルマは 「いない存在」 であったことが分かります。 1:06で一瞬「エルマ」と出てくるのは 喪失したエルマに対する想い が本楽曲で叫ばれていることの裏付けであり、気持ちだけに留まらず、心から名前が滲み出たからと推測される。 一瞬しか映らないのは、あまり考えないように自らを強制しているから。 そして各所に映される情景が「藍二乗」など別楽曲との繋がりを明確にしていく。 本楽曲にはどんな想いが 綴られているのでしょうか。 本題の歌詞に迫っていきます。 歌詞 考えたってわからないし 青空の下、君を待った 風が吹いた正午、 昼下がりを抜け出す想像 ねぇ、これからどうなるんだろうね 進め方教わらないんだよ 君の目を見た 何も言えず僕は歩いた 考えたってわからないし 青春なんてつまらないし 辞めた筈のピアノ、 机を弾く癖が抜けない ねぇ、将来何してるだろうね 音楽はしてないといいね 困らないでよ 心の中に一つ線を引いても どうしても消えなかった 今更なんだから なぁ、もう思い出すな 間違ってるんだよ わかってないよ、あんたら人間も 本当も愛も世界も苦しさも 人生もどうでもいいよ 正しいかどうか知りたいのだって 防衛本能だ 考えたんだ あんたのせいだ 考えたってわからないが、 本当に年老いたくないんだ いつか死んだらって思うだけで 胸が空っぽになるんだ 将来何してるだろうって 大人になったらわかったよ 何もしてないさ 幸せな顔した人が憎いのは どう割り切ったらいいんだ 満たされない頭の奥の 化け物みたいな劣等感 間違ってないよ なぁ、何だかんだあんたら人間だ 愛も救いも優しさも 根拠がないなんて気味が悪いよ ラブソングなんかが痛いのだって 防衛本能だ どうでもいいか あんたのせいだ 考えたってわからないし 生きてるだけでも苦しいし 音楽とか儲からないし 歌詞とか適当でもいいよ どうでもいいんだ 間違ってないだろ 間違ってないよな 間違ってるんだよ わかってるんだ あんたら人間も 本当も愛も救いも優しさも 人生もどうでもいいんだ 正しい答えが言えないのだって 防衛本能だ どうでもいいや あんたのせいだ 僕だって信念があった 今じゃ塵みたいな想いだ 何度でも君を書いた 売れることこそがどうでもよかったんだ 本当だ 本当なんだ 昔はそうだった だから僕は音楽を辞めた スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 考えたってわからないし 青空の下、君を待った 風が吹いた正午、 昼下がりを抜け出す想像 ねぇ、これからどうなるんだろうね 進め方教わらないんだよ 君の目を見た 何も言えず僕は歩いた 「これからどうなるんだろう」 とエルマを失った主人公は苦悩している。 そして、君 エルマ の幻想を見る。 苦悩しているからエルマに救われたいけど、エルマは既に居ないから何も言えない。 一人ぼっちで君を想う 待つ 正午。 考えたってわからないし 青春なんてつまらないし 辞めた筈のピアノ、 机を弾く癖が抜けない ねぇ、将来何してるだろうね 音楽はしてないといいね 困らないでよ エルマといるとき 主人公はピアノ 作曲 をしていた。 「パレード」の歌詞で明らかになったが エルマは物書き 作詞 であった。 しかし、エルマがいなくなったから、主人公も真似をして作詞をしようとする パレード参照 音楽はエルマを想い出す要素になるから 音楽はしてないといいね とある。 想い出したくないのは、自暴自棄になってしまうくらい、エルマの喪失は耐え難いものであったから。 心の中に一つ線を引いても どうしても消えなかった 今更なんだから なぁ、もう思い出すな 心に折り合いを付けようとしても• エルマを忘れることができない• 音楽を辞めることができない 「エルマ」も「エルマと作る音楽」も望んだって戻ってこないと分かっているのに、どちらも消えてくれない。 未練がくすぶる。 だから 「なぁ、もう思い出すな」 と無理やり抑え込もうとしている。 サビ1 間違ってるんだよ わかってないよ、あんたら人間も 本当も愛も世界も苦しさも 人生もどうでもいいよ 正しいかどうか知りたいのだって 防衛本能だ 考えたんだ あんたのせいだ 自分以外の人間を見て 「あんたらはわかっていない」 と卑下している。 周囲の人間は異質だと言い聞かせているうちに、自分が周りの人間と相容れない存在になっていることに気付く。 そこでふと思う。 「あんた エルマ のせいだ」• あんたのせいで愛が分からなくなる• あんたのせいで世界が様変わりした• あんたのせいで苦しい それほどエルマは全てだった。 歳取れば君の顔も忘れてしまうからさ とあるように本命はこっち。 年老いたくない真の理由は エルマを忘れたくないから。 エルマの喪失感から自分を見失ってしまい、本当に苦しいから忘れ去ろうとするが本心ではないのです。 幸せな顔した人が憎いのは どう割り切ったらいいんだ 満たされない頭の奥の 化け物みたいな劣等感 悲しみのどん底にいるから、 幸せそうに暮らす人々を妬んでいる。 不毛なことだと分かっているのに、割り切れない。 不幸な自分と幸福そうな他人を対比して、計り知れない劣等感を感じている。 サビ2 間違ってないよ なぁ、何だかんだあんたら人間だ 愛も救いも優しさも 根拠がないなんて気味が悪いよ ラブソングなんかが痛いのだって 防衛本能だ どうでもいいか あんたのせいだ ラブソングなんていくら聴いても、エルマが戻ってくるわけではないし、むしろ幸せそうな人達がより幸せに見えてくだけだから、 ラブソングなんかが痛いとある。 耳が痛いとラブソングを遠ざけることで 自分を守っている 防衛本能 やはり何度考えてもあんたのせい。 忘れようと何度も試みているのです。 スポンサーリンク 3番 考えたってわからないし 生きてるだけでも苦しいし 音楽とか儲からないし 歌詞とか適当でもいいよ どうでもいいんだ 間違ってないだろ 間違ってないよな 何もかもが分からないのも 生きるだけで苦しいのも エルマがいなくなったから。 しかし、音楽にのめり込んだのも 楽しいと想えたのも エルマがいたから。 しかしそんな音楽ですらできなくなった。 「音楽なんてどうでもいいよ」 と投げやりに言う自分に対して 間違ってないよな と恐る恐る自分に問いかけている。 音楽を否定するということは、今までのエルマとの想い出も否定することになってしまうから 「間違ってないよな」というのはエルマに問いかけている側面もある。 本当は 「どうでもよくない」と引き止めて欲しいのかも知れません。 ラストサビ 間違ってるんだよ わかってるんだ あんたら人間も 本当も愛も救いも優しさも 人生もどうでもいいんだ 正しい答えが言えないのだって 防衛本能だ どうでもいいや あんたのせいだ 僕だって信念があった 今じゃ塵みたいな想いだ 何度でも君を書いた 売れることこそがどうでもよかったんだ 本当だ 本当なんだ 昔はそうだった だから僕は音楽を辞めた 昔は音楽活動が楽しくてしょうがなかった。 売れる売れないなんてどうでもよくて、エルマと音楽を作ることこそが本当に全てだった。 しかし、エルマがいなくなったいま、価値観が変わってしまった。 エルマを失ってもなお、ズルズルと続けてきた音楽活動だったが、昔の自分との動機の違いを悟った主人公は自分に絶望する。 そして、音楽を辞める。 ラストサビ前にMVではエルマが消える。 これは• 自分の中からエルマが消えたこと。 エルマとともに無邪気に音楽を作っていた頃とは、別の想いで音楽を作っている自分に気付いたこと。 を表しているのではないでしょうか。 「だから僕は音楽を辞めた」 感想 点と点が結ばれて、いくつもの線が浮かび上がってきましたね。 深すぎる。 毎度そうですがヨルシカの楽曲は歌詞を読み解いた後に聴き返すと、胸がキュッと締め付けられます。 n-bunaさんの独特な世界観• suisさんの心に浸透してくる歌声 やはり中毒性がすごいですね。 そして個人的にラストサビ前の 「間違ってないよな」 の涙が絡むような歌声がたまりませんでした。 「だから僕は音楽を辞めた」 アルバム内の他楽曲にも注目ですね。

次の

だから僕は音楽を辞めた

だから僕は音楽を辞めた 歌詞

解釈 考えたってわからない。 風が清々しい正午。 これからのことに想像しながら青空の下君を待った。 これからどうしたらいいのだろうか。 君の目を見たけれど僕は何も言えず歩き出した 「考えたってわからない。 」という歌詞からこの楽曲はスタートします。 この時点で、私たち聞き手には主人公が考えていることはわかりません。 が、藍二乗の時点でエルマは死んでいて、かつこの楽曲のMVではエルマらしき女の子が生きていることから、エルマとの距離感などエルマのことに関して考えていると想像できます。 「君の目を見たけれど僕は何も言えず歩き出した」の部分で、主人公はエルマに相談ないしは意見を求めず自分だけで答えを出そうとしています。 エルマに相談できない内容なのか、後ろめたい気持ちがあるのかはわかりませんが、あとあと主人公の「人生」に影響してくるように思えます。 考えたってわからないし 青春なんてつまらないし 辞めた筈のピアノ、机を弾く癖が抜けない ねぇ、将来何してるだろうね 音楽はしてないといいね 困らないでよ 解釈 考えたってわからない。 青春なんてつまらないし。 やめたはずのピアノのクセもまだ抜けない。 「将来何してるだろうね」とエルマが言った。 それにすかさず僕は「音楽はしてないといいね」と答える。 少ししてエルマが「(生き方に)困らないでよ」とつぶやいた 「青春なんてつまらないし。 やめたはずのピアノのクセもまだ抜けない。 」という部分から、主人公は人生に満足していないのでしょう。 また、将来何しているだろうね?というエルマの問いに「音楽はしてないといいね」と答えていることから、主人公は音楽に何かしらの嫌悪の感情を持っているのでしょう。 最後の「困らないでよ」という歌詞ですが、エルマは主人公には「音楽しかない」ということに気づいているのでしょう。 だから「(生き方に)困らないでよ」と言っているのです。 心の中に一つ線を引いても どうしても消えなかった 今更なんだから なぁ、もう思い出すな 解釈 僕には「音楽」しかないなんて間違ってるんだよ。 エルマ、あんたは本当にわかってないな。 本当も愛も世界も苦しさも人生も全てどうだっていいんだ。 僕が正しいのか君が正しいのか考えるのだって、答えを出すのを恐れていたからなんだ。 音楽を忘れられないのは「あんたのせいだ」 間違っているとは、エルマや他の人たちの「主人公に音楽しかない」という考えが間違っていると言いたいのでしょう。 防衛本能というのは、 エルマのせいで音楽が忘れられないと結論付けるのを恐れるということ。 つまり、主人公の中では「エルマのせいで音楽が忘れられない」と結論が出ていたにもかかわらず、無意識のうちに考えることで「 エルマのせいだ」と結論付けないようにしていた ということがわかります。 解釈 幸せな人が憎いのはどうしたらいいんだ? 満たされていない僕のどうしようもない劣等感。 ここでは、主人公と幸せな人を比べて「自分の方が満たされていない」と劣等感を感じている様子が歌われています。 では、主人公の満たされるものとはなんなのでしょうか。 人によって解釈は変わってくるとは思いますが、おそらく「音楽であり、エルマでもある」んだと思います。 なぜなら、藍二乗で君(エルマ)が主役のプロットを書くという歌詞があり、また、この曲でも「何度でも君を書いた」という歌詞があるからです。 間違ってないよ なぁ、何だかんだあんたら人間だ 愛も救いも優しさも根拠がないなんて気味が悪いよ ラブソングなんかが痛いのだって防衛本能だ どうでもいいか あんたのせいだ 解釈 音楽をやめたのは間違ってない。 君の愛も救いも優しさも証明しようがないなんて気味が悪い。 ラブソングが痛いのだって防衛本能だ。 どうでもいいや 全部あんたのせいだ。 きっと主人公はエルマのことが好きだったのでしょうね。 ただ、エルマとは音楽の中での付き合いであったと勘違い(または事実?)していて、無意識のうちに距離を感じていたのでしょう。 [ad] 考えたってわからないし 生きてるだけでも苦しいし 音楽とか儲からないし 歌詞とか適当でもいいよ どうでもいいんだ 間違ってないだろ 間違ってないよな 間違ってないよな 解釈 わかってるんだ。 音楽をやめるのなんて間違っていたんだ。 正しい答えが言えないのだって僕が傷つくのを恐れていたからなんだ。 でももうどうでもいいや、君がいないのだから。 ラスサビ部分。 MVではエルマのカットが入ってラスサビに突入しています。 つまり、エルマを思い出して音楽をやめるのなんて間違っていたと気づいたのでしょう。 ただ、もうやめてしまってエルマはいないのでどうしようもないと。 「正しい答え」というのは「エルマが好き」ということなのではないでしょうか。 あくまで個人的解釈ですが... 僕だって信念があった 今じゃ塵みたいな想いだ 何度でも君を書いた 売れることこそがどうでもよかったんだ 本当だ 本当なんだ 昔はそうだった だから僕は音楽を辞めた.

次の