スリクソン z725 アイアン。 ダンロップスポーツ「スリクソンZ725」アイアン

ダンロップスポーツ「スリクソンZ725」アイアン

スリクソン z725 アイアン

番手 3番 4番 5番 6番 7番 8番 9番 PW AW SW ロフト角 度 20 22. 5 25 28 32 36 41 46 51 57 ライ角 度 60 60. 5 61 61. 5 62 62. 5 63 63. 5 63. 5 63. 5 フェースプログレッション mm 3. 5 3. 5 3. 5 3. 7 4 4. 3 4. 7 5. 2 5. 8 5. 8 バンス角 度 1. 5 2 2. 5 3 3. 5 4 5 6. 5 8 10 クラブ長さ インチ ダイナミックゴールド D. シャフト 38. 75 38. 25 37. 75 37. 25 36. 75 36. 25 35. 75 35. 25 35. 25 35. 25 N. PRO 980GH D. スチールシャフト 39 38. 5 38 37. 5 37 36. 5 36 35. 5 35. 5 35. 5 Miyazaki KENA Blue 8 カーボンシャフト 39 38. 5 38 37. 5 37 36. 5 36 35. 5 35. 5 35. 5 クラブ重量 g ダイナミックゴールド D. シャフト S200 - - 423 - - - - - - - N. PRO 980GH D. スチールシャフト S - - 405 - - - - - - - Miyazaki KENA Blue 8 カーボンシャフト S - - 392 - - - - - - - バランス ダイナミックゴールド D. シャフト D2 D2 D2 D2 D2 D2 D2 D2 D3 D3 N. PRO 980GH D. スチールシャフト D2 D2 D2 D2 D2 D2 D2 D2 D3 D3 Miyazaki KENA Blue 8 カーボンシャフト D1 D1 D1 D1 D1 D1 D1 D1 D2 D2 「 *」が付いているスペックは通常以外の生産(特注や受注生産、カスタム対応など) シャフト名 ダイナミックゴールド D. シャフト N. PRO 980GH D. スチールシャフト Miyazaki KENA Blue 8 カーボンシャフト 種類 スチールシャフト スチールシャフト カーボンシャフト フレックス X100 * S200 S R * S SR * シャフト重量 g 127 122 103 98 84 82 トルク 度 1. 9 2. 1 2. 4 2. 6 2. 6 2. グリップ・原産国・価格 グリップ ツアーベルベットフルラバーグリップ グリップエンド:レッド、バックラインあり、ロゴ入り 原産国 MADE IN JAPAN メーカー価格 ダイナミックゴールド D. シャフト オープン価格 6本セット 5~9、PW オープン価格 1本 3、4、AW、SW N. PRO 980GH D. スチールシャフト オープン価格 6本セット 5~9、PW オープン価格 1本 3、4、AW、SW Miyazaki KENA Blue 8 カーボンシャフト オープン価格 6本セット 5~9、PW オープン価格 1本 3、4、AW、SW• ヘッド素材・製法・仕上げ ヘッド素材.

次の

ダンロップスポーツ「スリクソンZ725」アイアン

スリクソン z725 アイアン

どーもです。 スリクソンのニューモデル「Z」シリーズですが、今日は「Z725」を紹介しましょう。 昨日紹介した「Z525」は、見た目以上にオートマチックにつかまるアイアンでしたが、さすがにこの「Z725」はそこまでオートマチックではなさそうな雰囲気だったりしますね。 実際にどんな感じだったのか、早速レポしたいと思います。 まずは見た目から。 「Z725」は、フルキャビティですね。 フェースセンターのバック部に結構厚みがあるので、これはいかにも打感がやわらかそうですね。 フェースは、小顔のスッキリシャープ顔ですね。 「Z525」よりもひとまわり小さい感じですね。 ソールは、狭めですね。 「Z525」に比較しても2割減ってな感じかな。 トレーリングエッジが、微妙にラウンドしているのもわかると思います。 明らかに、打ち込んでいっての抜けの良さを意識した形状でしょうね。 ネックはストレート。 この「Z725」もトゥ側にタングステンニッケルウエートを装着( 3~ 6)しています。 また、ネックの高さから判断すると、明らかに「Z525」よりも高重心モデルだと思います。 構えてみるとこんな感じ。 ク~ッ!! こりゃ~いい顔してますな!! 小顔でスッキリシャープだし、ストレートでラインをイメージしやすい感じで、ボクはメッチャ好きな顔ですね!! 今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールドD. 」S200フレックス装着モデルの 5。 スペックは、ロフト角25度、ライ角61度、長さ37. 75インチ、総重量423gでバランスはD2。 シャフトスペックは、重量122g、トルク2. 1の中手元調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、2ピースボール使用です。 グリップの太さは「Z525」と一緒で、一般的にみれば太めでしょうね。 実際に打ってみると、これまたシャープに振れるし、マジでヘッドスピードが上がっているのにビックリ。 「ぶっ飛びアイアンじゃん!! 」なんて書いた「Z525」の飛距離を、データ的に越えちゃっているのですが・・・。 おそらく、重量的に重めなのでスイングプレーンが安定してミート率が上がったのではないかと、推測しています。 そんなわけで、GST-3Bの5球平均データは、HS41. 41で、ベストは写真の通りです。 打感は、マイルドです。 これは、いわゆるマッスルバック系のフェースに吸い付くような打感ですね。 音もカシャっと、いわゆるシャッター音ですね。 弾道は、やや高めの中弾道。 このレベルのキャビティアイアンにしては球の上がりやすさはあると思いますが、さすがに「Z525」よりもある程度のパワーが必要かなといった感じです。 スピン量も適度に確保されていて、球は重いイメージでした。 出球傾向ですが、ボクのスイングでいい感じのドロー。 「Z725」のほうが「Z525」よりも重心距離が短めだと思いますが、その分コントロールが効く感じ。 でも、決してシビア過ぎないのがいいですね。 ボクレベルでもある程度コントロールできるイメージで、スイングのミスにリニアに反応するほどではないのがいい感じ。 7も打ちましたが、スペックはロフト角32度、ライ角62度、長さ36. 75インチ、総重量436g、バランスD2。 ボクレベルでも 7あたりは狙ってきたいのですが、弾道をイメージしやすく、ラインも出しやすい顔つきですね。 イメージした弾道を具現化してくれる、いい感じのアイアンですわ!! とにかく、振りやすい。 アイアンでも、シャフトとヘッドのマッチングは重要なんですね。 ボクがDGユーザーということもあるかもしれませんが、ぜひ1度試して欲しいアイアンですわ!! 性格的にはセミオートマチク系ですが、クラブがスイングのミスをカバーしてくれる寛容性も兼ね備えていると思います。 ボクの感覚としては、レベル的にはHDCP13~15あたりでチャレンジ可能でしょう。 ただし、払い打ちではキツイかも。 しっかりダウンブローに打てるタイプにオススメ。 ボクレベルにとっては、クラブがプレーヤーを育ててくれそうな気配も感じましたね。 6年の間に腕も上げられて、本当にすごいなぁと尊敬しています。 これからもHOTな情報をUPしてくださいね。 さて、Zアイアンですが、どのモデルもいい顔してますよね。 Z725のMiyazaki KENA S8カーボンシャフト装着モデルを試打したのですが、これがなかなか良かったです。 H/Sのある人もそうでない人も使えると思います。 リポート同様にシャフトの重心が手元側にあるので、オートマチックにH/Sが上がります。 カーボンシャフトなので打感がよりソフトに感じられるのが最高でした。 僕でもH/Sが上がったのでうれしくって、ドンドン当たるようになりました。 やっぱり、クラブから受ける安心感って大事ですね。 本当にほしいモデルです。 初めまして。 いつも楽しみに拝見しています。 今回90切り目指して、アイアンの買い換え考えています。 スリクソンZ725とタイトリストAP2(もしくはCB) おそらくHSは44前後です。 Z725は評判が良く使ってみたいアイアンですが、難しそうな印象があります。 ロフトは立っているので、飛距離が出そうで魅力ですね。 余り難しさや、扱いやすさが変わらなければZ725。 少し優しさがあるならAP2といったイメージです。 現在はステンレスのアイアンなので、軟鉄のあこがれもあります。 試打した感じで良いので、アドバイスよろしくです。 現在のシャフトはM10なので、AP2ならモーダスZ725は特殊なシャフトみたいで迷ってます。 こんにちは。 週末に試打してきました(鳥籠で測定器無し)結果は、Z725が振りやすく、構えやすい。 シャフトも試しましたが、なぜかNS980より、DGの方が軽く感じるというか、NSは先が重く感じました。 DGの方が振りやすくて良かったです(購入予定)ドライバーも見てきたのですが、シャフトがアッタス4UとMiyazakiで考えてます。 自分はシャフトのことが良くわからないのですが、Miyazakiって純正ですよね?(聞いたことが無い)お勧めはMiyazakiらしいのですが、アッタス4Uはコスメ的に好きな色です。 これまた、個人的な意見でよいので、お勧めというか、安定性と飛距離考えると、お勧め有りますか。 よろしくお願いします。 コナさん どーもです。 ボク、DGしか打っていないんですよね(汗) 今回のZシリーズスチールシャフトは、手元重心を意識したシャフト味付けになっているようですが、もしかしたらNSのほうが重心位置がやや先なのかもしれません。 総重量の差があってスイングバランスが同じモデルでも、シャフトの重心位置が先にある方が重く感じる傾向が強くなるはずですので。 Miyazakiはダンロップスポーツのオリジナルシャフトで、そういう意味では純正です。 Miyazakiも何種類かありますが、ボクが試打したのはMiyazaki KENA blue6Sでした。 このシャフトは結構しっかりしたシャフトで、Z725のヘッドと合わせるとしっかり叩いていっても吹け上がらないイメージでした。 4Uを合わせたモデルを打っていないのであくまでも想像ですが、ボクは4Uは結構手元がしっかりしていてやや先が動く感じだと思っているので、Z725に合わせると意外とつかまりそうな印象を受けますね。 スイングタイプも持ち球もわからないので、どちらがいいのかは判断できません。 でも傾向として、Miyazakiモデルはトータルバランスが良さそうで、4Uはよりつかまるイメージなんじゃないかと思います。 KAZさん、回答ありがとうございます。 今回、使用中のアイアンが1本折れてしまい、ついでに買い替えを検討中です。 Z725はカスタムシャフトなので、仮にシャフト交換となった場合、1本だけバランスが崩れたら嫌だなぁと、変な心配をしてしまいました。 問い合わせしてみます。 総重量で比べてみてはとのアドバイスについて、5アイアンの重量比較すると、 MP-64 429g X-フォージド 426g Z725 423g と最大6gの差がありますが、6gの差と言うのは、大きいものなのでしょうか? 試打した感覚では、軽い分Z725は、振りやすい(余計に腕を使って振ってしまう)気がして、方向性がバラつく感覚があります。

次の

スリクソンZシリーズをアマチュアが試打あなたに合うのはどのモデル?/GDO

スリクソン z725 アイアン

どーもです。 スリクソンのニューモデル「Z」シリーズですが、今日は「Z725」を紹介しましょう。 昨日紹介した「Z525」は、見た目以上にオートマチックにつかまるアイアンでしたが、さすがにこの「Z725」はそこまでオートマチックではなさそうな雰囲気だったりしますね。 実際にどんな感じだったのか、早速レポしたいと思います。 まずは見た目から。 「Z725」は、フルキャビティですね。 フェースセンターのバック部に結構厚みがあるので、これはいかにも打感がやわらかそうですね。 フェースは、小顔のスッキリシャープ顔ですね。 「Z525」よりもひとまわり小さい感じですね。 ソールは、狭めですね。 「Z525」に比較しても2割減ってな感じかな。 トレーリングエッジが、微妙にラウンドしているのもわかると思います。 明らかに、打ち込んでいっての抜けの良さを意識した形状でしょうね。 ネックはストレート。 この「Z725」もトゥ側にタングステンニッケルウエートを装着( 3~ 6)しています。 また、ネックの高さから判断すると、明らかに「Z525」よりも高重心モデルだと思います。 構えてみるとこんな感じ。 ク~ッ!! こりゃ~いい顔してますな!! 小顔でスッキリシャープだし、ストレートでラインをイメージしやすい感じで、ボクはメッチャ好きな顔ですね!! 今回試打したのは、スチールシャフト「ダイナミックゴールドD. 」S200フレックス装着モデルの 5。 スペックは、ロフト角25度、ライ角61度、長さ37. 75インチ、総重量423gでバランスはD2。 シャフトスペックは、重量122g、トルク2. 1の中手元調子。 試打会場は東京・メトログリーン東陽町で、2ピースボール使用です。 グリップの太さは「Z525」と一緒で、一般的にみれば太めでしょうね。 実際に打ってみると、これまたシャープに振れるし、マジでヘッドスピードが上がっているのにビックリ。 「ぶっ飛びアイアンじゃん!! 」なんて書いた「Z525」の飛距離を、データ的に越えちゃっているのですが・・・。 おそらく、重量的に重めなのでスイングプレーンが安定してミート率が上がったのではないかと、推測しています。 そんなわけで、GST-3Bの5球平均データは、HS41. 41で、ベストは写真の通りです。 打感は、マイルドです。 これは、いわゆるマッスルバック系のフェースに吸い付くような打感ですね。 音もカシャっと、いわゆるシャッター音ですね。 弾道は、やや高めの中弾道。 このレベルのキャビティアイアンにしては球の上がりやすさはあると思いますが、さすがに「Z525」よりもある程度のパワーが必要かなといった感じです。 スピン量も適度に確保されていて、球は重いイメージでした。 出球傾向ですが、ボクのスイングでいい感じのドロー。 「Z725」のほうが「Z525」よりも重心距離が短めだと思いますが、その分コントロールが効く感じ。 でも、決してシビア過ぎないのがいいですね。 ボクレベルでもある程度コントロールできるイメージで、スイングのミスにリニアに反応するほどではないのがいい感じ。 7も打ちましたが、スペックはロフト角32度、ライ角62度、長さ36. 75インチ、総重量436g、バランスD2。 ボクレベルでも 7あたりは狙ってきたいのですが、弾道をイメージしやすく、ラインも出しやすい顔つきですね。 イメージした弾道を具現化してくれる、いい感じのアイアンですわ!! とにかく、振りやすい。 アイアンでも、シャフトとヘッドのマッチングは重要なんですね。 ボクがDGユーザーということもあるかもしれませんが、ぜひ1度試して欲しいアイアンですわ!! 性格的にはセミオートマチク系ですが、クラブがスイングのミスをカバーしてくれる寛容性も兼ね備えていると思います。 ボクの感覚としては、レベル的にはHDCP13~15あたりでチャレンジ可能でしょう。 ただし、払い打ちではキツイかも。 しっかりダウンブローに打てるタイプにオススメ。 ボクレベルにとっては、クラブがプレーヤーを育ててくれそうな気配も感じましたね。 6年の間に腕も上げられて、本当にすごいなぁと尊敬しています。 これからもHOTな情報をUPしてくださいね。 さて、Zアイアンですが、どのモデルもいい顔してますよね。 Z725のMiyazaki KENA S8カーボンシャフト装着モデルを試打したのですが、これがなかなか良かったです。 H/Sのある人もそうでない人も使えると思います。 リポート同様にシャフトの重心が手元側にあるので、オートマチックにH/Sが上がります。 カーボンシャフトなので打感がよりソフトに感じられるのが最高でした。 僕でもH/Sが上がったのでうれしくって、ドンドン当たるようになりました。 やっぱり、クラブから受ける安心感って大事ですね。 本当にほしいモデルです。 初めまして。 いつも楽しみに拝見しています。 今回90切り目指して、アイアンの買い換え考えています。 スリクソンZ725とタイトリストAP2(もしくはCB) おそらくHSは44前後です。 Z725は評判が良く使ってみたいアイアンですが、難しそうな印象があります。 ロフトは立っているので、飛距離が出そうで魅力ですね。 余り難しさや、扱いやすさが変わらなければZ725。 少し優しさがあるならAP2といったイメージです。 現在はステンレスのアイアンなので、軟鉄のあこがれもあります。 試打した感じで良いので、アドバイスよろしくです。 現在のシャフトはM10なので、AP2ならモーダスZ725は特殊なシャフトみたいで迷ってます。 こんにちは。 週末に試打してきました(鳥籠で測定器無し)結果は、Z725が振りやすく、構えやすい。 シャフトも試しましたが、なぜかNS980より、DGの方が軽く感じるというか、NSは先が重く感じました。 DGの方が振りやすくて良かったです(購入予定)ドライバーも見てきたのですが、シャフトがアッタス4UとMiyazakiで考えてます。 自分はシャフトのことが良くわからないのですが、Miyazakiって純正ですよね?(聞いたことが無い)お勧めはMiyazakiらしいのですが、アッタス4Uはコスメ的に好きな色です。 これまた、個人的な意見でよいので、お勧めというか、安定性と飛距離考えると、お勧め有りますか。 よろしくお願いします。 コナさん どーもです。 ボク、DGしか打っていないんですよね(汗) 今回のZシリーズスチールシャフトは、手元重心を意識したシャフト味付けになっているようですが、もしかしたらNSのほうが重心位置がやや先なのかもしれません。 総重量の差があってスイングバランスが同じモデルでも、シャフトの重心位置が先にある方が重く感じる傾向が強くなるはずですので。 Miyazakiはダンロップスポーツのオリジナルシャフトで、そういう意味では純正です。 Miyazakiも何種類かありますが、ボクが試打したのはMiyazaki KENA blue6Sでした。 このシャフトは結構しっかりしたシャフトで、Z725のヘッドと合わせるとしっかり叩いていっても吹け上がらないイメージでした。 4Uを合わせたモデルを打っていないのであくまでも想像ですが、ボクは4Uは結構手元がしっかりしていてやや先が動く感じだと思っているので、Z725に合わせると意外とつかまりそうな印象を受けますね。 スイングタイプも持ち球もわからないので、どちらがいいのかは判断できません。 でも傾向として、Miyazakiモデルはトータルバランスが良さそうで、4Uはよりつかまるイメージなんじゃないかと思います。 KAZさん、回答ありがとうございます。 今回、使用中のアイアンが1本折れてしまい、ついでに買い替えを検討中です。 Z725はカスタムシャフトなので、仮にシャフト交換となった場合、1本だけバランスが崩れたら嫌だなぁと、変な心配をしてしまいました。 問い合わせしてみます。 総重量で比べてみてはとのアドバイスについて、5アイアンの重量比較すると、 MP-64 429g X-フォージド 426g Z725 423g と最大6gの差がありますが、6gの差と言うのは、大きいものなのでしょうか? 試打した感覚では、軽い分Z725は、振りやすい(余計に腕を使って振ってしまう)気がして、方向性がバラつく感覚があります。

次の