さだまさしコロナ替え歌。 さだまさしが「緊急事態宣言」とあう新曲を発表してしまう!関白宣言を超える

さだまさし 緊急事態宣言替え歌 : mr&mrs kajiの小さなバラの庭

さだまさしコロナ替え歌

【画像をクリックすると動画になります】 緊急事態宣言が発令されて1週間経ちましたけど、5月6日までは、まだまだ長い道のりのように感じられ、目の前が暗くなり先の見えない恐怖が襲ってくる感覚に囚われています。 本来は家にいなくてはいけないのですが、今のところ 時差出勤で週1〜2回くらい出社をしており、電車に乗りますが、外出する人が減った分、空いているのはいいんですけど、そうすると まばらに人が座っているんで、どこに座っていいかの選択が難しい状態になっています。 とても氣を使う状況です。 電車に乗っている皆さんも見えない敵と戦っている状況なので、もしかしたら、その見えない敵を持っているかもしれぬ人が近くに来たとしたら、あんまりいい気持ちはしないんじゃないかなと。 そんな状況下なのに、銀座線の電車内で、わざわざマスクを外して話をしている男性2人組が、近くに座っていたのは流石に参りましたね。。。 「なんで? マスクを外すんだろう、デリカシーがないな。 」って。 よっぽど、席を移ろうかと思いましたけど。 いやだ、いやだ、見えない敵と戦っている状況だからか、そんな汚い気持ちまで持つようになってきちゃっている自分。。。 でもでも、ある意味、この状況下において外出するのは、命を張っているようものです。 どこを舞っているのか分からない敵なので 防ぎようもないし。 なので、息をしたくない状態に陥ります。 マスクをしている分、余計に息苦しくなり・・・ 本当に、ある意味 命懸けです。。 時差出勤で帰りが遅くなったからか、大江戸線のホームはガラガラ。 ちょっとでも 頭やのどが痛くなると、もしかしたら・・・感染したのではないかと胸が張り裂けるような思いをするのも、もうイヤです。 そんな中、旦那が またまた元気の出る動画を紹介してくれました。 大好きな さだまさしさんが『緊急事態宣言の夜に』という歌を披露してくれていました😊 そうだよな、『〇〇宣言』といえば、すぐに思い浮かぶのは『関白宣言』と言っても過言ではありませんから。 今更ながら知ったのと言われそうですが、『緊急事態宣言の夜に』の歌は心に染み入りました。。。 今一番に心配なのが、医療関係で勤めている娘のことです。 感染させちゃいけないことと、感染させることもいけないということで、当分の間、家には帰れないそうなのです。 心配するだけで涙が流れ、どうしてこんなことになってしまったのだろうと嘆いてばかり。 さだまさしさんの歌声は、失望している気持ちを溶かしてくれました。 私だけじゃないんだよ、みんな、みんな、大切な家族のことを思っているんだよ。 みんな、みんな、見えない敵と戦っているんだよ。 ライフラインが整っているのは救いです! 感謝です!! 整っているのは、そこで働いて下さっている方たちが 日夜頑張ってくれているからこそです。 さだまさしさんの お誕生日が4月10日で、「バースデーだから生でさだまさし」で披露されたという『緊急事態宣言の夜に』の歌。 緊急事態宣言が発令された4月7日は、さださんのお母さま喜代子さんの命日だったそうです。 老衰による多臓器不全のため、2016年、90歳でお亡くなりになったそうです。 さださんの中でいろんなことが重なったこともあるのでしょう。 『緊急事態宣言の夜に』の歌詞には、その想いが詰まっているように感じました。

次の

さだまさし 関白失脚 歌詞

さだまさしコロナ替え歌

緊急事態宣言が発令された3日後の2020年4月10日、さだまさしがオフィシャルYouTubeとLINE LIVEで「緊急事態宣言の夜に」と題した楽曲を披露した。 〈お前のおふくろを 死なせたくないんだ〉ではじまるこの曲では、ウイルスに罹らないことの重要性、生活インフラを守る〈警察、消防、郵便、宅配、コンビニ、薬局、スーパー、自衛隊のみんな〉、そして医療関係者に対する感謝とエール、さらには争いを超え、連帯を求める〈今 ひとつになろう〉といった呼びかけが歌われており、発表直後から大きな話題を集めた。 リアルサウンドでは、さだまさしに「緊急事態宣言の夜に」を軸としたインタビューを行った。 同曲を発表した経緯、歌に込めた思い、新型コロナウイルスによって甚大な影響を受けている現状について話を聞いた。 (森朋之) 歌おうと決心したのは生配信が始まってから ーー緊急事態宣言の発令が4月7日。 その3日後の4月10日に、YouTube、LINE LIVEで「緊急事態宣言の夜に」を発表して、大きな話題を集めました。 4月7日に緊急事態宣言が発令されて、その日がたまたま僕の母の命日だったこともあって、『「緊急事態宣言」に今 思うこと』というエッセイを書いたんです。 最初は「Masa@Mania」(まっさマニア)というファンの方向けの月額サイトにのみ公開しようと思っていたら、スタッフから「これはたくさんの人に発信しましょう」と言われ、公式のInstagram、LINE、Twitterなどに載せて、さらに翌日、そこで書いたことを歌にしました。 ーーそれが「緊急事態宣言の夜に」なんですね。 さだ:ええ。 4月10日は僕の誕生日だったんですが、「こんな日にコンサートもできなくて、何も発信できないのは寂しい」と思い、レコード会社に頼んで、オフィシャルYouTubeとLINE LIVEで生配信ライブをやらせてもらって。 歌を歌ったり、バカなことを話したり、みなさんに楽しんでもえることをやろうと思っていたんだけど、緊急事態宣言を受けて、何も意見を言わないというのは何だか卑怯な気がしてしまって。 それで、作ったばかりの歌を歌おうと。 直前まで迷いましたけどね。 「どうしよう、でも、歌うか」と決心したのは、生配信が始まってからでした。 (歌詞の)推敲もできていないし、メロディも不安定だから、おそらく歌い出しと途中ではメロディが変わってるんですよ。 ほぼ即興で歌ったようなものだし、新曲の発表というわけではないんです。 そのときの僕の思いを音楽家としてぶつけたと言うのかな。 エッセイと同じで、賛同してくださった方もいれば、反対意見もありましたね。 その気持ちもよくわかるんです。 だけどね、僕が文句を言って解決するならともかく、「カッコつけて言ってるだけ」みたいになるのが悔しくて。 だったら、〈お前のおふくろを死なせたくない。 だから俺はこの病気に罹らないように努力するし、お前に会わない努力をする〉ということを歌うべきだなと。

次の

さだまさしさんの『緊急事態宣言の夜に』の歌に今更ながらですが一緒に頑張っていこうと勇気が湧きました!!

さだまさしコロナ替え歌

MEMO• 配信場所:YouTube• 配信者:「関白宣言」の替え歌動画は、複数の人が投稿しています。 その中から1つ「ウタエル」さんの動画をご紹介しています。 動画タイトル:緊急事態宣言でいよいよヤバい事になってきた日本国民の歌 関白宣言 替え歌 緊急事態宣言のうた• URL: 新型コロナウイルス感染症の拡大に伴って、政府は4月7日、7都府県(東京、埼玉県、神奈川県、千葉県、大阪府、兵庫県、福岡県)を対象に「緊急事態宣言」を出しましたが、その後、対象は全国へと拡大しました。 同動画は、これを受けて投稿されたと見られています。 フォークソング界の帝王、いや日本芸能界の宝といっていいシンガーソングライター・さだまさしさんの名曲「関白宣言」のメロディにのせて、歌詞を変えて披露した替え歌です。 YouTubeのコメント欄には、次のようなコメントが寄せられていました。 関白宣言の選曲もいいし、歌詞、ウタエルの声もいい。 笑い所もあれば泣ける所もある。 どんな人のメッセージよりも心に響いたよ。 天才!ウタエル! 内容すべてがステキな歌、そして歌声も素晴らしいです。 泣き笑いしながら何回も再生しています。 家にいるだけ…家にいるだけでええんや 全国1,000万人のさだまさしさんファンも感嘆する替え歌となっていて、センスの良さは本家・さだまさしさんを凌いでいると、全俺の中で評判です。 本家・さだまさしさんのInstagramのメッセージ 本家・さだまさしさんは、以前より、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のための外出自粛や、ご自身もライブ中止などの対応をとったエンタメイベント中止などについて、SNSやラジオ番組を通じてメッセージを発信しています。 その一部を、さださんのInstagram公式アカウントからご紹介します。 投稿が削除されるなどした際は非表示となりますのでご了承ください。

次の