並木 良和 ユーチューブ。 統合のワークの方法まとめ。【宇宙の法則】

【死ぬのが怖い人へ】並木良和さんと小林正観さんから学び恐怖心が消えた考え方とは?

並木 良和 ユーチューブ

私たちは、今、最も簡単に目醒めることができるタイミングにいます。 それは、宇宙全体のシフトということでもあり、約26000年ごとの宇宙のリズムで 起こります。 「目醒める」とあなたが決めれば、人生の本当の自由を手にいれることが 簡単に出来るのです。 目醒めてシフトの波に乗るために必要なものはほとんどありません。 ただひたすらシンプルに意識・感情・思考など、、、あらゆる二極化したものを 手放し、自らの内に統合していくだけです。 シフトのゲートは2020年の春分点にをピークを迎えますが、慌てる必要もありません。 私たちが現実だと認識している、幻想のゲームに気づき、統合へのプロセスを淡々と 選択していくだけなのです。 今、すべての人類に平等に目醒めとシフトへ誘う招待状が宇宙から届いています。 この本はこのビッグウエーブを乗りこなすためのパスポートとして用意されました。 この宇宙の仕組みはシンプルですから難しいことは何一つありません。 私は本を選ぶときに「目次」を結構重視します。 同じような方のご参考になれば幸いです。 はじめに... 2 『大天使ミカエル』チャネリングメッセージ p. 18 目醒めは特別なことではない p. 21 リミットは、2020年 p. 25 まずガイアに、次は人類にやって来る p. 30 目醒めると軽やかになっていく p. 33 目醒めは、覚悟を決めた人だけに訪れる p. 38 地球はゲームの場 p. 41 強い臨場感を求めて p. 43 真実の私はここにはいない p. 44 極限まで進むと戻るしかない p. 52 地球で生み出した周波数を変えていく p. 60 抜けられないピラミッド構造 p. 63 真実の上昇気流へ p. 66 偽りのマトリックス p. 70 目を醒ます覚悟を決める p. 73 目醒めた世界と眠った世界 p. 85 地球の周波数を外していこう p. 100 すべてはただの記憶 p. 104 一瞬一瞬は連続してはいない p. 107 目醒めとアセンション p. 109 この世の中はイリュージョン p. 110 今の自分を変えればすべてが変わる p. 113 自分を変える=周波数を変える p. 115 地球の周波数を捉えて外す p. 120 僕たちはハイヤーセルフそのものである p. 128 ステップ1 覚悟を決める p. 128 ステップ2 エゴと手を取り合う p. 132 ステップ3 グラウンディング p. 136 ステップ4 新しく生まれ変わる p. 141 ステップ5 統合のワーク p. 154 本当の自分に繋がるエクスタシー p. 160 自分の周波数を変える p. 162 人類における使命とは p. 163 おわりに p. 168 著者の本は、2冊目のみ読んだことがあります。 言わんとしていることに一貫性があるということでもありますが、 正直なところ内容が結構被っていると感じましたので星は4つにいたします。 並木さんが2020年がタイムリミットとおっしゃるので、今までのんびり構えていた私は、やはり「解脱」を人生の最優先課題にしなきゃな、と改めて思わされる一冊となりました。 彼は、この目覚めを邪魔する存在のことも語っています。 これには驚き。 イルミナティ・ロックフェラー・ロスチャイルド・人工地震・気象兵器・911の嘘・テロやエイズの嘘、そして人口を5憶に減らそうとしている人たちがいるのは知っています。 彼も、恐らくそのことを言ってるのでしょうか?。 マスコミは怖いですね。 そして期待したワークですが、う~ん私にはちょっと無理でした(笑)。 いかにもスピリチュアルチックで。 私も昔はスピリチュアルにはまって、人の前世を見たり、透視やチャネリングもしましたが、だから何?という感じで、離れました。 今でも高次からの声が聞こえたりメッセージは受けますが、昔よりも高度で、解脱を後押ししてくれる内容に変わってきました。 ラマナ・マハルシやニサルガダッタ・マハラジなど、彼らの教えのほうが実践的で、しっくりきますし、実際驚くほどの変容と、理由のない至福が何度も訪れ、笑いを抑えるのに苦労するくらいです。 しかし、エゴがまだ存在するので、他の人のアプローチも参考にしようとこの本も買いました。 しかし…彼の教えで目覚めていく(「私」はいないと悟る)人は、どれくらいるのでしょうか?。 この方法だと、年数がかかりそうです。 実際、アドヴァイタと呼ばれるムージやプンジャジの目の前で目覚めていく人たちを見て(動画などで)、そして私も自らの体験で実感しているので、雲をもつかむような並木さんの教えは、ちょっと遠回りかな?と感じました。 でもね、向いている人にはいいと思うんです。 しかし、もう時間がないなら、直接「私は誰か」と偽の世界を見破っていくほうが、近道なようも気もするのですよね。 こればっかりは、人それぞれですね。 並木さんのワークは、イメージ力のない人にはちょっと難しいでしょうが、やってみる価値はあると思います。 何もしないより、ワークに取り組んでいるほうが、全然いいですよ。 どんどん内側とつながっていくことは大切です。 私も、内側からの声に何度助けられたことか。 外ではなく、内に向かってください。 沈黙に愛を注いでください。 私たちが本来至福であったこと、これは真実です。 自分にはどんなアプローチが合っているのか、とことん追求してほしいです。 ふとした拍子に、自分が操縦席に座っていて、世界が遠く離れたところにある感覚に、驚かされますよ。 一時的にでも、こういう体験は、目覚めを後押ししてくれます。 私の例をとっても、ただ「思考や行為者は、私ではない」そう思っただけで、何度かシフトを体験できたのですから(並木さんとやり方は全然違いますが)。 確かに、2012年から、こういう変化は起きています。 簡単に、容易に、繋がりやすくなってます。 だから、実践するなら、自分にあった方法で、ぜひ、真剣に向き合ってください。 今がチャンスです。 本当に。 イメージや思考自体、エゴを強化するので、私には合いませんでした。 でも、このワークがしっくりくるという人には、ぜひおすすめしたいですね。 並木さんの他の2冊の本も読んだのですが、今作はさらに読みやすかったです。 眠りの体験をするために今まで使っていた、重たい周波数を外し、本来の自分に目醒める統合のワークのことが重点的に分かりやすく書かれています。 また、章ごとに高次の存在からのチャネリングメッセージも入っていました。 今作には前の2冊には書かれていなかったグラウンディングの方法と、一度上げた波動をキープしておく方法が書かれていて、 まさに自分が知りたかったことだ!と思いました。 というのも、これまでの本に書かれていたワークをやっているのですが、変わりたくない自分の抵抗が強く出たり、一度波動が上がってもまた下がることを繰り返すことがあったんですが、 まさにそれを解決するワークが書かれていたんですよね。 変わりたくない自分=エゴの自分に、もう目醒めるからね、今までありがとう!と言ってあげるのを忘れてました。 そして今作に書かれていた統合の方法が、自分にすごくしっくり来てやりやすかった。 この本に惹かれる人はこのタイミングで目醒めると決めてきた人。 そして自分が目醒めることでまわりの人にも目醒めの波を広げていく人だと思います。 目醒めを促す電波塔になる、という言葉に、20年前に、仲間と一緒に苔むした井戸から光の柱を立ち上げるためにここにいる、という夢を見たことを思い出しました。 まさに私に必要だった部分でした。 読後ワークをして一気に、まさに一気に統合が進みさらにハイヤーセルフと繋がった感覚を得ることができました。 なんとなくではなく確かな感覚としてです。 イメージするのが苦手でワークは向いてないと思っていらっしゃる方もいらっしゃるでしょうが、私もそんなに得意だとは思えませんがとにかく統合したい一心です。 もうアガらなければならないと必死です。 最初から上手くいかなくても諦めないで!必ず変わってきますから!一緒にアガりましょうよ!私は絶対にアガります! 必死にやらなければならない事なのかと嫌煙されてしまうかも知れませんが、統合の先にあるエクスタシーが感覚として掴めてきたので中途半端じゃなく、どっぷり快楽に浸かりたいんです(笑) 並木さんの他の著書と重複する部分もあるかと思いますが、切り口や表現が違っていることで「ハッ」とする事もあると思いますし、何よりもワークの内容がより深いので、是非試して欲しい! もともと神経症を持ってた私でしたが、自分をポジティブに励まし続けながら、ネガティブな波動を外そうと一生懸命になっていました。 気がついたら楽しみながらどころではなく、少しのネガティブも恐怖で耐えられなくなり、不安のことでいつも頭がいっぱいになってしまいました。 すっかり強迫観念に捕らわれてしまっていました。 ポジティブでなければ生き延びられない、ポジティブでなければ気が狂ってしまうかもしれないという思い込みにまで発展してしまうまでに。 アネモネの最新号で、ネガティブ49%ポジティブ51%でニュートラルでいいのだと並木さんの記事にありましたが、それをもっと早くこの本の中で説明が欲しかったです。 もしや、私のような事態に陥ってしまった人が他にもいたのでしょうか。 せっかく一年近く止められていた安定剤服用を再開せざるを得ない状態になってしまって悲しいです。 精神安定剤のお世話にならなければ日常生活が苦しくてたまらないような人間は、もしかして目覚めることが無理なんじゃないかと考えると泣けてきます。 自分の思い込みの激しさにも嫌になります。 ネガティブだって自分なのに、排除しようと躍起になっていました。 自分自身に敵対してしまっていました。 今は、ネガもポジも丸ごと自分だと、ネガティブの部分も生きてたらあるものなんだと、それを抱えながらいても気が狂ったりはしない、生きていられるんだと自分を落ち着かせることを心の中心に置いています。 私よりも私を熟知しているというハイヤーセルフに、どうか守りと導きをと祈りながらなんとか一日一日を生きています。

次の

9月22日に向けて=秋分の日から11月末までの秋のシフト=

並木 良和 ユーチューブ

全国に約5千人のクライアントを持つ。 個人セッションは通常で半年待ちになるスピリチュアル・カウンセラー。 幼少の頃より霊的な世界に通じ様々な体験を重ねる中、ガイド(守護霊)達の導きのもと、日本有数の霊能力者である船越富起子氏に師事。 約10年の研鑽を積む。 2004年天使界・神界から導きを受ける。 ガイド達の予告通り2006年より本格的にサイキック(霊能力者)としての道を歩み始める。 現在は、ガイドたちからのメッセージを伝える個人セッションを始め、各人の持つ潜在的なサイキック・アビリティー(霊能力)を引き出し高め、日常生活に役立てるワークショップ等を不定期で開催している。 ご挨拶 スピリチュアル・カウンセラーの 並木良和です。 僕にとって スピリチュアルに触れる事は 物心ついた頃から とても自然な事でした。 小学四年の頃には 自分は霊能力者として生きるのだと 既に深い部分で確信していたのを覚えています。 そして「この道」に入るまでは 越えなければならない様々な試練とも言うべきものがありました。 その為 とても苦しい日々を送る事もありましたが 師匠やガイド 守護霊 達の導きの元 自分と向き合い 一つ一つ手放す中 本来の自分と繋がり 持ち合わせていた霊的な能力も 覚醒して行く事となりました。 現在は その能力を通して 各人を守護するガイド達から 必要なメッセージを伝える事で その方の魂に沿った道を明らかにし より豊かで幸福な人生を歩んで頂ける様 微力ながら勉めさせて頂いております。 また 人間なら誰もが持ち合わせている 霊的な能力を開花させる事で ガイド達とコミュニケーションを計り 人生に役立てるコースや リーディング スピリチュアル・カウンセリング やヒーリング 癒し を学ぶコース 本来の自分 ハイアーセルフ=宇宙意識 とダイレクトに繋がる事で 魂の覚醒を促すコース等 様々な内容でワークショップを開催させて頂いております。 世の中の流れを見ても分かる様に 現在 地球は 大きな変容の時期を迎えていますが その変化は 個人レベルでも起こっていて 多くの人々が 今まで当たり前だと思っていた生き方を 大きく変えて行かざるを得ない状況に直面しています。 ある人は 「安定」と言う掴まり棒を失い 先行きに不安を感じながら これから どう生きて行けば良いのかと嘆いていますし また ある人は 今まで見てみぬ振りをして来た想いや事柄が明るみに出る事で 自分に嘘がつけなくなり 仕事や関係性を 大きく変えて行く必要に迫られているのです。 ですが これは「本当の自分」に目醒め「自分にとっての真実」を生きる大きなチャンスです。 この変化のプロセスを 少しでも穏やかに移行出来る様 ガイド達と共にサポートさせて頂けたらと願っています。 今 困難な状況に直面していても 必ず そこを抜けて行ける時はやって来ます。 もちろん レムリアは実在し ハワイ諸島も その大陸の沈んだ名残であり 今もなお そのエネルギーを残しています。 多くの人達が ハワイに惹かれて この地を訪れますが このレムリアに過去世を持つ魂達の多くも 今 この時代に ハワイを訪れています。 現在 地球は 大きな変容の時を迎えていますが その地球が癒される為に このレムリアのエネルギーは とても大きな役割を果たしています。 故に この地を訪れる人達は 自身のオーラに そのエネルギーを吸収し 自国へと持ち帰り 関わる人や土地に 癒しのエネルギーを 知らず知らず送っていたりもするのです。 特に この時期 オアフ島のホノルルには ポータル 高次元と地球を繋ぐエネルギー的な門 が開き 先祖から連なる家族や 友人 パートナー等の人間関係におけるカルマ的な繋がりを癒すエネルギーに満ちている為 それらを解消する為に 無意識に訪れている人達もいます。 僕自身 レムリアと深い関わりを持つ事から 今回 これからの地球にとりましても 大切なエネルギーを有するハワイで ご縁のある方に 個人セッションや ワークショップを通して 交流出来ます事を 楽しみにしています。 僕のガイド達は この企画を通して訪れる人々の多くは かつてレムリアに転生していた魂であると伝えて来ています。 そして この時期に訪れる事を計画し これからの地球の為に とても大切な役割を果たすと言う 大きなプロジェクトの一環であるそうです。 是非 ご縁のある方々に その内容を含め 大切なメッセージやスキルをお伝え出来ます事を 楽しみにしています。

次の

2020年アセンションの期限は並木さんが決めた?

並木 良和 ユーチューブ

低い周波数を感じたら形と重量感を自分の中でイメージして、磁石の手で引き出して、身体の外で出来るだけイメージする。 それを宇宙の方に向かって投げてザっと砂になって宇宙に吸い込まれていくのを見る。 黄金の光になってくるので、その光をハートのあたりに全部吸い込む。 キラキラを出来るだけイメージする。 すると上がってる感じがする。 一呼吸。 そしてお腹の方に意識を向けてグラウンディングして終了。 意識の世界でダイヤモンドの上に立つ。 足元に地球、頭上にハイヤー、みなもとの垂直軸。 頭上から虹のシャワーを浴びる。 負の感情は光に浄化されて自動的に戻ってくるので、それを深呼吸。 足元プラチナシルバーウェーブのフィールドの上に立ち、頭上輝く星々と惑星の宇宙空間に居るイメージをする。 大気圏内は眠りの周波数なので、大気圏外の目醒めの磁場である光のフィールドのプラチナシルバーの上に立ち、宇宙空間に居るイメージをまず行うことで、眠りの周波数(ネガティブな周波数)がはずれやすいから。 この大気圏外の光のフィールドで統合ワークをしないと統合効果が出ないからということ。 頭上の高い源よりレインボーの光のシャワーがハイヤーセルフを通して、自分に降りて来る。 自分の不必要な周波数が浮上してくる。 目の前の天の川スパイラルにその不必要な周波数を黒く硬く重いボーリング球にして、いくつもビューンビューン飛ばし、天の川スパイラルの向こう側の源の光に返す。 これで頭上から源よりの光、浮上した不必要な周波数を源へ返すと陰陽の周波数の循環となり、統合となる。 このワークを常に行うとのこと。 このワークの時に頭上と自分の目の前に源を配置する。 胸の前にある扉をぱっかーんとあける• ビュンビュンとスナップをきかせるように、送り出しながら、オクタヒドロンの形の負の感情が源に向かって、たくさん出て源に吸い込まれていくイメージをする(右回転で)• 全部出たかな?とすっきりしたところで、1回深呼吸(波動調整)でおしまい。 源からもどってくる光のとこは、イメージしなくても勝手に来るものだからイメージしなくてもいい。 感情の扉を24時間開けっ放しにする。 重たいバイブレーションを感じたら、胸の扉からボウリングの大きさで八千トンのオクタヒドロン(正八面体)が飛び出して、目の前の天の川銀河に入っていく所をする。 軽くなったら、深呼吸します。 統合~って言うと、胸の扉から、オクタヒドロンがビュンビュン軽くなるまで出て行く感じ。 もちろん、ボウリングの玉のイメージもあり。 胸の前で扉をパッカーンと観音開きにする。 そこから不要な周波数を放出する。 (ハトでイメージしている人もいます)• そのあと筒を通って源に繋がりそこから光となって自分に帰ってくる。 歩いてても出来る。 ありがとう。 」or「私が三次元密度の生き方を辞め、新しい次元で存在できる在り方へと移行できるようにサポートして下さい」と唱えて寝るだけ。 箱の中に手放したい感情と爆弾を入れて爆破し、こっぱみじんにしてきらきら光って元に戻れ!と言う。 すっきりし、手放し感が強い。 手を開いて不要な物を手放す意識でやる。 【並木良和さん書籍・DVD一覧】• 【プロフィール】 EMMA エマ 1985年生まれ。 セラピスト。 ブロガー。 美味しいカフェオレと宇宙が好き。 4人家族。 内的には『エンパス体質』を持ち、ネガティブな感情を敏感に感じとってしまう性質があった。 物心つく頃から生きづらさを感じ、自己愛を見出せず自己否定を繰り返す。 人生の極限を迎えた32歳、『宇宙理論』に出会い、本当の自分を思い出していく。 自分自身を思い出していく事で、自分の抱えていた内的な苦痛が無くなって行き、生きている事への喜びを感じる様になる。 経験や、学び、感じた事を自由にブログを通して発信しています。 必要な人々に届きます様に。 愛を込めて。 182•

次の