アライアンス バーン スタイン。 インターナショナル・テクノロジー・ポートフォリオ

投資信託 アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース毎月決算型(為替ヘッジなし)予想分配金提示型/マネックス証券

アライアンス バーン スタイン

2632本 業界屈指の株式取引手数料、投資信託取扱本数はトップクラスの品揃え、充実のトレーディングツール「マーケットスピード」は投資初心者の方にも好評です。 2615本 あなたのペースにあった投資をサポートします。 インターネットでの取引のこと、商品・サービスのこと。 どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。 買付金額又は買付方法により手数料が異なる場合がありますので、ご購入の際にお確かめください。 当サイトの運用については万全を期しておりますが、その情報の正確性、安全性その他を保証するものではありません。 掲載情報によって生じたいかなる損害についても、弊社は一切の責任を負いません。 データは過去の実績によるものであり、将来の運用実績を予測するものではありません。 掲載情報は予告なく、内容の変更、削除等が行われることがあります。 投資信託をご購入の際は、必ず目論見書の内容をご確認の上、ご自身でご判断ください。 弊社はファンド情報の提供のみを行っており、金融商品取引業、金融商品仲介業や銀行代理業を行っているものではありません。 弊社では掲載企業のサービスに関するご質問にはお答えできません。 各金融機関へ直接お問い合わせください。 com限定特典やその他キャンペーン・特典については各掲載金融機関において実施されるものであり、掲載金融機関による募集要綱等を十分にご確認ください。 販売手数料は税込・最大のもの又は税込・最小〜税込・最大を掲載しています。 投資信託の名称は略称名を使用している場合があります。

次の

価格.com

アライアンス バーン スタイン

アライアンス・バーンスタイン株式会社 AllianceBernstein Japan Ltd. 市場情報 非上場 本店所在地 〒100-0011 内幸町二丁目1番6号 設立 1996年10月28日 その他 代表者 (社長) 資本金 16億3,000万円 従業員数 107名(役員7名、監査役2名を含む) 関係する人物 (元) (元代表取締役社長) 外部リンク アライアンス・バーンスタイン株式会社(:AllianceBernstein Japan Ltd. 、略称: AB)は、に本社を置く世界有数の会社の日本法人。 ()グループに属する。 に本社を置く。 沿革 [ ]• - アライアンス・キャピタル・マネジメント・ジャパン・インク(米国デラウェア州法人)の東京支店を設立• - 関東財務局に有価証券投資に係る投資顧問業登録• 1987年 - 有価証券投資に関する一任契約に係る業務の認可取得• - エクイタブル・キャピタル・マネジメント・ジャパン(日本の投資一任業者)を吸収合併• - グロース株式の調査・運用部門を設置• - 年金基金の資産運用を開始• 1997年 - 日本で業界初の毎月分配型国内投資信託となった「アライアンス・ハイ・イールド・オープン」を設定• - 有価証券に係る投資顧問業登録• 1999年 - 投資一任契約に係る業務の認可• - アライアンス・キャピタル・マネジメント・ジャパン・インク東京支店の営業を譲り受け、商号をアライアンス・キャピタル・アセット・マネジメント株式会社に改める• - 債券の調査・運用部門を設置• - バリュー株式の調査・運用部門を設置• - ブレンド戦略の運用部門を設置• - 商号をアライアンス・キャピタル・アセット・マネジメント株式会社からアライアンス・バーンスタイン株式会社に変更• - 福岡営業所を設置• - AB未来総研設立• - アライアンス・バーンスタイン証券会社 東京支店の事業を一部譲り受ける 脚注 [ ].

次の

アライアンス・バーンスタイン・米国成長株投信Dコース|投資信託|エイチ・エス証券

アライアンス バーン スタイン

アライアンス・バーンスタイン・財産設計には、「アライアンス・バーンスタイン・財産設計2020」、「アライアンス・バーンスタイン・財産設計2030」、「アライアンス・バーンスタイン・財産設計2040」および「アライアンス・バーンスタイン・財産設計2050」があります。 投資対象ファンド *を通じて、日本株式、海外株式、日本債券、海外債券および世界の不動産投資信託(リート)の各資産クラスへ分散投資します。 *投資対象ファンドとは、当ファンドが投資対象とする投資信託証券をいいます。 なお、将来の市場構造等の変化によっては、投資対象とする資産クラスまたは投資スタイルを見直す場合があります。 ・ 投資対象ファンドの合計組入比率を高位に維持することを原則とします。 ・ 日本の短期金融商品へも投資します。 基本資産配分は、時間の経過にしたがい、より保守的に変更します。 ターゲット・イヤー以降の経過期間が長くなるにしたがい、信託財産の保全とインカム収益の獲得を重視します。 そのため、株式への投資割合を高位とする配分から、徐々に債券や短期金融商品への配分を高め、ターゲット・イヤーから15 年経過後を目処に債券と短期金融商品中心の資産配分へと変更します。 なお、将来の市場構造等の変化によっては、基本資産配分を見直す場合があります。 投資対象ファンドの組入比率が基本資産配分比率から大幅に 乖離した場合は、一定の規律あるリバランスを行って基本資産配分へ戻す調整を行います。 当ファンドが組入れる投資対象ファンドの実質外貨建資産に対しては、原則として、資産クラス別に為替ヘッジを行います。 運用は、マルチ・アセット型ポートフォリオの運用に特化した部門が行います。 *アライアンス・バーンスタインには、アライアンス・バーンスタイン・エル・ピーとその傘下の関連会社を含みます。 ファンド・オブ・ファンズ方式で運用を行います。 )をいいます。 ・ 分配対象額の範囲は、経費控除後の利子・配当等収益および売買益(評価益を含みます。 )等の全額とします。 分配金額は、委託会社が基準価額水準、市場動向等を勘案して決定します。 ただし、将来の収益分配金の支払いおよびその金額について保証するものではなく、分配対象額が少額の場合等には、収益分配を行わないこともあります。 (収益分配金に関する留意事項) ・ 分配金は、預貯金の利息とは異なり、ファンドの純資産から支払われますので、分配金が支払われると、その金額相当分、基準価額は下がります。 ・ 分配金は、計算期間中に発生した収益(経費控除後の配当等収益及び評価益を含む売買益)を超えて支払われる場合があります。 その場合、当期決算日の基準価額は前期決算日と比べて下落することになります。 また、分配金の水準は、必ずしも計算期間におけるファンドの収益率を示すものではありません。 ・ 投資者のファンドの購入価額によっては、分配金の一部または全部が、実質的には元本の一部払戻しに相当する場合があります。 ファンド購入後の運用状況により、分配金額より基準価額の値上がりが小さかった場合も同様です。

次の