ワークマン 靴下。 ワークマンの靴下安すぎ、ありがとう。

ワークマンの靴下 5本指はやみつきになる履き心地!

ワークマン 靴下

ワークマン FieldCore『メリノウール靴下 ソックス 』 大人気で品薄と聞いていましたが、店頭で見つけました! NEWのポップがついている陳列棚に並ぶ、メリノウール靴下さん達。 ワークマンで売っているこのメリノウール靴下には、ショート丈・ミドル丈の2種類のサイズがあります。 カラーは、「グレー・カーキ・パープル」の3色展開。 サイズは24. 5~27cm。 ワークマンが展開するアウトドアブランド、「FieldCore」の商品です。 何度も言いますが、このメリノウール靴下は 一足税込580円です。 メリノウールを使っているのにこの価格は、かなりのお買い得。 お値段は高いんですが、その分メリノウールを使ったウェアは高機能。 特にインナーや靴下などのアンダーウェアに使われる事が多い人気の素材です。 そんな高価と言われているメリノウールを使った靴下が、 アウトドアブランドの約4分の1ほどの価格で購入できるのなら買わないわけにはいきません。 自分もメリノウール靴下が欲しい!! ちなみに妻は、モンベルのメリノウール靴下を持っています。 仕事でも普段でもキャンプでもしょっちゅう履いていますが、履き心地がよく保温性も高いので、冷え性の妻にはかなり重宝しているようです。 ワークマンのメリノウール靴下を買い足したかったんですが、足のサイズが22cmなので買いませんでした。 ワークマン メリノウール靴下をレポ! では、税込580円で買えるメリノウール靴下をさくっとレポしていきます!! メリノウール靴下、見た目は普通 購入してきたのは、グレーを2足とカーキを1足。 見た目には、よくある普通の靴下です。 こちらは、くるぶしあたりまでの長さがある 「メリノウールミドルソックス」。 タグはこんな感じ。 「Middle Length」と記載されています。 こっちは、スニーカーにあわせやすい 「メリノウールショートソックス」。 タグはこんな感じ。 「Short Length」と記載されています。 ミドルもショートも、サイズは24. 5~27cmのみのワンサイズです。 つま先部分には 「FildCore」のロゴデザインがどーんとはいってます。 大きめなロゴなので、履いてみるとそこそこ目立ちます。 サンダルだとロゴがバッチリ見えますね。 この大きなロゴデザインが気に入らない!! って言う人もいるかもしれません。 自分は特に気にしませんけど。 メリノウール靴下、3つの特徴 パッケージ裏側、上半分に3つの特徴がのっています。 つま先・かかとパイル そして3つ目の特徴である「パイル素材」。 これは、かかととつま先部分にパイル素材が使われてます。 裏返すとこんな感じ。 たしかに、カカトとつま先にふわふわなパイル素材が確認できます。 このパイル素材があると、履いた時に履き心地が柔らかくていいんですよね。 実際の履き心地をチェック くるぶしあたりまで隠れる長さのミドル丈を履いてみるとこんな感じ。 ショート丈だとこんな感じです。 ショート丈は、かかとを包み込むような独特な形状をしています。 これで、靴を履いている時に靴下が脱げにくくなるような感じがします。 そして肝心の履き心地は、 すごくいい! 履いた感じ、チクチクしない優しい肌触り。 ストレッチ性もあるので履きやすいし、パイル生地もふわふわしていて、いい感じ。 サイズは24. 5~27cmとワンサイズです。 自分の足のサイズは27~27. 5cmくらいなのできつくなるかなと想像していましたが、全く問題ありませんでした。 ストレッチ性が効いているからか、きついことはなく、むしろちょうどいいくらい。 保温性と防臭効果も期待できるので、これからの冬キャンプで重宝しそうです。 メリノウールショートソックスとメリノウールミドルソックスの素材の含有率を教えていただけますか?? こんな質問に答えていただけるのかとてもドキドキでしたが、意外にも1時間程度で返信があったんです。 以下、メールより抜粋します。 って思う人もいるかもしれません。 では、 約60%って高いのか低いのか。 他ブランドの靴下を調べてみると・・・含有率が載っていない商品って結構多い!! ちなみに 価格は約3,000円。 そう考えると、 ワークマン激安じゃん!! ご回答いただいた商品部の方、ありがとうございました!! 使い始めて3ヶ月・・・耐久性はどうなの?? このメリノウール靴下を購入したのは2019年11月。 購入してから、毎日ずーっとこの靴下を履いています。 メリノウールのおかげか、さらっとした肌触りがよい。 ふわふわで厚みのあるパイル素材とストレッチも効いているので履き心地の良さは抜群。 通気性がいいのに保温効果も高い。 また、ショート丈・ミドル丈ともにカカトからずれてくる事もありません。 この写真では、少し毛玉を取った状態。 洗濯への耐久性が弱いのか、パイル素材部分の毛玉の発生率はとんでもないことになっています。 そのためか、購入当初よりもクッション性が少し落ちた感じがあります。 長持ちさせる為にも洗濯ネットにいれて洗濯したほうがいいかもしれませんね。 穴はまだ開いていません。 今年は暖冬だからかこの靴下でも十分に過ごせていますが、真冬向けとしてはもっと生地に厚みが欲しいです。 妻の持っているモンベルのメリノウール靴下は全体にパイルが入っているのでかなり厚めです。 対してワークマンの靴下のパイルはつま先・カカト部分のみ。 1年を通して使う靴下であればこのままでも良さそうですが、 真冬向けの靴下としては少々物足りない感じがしました。 まとめ というわけで、ワークマンのメリノウール靴下のレポでした。 少々気になる点はあるものの、この仕様で税込580円ならばかなりコスパ良いアイテムなんじゃないでしょうか。 これでキャンプ中の足の匂いを抑えられるかな・・・。 まだ穴はあいていませんが、この価格ならダメになっても買い替えやすいのもいいですね。 と思っていたら、では今季販売終了したらしいです(泣) あとは店舗に在庫があればラッキーという感じでしょうか。 今度お店で見つけたら買い足しておこうかな。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

ワークマンの靴下 5本指はやみつきになる履き心地!

ワークマン 靴下

ワークマン FieldCore『メリノウール靴下 ソックス 』 大人気で品薄と聞いていましたが、店頭で見つけました! NEWのポップがついている陳列棚に並ぶ、メリノウール靴下さん達。 ワークマンで売っているこのメリノウール靴下には、ショート丈・ミドル丈の2種類のサイズがあります。 カラーは、「グレー・カーキ・パープル」の3色展開。 サイズは24. 5~27cm。 ワークマンが展開するアウトドアブランド、「FieldCore」の商品です。 何度も言いますが、このメリノウール靴下は 一足税込580円です。 メリノウールを使っているのにこの価格は、かなりのお買い得。 お値段は高いんですが、その分メリノウールを使ったウェアは高機能。 特にインナーや靴下などのアンダーウェアに使われる事が多い人気の素材です。 そんな高価と言われているメリノウールを使った靴下が、 アウトドアブランドの約4分の1ほどの価格で購入できるのなら買わないわけにはいきません。 自分もメリノウール靴下が欲しい!! ちなみに妻は、モンベルのメリノウール靴下を持っています。 仕事でも普段でもキャンプでもしょっちゅう履いていますが、履き心地がよく保温性も高いので、冷え性の妻にはかなり重宝しているようです。 ワークマンのメリノウール靴下を買い足したかったんですが、足のサイズが22cmなので買いませんでした。 ワークマン メリノウール靴下をレポ! では、税込580円で買えるメリノウール靴下をさくっとレポしていきます!! メリノウール靴下、見た目は普通 購入してきたのは、グレーを2足とカーキを1足。 見た目には、よくある普通の靴下です。 こちらは、くるぶしあたりまでの長さがある 「メリノウールミドルソックス」。 タグはこんな感じ。 「Middle Length」と記載されています。 こっちは、スニーカーにあわせやすい 「メリノウールショートソックス」。 タグはこんな感じ。 「Short Length」と記載されています。 ミドルもショートも、サイズは24. 5~27cmのみのワンサイズです。 つま先部分には 「FildCore」のロゴデザインがどーんとはいってます。 大きめなロゴなので、履いてみるとそこそこ目立ちます。 サンダルだとロゴがバッチリ見えますね。 この大きなロゴデザインが気に入らない!! って言う人もいるかもしれません。 自分は特に気にしませんけど。 メリノウール靴下、3つの特徴 パッケージ裏側、上半分に3つの特徴がのっています。 つま先・かかとパイル そして3つ目の特徴である「パイル素材」。 これは、かかととつま先部分にパイル素材が使われてます。 裏返すとこんな感じ。 たしかに、カカトとつま先にふわふわなパイル素材が確認できます。 このパイル素材があると、履いた時に履き心地が柔らかくていいんですよね。 実際の履き心地をチェック くるぶしあたりまで隠れる長さのミドル丈を履いてみるとこんな感じ。 ショート丈だとこんな感じです。 ショート丈は、かかとを包み込むような独特な形状をしています。 これで、靴を履いている時に靴下が脱げにくくなるような感じがします。 そして肝心の履き心地は、 すごくいい! 履いた感じ、チクチクしない優しい肌触り。 ストレッチ性もあるので履きやすいし、パイル生地もふわふわしていて、いい感じ。 サイズは24. 5~27cmとワンサイズです。 自分の足のサイズは27~27. 5cmくらいなのできつくなるかなと想像していましたが、全く問題ありませんでした。 ストレッチ性が効いているからか、きついことはなく、むしろちょうどいいくらい。 保温性と防臭効果も期待できるので、これからの冬キャンプで重宝しそうです。 メリノウールショートソックスとメリノウールミドルソックスの素材の含有率を教えていただけますか?? こんな質問に答えていただけるのかとてもドキドキでしたが、意外にも1時間程度で返信があったんです。 以下、メールより抜粋します。 って思う人もいるかもしれません。 では、 約60%って高いのか低いのか。 他ブランドの靴下を調べてみると・・・含有率が載っていない商品って結構多い!! ちなみに 価格は約3,000円。 そう考えると、 ワークマン激安じゃん!! ご回答いただいた商品部の方、ありがとうございました!! 使い始めて3ヶ月・・・耐久性はどうなの?? このメリノウール靴下を購入したのは2019年11月。 購入してから、毎日ずーっとこの靴下を履いています。 メリノウールのおかげか、さらっとした肌触りがよい。 ふわふわで厚みのあるパイル素材とストレッチも効いているので履き心地の良さは抜群。 通気性がいいのに保温効果も高い。 また、ショート丈・ミドル丈ともにカカトからずれてくる事もありません。 この写真では、少し毛玉を取った状態。 洗濯への耐久性が弱いのか、パイル素材部分の毛玉の発生率はとんでもないことになっています。 そのためか、購入当初よりもクッション性が少し落ちた感じがあります。 長持ちさせる為にも洗濯ネットにいれて洗濯したほうがいいかもしれませんね。 穴はまだ開いていません。 今年は暖冬だからかこの靴下でも十分に過ごせていますが、真冬向けとしてはもっと生地に厚みが欲しいです。 妻の持っているモンベルのメリノウール靴下は全体にパイルが入っているのでかなり厚めです。 対してワークマンの靴下のパイルはつま先・カカト部分のみ。 1年を通して使う靴下であればこのままでも良さそうですが、 真冬向けの靴下としては少々物足りない感じがしました。 まとめ というわけで、ワークマンのメリノウール靴下のレポでした。 少々気になる点はあるものの、この仕様で税込580円ならばかなりコスパ良いアイテムなんじゃないでしょうか。 これでキャンプ中の足の匂いを抑えられるかな・・・。 まだ穴はあいていませんが、この価格ならダメになっても買い替えやすいのもいいですね。 と思っていたら、では今季販売終了したらしいです(泣) あとは店舗に在庫があればラッキーという感じでしょうか。 今度お店で見つけたら買い足しておこうかな。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

【機能&コスパ最強】<ワークマン>フィールドコアの名作&アウトドアで使える逸品をおすすめします!|YAMA HACK

ワークマン 靴下

蒸れる季節だ。 臭うぞ……スメルハラスメントなんていう言葉があるように、漂う臭いは無視できない問題である。 体臭の中でも、 足のニオイに悩む男性は多いのではないだろうか? そんな問題を解決するためか、消臭効果がついている靴下も数多く販売されている。 しかし、 安くて臭いを防げるのはどのブランドなんだ? そんな疑問をいだいた私は、ユニクロとワークマンに絞り、どちらが悪臭を防げるか比べてみたぞ! ・検証の方法 まず、検証のために選んだ靴下と検証方法をご紹介したい。 靴下はスーツなどにも履けるような、 スタンダードなデザインのものを選んだ。 ユニクロは「スーピマコットンのレギュラーソックス」1足で税込390円。 ワークマンは「FINE ASSIST」3足セットで税込980円で、1足あたりの値段は少しユニクロの方が少し高めである。 さて、これらの靴下を左足と右足に1足ずつ履いて、どちらが悪臭を防げるか検証していこう。 なお、 私の精神的な限界を考えて、着用期間は7日間とさせていただきたい。 予想としては、もとより作業着を専門としているワークマンが有利ではないかと思っている。 次に臭いの測定方法を紹介しよう。 使うものはドライヤーと口臭チェッカーだ。 まずはドライヤーの口に靴下をとりつける。 そして、冷風モードで臭いを飛ばして口臭チェッカーで測る。 これぞ靴下スメルチェッカーだ!!! この世紀の発明を使って白黒つけようではないか。 なお、口臭チェッカーの数値による匂いの目安は以下の通りである。 いきなり「 強い口臭を感じる時があります」と判断されたわけだが、おそらく靴下の繊維とかの匂いが反応しているのだろう。 はたして、この数値からどれだけ上がっていくのか。 ・検証開始 私は洗濯をせずに履き続けた。 雨の日も風の日も。 終盤になると部屋を歩いた時に、ミチッミチョ……ミチッミチョ……と床に張り付く音がする。 そして私は測り続けた。 どのタイミングでどれだけの悪臭になるのかとワクワクしながら…… だがしかし! 測れど測れど「3」以外の数字は表示されなかった。 7日間が経過したところで、どちらの靴下も「3」から変わらないのである。 つまり臭いが変わっていない!? 見た目は白っぽく粉も吹いていて臭そうだが…… もしかしたら口臭と足の臭さは別物なのだろうか。 試しに鼻に近づけて臭いをかいでみよう。 自分が履いてきた靴下で失神するのはイヤだが、高い精度で結果を求めるならこの方法しかあるまい。 クンクン…… あっ…… あああっ…… ぜんぜん臭くない!!! ここまで臭いを抑えるのはすごい! が、記事としてはなんとも言えない結果になってしまった。 「 こうなったら臭うまで履き続けてやる!」と戦うことを決意したものの、指の間がジュクジュクして身の危険を感じたため、やむなく断念することに。 これってもしかして…… ・結果はドロー 歩く頻度や体質などで変わるかもしれないが、私が履く限りでは、ユニクロの靴下もワークマンの靴下も7日間ならば洗濯をしなくても悪臭を発することはなかった。 結果としてはドローであり、どちらも勝者である。 しかし、臭わないからと言って洗濯しないで履き続けると、私みたいに指の間がジュクジュクになってしまうので気を付けて欲しい。 水虫じゃなければいいなぁ…… 参照リンク:、 Report: Photo:RocketNews24.

次の