ブイ キューブ 株価。 ブイキューブ(3681)

個人投資家の意見「売り」に賛成

ブイ キューブ 株価

0 3,625. 5 4. 8 2,888. 9 4. 9 2,393. 4 4. 9 2,219. 4 4. 1 2,285. 8 4. 33 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

ブイキューブが7連騰、高収益サービス好調で20年12月期営業利益予想を上方修正

ブイ キューブ 株価

企業名 ブイキューブ 市場 東証1部 業種 情報・通信業 事業内容 ビジュアルコミュニケーションツールの企画・開発・販売・運用・保守や、企業などへビジュアルコミュニケーションサービスの提供を行う。 関連テーマ ブイキューブ【3681】の株価推移・材料 「新型コロナウイルス」「テレワーク」「遠隔医療」などのテーマ性に絡み物色人気強まる!! ビジュアルコミュニケーションサービス「V-CUBE」を通し、世界中どこでも働ける働き方・環境の実現を目指しているブイキューブ。 「 テレワーク関連」というテーマ性から物色人気が強まり2020年2月26日高値1,049円まで急騰してから注目されてきている印象ですが、3月26日あたりからまた大きく買われ年初来高値を4月1日高値1,483円まで更新してきていますね。 1を獲得• 2020年3月25日夜に 東京都の小池知事が「外出自粛要請」を発表し、翌日26日から大きく買われる展開となりました。 また、ブイキューブは遠隔集中治療ソリューション分野でケアネット 2150 、T-ICUと業務提携していて、遠隔服薬指導事業向けシステムを手掛ける 株 ミナカラにコミュニケーションツール「Agora. io Video SDK」を提供しており、関連テーマとして「 遠隔医療」が挙げられるのも買い材料視されてきているかもしれませんね。 ブイキューブの急騰を予想したオススメの株情報サイト ブイキューブはテレワーク市場拡大が追い風となることが予想され物色人気が強まった印象ですが、 同社株を押し目でしっかりと銘柄推奨していた株情報サイトが 「」です。 新生ジャパン投資の推奨実績はサイト内で見ることが出来ますが、3月19日推奨時株価728円でブイキューブを推奨。 ラジオNIKKEIの番組「源太緑星株教室」でコメンテーターをしている「高山緑星」こと「前池英樹」が代表を務めていて、これまでいくつも大化け銘柄を提供してきている株情報サイトですが、「テレワーク」「遠隔医療」という相場の流れに沿ったテーマ性を持つブイキューブは人気化し 短期で株価2倍超えと凄いですね。 2020年は新型コロナウイルスの感染拡大で関連性がありそうなテーマ性に物色人気が波及してきている印象ですが、短期急騰株を提供できているのは、個別銘柄の材料性をしっかりと分析し、相場の流れに沿った銘柄を提供してこれているからこそと言えそうですね。 新生ジャパン投資は株価2倍、3倍となるような銘柄をいくつも当ててきている印象ですが、 ブイキューブの配信内容を見ていた方は、この1銘柄だけでも結構な値幅を取れたのではないでしょうか。 相場が不安定で資金の逃げが早い印象なので、買いポジションは利益を確定させるタイミングが難しそうですが、新生ジャパン投資は銘柄相談を無料で行えるので、売買のタイミングに迷われることが多い人も安心して利用できる株情報サイトだと思います。 ブイキューブに上手く入れなかったと後悔されている方も多いのではないかと思いますが、まだ新型コロナウイルス関連で物色人気が波及してくる銘柄はあるかと思われるので、上手く今後の急騰株を狙いたいと思われる方は、「」のような相場の流れに沿った銘柄をしっかりと分析し配信してきている株情報サイトを試しにでも一度チェックしてみることをお勧めします。 新生ジャパン投資の「前池英樹」さんはラジオNIKKEIの番組「源太緑星株教室」で相場動向を当てに当ててきていますが、3月9日の無料銘柄メドレー 4480 、3月27日の無料銘柄MRT 6034 なども大きく株価を上げてきています。 配信情報をチェックされている方とチェックされていない方とでは今後の収支が大きく変わってくるのではないかと思われるので、効率良く上昇期待値が高い個別銘柄に関する情報を集めたいと思われる方は、是非ご自身の目で「」が取り上げる個別銘柄の推移を追ってみて下さい。

次の

ブイキューブが7連騰、高収益サービス好調で20年12月期営業利益予想を上方修正

ブイ キューブ 株価

個人投資家の意見「売り」に賛成 ブイキューブ 3681 の売り予想。 5963nori さんの株価予想。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の