揚げ足を取る 類語。 「揚げ足を取る」の意味と使い方、例文、語源、類語、英語

揚げ足を取る人の心理とは!揚げ足取りな上司/恋人/友人への対処法まとめ

揚げ足を取る 類語

公開日: 2018. 10 更新日: 2018. 10 「揚げ足を取る」の意味と使い方、例文、語源、類語、英語 「揚げ足を取る」という言葉をご存知でしょうか。 「揚げ足を取るような言い方」「揚げ足を取るばかり」などと使います。 「揚げ足を取る」は日常会話でも使うことが多いです。 では、「揚げ足を取る」とはどのような意味なのでしょうか。 「揚げ足を取る」と聞くと、あまり良いイメージはしませんよね。 普段からよく使う言葉ではありますが、正しく使うためには意味についてしっかりと理解する必要があります。 そこで今回は「揚げ足を取る」の意味や使い方、例文、語源、類語について解説していきます。 意味を適切に知って、上手く使えるようにしましょう! 「揚げ足を取る」の使い方と例文 相手の言動に対して、ある一部分を取り上げて当惑させることを表す場合に「揚げ足を取る」を使います。 大して気になる事ではないにも関わらず、その部分を強調するかのように取り扱います。 「揚げ足を取る」は、 人の言い間違いや失敗を取り上げる際に使うことが多いです。 「揚げ足を取る」は良い意味として使うことなく、主に悪いイメージを伴って使います。 例えば、 A:『今回の作品はいくらか出来が悪くなってしまったよ』 B:『今回だけではなくいつも出来が悪いけどね』 A:『そんな揚げ足を取るようなことを言わないでよ』 といったように使います。 言い回しとしては、 ・揚げ足を取られる ・揚げ足を取るような ・揚げ足を取ってしまう ・揚げ足取り などとなります。 例文 ・彼はすぐに人の揚げ足を取るような発言ばかりしているので、周りの人から嫌われている。 ・あの人は人の揚げ足を取るくせに、自分のミスを指摘されるとすぐに怒る。 ・叱られている時は揚げ足を取るのではなく、しっかりと相手の話を聞いた方が良いよ。 ・君は人のちょっとしたミスを必ず馬鹿にするが、揚げ足を取ることはやめた方が良い。 ・揚げ足を取っても良いことなんてないから、素直に相手の話を聞くようにしよう。 ・あなたは私の提案に揚げ足を取ってばかりいるけれど、自分はどう思っているのか言ってみてよ。 ・彼女は人よりも優位に立ちたいから、人の揚げ足を取って馬鹿にするのだ。 「揚げ足を取る」の類語 物言い (意味:人の欠点をあれこれと言うこと) 「物言いに注意しながら話す」 クレーム (意味:不平や不満を言うこと) 「あの人はクレームばかり言っている」 ケチをつける (意味:人の欠点を見つけて非難すること) 「彼女はケチをつけてくるから鬱陶しい」 重箱の隅をつつく (意味:物事の取るに足らない部分について悪く言うこと) 「重箱の隅をつつくようなことばかり言う人は苦手だ」 言葉尻を捕らえる (意味:相手のささいなミスについて、非難すること) 「彼は言葉尻を捕らえてあれこれと言う」 片言隻句(へんげんせっく)をとらえる (意味:些細な失敗を大きく捉えて、批判すること) 「片言隻句をとらえるようなことをして楽しいのか」 粗探しをする (意味:他人の欠点を探すこと) 「人の粗探しをする人とは関わらない」 欠点をあげつらう (意味:良くない点や改善が必要な点などを探すこと) 「欠点をあげつらっても良いことなどない」 落ち度を見つける (意味:人の失態や過ちを見つけること) 「彼は相手の落ち度を見つけて馬鹿にしてくる」 因縁をつける (意味:でたらめを言うこと) 「彼女は私にやたらと因縁をつけてくる」.

次の

揚げ足取りをする人の心理や特徴を解説!揚げ足を取る人の最適な対処法とは

揚げ足を取る 類語

「揚げ足を取る」の類義語をいくつか紹介していきます。 まず「ケチをつける」は人の欠点をあげて悪くいう意味です。 「言葉尻を捕らえる」という言葉は、人の失敗につけ込んで皮肉を言ったり攻撃するような言葉で、批判するという意味があります。 「粗探しをする」も、人の悪い所や欠点を探し出して悪く言う意味で使用します。 「欠点をあげつらう」は、人の些細な欠点など悪い面を指摘する様を指した言葉です。 「落ち度を見つける」とは、不注意や過ち、過失などを見つけた時に使います。 日常でよく耳にする「クレーム」は、苦情をうったえる事です。 「物言いをつける」という言葉は、決定した事柄などについて異議を唱えたり文句を付ける事をいいます。 この他にもまだまだ「揚げ足を取る」と似たような意味の言葉はたくさんあります。 揚げ足を取る人は周りよりも優れていると思われたい人でもあります。 「話を盛りがち」「目立ちたいが自信がない」「同意を求めがち」「人の評価が気になる」などが特徴です。 心理の裏側には劣等感が隠れています。 揚げ足を取る人は周りよりも劣っていると思っており、本当は自信がなく自己評価の低い人です。 「たくさんの人に認められたい」、「自分をよく見せたい」、「すごい人だと言われたい」、「愛されたい」という気持ちが大きいです。 自信はありませんが、自分はこんなもんじゃないと言う気持ちもありプライドもとても高いです。 その為、自分よりも劣っている人や失敗など、人のマイナスな部分を見つけ出して責める事で「あの人に比べたら自分は出来る」と優越感を感じるようです。 他人と比べ、自分を正当化する事で安心感を得ています。

次の

揚げ足を取る人の心理とは!揚げ足取りな上司/恋人/友人への対処法まとめ

揚げ足を取る 類語

Contents• 揚げ足取りとは 普段何気なく使っている「揚げ足取り」という言葉ですが、実際どんな意味があるか正確にわかりますか? 最初に「揚げ足取り」の意味や、似たような類語も合わせて解説していきます。 意味 「揚げ足を取る」とは、 相手が言い間違えたことや言葉尻、または失敗したことをからかったり皮肉を言ったりして、なじることをいいます。 これは相撲や柔道で、相手を倒すために「相手が揚げた足を取る」ことが由来になっています。 類語 「揚げ足を取る」と似たような慣用句に「 重箱の隅をつつく」という言葉があります。 これは、 どうでもいいような細かいことを指摘するようなことを指す言葉です。 そのほか「 片言隻句(へんげんせっく) を捉える」という慣用句も、相手の細かい間違いをとらえて大きく非難する意味で、揚げ足を取ると似た類語といえます。 揚げ足を取る人のうざい心理 人の間違いを大げさに捉えてなじられたら、男性でも女性でも「うざい」と感じますよね。 どうしてそんなことをしてしまうのか、揚げ足を取る人の心理を解説します。 自分が優位に立ちたい 揚げ足を取る人は、基本的に他人よりも自分を優位に立たせたいと思っています。 いわゆる マウンティングです。 些細なことを指摘することで、 周りから自分が優秀だと思わせたいのです。 相手に嫉妬している 揚げ足取りをする人は、嫉妬心の固まりだったりします。 いつも周囲の人に比べて自分が一番でないと気が済まない人は、自分より優秀な人や才能・人望に恵まれている人が許せません。 その許せない気持ちがやがて「 嫉妬」となり、 揚げ足をとって蹴落とそうという心理になるのです。 間違いを許せない 自分や他人に対して「 こうあるべき」 という意識が強い人が多いのも揚げ足取りをする人によくみられる心理です。 そのため、どんな小さなことでも人の間違いを見つけると、それを指摘せずにはいられません。 人の間違いにはとくに厳しく、周りから距離を置かれてしまうこともあります。 ストレスを発散したい 揚げ足取りをする人は、 人知れず競争心が高めなので、その分、本人は余計なストレスを抱えていることがあります。 その溜まったストレスを発散するために、人をなじったり、非難したりしてしまうのです。 自分のストレス発散の材料として揚げ足しを取られるのは、 いい迷惑でしかありません。 揚げ足を取る人のうざい特徴 揚げ足を取る人には心理と同様にうざい特徴もいくつかあります。 その特徴を把握すれば、彼らとの上手な付き合い方も見えてくるかもしれません。 さっそく、揚げ足取りをする人のうざい特徴を紹介します。 他人とすぐ比較する 自分が常に人より優位にいたいので、すぐに自分と他人を比較します。 そして、 相手の欠点や弱点を見つけると、 そこを攻撃して優位性を保とうとするのです。 「営業実績は俺(私)のほうが上」「異性に告白された数は自分のほうが多い」など、 すぐに他人と比較してくる人は揚げ足取りをする人の可能性が高いです。 常に他人の評価を気にしてる 揚げ足取りをする人は、基本的に自己評価が低く自信がありません。 そのため、 他人と比較したり、 他人から評価されたりすることでしか 自分を認めることができないのです。 自分の価値の判断基準となる「他人の評価」を異様に気にして安心しようとします。 コミュニケーション能力が低い 生きていく上で必要な人とのコミュニケーション能力が低いのも、揚げ足取りをする人の特徴です。 他人の考えよりも、自分の考えがどうしても優先になってしまうので、 相手の感情に配慮した会話が苦手です。 それが原因でコミュニケーションを取る上で相手との間に溝ができやすくなります。 とにかくしつこい 他人の揚げ足を取ることに執着しすぎているタイプは、とにかく 執拗に他者の欠点などを探すことにやっきになります。 そして、欠点を見つけるや否や、しつこく責めてなじるといううざい特徴があります。 連日同じ内容の失敗を責めてくるような人は、揚げ足取りの可能性大です。 自分が揚げ足を取られると激怒する 極めつきは、相手の揚げ足を取るときは平気なのに、 自分の揚げ足を取られると、 ものすごく怒ります。 揚げ足取りをする人は、自分に自信がないからこそ、なんとかして人の弱点をつき、相手より優位に立とうとします。 そうすることで、自分の自信のなさを補っているのです。 しかし、 相手に揚げ足を取られると、 相手に負けたと思い、 さらに自信を失う状況になります。 だからそんな状況を引き起こした相手に対して激怒するのです。 【状況別】揚げ足取りの適切な対処法 日常生活で、できればあまり関わりたくないタイプの揚げ足取りをする人ですが、万が一、身近な恋人や友人、職場の上司などがこのタイプだったら、どう対処すればいいのでしょうか。 最後に、関係性別に揚げ足取りをする人への適切な対処法について解説します。 恋人の場合 恋人が揚げ足を取るタイプの人で、その人のことが本当に好きでこれからも付き合っていきたいと思うなら、その 偏った性格を少しずつ直してあげることが大切です。 揚げ足を取られるごとに、自分自身が感じた感情、嫌な気持ちをきちんと話し、 相手がどれほどネガティブな感情を持つのかを知ってもらいます。 そして、もし恋人が他者に対して劣等感を抱いていて、自分に自信がないのなら、些細なことでも褒めたりして 自己肯定感を高められる手助けをすることも必要です。 友人の場合 友人のなかに揚げ足取りの人がいれば、深い人間関係でなければ、それ以上関わる必要はありません。 たとえ友人であっても、ネガティブな発言を受けたり、嫌味を言われたりしたら、嫌な気持ちにもなります。 でも、ここは大人の対応を心がけましょう。 揚げ足取りをする友人を 批判したりせず、 大人だからこそ、 軽く受け流すくらいの対応がちょうどいいのです。 職場の上司の場合 人の揚げ足を取るタイプが職場の上司にいた場合、なかなか距離を置けなくて厄介ですよね。 職場の上司に対しては、彼らの性格や行動を変えることはできないと考えましょう。 そのため、揚げ足を取られて嫌な気持ちや心理状態になっても、 反抗はせずその場を穏便にやり過ごすことだけに集中することをおすすめします。 たとえ不本意なことを言われても、同調して聞いているフリをするだけ相手の気持ちが収まることがあります。 揚げ足取りをする人とは関わらない方が吉! 揚げ足取りをする人の心理や特徴、身近な人への対処法を解説しました。 基本的に、揚げ足取りをする人が抱える 自信のなさや劣等感、人より優れている優越感を感じたいという根本的な性格は、 他者が変えることはできません。 そのため、揚げ足取りをする人と関わって嫌な気持ちになりたくないのであれば、 彼らとはなるべく関わらないようにすることが大切です。 揚げ足を取る人と、深く関わり自分が傷ついてエネルギーを消耗するのは無駄です。 まずは、自分を揚げ足を取る人から守ることを考えることが先決といえます。

次の