スポナビ 2021。 【2021年卒】大阪の合同説明会・オンライン合説【おすすめ】

スポナビキャリアってどう?しつこい?口コミから評判を検証!

スポナビ 2021

イベント参加者の方へ 新型コロナウイルス感染の現状を踏まえ、6月以降の就職イベント開催に向け、以下の感染予防対策を実施いたします。 オンライン型の就活イベントも並行して開催いたしますので、併せてご活用ください。 1.人が集まる場の前後も含めた適切な感染予防対策の実施• 会場入口にサーモグラフィを設置• 会場内の複数個所に消毒液を設置、手が触れる場所の定期除菌• 参加者、運営スタッフは全員マスク着用必須(来場時に着用されていない方へは配布)• 一定の座席間隔を確保• 2.クラスター 集団 感染発生リスクの高い状況の回避• 発熱、咳など体調不良の症状の有無を確認• 渡航歴の確認(14日以内に入国制限、観察期間を必要と発表されている国・地域への訪問歴)• 定期的な会場の換気• 混雑回避に向けた入場規制• 3.感染が発生した場合の参加者への確実な連絡と行政機関による調査への協力•

次の

株式会社スポーツフィールドの新卒採用・企業情報|リクナビ2021

スポナビ 2021

スポナビキャリアは体育会系人材の転職支援に特化したサービスですが、体育会出身だからと言って特化したサービスにこだわる必要はありません。 転職エージェントは幅広く検討しましょう。 キャリアコンサルタント スポナビキャリアは、体育会出身の人材の転職支援に特化したサービスですが、本当に使えるのでしょうか? 学生時代にスポーツに真剣に取り組んだ人ほど、就職・転職の際に大きな壁に突き当たります。 スポーツに熱中するあまり、どうしても経済や社会情勢に疎くなる傾向があるためです。 ただ、 スポーツを追及してきた「体育会系の人材」は、社会に出てもその探求心と体力、集中力を生かせるはずです。 体育会系人材の方が転職したいと考えたとき、そのようなデメリットを補い、強みを引き出してくれる転職エージェントを使わなければ、満足のいく転職先は見つけられません。 この記事では、スポナビキャリアのサービス概要や評判を検証し、体育会出身者の転職活動でおすすめの転職エージェントをご紹介します。 転職や競技と仕事の両立を検討しているスポーツ経験者やアスリートは、ぜひ最後までご覧ください。 スポナビキャリアとは?基本情報やサポート内容を検証 まず、体育会やスポーツ経験者の転職支援に特化した スポナビキャリアの基本情報を確認しましょう。 ここでは、運営会社や具体的なサポート内容をご紹介します。 スポナビキャリアの運営会社 会社名 株式会社スポーツフィールド 資本金 92,680,480円(2019年12月26日現在) 経営理念 「経営理念」全従業員の物心両面の幸福を追求すると同時にスポーツが持つ可能性を様々なフィールドで発揮し、個人、法人、地域社会そして日本の発展に貢献すること 拠点数 11ヶ所(札幌、仙台、千葉、東京、横浜、名古屋、 京都、大阪、神戸、広島、福岡) スポナビキャリアは2010年に創業した 株式会社スポーツフィールドが運営しています。 社名は「スポーツの可能性を様々なフィールドで発揮する」ことに由来しています。 同社のアンバサダーには、元読売ジャイアンツの仁志敏久氏や、車いすバスケとパラアイスホッケー元日本代表の堀江航氏らが名を連ねています。 代表取締役は篠﨑克志氏で、2013年に新卒向け就職支援サイト「スポナビ」を設立し、翌年に中途人材向けのスポナビキャリアを創設しました。 有価証券報告書によると従業員は200人で、大半が体育会やスポーツ経験者で構成されています。 ここ3年間で社員は130人以上も増員し、急拡大しています。 社員の平均年齢は28歳です。 急拡大したのは、昨年12月に東証マザーズに上場するため企業規模を大きくする必要があったためとみられます。 詳しくは後述しますが、 人員拡大を急ぐとキャリアコンサルタントの質が一定でない恐れがあるため、利用には注意が必要です。 スポナビキャリアが扱う求人内容:中途採用向け求人 スポナビキャリアは他の大手転職サイトとは異なり、 保有する求人は全て非公開求人で、件数は非公表です。 ただし、公式サイトに「非公開求人を見る」というボタンがあり、クリックすると企業名は伏せられているものの、具体的な求人内容を閲覧できます。 「官公庁向けルート営業」や「倉庫管理職」「イベントの企画営業」などのほかに、「フィットネスインストラクター」「部活動やクラブチームの合宿・大会の企画営業」といった求人もあります。 職種は営業職の比率が圧倒的に多いです。 求人先企業の例はスポナビキャリアのホームページに掲載されており、アシックスやデサントなど大手スポーツ用品メーカーに加え、大和ハウスやオープンハウスといった大手ハウスメーカーなど、 大手企業の求人もあるようです。 件数は1000件弱が掲載されています。 サイトに掲載されていない求人も保有していると思われますが、 他の大手転職エージェントと比較すると求人数は少ない印象です。 スポナビキャリアも採用活動をしている? スポナビキャリアを運営するスポーツフィールドは、2019年12月に東証マザーズに上場するなど、 事業を拡大させています。 このため、コンサルタントなどの人材採用にも積極的で、有価証券報告書によると2016年からの3年間で社員数は132人も増えています。 スポナビキャリアの登録者のうち、担当のコンサルタントが「適性がある」と判断した場合にスポーツフィールドへの中途入社を誘うこともあるようです。 スポナビキャリアってどう?口コミからメリット・デメリットを検証 ここまで、スポナビキャリアの運営会社や事業概要を確認しました。 インストラクターの求人など、体育会系人材の強みを生かせる求人がある一方、求人の多くは営業職で件数は少なめという分析結果でした。 ここでは、利用者の口コミから スポナビキャリアのメリット・デメリットを検証します。 スポナビキャリアの良い評判・口コミ:「スポーツ経験も加味して求人紹介」 新卒で入社した会社は聞いていた話と違うことが多過ぎて、すぐに退職しました。 スポナビキャリアは社会人経験がないほとんどない自分にも、親身に相談にのっていただきました。 スポーツの話題でも盛り上がり、すごく話しやすい雰囲気でした。 他の転職会社では聞かれなかったスポーツの経験も詳しく聞いてくれて、 スポーツで培った経験も加味して企業に推薦してくれました。 スポナビキャリアのキャリアコンサルタントは、大半が体育会出身者です。 このため、「スポーツ」という共通の話題で登録者の緊張をほぐし、本音や仕事への希望、キャリアプランを聞き取ってくれます。 この方は、新卒で入社した会社をすぐに退職し、後ろめたさを感じているようでしたが、親身に話を聞くスポナビキャリアのコンサルタントに感謝しています。 36歳女性で未経験の私でも大丈夫か確認してもらったところ、担当エージェントが「大丈夫です」と言うので面接に行きました。 エージェントに試験や面接の傾向や対策などを聞いても何も答えていただけることはなく、試験は専門的で面接では「中途は未経験者ではなく即戦力じゃないと困る」と言われ、当然不採用となりました。 その後、別の求人を紹介して欲しいと伝えましたが、しばらく連絡が取れず最終的には「 ご紹介できる案件がありません」とメール1本で終了しました。 この方は結局、別の転職エージェントを使って転職したようですが、スポナビキャリアの対応に不満を覚えています。 求人を1件しか紹介してくれない上に適切なアドバイスもないようでは、 転職エージェントを利用している意味がありません。 36歳という年齢は確かに、転職が難しくなりつつある時期です。 それでも精一杯、求人先のことを調べて助言するのが転職エージェントの勤めですが、この方は期待したサービスを受けられなかったようです。 しつこくてウンザリする。 ほかにも「電話の礼儀がお粗末」といった趣旨の口コミもあり、 基本的なビジネスマナーが身についていない社員がいるようです。 スポナビキャリアを運営するスポーツフィールドは、上場したばかりで事業拡大・案件獲得を急いでいるようです。 スポーツフィールド全社員200人のうち、130人はこの3年間で採用されたスタッフのため、人材の質が一様ではないのでしょう。 電話がしつこい場合、メール連絡に変更してもらうか、電話の頻度を減らしてもらうようお願いするのも手ですが、担当者に当たり外れがある以上、他の転職エージェントの利用も検討した方がいいでしょう。 また、スポナビキャリアは転職後にも利用者に連絡をしており、1週間、2週間、1カ月、3カ月、6カ月、1年をめどに状況確認の電話が来ます。 これも、「親切」と感じる人がいる一方で、「もうサービス利用していないのに、うっとうしい」と閉口する人もいるようです。 結論!スポナビキャリアよりも他の転職エージェントがおすすめ ここまで、体育会系人材の転職支援に特化した「スポナビキャリア」の特徴や口コミを見てきました。 どうしても体育会系に特化したサービスを利用したいなら別ですが、求人数の少なさや担当者の当たり外れがある点を考慮すると、 他の良質で評判の良い転職エージェントを利用した方がいいでしょう。 特に 求人数の少なさは、転職支援サービスとしては致命的なデメリットです。 それだけで選択肢が少なくなり、自分の可能性を狭めてしまいます。 求人の特徴でも触れましたが、スポナビキャリアで検索できる求人は「営業職」や「インストラクター」が目立ちます。 体育会系人材は「根性と体力がある」などのイメージから、営業などに回されがちです。 ただ、そのような固定観念を嫌い、もっと多様な職種を検討したい人は多いはずです。 体育会出身だからといって、持っている強みは「根性」「体力」だけではありません。 自分の可能性を最大限に引き出し、本当に適した職業を見つけるには、幅広い選択肢と視野を持った転職エージェントを利用しなければなりません。 他にも、体育会系人材の転職支援サービスに「アスリートプランニング」がありますが、同様の理由から利用はおすすめできません。 スポナビキャリアよりもおすすめの転職エージェント 体育会系・アスリート系人材の転職だからといって、スポナビキャリアにこだわる必要はありません。 本当に自分に向いている仕事を見つけ、手厚い支援を受けて転職を成功させたいなら、十分な求人数とノウハウを持った転職エージェントの利用が不可欠です。 ここでは、スポナビキャリアよりもおすすめの転職エージェントを5つ紹介します。 パソナキャリアはキャリアコンサルタントの親身な支援が好評で、 体育会出身でスポーツに熱中するあまり、自己分析に時間を割けなかった人に特におすすめです。 キャリアコンサルタントは登録者の希望やキャリアの展望を丁寧に聞き取り、自分では気づけなかった強みを自覚できる上、曖昧だったキャリアプランも明確にできます。 希望を確実に叶える求人を紹介してくれるので、スポナビキャリアの口コミにあるような「1件しか紹介されなかった」などという事態は起こり得ません。 公開・非公開の両方の求人を合わせて22万件近くあり、求人検索で1,000件しか見当たらなかったスポナビキャリアとは比べるまでもありません。 転職支援実績は延べ45万人以上で、豊富な実績に裏打ちされたノウハウを駆使して、登録者の転職活動を強力に後押しします。 特に書類選考と面接対策は万全です。 企業ごとに好まれる履歴書の内容や面接の受け答えを熟知しており、応募先企業に合わせた対策をしてくれます。 キャリアコンサルタントの質も安定しており、良質なサービスが期待できます。 求人数の多さも含めて、まず登録しておいて間違いのない転職エージェントです。 自分の可能性を余すことなく活かし、キャリアアップ・年収アップを目指すなら、外資系や国内グローバル企業の求人に強いランスタッドがおすすめです。 ランスタッドは1960年にオランダで創業した世界最大級の人材サービス会社で、保有する求人の8割は年収800万円以上の高年収案件です。 体育会系の人材は「指示に従う」「ピラミッド型組織に慣れている」などと思われ、思考停止して猛烈に働くことを求められる懸念があります。 高年収の求人案件は、従順に従う人材ではなく、自律した働き方と創意工夫ができる人材を求めています。 「体育会系」という凝り固まったイメージで見られたくない人は、ランスタッドで自分の実力を試してみるのもいいでしょう。 体育会系人材は、スポーツに熱中して社会経験をあまり積めないことがあります。 新卒の時に就職活動をしたはいいものの、全く適性のない仕事に就いてしまったり、就活に失敗してフリーターになってしまうこともあります。 DYM就職は、支援した登録者のうち、正社員として就職・転職に成功した人が96%にも上ります。 キャリアアドバイザーの手厚い支援で正社員になりたい人は、登録してみてください。 厚生労働省の「若者キャリア応援制度」の受託事業者でもあり、キャリアコンサルタントに当たり外れがあるスポナビキャリアより安定したサービスを受けられます。 丁寧な面談で登録者のキャリアプランを一緒に考えてくれるので、自身の適職が見いだせない人に特におすすめです。 スポナビキャリアや体育会系人材の転職に関するよくある質問 ここまでで、スポナビキャリアのサービス概要や評判を確認し、スポナビキャリアよりおすすめの転職エージェントを紹介しました。 ここでは、スポナビキャリアや体育会系人材の転職にまつわる質問にお答えします。 疑問点や不安な点は、個々で解決しておきましょう。 体育会系・アスリート系人材が持つ強みと弱みとは? 体育会経験者やアスリートはかねて、企業からの根強い人材需要があります。 スポーツを突き詰めた人材には、以下の強みがあると考えられているためです。 激しい練習に裏打ちされた強靱な 体力とフットワーク• 成功・挫折体験を乗り越えた 粘り強い精神力と根性• 高い コミュニケーション能力• チームワークを重視する 協調性と指導力• 互いに切磋琢磨したことで築かれる 豊富な人脈• 上意下達を重視し、指示を確実にこなす 使命感と規律 上記6点は伝統的な体育会系人材に対する評価です。 ただし、こういった固定観念に囚われた企業に就職すると、上司から命令ばかりされて自分の考えが表明できず、不満を抱えることに繫がりかねません。 近年では自分で練習ノートを付けて独自の練習を編み出すなど、自ら考えて改善することがアスリートにも求められています。 すなわち体育会系の人材には、「創造性」「思考力」なども備わっていることが多く、従来のイメージにこだわらない視点を持った企業に就職する方が、自分の強みを生かせます。 ただし、スポーツに熱中するあまり学業や社会経験がおろそかになりがちで、 社会情勢や経済に疎く勢いで就職を決めた結果、ブラック企業に入ってしまうリスクもあります。 このため、体育会系人材の転職には、優良な転職エージェントの利用が不可欠なのです。 スポナビキャリアで年収アップは望める? スポナビキャリアのサイトで求人検索すると、確かに好条件の求人はあります。 ただし、営業やインストラクターの求人が多く「幹部候補」の記載がある求人は少ないです。 このため、 年収アップには限界があるでしょう。 スポナビキャリアの面談に服装の指定はある? スポナビキャリアのキャリアコンサルタントとの面談では、服装の指定はありません。 とはいえ、清潔感を重視し、常識を疑われない格好にしておきましょう。 スポナビ2021(新卒就活サービス)とは? スポナビキャリアは中途採用向けの転職支援サービスですが、新卒向けの「スポナビ2021」もあります。 スポナビ2021は、2021年度入社の新卒人材向け就活支援サイトで、企業の求人情報や就活セミナー、企業説明会の情報などを特集しています。 登録すると、書類選考・面接対策を受けられるのに加え、新卒向けの非公開求人に応募できます。 会員登録後、ホームページに応募したい企業が掲載されていれば、スポナビ2021の求人ページからエントリーできます。 スポナビキャリアの転職事例が知りたい! スポナビキャリアの転職事例は、ホームページに掲載されています。 どれも成功事例が記載されていますが、スポナビキャリア自身が登録者に取材したものなので、都合の悪い情報を載せるわけがありません。 そのあたりは割り引いて考えましょう。 アスリートはスポナビキャリア以外の転職エージェントを活用して転職を成功させよう 体育会系・アスリート系の人材は、強靱な体力と精神力、協調性、創造性の高さなどから、中途採用でリーダーシップを発揮できる人材として、 企業から根強い需要があります。 ただ、引き合いあるからと言って 何となく転職活動をすると、転職先の社風が自分に合っていなかったり、仕事内容が面白くなかったりと、行き詰まることになります。 スポーツを追及してきた人は、大学を卒業して社会人になると、やるべきことが見つからない「燃え尽き症候群」に陥る人が少なくありません。 スポーツに熱心に取り組んできた経験は、決して無駄にはなりません。 スポーツの経験を生かせるビジネスの場は必ずあります。 この記事では、そんなアスリートの転職支援に特化したスポナビキャリアについて、サービス内容や口コミから「本当に使えるのか」を検証しました。 体育会系に特化しているという意味で、話が伝わりやすく相談がしやすいかもしれませんが、求人数が少ない点や求人の職種が偏っている点、企業規模の急拡大によりスタッフの質に当たり外れがある点がデメリットとして浮かび上がりました。 特に求人数が少ないと、自分の適職が見つかる望みが低くなります。 体育会系だからといって、特化したサービスを使えば転職に有利になるわけではありません。 多様な求人から自分の希望に合うものを見つけ、質の高いサポートを受けて転職を成功させたいなら、実績と求人を豊富に持つ転職エージェントを使う方が有効です。 ここで紹介した転職エージェントは、どれも実績に申し分はありません。 アスリートの方も、ここで紹介した転職エージェントを使って転職を成功させましょう。

次の

スポナビ2021参戦!【2020年3月30日】|お知らせ|南福岡自動車学校 新卒採用サイト

スポナビ 2021

会社データ 事業内容 当社は、スポーツの価値を高め、その可能性を様々なフィールドで発揮するべく様々な事業や取り組みを行っています。 創業以来、主力事業である「スポナビ」では体育会部活動に所属している学生の就職支援をはじめ、体育会学生に価値を感じている企業様の採用支援を行ってきました。 全国各地の当社スタッフが各大学の部活動を訪問し、学生の就職支援だけでなく、部活における様々な悩み等にも乗ることで、関係性の構築を行っています。 なお、サービスサイトである「スポナビ2021」は自社で開発・運営しています。 イベント会場の設営からご出展いただく担当企業様の資料や内容の確認、当日の学生呼び込みまで徹底して行います。 学生には「幅広い企業について理解を深めてもらうこと」、企業にとっては「体育会学生に絞って話ができること」や「来場学生の大半は当社スタッフと顔見知りであり、深い相互理解をしていること」を価値としてサービスを提供しています。 体育会就活生の相当割合を占める約2万人の学生が利用しており、イベント参加学生数・出展企業数・開催数は日本最大級となっています。 ・スポナビエージェント 当社スタッフがエージェントとなり、企業にとって最適な学生がいた場合は直接紹介することも行っています。 ポテンシャルはあるものの就活がなかなか順調ではない学生の強みを引き出して言語化し、知名度がないだけで採用に苦戦されている優良な企業と結び付けることができる点が醍醐味です。 当社社員の9割以上は体育会や実業団・クラブチームなどの出身者なので、大学卒業と同時にスポーツから離れてしまった人財の転職や、卒業後も社会人・プロスポーツに取り組んできた方のセカンドキャリア支援などをスポーツ経験者の目線で支援しています。 社内からもこうした新規事業の提案は多く、現在与えられた業務をしっかりと全うしている人で、最後までやり切る覚悟があれば、年次や経験は問わずにどんどん任せていきます。 1.カスタマーファースト 常にお客様の立場で誠実且つスピードある行動をし、 満足ではなく、感動するサービスを提供する。 2.プロ意識 目的・目標を達成する強烈な意思を持ち、 結果・成果で応えられるよう、弛まぬ努力を行う。 3.ブレイクスルー 思考を止めず、考え抜く。 考え抜けば必ず道はできる。 飛び越えられない壁はない。 4.チームワーク One for All,All for Oneの精神を持つ。 5.信頼 人を信用しなければ、人から信用されることはない。 まずは信用することから始めよう。 6.感謝の念・感情移入 常に感謝の気持ちを持ち、相手以上に相手の事を考え、行動する 7.人間力 人に目指される存在であり、人に影響を与える人財になる。 8.主体性 人生は自分が主役。 自分が誇れる生き方をしよう。 9.自己研鑽 チャンスは常に自己を磨き続けている人しか選んでくれない。 10.挑戦 人生は一度。 自分の可能性を信じ、常に夢、目標に向かい、 情熱を持ち挑戦し続ける。

次の