とんかつ 大将。 【とんかつ大将】福岡市(博多駅周辺・天神周辺)・居酒屋

福岡在住のサラリーマンが教える美味しいとんかつ屋「とんかつ大将」を紹介

とんかつ 大将

もくじ• とんかつ大将@筑紫通り店 店頭には「セットメニューオール680円」の文字がデカデカと書かれてあり、外観を見るだけで、お安くガッツリいける空気が漂ってる。 幹線道路沿いの店らしく、店頭には駐車場も完備されてるので車での訪問が便利だ。 お店の前には泣く子も黙る290円ラーメンの「はかたや」もあり、ジモティを中心にけっこうニギワッてる。 とんかつ大将とは、 博多駅近くに本店を構えるトンカツ屋で、安いトンカツからデカ盛りメニューまでラインナップする、安くてお腹いっぱいの方程式が当てはまるとんかつ屋。 創業27年を誇るガッツリ系とんかつ屋で、博多駅南の本店を皮切りに太宰府、大野城などに店舗展開する、福岡ではじわじわキテるお店だ。 昔は、とんかつ定食が480円の時代もあり、週3ぐらいでお世話になった。 ワシの中ではB級グルメに目覚めさせてくれた、名店中の名店だ。 まずは扉を開けて入店してみた。 店内はテーブル席を中心に結構広めの店内。 壁に向かったカウンター席も準備されてて、一人飯にも対応してるようだ。 飾らない定食屋という感じの雰囲気で、本棚には大量のマンガ本が並べられてる。。。 福岡にはマンガ本が大量に置いてあるラーメン屋もあるが、昨今はトンカツ屋でもマンガ本なのか。。 まずはテーブル上に置かれたメニューを見てみた。 どれもA3サイズぐらいの大きさでパウチされたメニュー。 メニューが大きく写真も大きくデカデカ表記。 とんかつもデカイよ〜!という自己主張だろうか。。 メニュー 基本のとんかつメニューはトンカツの大きさが細かく分けられてて、• 並 680円• 中 880円• 大 1180円• ジャンボとんかつ 1480円 ミニトンカツ380円やレディースとんかつ580円のラインナップもあるようだ。 トンカツ以外のメニューもかなり揃ってて、• チキンカツ定食• ヒレカツ定食• カツ丼• カツカレー なども準備されてる。 ちなみに、お持ち帰り限定だがカツ丼は380円とカナリ破格で提供されてるようだ。。 スゲー安いやん。。 揚げ物系セットメニューや、チキン南蛮、ハンバーグ、焼きめしなどなど、とんかつ系以外のラインナップもかなり充実してる。 セットメニューやカツカレーにもトキメクが、焼きめしやチキン南蛮のラインナップも捨てがたい。。 でもトンカツ屋やしなぁ。。 やはり、基本のトンカツでいくべきか。。 よく見ると、壁にはトンカツの大きさについて書かれてあり、「お客様へのご注意」と書かれてる。 レディースからジャンボとんかつまでサイズの解説が書かれてて、• レディース=他店のミニサイズ• 小=他店の普通サイズ• 中=他店の大盛りサイズ• 大=他店のジャンボサイズ• ジャンボ=ありえないサイズ 「他店のジャンボサイズ」というのが比較対象としてイマイチわからないのだが、ジャンボサイズの「ありえないサイズ」が非常に心くすぐる。。 しかもメニューの注意書きを見ると、、 とんかつ(大)・ジャンボとんかつはサービス価格で提供させて頂いておりますので、複数人数で分け合う形でのご注文は、申し訳ありませんがご遠慮ください。 と書かれてる。 壁に書かれたトンカツのイイ意味で狂ってる大きさ。。 「大」以上はサービス価格なのでシェアは不可の注意書き。。 この2つの注意書きを見てしまうと、自然と「大」または「ジャンボ」にしか目がいかなくなるオレ。。 なんやろう、ガッツリ派への誘導尋問か挑戦状とでもいうべきか。。 ありえないサイズの「ジャンボ」にもトキメクが、サービス価格で提供されてる入門的存在でありそうな「とんかつ大」を注文してみた。 黒いTシャツを着た店員さんにオーダーを告げ、しばし店内で待つ。 店内はサラリーマンの方やガテン系の方が多く、女子一人で食べてる方は見当たらない。 壁にはメディア出演の案内が貼られてて、はなわ、原口あきまさ、福岡ローカルRKB毎日放送のアナウンサー女子(多分、、)、が写真付きでトンカツ大将をオススメしてる。 原口あきまさの手には、ジャンボトンカツらしきものを抱えてて、合成写真でなければ明らかにヤバそうな大きさのトンカツ。 遠近法を考慮しても、原口あきまさ、はなわの顔サイズ以上ありそうなトンカツだ。 これはヤバそうだ!、、と天を仰ぎつつ、上を見ると 「うまい・安い・デカい とんかつ大将」のお店のポリシーらしき文字が目に飛び込んでくる。。 期待と不安を抱きながら、とんかつが出来るのを待とう! そして10分ほどでトレーに載せられた「とんかつ定食」が供された とんかつ定食(大) ぬぅぅおおおお~!! デカとんかつ、降臨!! なんやねん!このデカイ皿に盛られたトンカツ!デカすぎて御飯も味噌汁もミニチュア化されとるしww 直系30センチは優に超える平皿に、とんかつが2枚乗せられとる。 このサイズの皿は、普通はオードブル盛り合わせとかを盛る「鉢盛り」の大きさに迫る勢いだ。 手のひらサイズを優に超えてて、すさまじい大きさのカツ。 まずはトンカツを頂いてみた。 小皿に入れられた特製のとんかつソースで頂く。 ひとくち食べると、ナカナカ柔らかい肉で、価格と大きさからしてロースなのかと思ったが、意外にも脂身が少なめでヘルシー。 きれいなキツネ色に揚げられた衣はサクっと香ばしく、油のキレがイイカンジで、しつこさがない。 厚みは割りと薄くて、衣まで含めて1センチあるかないか位。 大きさ的にはワラジサイズを超えててパッと見かなりビビったが、厚みもソコソコ、脂身抑えめのお肉にカラッと油切れのいい衣。 そこに特製のトンカツソースが非常に合う。 とんかつソースは、ソースとマヨネーズのブレンドなのか、ソース単体で食べるよりマイルドだ。 いちおう、卓上にはウスターソースも置かれてるので、とんかつにはウスターという諸氏にも安心だ。 キャベツは皿の脇に普通盛りで盛られてるのだが、皿の大きさやトンカツの大きさからかなり少なく見えるが、しっかり多めだ。 御飯は割りと大き目の茶椀に盛られてるのだが、とんかつと合わせて引きで見てしまうと、かなり小さい茶碗に見えてしまう。 味噌汁は小さめのお椀に入れられてて、定食屋らしい味わいのお揚げ入りの味噌汁。 とんかつと比べると、まさに「おちょこ」という感じだ。 そしてトンカツを食べ続けるのだが、8割食べたぐらいでチョットきつくなってくる。。 そして最後は、卓上に置かれたカラシで味変しつつ食べ進める。 食べてみると、 圧巻のでかい皿に盛られた、わらじサイズのとんかつ。 厚みはソコソコではあったものの、やはりそのワラジサイズ越えは凄まじく、かなりお腹いっぱいだ。 初めは勢い良くパクパク食べられるトンカツではあったが、後半戦に来るボディブローのようなトンカツパンチが凄まじかった。 ドでかい皿にわらじのようなトンカツを盛り付ける。。 このイイ意味で狂ってる盛り付けこそ、とんかつ大将のアイデンティティなのだと確信できた。 特筆すべきは、トンカツ大将の「安うまデカイ」のポリシーだろう。 店内に掲げられたとんかつ大将のポリシー。 「とんかつ」という存在は、普通の定食などにはないチョット特別な存在の食べ物だが、その特別な存在のトンカツをガッツリと安く堪能させてくれる「とんかつ大将」。 世には1000円越え~2000円越えのとんかつもあるが、並のとんかつ定食が680円から食べられるお安さやし、ジャンボサイズでも1500円切るぐらい。 今回食べたのは「大」サイズのとんかつ定食だったが、かなりの満腹レベルで、これで1000円チョイという価格は良い意味であり得なし、狂ってると思う。 まさに、注意書きに書かれてあった「サービス品なんでシェア禁止」の意味が分かる内容やったなぁ。。 安くてお腹いっぱいの方程式に当てはまる「とんかつ大将」。 まさに「大将」の名に偽りなしという感じだったなぁ。 普段使いのガッツリ系トンカツ屋とは、やはりこういう店なのだろうと改めて分かったし、これからも福岡でガッツリデカイとんかつを提供し続けて欲しいとマジ思った。 とんかつ好きでガッツリ派の方は、是非試してみてはいかがだろうか。。 福岡でトンカツ気分の時は、またおじゃましたいな。 次回はカツカレーを試してみたいな。

次の

博多駅南「とんかつ大将」のランチメニュー&価格

とんかつ 大将

解説 「夢と知りせば」に次ぐ山口松三郎の製作。 やはり富田常雄の原作を、「適齢三人娘」の川島雄三が脚色・監督したもので、撮影も同じく西川亨が受持っている。 配役陣は「夢と知りせば」の佐野周二、津島恵子、子役の設楽幸嗣に、「母化粧」の角梨枝子、「陽気な渡り鳥」の高橋貞二、その他三井弘次、徳大寺伸、幾野道子などが主なものである。 クレジット部分が散逸したため現行フィルムでは新規作成されている。 1952年製作/95分/日本 配給:松竹 ストーリー 長屋に住む青年医師荒木勇作は俗称「とんかつ大将」と呼ばれみんなに親しまれていた。 純情の艶歌師町田吟月と兄弟のようにして同居していたが、吟月は、浅草裏の飲み屋「一直」の女主人菊江に惚れて、一夜勇作を誘って飲みに行った。 折も折、菊江の弟の周二が喧嘩で怪我をしてもどって来たので、勇作はその手当をして近くの病院へかつぎ込んだ。 ところがその病院の女医が、昼間勇作が自動車にぶつけられた太平老人に代わって、さんざん油をしぼってやった自動車の主真弓であった。 てきばきと手術をする勇作の姿に、菊江も真弓もひきつけられて行った。 やがて傷の直った周二も勇作に諄々と意見され、不良から足を洗うべく、自主して行った。 勇作には学徒出陣の時未来を約束した多美という恋人があったが、終戦で復員して帰って見ると、その多美は彼の親友丹羽と結婚して利春という子供さえもうけていた。 しかも生活の苦しさから、つい多美が百貨店で万引きをして捕らえられたのを勇作が救ってやったことを、丹羽はかえってうらみのこもった眼でみるのだった。 一方真弓の病院では、悪徳弁護士大岩のすすめで、勇作たちの住む長屋を取り壊す計画をすすめていたが、勇作は長屋の人々の困窮を想って反対運動を起こした。 大岩方でも、丹羽たちを使って勇作が元大臣の父の選挙運動のために長屋の連中を利用しているのだと中傷したため、長屋の人々の心は勇作から離れて行くのだった。 がある日急病の利春を勇作が長屋の火事をよそに、手術の手を尽くして救ってやったことから、まず丹羽の心がとけ、やがて長屋の跡にキャバレーを建てようとする大岩の悪計も真弓父娘に知られた。 長屋には再びのどかな春がおとずれたが、父の急病ときいて、勇作はなじみ深い長屋を去って行かなければならなかった。 「とんかつ大将」と凄まじい題名で、若い女性から敬遠される感じだが、なんと近年多々あるライトノベルやコミックにあるラブコメディ・ハーレム物の原点みたいな作品。 貧乏長屋に戦友と暮らす凄腕の外科医の佐野周二が、美人の病院長や盲目の美少女や美人の小料理屋の女将に好かれて、昔の婚約者にも再開するなどのモテモテ男ぶりを発揮する。 小気味よい会話や素早いカット割りや効果的な移動撮影などのモダンな作り。 人情長屋物に定番の展開など、これが元祖か?と思う出来。 流石です、川島雄三! 余談だが劇中では、主人公の好物である、とんかつのクローズアップ描写は、無かったな。 最近の映画やドラマだと、タイアップか?と思うくらいに、シズル感満載で映すのに、当時の感覚だと無いのかな。 登場人物のすべてが切なさを噛み締めて生きている。 互いの切なさの理由が絡み合い、物語が深く太く進行していく。 佐野周二演じる主人公は、権力や金の力を笠に着た態度を嫌い、貧しくとも健気に生きる者へ愛情を注ぐ、言わば下町のヒーローである。 しかし、父親とは反りが合わず、かつて結婚を約束した恋人は戦後の混乱の中、親友と所帯を持ってしまっている孤独な内面を持つ男でもある。 二度目の鑑賞にもかかわらず、佐野の素性を知った亀の子横丁の人々が彼のもとを去っていくシーンには、悔し涙がにじんだ。 裏切られた友情、失くした恋、相手の片思いを見守ることしかできないもう一つの片思い、慕う相手からの軽蔑。 錯綜する人々の切なさを、混乱を微塵も感じさせずにラストの幾つかの和解へとつなげていく川島雄三の脚本と演出が最高。

次の

博多駅南「とんかつ大将」のランチメニュー&価格

とんかつ 大将

外観 日没前の夕方に訪問したのですが、この黄色い看板が薄暗い中目立つ目立つ(笑) 近くに寄って看板を確かめます。 ・とんかつ・チキンカツ・ヒレかつ オール680円 これだけでは、ちょっとお安いかどうかわからないのですが、値段に自信があるということでしょうね。 店内 店内の一番奥には、 山笠の千代流のグッツが貼り付けられています。 ちょうど今博多山笠の時期なので、ついつい目が行ってしまいました。 店内は、結構広くてカウンター席もゆったりです。 メニュー とんかつの他にも、ヒレカツやチーズカツと言ったものもありますね。 カツ丼も注文可能のようです。 私は、 注目のデカ盛りメニューになる「ジャンボとんかつ」(1480円)を注文します。 カツが2枚載ってる、まさにジャンポ。 一皿に複数の種類のフライが載ってるのがスペシャルメニューになるようです。 エビフライは、食べてみたかったですね。 ジャンボとんかつチャレンジの張り紙を見つけました。 大食いマニアとしては興味があったりしますが、実力的に無理だと思います。 ネットで調べましたが、チャレンジには事前に必要がいるとか? 一日1食限定なので、確かに確認の電話を入れたほうが良いかもしれませんね。 とりわけ禁止のお願いです。 たしかにお一人様ひとつはオーダーしてもらわないと、採算が取れないでしょう。 ランチ 780円のランチですね。 ランチタイムのみ、ご飯の大盛りや1杯おかわり無料になるそうです。 デカ盛り店だけあって、各種テレビ番組も取材に来てるようです。 しっかりそのアトが残されていますね。 こちらは、福岡の人気長寿深夜番組「 ドォーモ」の張り紙。 私が好きな漫画の一つ「 オールラウンダー廻」のポスターを見つけました。 作者の「遠藤浩輝」先生のサインがありますね。 こんなところまで、来店されていたとは。 店内をウロチョロしてると、食品サンプルが置いてありました。 左が、今回の目的のジャンボとんかつです。 となりのとんかつと比べると、その大きさにビビります。 ちょっとやってしまった~感を感じてしまいました。 今回のデカ盛りチャレンジ、すこし自身が揺らぎました。 卓上には、ソースと一味唐辛子。 あと、辛子も置いてありました。 結構、辛子は大量に使うのでこうやって取り放題で置いてあるのはありがたいです。 ジャンボとんかつ 登場 注文してから、それほど待たずに、 ジャンボとんかつが登場しました。 確かに、目の前に鎮座されると、 コレはデカイ! カツ自体も通常の倍の大きさで、それが2つもあるとは。 キャベツ自体も結構量が多いですね。 キャベツ半玉程度の千切りの量でしょうか。 キャベツで腹が満たされるのは、避けたいところです。 では、お肉の断面。 コスト重視で薄い肉を使ってるかとおもいきや、そこまでペラペラというほどでもなく。 価格相応より少し上ぐらいの肉では無いでしょうか。 では、一切れを掴んで、ソースにつけて食べてみます。 ソースは、ウスターソースとマヨネーズを混ぜたオーロラソースのようなものでした。 割とまろやか、マヨネーズも隠し味程度の量で抑えてあり、あまり目立ちません。 口に運んだ所、思った以上に美味しいとんかつです。 衣はサクサク、赤身も柔らかいし、肉の脂身も美味しく感じるものでした。 結構下処理をしっかりと仕込んでるのでしょう。 期待以上のできだったので、デカ盛りチャレンジを忘れて、思い切りカツを口に運びます。 とんかつ一枚目は、割と楽勝でした。 美味しいと思いながら食べる余裕はありました。 しかし、 2枚目に突入すると、揚げ物特有の油っこさで重苦しくなってきます。 こうなると、とんかつをソースに付けずキャベツと一緒に口に運びます。 こうすることで、油っぽさは解消できスッキリと食べ進めました。 とんかつの量自体が苦しいというよりも、油の重たさにギブアップしそうになりかけました。 また、揚げ物だけあってよく噛んで食べます。 こうすると、だんだん顎の力が消耗してきて、口を開けにくくなります。 こうなると、やはり食べ続けるのが苦しいと感じてしまいますね。 とはいえ、着実に1切れ1切れずつ食べ続け、完食です。 今回もどうにかデカ盛り完食に成功しました。 コレ以上のチャレンジメニューもあるそうですが、この量で苦しんでるのでまず無理であることは間違いないです。 それはそれで良いでしょう。 適量のとんかつ定食だったら、 値段もリーズナブルですし美味しいと思いますよ。 デカ盛りではない時にまた来たいですね。

次の