アイ アシスタント。 AIアシスタントの賢さを比較!Googleがトップ、Siriは残念な結果に

AIアシスタントの賢さを比較!Googleがトップ、Siriは残念な結果に

アイ アシスタント

AIアシスタントの「Alexa」が動作するの「Amazon Echo」 バーチャルアシスタントは、個人のまたはを実行できるソフトウェアエージェント。 AIアシスタント(別名: 仮想アシスタントの場合あり。 )と呼ばれることもある。 時点で、アシスタントの性能や使用法は急速に拡大しており、新製品も市場に登場している。 これらのアシスタントが動作するの使用法は根本的に異なっている。 Appleは2017年6月までスマートスピーカーの発表すらしていなかった。 Apple とGoogle は各社のが搭載されている大規模なのユーザーを持っており、Microsoftはがインストールされている多くのがある Cortanaはスマートフォンやスマートスピーカーでも動作する 一方、Alexaはネット通販の Amazon 商品を注文できる最初のAIアシスタントとなった 目次• 歴史 [ ] デジタル音声認識を可能にした最初のツールは「IBM Shoebox」で、1961年の市場投入後1962年にで一般公開された。 その20年後の1981年に最初のが発売され、16の音声語と数字0〜9を認識することができた。 音声認識技術の開発における次のマイルストーンは、との相当な支援を受けて、ペンシルベニア州ピッツバーグので1970年代に達成された。 彼らのツール 「Harpy」は、約1000語 3歳児の語彙力に相当 を習得した。 約10年後、同じグループの科学者が、個々の単語を分析するだけでなく、によって単語シーケンス全体を分析できるシステムを開発した。 したがって、音声認識ソフトウェアを適用した最も初期のAIアシスタントは自動応答および医療用ICレコーダーであった。 1990年代、デジタル音声認識技術は、「Microsoft」、「IBM」、「Philips」、「Lernout&Hauspie」が顧客向けに競争してきたPCの特徴となった。 かなり後に、1994年の最初のスマートフォンの市場投入は、今日のAIアシスタントの基盤となった。 スマートフォンに搭載された最初の現代のAIアシスタントは「Siri」であり、2011年10月14日にの機能として導入された。 Appleは、DARPAと米国国防総省から資金を調達している研究所「」のスピンオフ企業である「Siri Inc. 」を2010年に買収した後にSiriを開発した。 交流方法 [ ] バーチャルアシスタントは以下の方法で動作する• テキスト 、特にアプリなど• 音声、例えばアマゾンエコーに搭載されているやiPhoneに搭載されているがある。 写真の撮影及びアップロード、サムスンのギャラクシーS8に搭載されている「Bixby」などがある 一部のAIアシスタントは複数の方法で利用できる。 Googleアシスタントはグーグル「Allo」アプリのチャット機能とスマートスピーカーの「グーグルホーム」で音声を通じて利用できる。 AIアシスタントは、ユーザーのテキストまたは音声入力を実行可能コマンドに一致させるために(NLP)を使用する。 多くは、を含む人工知能技術を使用して継続的に学習する。 声を使ってAIアシスタントを起動させるには、「起動ワード」が使われる。 起動ワードは「Alexa アレクサ 」や「OK Google オッケー、グーグル 」といった単語などである アシスタントが搭載されているデバイス [ ] AIアシスタントは、Amazon Alexaのように、さまざまな種類のプラットフォームに搭載されている。 アマゾンエコーやグーグルホームのようなスマートスピーカーに搭載• スマートフォンとウェブを介したインスタントメッセージングアプリ。 例えば、 FacebookとFacebook messenger アプリ版とweb で動作するFacebookのAIアシスタント「M」• iOSのSiriなどモバイルOSに組み込まれているアシスタントやWindowsのCortanaなどデスクトップOSに組み込まれているアシスタント。 ギャラクシーS8のBixbyやGoogle PixelのGoogleアシスタントなど、OSとは独立した形でスマートフォンに組み込まれているアシスタント• Google Alloのような• インスタントメッセージングプラットフォーム内での特定の組織のアシスタント、Facebookメッセンジャー上で動作するの「Aerobot」やWeChat 上で動作する「Wechat Secretary」など• ドミノピザの「Dom」など特定の企業や他の組織のモバイルアプリ内• スマートウォッチ• 家電 、自働車 、及びのようなウェアラブル端末• 過去世代のAIアシスタントはアラスカ航空の「Ask Jenn」のようにウェブサイトで動作する ものやニュアンス社のアメリカン航空の自動音声応答装置 IVR のようなIVRで動作した• の「Djingo」 サービス [ ] AIアシスタントは多種多様なサービスを提供することができ、特にAmazon AlexaとGoogleアシスタントのサービスは2017年現在も増加し続けている。 これらには以下の様なサービスが含まれる:• 天気情報ややからの情報の提供や、アラームの設定、予定表リスト、ショッピングリストの設定ができる。 やのようなストリーミングサービスの音楽の再生、ラジオの再生、オーディオブックの再生• テレビでビデオや、テレビ番組、映画、ネットフリックスのようなストリーミングサービスの再生• Amazonなどから商品を購入• 開発者プラットフォーム [ ] 最も広く使用されているAIアシスタントを動作させているプラットフォームは、他のソリューションにも使用されている。 Amazon Lexは2017年4月に開発者に公開された。 Lexには2016年11月に導入された自動音声認識が組み合わされた自然言語理解技術が含まれている• GoogleはGoogleアシスタントの「アクション」の制作のために「Actions on Google」と「API. ai」プラットフォームを開発者向けに提供している• Appleは開発者がSiriの拡張機能を制作するための「SiriKit」を提供している• IBMのWatsonは、AIアシスタントとされることもあるが、実際には一部のAIアシスタント、人工無能を動作させる人工知能プラットフォームとコミュニティ全体である。 他の多くの種類のソリューションがある 過去の世代 [ ] 以前の世代のテキストチャットベースのAIアシスタントでは、アシスタントはしばしば(対話型オンラインキャラクターまたは自動キャラクター)として表示され、これは具現化AIとして知られていた。 専門家は、デジタル体験は、より多くの人が魅力的とされなくても、「本物の」体験に匹敵するステータスを達成すると主張している。 頻繁に利用するユーザー数が多く、世界中のユーザーのAIアシスタント数が大幅に増加している傾向が確認されており、2017年中頃には、AIアシスタントを頻繁に使用するユーザー数は世界中で約10億人と推定されている。 さらにAIアシスタント技術は、もはやスマートフォンアプリケーションに留まらず、多くの業界(自動車、通信、小売、医療、教育を含む)に存在している。 すべての分野の企業の重要な研究開発費とモバイル機器の実装の増加に対応して、音声認識技術市場は、2016年から2024年の間の年平均成長率が34. 9%で世界的に成長を続け、2024年には世界市場規模は75億ドルを超えると予測されている。 (デバイスの私的利用)と法人携帯事業の重要な影響により、市場リーダーの地域分布を考慮すると、北米の企業(ニュアンス・コミュニケーションズ、IBM、eGainなど)は、今後数年間は業界を独占すると予想されている。 さらに、スマートフォン支援プラットフォームに対する需要の増加は、北米のAIアシスタント産業の成長をさらに促進することが期待されている。 アジア太平洋地域のAIアシスタント業界は、北米市場と比較して規模は小さいものの、主要企業がインドと中国に拠点を置いており、2016年から2024年の期間で年間成長率40%(世界平均を上回る)で成長すると予測されている。 関連項目 [ ]• Applications of artificial intelligence• Computer facial animation• Knowledge Navigator• SitePal• 参考文献 [ ]• GPU Technology Conference. 2017年7月17日閲覧。 Sayer, Peter 2017年4月20日. 2017年7月20日閲覧。 Kongthon, Alisa; Sangkeettrakarn, Chatchawal; Kongyoung, Sarawoot; Haruechaiyasak, Choochart 2009-01-01. Proceedings of the International Conference on Management of Emergent Digital EcoSystems. MEDES '09 New York, NY, USA: ACM : 69:450—69:451. 2010年6月7日, at the. By Anthony O'Donnell. cnet 2018年1月9日 2018年3月29日閲覧• Forbes 2015年8月20日. 2016年10月27日閲覧。

次の

AIアシスタントの賢さを比較!Googleがトップ、Siriは残念な結果に

アイ アシスタント

「ふくまろ」とは何か? 何ができるのか? 2017年10月以降に発表された富士通製PCにもアップデートで搭載でき、することができる。 例えば「ふくまろ、去年行った沖縄の写真を見せて」「ふくまろ、ももいろクローバーZの曲をかけて」「ふくまろ、昨日録画した番組を再生して」などと声をかけることで、目的の操作を手軽に行える。 「ありがとう」や「どこの住んでるの? 」「特技は? 」といった日常会話や雑談にも応答し、お天気情報も教えてくれる。 このほか、Skypeと連携し、家の中の様子を外部から確認することができる 類するものとして、ソニーモバイルのコミュニケーションロボット「」にも同様の機能がある。 ふくまろを起動してSkypeの設定を行い、外出先などから「家の様子を教えて」とメッセージを送ると、PCのWebカメラを利用し、その場の写真を撮影して、Skypeで送信する。 ふくまろができること、その1。 PC内のコンテンツ再生• ふくまろができること、その2。 IRコマンダーを使った家電コントロール• ふくまろができること、その3。 外出先から部屋の中の様子をチェックする• PCがシャットダウンしていると、外出先から連絡してもふくまろは起動できない スマートスピーカーとどう違う? ふくまろでできることは、スマートスピーカーとほとんど同じのようにも見える。 ではスマートスピーカー、引いては他のAIアシスタントとふくまろは、どこが違うのだろうか。 大きな特徴のひとつは、"インターネットの接続なしでも動く"こと。 ふくまろは、富士通のAI技術「Zinrai」 ジンライ をベースにしたAI。 「Zinrai」は主にAPIとして提供される法人向けAI技術で、目的に合わせ画像認識や自然分解析、音声合成、感情認識などが行える。 ふくまろでは音声合成などの技術が使われているが、基本的な処理をPC内で行っており、他のスマートスピーカーやAIアシスタントのように、インターネットに接続した処理を行ってはいない。 このため「プライバシーという意味では、PCの中でクローズすることが一つの特徴。 自分もすべての個人データをクラウドに上げるのは不安がある。 ローカルとクラウドの いいとこ取りをしていきたい」と、富士通クライアントコンピューティング代表取締役社長の齋藤邦彰氏はコメントする。 ただし、天気情報は、一日一度、気象庁のサーバにアクセスしデータを受信している。 これに加え、外出先から部屋の様子をチェックしたり、家電を操作したりする場合など、一部の機能にはインターネットが使われる。 ふくまろが目指す便利な暮らし• 富士通クライアントコンピューティング代表取締役社長の齋藤邦彰氏は、"ふくまろ帽"を着用して「ふくまろ」を紹介した 「かわいさ」や「キャラクター性」も重視 ふくまろの開発を担当する、富士通クライアントコンピューティング ソフトウェア開発統括部の若山氏は、「ふくまろ」ならではの特徴として、明確なキャラクター性を挙げる。 AIアシスタントでは強調されていない、ビジュアルとしての"かわいらしさ"や、"人間味のある性格"といった部分だ。 ふくまろの公式サイトに掲載されているプロフィール。 ふくまろの中央に書いてある文字は、ふくまろが何をしているかによって変わる FMVに搭載するAIアシスタントの構想、開発は、1年前から行われていた。 そのキャラクター案は当初30案ほどあったが、最終的には7案まで絞られた。 しかし、最初の30案の中にも、最終候補の7案の中にもふくまろのアイデアは無く、議論を重ねる中で「降って湧いた存在」 若山氏 だったという。 他のキャラクター案も検討されたが、最終的に愛されるビジュアルや親しみやすい性格であることが重視され、決定された。 キャラクターの造形は、ふくろうの賢さと、家を守り福を呼ぶ達磨を組み合わせたもの。 デザインは、富士通のプロダクト全般を手掛けるデザインチームが担当している。 一人称は「まろ」で、話す時の語尾も「まろ」。 公式サイトによると、ふくまろは「だるま型アンドロイドで」、「近い未来のだるま市からコロコロ転げ、お寺の池から現代へタイムスリップ。 転げすぎて、未来の記憶がない」……と、細かく背景が設定されている。 齋藤社長はふくまろを提供する目的を「PCは何でもできる」ことを訴求するためだと話す。 「AIスピーカーは使い方が難しいことが問題だと考えている。 FMVの新モデルは 『ふくまろが何でもやってくれるPC』がコンセプト。 ふくまろの一番の目的は、『PCで何でもできる』のを訴求すること」 齋藤氏。 今後はふくまろをアップデートしていき、個人の好みに応じた提案を行うパーソナライズや、感情認識機能なども想定する。 需要があれば法人への提供も検討するという。 ふくまろの今後の発展。 個人の好みに応じた提案や感情認識ができるようになるかもしれない• 発表会では、ふくまろのいる暮らしをアピールする寸劇も行われた。 家族旅行の行き先で、お父さんはドライブ、おじいちゃんは温泉、お母さんは買い物、娘は海外と意見がわかれ、収集のつかない状態になったが……• 予めご了承ください。 関連記事•

次の

国立大学法人 岩手大学

アイ アシスタント

アマゾンジャパンは、Amazon Alexa搭載デバイスでSpotifyフリープランの楽曲再生が可能になったと発表した。 これまでは有料のプレミアムプランにのみ対応していた。 スマートフォンのアプリだけでなく、画面付きスマートスピーカー「Echo Show」シリーズでの場合はどうなのかを試してみた。 ナビタイムサービス内での駅の検索数を集計し、際立って検索数が上昇している日時、時間帯を確認できる。 調査から、スマートスピーカーのユーザー層や、ユーザーが満足している機能などが分かったという。 Amazonアカウントがあれば利用でき、Amazon Alexaにも対応する。 「Amazon Alexa」を搭載し、さまざまな音声操作も可能となる。 今回は、音声アシスタント「Cortana」を活用したNECパーソナルコンピュータのユニークなノートPC「LAVIE VEGA」を紹介する。 「Voice Match」での声を再登録するとユーザーの聞き分け精度が上がり、英語ではウェイクワードの聞き間違い率を下げる調整が可能になる。 「新型コロナウイルスのニュースを流して」などと話しかけると、ニッポン放送のニュースを再生できる。 厚生労働省のリンクが表示される場合がある。 電話応対のために人工知能(AI)アシスタントを導入したことで、どのような成果があったのか。 今回は米Amazonが開発したAIアシスタント「Alexa」をラズパイで使えるようにしてみます。 今回は米Amazonが開発したAIアシスタント「Alexa」をラズパイで使えるようにしてみます。 日本でも「Hey Google, Read it」と命じると、開いているWebページを指定した言語で読み上げる。 今回は各社の音声アシスタントが収集したデータを消す方法をまとめた。 IP56規格の防水・防塵(じん)をサポートする。 50を超えるストリーミングサービス、Google アシスタント、Amazon Alexa、AirPlay2にも対応する。 リモコンアプリやスマートスピーカーより便利なのか。 実際に試した。 com傘下のAWSが、企業のAlexaスキルでブランドキャラクターの声での応答を可能にする「Amazon Polly」による新サービス「Brand Voice」を発表した。 カナダのKFCはカーネル・サンダースの声で答えるスキルを公開した。 今回は、Alexaをさらに使いこなすための最新Tipsをまとめた。 「WiMAX HOME 02」は、前モデルの「WiMAX HOME 01」から約40%サイズダウンしながら、より電波が広がるよう内部のアンテナ性能を強化。 「Speed Wi-Fi NEXT WX06」はWiMAXのモバイルルーターでは初めて、2. 4GHz帯と5GHz帯のWi-Fiを同時に利用できる。 GoogleがCES 2020で発表した年内にできるようになる予定の「Googleアシスタント」の新機能と、今実際使える機能で使ってみて気付いたことを紹介します。 comの音声アシスタント「Alexa」を搭載すると発表。 音声による指示で、空調・照明などを操作できるようにする。 自動車メーカーが、市販車にAlexaを搭載するのは初。 家族で確認できる掲示板機能やコーヒーメーカーなどの家電の起動予約、Webページの長文朗読などだ。 ながら運転防止の啓発活動の一環。 今回は、Amazon Echoファミリーの最上位モデルとして登場した「Echo Studio」を紹介する。 SpotifyのPodcastサービスにも対応し、いずれかでPodcastが再生できるようになった。 LINEのAIアシスタント「Clova」の技術も採用し、約400通りの会話を楽しめるという。 日本語を含む44カ国語を音声とテキストで通訳する。 1月からスマートディスプレイで使えていた機能だ。 あなたのAmazon EchoとKindleにも「KRACK」の脆弱性が残っているかもしれない。 早急に確認しよう。 ハードウェアを刷新し3年保証を付属した。 comが、音声アシスタントAlexaの英語での応答の声の調子を、「非常に嬉しそう」から「非常にがっかりしている」まで、6段階で設定できるようにした。 comが薬局チェーンと提携し、Alexaによる処方薬の服薬リマインダーと補充購入を可能にするスキルを米国で提供開始した。 自社製スマートスピーカーに搭載する計画だ。 早期終了した。 まずは米国の英語で提供開始した。 今回は「Fire HD 10」の新モデルでAlexaをどのように使えるか、従来モデルとの違いをチェックする。

次の