簿記2級 通信。 簿記検定の独学合格は可能なの?2級と3級の違いや勉強方法まで徹底解説!

簿記講師が教える、日商簿記2級のオススメ講座ベスト3!

簿記2級 通信

簿記2級の通信講座をどのように選択すればよいか、迷ってしまいますよね。 簿記3級に比べて価格も高いですし……。 予算と、内容(あなたがゆずれないもの、そして直感)とのかねあいではないでしょうか。 ではどの価格だとどういうサービスなのかをまずは見てみましょう。 (注)価格については一般価格・定価を掲載しています。 また、教育訓練給付金の活用という手段もあります。 とにかく安心して学びたい〜業界最大手の価格相場〜 まずは、業界で大手と言われるところから見てみましょう。 相場としては 定価で50,000円前後というイメージでしょうか。 会社名:資格の学校TAC 講座名:2級講義パック 講座形態:web通信講座 価格:¥53,500 会社名:資格の大原 講座名:2級合格フルセット 講座形態:web通信 価格:¥66,000 例えば上記2社を使うメリットは下記の通り。 ・上位資格の講座があるので、簿記2級合格後、簿記1級や税理士を目指す際に、なれた教材で学習できる。 ・自習室を開放しており、通信講座の受講生にも利用可能。 したがって 「会計を本職としてもっと学習を続けていきたい」と今の時点で感じるのであれば、価格の面を考慮しても検討に値するかもしれません。 また、会社や自宅に近いところに校舎がある場合、活用できる可能性が大です。 「自宅では学習時間が取れない」という方には頼もしい存在です。 会社名:クレアール 講座名:2級講義パック 受講形態:Web通信 価格:¥46,000 校舎数は冒頭の2社に比べ少ないですが、こちらも公認会計士試験や税理士試験にも進出しており、会計の資格学習の世界では老舗です。 また、クレアールの簿記3級通信講座には一通り目を通しましたが、過不足のないスタンダードな内容で、好感が持てました。 上記のようにブランド力の高いところが、比較的料金が高いのはどの業界でも同様のことでしょう。 講師の立場からすれば、大手の通信講座の授業をするのはプレッシャーのかかるものです。 そのぶん、打ち合わせや講座の企画に最大限の配慮をしていることは推察します。 「とにかく安心して学習したい」という方が公認会計士講座を長年実施しているような企業ブランドで選択するのも合理的だと考えます。 学習途中で「この教材を信用していいのか?」と不安になるというのがあらゆる試験勉強で一番のデメリットですから。 もう少しお安くというあなたに〜40,000円以下で〜 会社名:ネットスクール株式会社 講座名:日商簿記2級標準コース 受講形態:web通信 価格:¥39,500 書籍も多く出版し、税理士や簿記1級の対応もしています。 動画だけではなく、 チャット機能を使ったライブ配信などは特徴です。 ライブ配信でのオンラインは一部実験的な予備校が行っています。 私も他の学習内容でオンラインのライブ授業の経験がありますが、非常に多くの対応力を求められるものです。 講師の先生も努力されていることでしょう。 TAC出版 講座名:日商簿記独学道場2級フルパック 受講形態:資料通信 価格:¥27,800 講義動画がDVDでついています。 ある程度試験勉強に自信のある方で「講義は最小限」にしたい方。 その上で問題集やテキストの使い方が確立できている方でしたら必要十分な教材が詰まっています。 使用するのは最大手のTACの市販書籍ですので信頼と教材という二点に集中したらこの価格はとてもよくまとまっていると言えます。 新興オンラインスクール〜20,000円を切る講座〜 新興のオンライン予備校では 20,000円を切る価格の講座も用意されています。 普段からよく資格学習について調べている方でないと、あまりなじみのないブランド名かもしれません。 しかし、運営会社の資金調達の状況などを見るかぎり、会社として現状、伸びているのを感じる部分もあります。 「とにかく価格」「最小限でいい」という方でしたら、お試し動画などをご覧になって、好感のもてる先生であればついていくのもいいでしょう。 ただし、オンラインで完結するのが基本なので、「試験勉強は紙ベースじゃないとイヤ」という私(御年36歳)は慣れが必要かもしれません……。 低価格での学習環境提供への熱意を感じる企業2社です。 生活にスマホやタブレットを十分活用できている方でしたら検討に値するかもしれません。 資格スクエア ¥19,440 通勤講座 ¥17,800 まとめ 簿記2級においては、ある程度の教材を使えば、こまかな情報の差(例えば予想問題が当たる。 あるいは当たらない。 テキストの問題と同じものがそのまま出る)がそのまま合否に影響することはきわめて少ないと言えます。 なぜならば、試験問題が研究されつくしており、なおかつ、試験委員対策等、学術論文を検討する必要のあるほどのレベルの試験でもないからです。 だからこそ、通信においては「この先も利用しやすそう」「信頼できるイメージがある」「通いやすい自習室がある」「値段が予算内」「先生の好感が持てる」そういったシンプルな基準で選んでしまってもよいと私は考えています。 どの教材を選んでも「やりきる」ことが最も大事です。 また、講座の形態も通信制度の評価のみで、その他校舎への通学講座、学内講座等は一切評価の対象とはしていません。 簿記の講座を探す• 関東エリア• ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・• 北海道・東北エリア• 甲信越・北陸エリア• 東海エリア• 近畿エリア• 中国・四国エリア• 九州エリア•

次の

簿記検定の独学合格は可能なの?2級と3級の違いや勉強方法まで徹底解説!

簿記2級 通信

簿記資格 ビジネス系の資格といえば知らない人はいないくらい 人気資格の簿記資格。 特に簿記2級は3級よりも取得が多少難しいだけに 就職・転職でアピールすることができます。 また、簿記2級から工業簿記を学ぶ事で 考え方や視野を広めることができるのでより役に立つことになります。 3級よりは多少時間はかかってしまいますが 2ヶ月~長くても6ヶ月もあれば取得可能な資格です。 簿記2級の通信講座・通学講座 ここでは簿記2級について紹介します。 簿記1級や3級の講座についてはこちらに紹介していますので参考にしてください。 しかし、このページを見ている方は簿記の講座に興味を持っている方も多いでしょう。 独学なのか?それとも学校を利用するのかは「金銭的な面」が気になるところでしょう。 学校を利用しても独学とそれほど金額が変わらないのであれば学校を利用したいという考えも出てくるでしょう。 そこで、 独学と学校を利用する場合でどのくらいの金額が違うのか比較してみましょう。 簿記2級 講座代 19,440円~68,000円 3級同様に最安はアウトプットが不足しているため別途問題集等が必要になる方もいらっしゃるでしょう。 大まかな費用を見ていただきましたがいかがでしたか? 安いと感じ方、高いと感じた方それぞれでしょう。 簿記を独学で 簿記は独学で合格する事が可能で、 独学で挑戦してみたい方や独学に興味がある方は下記のページを参考にしてください。 メモ 3級 2級 1級 簿記2級講座 簿記2級の講座や受講料金の一覧表を紹介します。 簿記2級 通信講座・通学講座 一覧表 学校名 コース名 受講料金 大原 2級合格コース 66,000円 LEC 日商簿記2級パーフェクトパック 57,000円 クレアール 2級講義パック 29,800円 ユーキャン 簿記2級講座 49,000円 ヒューマンアカデミー 簿記2級講座 49,000円 各講座の説明 もっともおすすめなLECの講座を説明します。 LEC簿記2級パーフェクトパック 以下パーフェクトパックについて説明をします。 例えば初めて簿記2級の勉強をする人は「しっかり講義」を視聴するのがいいでしょう。 また、勉強経験者は時間短縮できる「さっくり講義」を視聴するのもいいですし、苦手論点があった場合は違う方の講義を視聴することで視点を変えた講義を視聴できるメリットもあります。 講師は管理人イチオシ 「 しっかり講義」の講師は公認会計士受験界で トップクラスの実力を持つ影山講師なので、講義は非常に分かりやすく分かりづらいと感じる箇所はないのではないかと思います。 分かりやすさに定評があるため、 簿記に苦手意識がある人ほどより分かりやすさを感じることができるでしょう。 管理人が簿記2級講座をおすすめの1位にしているのは、影山講師が講義をされているのが大きな理由となります。 この講座は講義も分かりやすいのですが、テキストは 八百屋のキャラクターが登場し楽しみながら簿記を読み進めることができるようになっています。 1といっても過言ではないでしょう。 次は通信講座で最も有名なユーキャンの講座を説明します。 ユーキャン 簿記2級講座 商業簿記:テキスト2冊、問題集1冊 工業簿記:テキスト1冊、問題集1冊 アウトプットとしては模擬問題集、添削問題が用意されているので演習不足になるといったことはありません。 1日60分の勉強6ヶ月で合格する事を目標としています。 そのため1日2時間勉強できる方は3ヶ月、時間を割ける方はさらに短期間で合格する事が可能となります。 ユーキャンは他校と違って講師の動画を見るのもではありません。 そのため 講師の説明がなくても理解ができるようにテキストは作られているのは他校と大きく違うところです。 イラストや図は多く、とっつきにくさがなく苦手にならないように漫画があったりと工夫が多く非常に分かりやすいテキストとなっています。 動画は基本的にはありませんが、解答(仕訳の書き方、解き方)は動画にあるので、要所要所の動画は用意されているので動画が全くないわけではありません。 次は資格スクエアの講座となります。 商業簿記:テキスト1冊、問題集1冊 工業簿記:テキスト1冊、問題集1冊 (勉強の目安) 商業簿記12時間、工業簿記15時間 勉強期間の目安は2ヶ月ですが、視聴期間は6ヶ月となっています。 そのため例えば 2月の試験だけでなく、6月の試験まで講座の視聴ができる大きなメリットがあります。 超一流の講師 資格スクエアは 公認会計士の専門学校でもある東京CPAと提携を結び、簿記2級の講師は東京CPAの講師がされます。 そして、その講師は 東京CPAの公認会計士講座で簿記看板講師である国見講師が講義をされます。 また、国見講師は東京CPAの理事でもあります。 講座代は相当安い19,440円と他校の半額以下となってかなりお得です。 この金額であるにもかかわらずトップレベルの講師の講義を視聴できるのは受講生としては嬉しい限りです。 (どのような講義をするのか気になる方は、 1回目は無料で講義を視聴することができるので視聴してみるのもいいでしょう。 ) ただ、この講座には答練・模試等はありません。 その場合、85点になりコストパフォーマンスはかなりいいといえます。 講座の選び方 コースの選び方の一例を紹介しますので参考にしてみてください。

次の

簿記2級の合格に必要な勉強時間(学習時間)はどのくらい?

簿記2級 通信

簿記1級の通信講座を申し込みする前に知ってほしいこと 「独学で日商簿記1級に合格している人もいるし、高額な通信講座に申し込みすれば、私はきっと受かるに違いない。 」と期待している人もいると思います。 確かに、大原やTACなど有名な簿記通信講座は洗練された内容で、分かりやすく本当に素晴らしい。 値段以上の価値があると私は思います。 しかし、通学・通信講座に申し込みしたとしても、日商簿記1級の合格するのはかなり難しく、根気が要ります。 決して『楽して合格出来る』とは思わない方が良いです。 簿記1級の通信講座は、「全員」にオススメは出来ませんが、「根気強く勉強を続けられる人」だけおすすめします。 関連: 通学・通信講座に申し込みしても合格は結構難しい 厳しいようですが、大原やTACの大手簿記学校に申し込みした人全員が合格できるワケではありません。 中には、何回も試験を受験して、それでも合格できないで居る人もいます。 私自身、簿記1級は大原の通学講座に通って一発合格しましたが、周りの人は勉強を続ける途中で挫折してしまい、試験さえ受けずに断然する人も結構居ました。 合格には600時間以上必要 通学・通信講座は簿記1級の学習のサポートをしてくれますが、それでも合格する為には600時間以上の勉強時間が絶対的に必要です。 関連: 600時間というのは、とっても長いです。 一日3時間勉強したとしても、200日。 半年以上かかってようやく合格ラインが見えてきます。 日商簿記1級の試験は年に2回しかないので、一度落ちてしまうと、また半年間勉強漬けとなります。 600時間 半年 で合格ラインにギリギリ到達できる程度が標準勉強時間なので、学習ペースは余裕を持って1年程度見ておくと一発合格する確率はググッと高まります。 1年間『絶対に合格する!』という断固たる決意を持ち続けられる自信がある人だけ、通信講座に申し込みをした方が良いと思います。 勉強を続ける自信がないなら、通信講座に申し込むのはやめた方が良い 最も避けるべき事態は、「高いお金を払って簿記1級の通信講座に申し込みをしたにも関わらず、資格を取らず途中で断念してしまうこと」です。 この記事で言いたかったこと 要は、「通信講座に申し込みをしたとしても、孤独に勉強を黙々と1年間続けないと合格するのは難しいのです。 なんとなく、『通信講座って楽に合格できそう』というイメージを持っている人も多い 私がそうでした と思うので、やや念入りに前置きで説明しました。 『合格するまでの勉強期間はかなりしんどい』ですが、それを乗り越えられる自信のある人は、以下の通信講座の比較を参考にして、申し込みをして日商簿記1級に合格してください^^ 関連: 簿記1級の通信講座を比較 日商簿記1級の通信講座は、• TAC• LEC• 柴山式• クレアール などがあります。 これらのおすすめの講座の紹介と、料金比較をしていきます。 ですが、大手2大専門学校の 大原とTACは毎年安定して合格者を輩出している実績があるので、テキストや問題集、授業内容、直前対策などのノウハウが洗練されており、多くの人に合う学習カリキュラムとなっていると思います。 1~2万円くらいの料金差は気にしない方が良い。 絶対! 『大原とTACは聞いたことあるけど、通信講座の料金がやっぱり高い・・。 』 と思う方は多いと思います。 後ほど詳しく紹介しますが、1年コースで162,000円とめちゃめちゃ高額ですよね・・。 『少しでも、合格までにかかる料金を安くしたい』と思うのが受験生の本音ではないでしょうか。 大原やTAC以外にも、合格実績ある通信講座がありますが、それらは大抵の場合、大原・TACのよりも数万円安かったりします。 万が一落ちた場合、損失が大きい 数ある通信講座の中でも、値段は高めの大原とTACですが、 一発合格する確率はおそらく最も高いのでは?と思います。 日商簿記1級は、半年に1回しか試験がないので、落ちた場合にもう半年間、勉強漬けとなります。 試験範囲が広いので、勉強をしないと学力を維持するのは難しく、ある程度知識がある状態で落ちたとしても、結構なペースで勉強を続けなければなりません。 仮に落ちた後、勉強を半年で350時間したとしましょう。 もしも、一発合格できていればその350時間はアルバイトでお金を稼ぐ事もできます。 補足:学習期間4ヶ月で合格可能な通信講座の評判は? 日商簿記1級の通信講座の中には、『学習期間4ヶ月で合格可能』という 謳 うた い文句のものもあります。 確かに、不可能ではありませんし、実際に合格者を複数人出しているのも事実だと思います。 しかし、断言します。 あなたが簿記2級を独学で取得したのなら、4ヶ月で1級合格を目指すのは無茶です。 範囲が膨大で短期間で理解するのは難しい。 4ヶ月で合格可能なのは、商学部の大学生などと思った方がいいでしょう。 日商簿記1級は、会計のスペシャリストと言われる 権威性 けんいせい のある資格です。 だからこそ、周りに評価されるし、「短期間で取得するのが難しいからこそ、資格で得た知識が重宝される」ということを忘れないでくださいね。 おすすめ簿記1級通信講座の料金を比較 おすすめの日商簿記1級の通信講座料金を比較します。 参考: TACの通信講座料金 税込 TACの通信講座 Web通信 DVD通信 1年合格本科生 2級復習講義なし 162,000円 213,000円 1級合格本科生 2級復習講義付 188,300 243,500 1. 最新の情報・詳細はこちらで確認ください。 参考: 大原・TACをおすすめする理由 大原やTACは、他の通信講座より値段が高い分、 テキストや問題集のボリュームがとても多いです。 基礎を4ヶ月以上みっちり学習し、その後もとにかく基礎を反復練習する学習メソッドとなっています。 これは、試験合格しやすいのはもちろん、合格後の仕事など実践のあらゆる場面で応用が効いて、大いに役立ちます。 逆に言うと、他の通信講座では仮に合格できたとしても、基礎固めが不十分となり、付け焼き刃で知識が身に付かず、いざ実務に携わった時にあまり役に立たない可能性があります。 あなたが日商簿記1級の資格を役立てたいと思うなら、悪いことは言いません。 たかが数万円安い講座を選ぶのではなく、大原やTACで基礎を固めてしっかりと知識を習得することをオススメします。 『だいたい、何ヶ月で日商簿記1級は合格可能なのだろうか?』と気になる人が多いと思います。 1年コースがおすすめ どうしても1年未満で取得しなければならない特別な事情がない限り、 簿記1級の通信講座は合格目標までの期間が1年のコースを選択するのをおすすめします。 その理由は、1年より長い期間だと途中でだらけてしまうし、9ヶ月くらいだとかなりハードスケジュールになるからです。 1日2~3時間のペースで、無理なく最も合格しやすいのは、1年コースだと思います。 私は通学で、大原の1年コースで勉強していましたが、途中から入ってくる9ヶ月コースの人たちには負ける気がしませんでした。 それくらい、3ヶ月間のアドバンテージはとてつもなく大きいです。 通学・Web通信・DVD講座の違いやそれぞれの利点は? 大原やTACなどの日商簿記1級の講座には、• 通学 教室 講座• Web通信講座• DVD講座 の3つがあり、どれに申し込みをすれば良いのか迷いますよね。 それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。 通学 教室 講座のメリット・デメリット デメリット• 都合が合わず欠席した場合、補講を受けないとその後の勉強に支障をきたす• 学校の日程に合わせるので、自分の都合で勉強を続ける事ができない• 通学までの移動時間とお金がかかる 通学のメリットは、モチベーションを維持しやすい事です。 ルーティン化しやすく、周りに自分と同じ立場の受験生がたくさんいるので、刺激になると思います。 一方でデメリットは、学校のスケジュールに合わせなければならないので、自分のペースで勉強を続けられない事です。 大原やTACには、通学で欠席した時の為に「補講」制度がありますが、それをしょっちゅうやるなら最初から通信講座に申し込みした方が良いと思います。 Web通信講座のメリット・デメリット デメリット• 分からないところ、疑問点があった時に、回答を即座に受ける事ができない• 自宅で一人でずっと勉強をするので、モチベーションを維持するのが難しい。 勉強に集中できる環境を整える必要がある Web通信のメリットは、自分の都合・ペースで勉強できるので、不規則なシフトで働いている人なんかも無理なく続ける事ができます。 また、講義を担当している先生は、その専門学校のエース級の講師が担当しているので、内容自体はめちゃめちゃ分かりやすいです。 一方でデメリットは、とにかくモチベーションを維持する環境を整える必要があることですね。 テレビやパソコン、スマホなどを見ても怒る人がいないので、遊びの誘惑と戦い、自己管理しなければなりません。 DVD講座のメリット・デメリット デメリット• Web通信講座よりも料金が高い DVD講座は、講義内容はWeb通信と同じですが、パソコンなしでいつでも見れるのがメリットです。 一方でデメリットは、Web通信講座よりも料金が高いこと。 合格後は講義内容を見直しする機会はないと思うので、パソコンの通信環境がある人なら、Web通信の方が個人的にはおすすめです。 まとめ。 日商簿記1級に合格に必要なものとは。 独学だと無理? Web通信講座に申し込みしても合格できない人もいるし、逆に独学で短期間で合格する人もいます。 講座受講は勉強効率を大幅にアップする事が可能ですが、合格に絶対必要なわけではありません。 やる気と根気があれば、独学で合格する事も可能です。 逆にやる気がない状態だと、Web通信講座に申し込みをしても合格する可能性はゼロに等しいです。 優れた教材ではなく、『勉強 努力 をコツコツと継続する』事が最も大事だということを忘れないでください。 やる気があるなら、TAC独学道場もおすすめ やる気があって、『独学にしようか、それとも通信講座にしようか・・』迷っているあなたにおすすめなのが、です。 メリットとして、通信講座よりも割安で、かつ学習に必要なテキスト・問題集などの教材とWeb講義がセットになった、独学の利点「安さ」とWeb通信講座の利点「Web講義での分かりやすさ」が両立した内容となっています。 関連: まとめ。 楽して合格する道はない。 頑張って合格を目指そう! 『楽して合格したい』のは、誰しもそうだと思いますが、誰でも取れる資格なら、取得したところで評価されません。 『日商簿記1級は、2級とは比べものにならないくらい難しい。 』と、聞いたことがある人は多いと思います。 これについては、私も本当にそのとおりだと思います。 2級は私の周りに独学で満点で合格した人もいます。 私は最初から簿記1級取得を目指していたので、2級は電卓なしで試験に挑んだほど。 見事に落ちて、その後電卓を使って独学で合格しました。 とは言え、公認会計士を目指している人は、あまり日商簿記1級に時間もお金をかける必要ないので、など教材がしっかりしつつ通信より安い講座に申し込みするのも手です^^ 日商簿記1級は、通信講座に申し込みをしなくても、テキストや問題集の冊数が非常に多く、教材を一式揃えるだけでも結構なお値段となります。

次の