オートミール チーズ リゾット。 私が13Kg痩せたオートミールのダイエット効果を初めて公開します

1分で完成レシピ!…米を使うより激ウマ!?「簡単カレーリゾット」 #129 — イラスト、文・犬養ヒロ

オートミール チーズ リゾット

卵といっしょに日本人ならこれ 卵粥 これは本当に日本人向きの味。 お粥そのものの味わいになるので誰でも食べやすいうえに 卵というキング・オブ・タンパクのコラボなのでおすすめしたい。 大体これで約200kcal ~作り方~• オートミール30gに水200cc入れ、だしの素をティースプーンの先っぽくらい入れる• 600wで2分間でレンジをかける(お湯からなら1分20秒くらい)• 溶いた卵をかけてから、30秒レンジに再びかける• 最後にお好みに合わせて醤油をかけたら出来上がり。 韓国風で野菜も一緒に ナムルたっぷり、韓国風おじや 食べ応えばっちりで食も進む韓国風。 スーパーで売っているナムルの4種セットを買ってそのまま乗っけてしまうので楽ちん たんぱく質を底上げするために豆乳を入れるので味わいはマイルドな仕上がりに 基本的にはキムチ鍋の素を好きな量を入れて味を調節するので辛いのが好きな人は多めに入れる。 またチゲスープの素を入れると味が整いやすい。 お好みで韓国のりなんかもお勧め。 大体これで約350kcal ~作り方~• オートミール30gに投入200mlと40ccの水を入れる• キムチ鍋の素かチゲスープの素を入れる(お好みで)• 600wで2分間レンジで温める。 ナムルを乗せる スポンサーリンク リゾット風オートミール リゾット風オートミール トマトジュースとピザチーズを使ったリゾット風オートミール トマトジュースは酸味がかなり効いているので 牛乳を足してマイルドにするほうがいい。 これで大体約250kcal これはチーズを入れる量によってかなりカロリーが変わるので気を付けてください。 ~作り方~• オートミール30gにトマトジュース200mlと牛乳40ml入れる 酸味が気になる場合はトマトジュースを減らしと牛乳と半々にする。 チキンブイヨンとコショウを適量入れる。 レンジでいつも通り600w2分間チン。 チーズ(20g)を乗せさらに30秒レンジにかける。 あおさたっぷり和風味 鮭と梅のあおさオートミール 見た目はあまりよくない(笑) ほぐし鮭と練り梅、さらにあおさ粉使って和風に仕上げてます。 海苔の味が好きならおすすめ 朝ご飯に軽く食べるのにちょうどいい。 総カロリーは約180kcal ~作り方~• オートミール30gに水200gを入れる• あおさ5gと梅3gをいれ、だしの素をティースプーンの先っぽくらいを入れる• 600wで2分間レンチンする。 ほぐし鮭を30g入れる たんぱく質たっぷり絶品飯 鶏肉たっぷりお茶漬けオートミール これは本当にうまい! お茶漬けの素を入れるのはもはや鉄板のレシピだけれども それに一工夫で、サラダチキンを入れるとグッとランクが上がる。 たんぱく質もたっぷりなので、毎朝食べたいくらいの仕上がりです。 是非試してほしい。 約200kcal ~作り方~• オートミール30gに水200ccを入れる• 600wで2分間レンジで温める• お茶漬けの素を入れサラダチキンを入れる まとめ たんぱく質を加えたオートミール飯は筋トレ中に非常に役に立ちます。 しかも、低カロリーなので一食これに置き換えることによってダイエット効果も大きいのが魅力。 是非チャレンジしてみてください。

次の

【愛のおうち薬膳】ぽっこりおなかの救世主! 5分で作れるオートミール・リゾット2品

オートミール チーズ リゾット

1 米を洗わずに炒め、オイルコーティングする 米を洗って濡らすと、水分を吸収しやすくなって粘りが出てしまいます。 米は洗わずに炒め、一粒一粒、オリーブオイルでコーティングすることでサラッとした仕上がりに。 2 熱々のブイヨンを少量ずつ加えて炊き上げる 米の温度を下げないように、ブイヨンは「熱々」と「少量ずつ」が鉄則。 温度が下がると、デンプン質が変質し糊化してしまいます。 また、ブイヨンは一気に大量にそそぐと米が躍ってぶつかり合い、内部のデンプンが流れ出て粘りが出やすくなるため、少量ずつ加えます。 3 炊いている最中は木べらで混ぜ過ぎない 混ぜ過ぎると、米が割れて粘りを引き出す原因に。 アルデンテに炊き上がるまでは、時々木べらで鍋底をこそぐ程度にしましょう。 徹底解説! アルデンテに仕上げる本格「チーズリゾット」のレシピ 米をブイヨンで炊き上げたのち、バターとパルミジャーノ・レッジャーノチーズを混ぜるシンプルなチーズリゾットのレシピです。 <材料>2人分• 米…1合(150g)• オリーブオイル…大さじ2• ローリエ(あれば)…2枚• 白ワイン…大さじ1• バター…20g• パルミジャーノ・レッジャーノチーズ…大さじ2• 塩…少々• 粗びき黒こしょう…少々 <作り方> 1 米をオリーブオイルで炒め、同時にブイヨンを温める 鍋にオリーブオイル、生米(洗わない)を入れて中火にかけ、米全体に油が回るように木べらでやさしく混ぜながら5分ほど炒めます。 同時に別の鍋でブイヨンを中火で温めておきます。 白ワインと、あればローリエを加えるとブイヨンの香りがグンとよくなります。 「米をオリーブオイルで炒めるときは、一粒一粒にオイルをコーティングするイメージで」 2 お玉2杯分のブイヨンを入れて、米を炊き始める 米が油を吸って熱くなり、表面が均等に白っぽくなったら熱々のブイヨンを注ぎます。 注いだ途端にブイヨンが沸き上がり、湯気が立ち上がります。 「ブイヨンの温めが足りないと、米の温度が下がってデンプン質が変質してしまい、粘り気のあるリゾットになってしまうので要注意です」 3 ブイヨンをつぎ足しながら、20分炊く 米がブイヨンを吸って、表面にカニ穴のような穴が開いてきたら、その都度、お玉半量の熱々のブイヨンを足しながら、弱火で20分炊きます。 「炊いていくときに木べらでかき混ぜ過ぎると粘りが出てしまいます。 鍋底がこげないように、時折、木べらで軽く鍋底をこそぎ、鍋をふってください」 4 米がふくらみ、粒が立って、艶々してきたら、味見をする 「20分炊いたら、一度、味見をしてみてください。 本場のリゾットは米に微かに芯が残る程度がベストな炊き上がりとされています」 5 火を止め、バターとパルミジャーノ・レッジャーノチーズを加えて余熱で溶かし、塩で味を調えてこしょうをふる 「米をアルデンテに仕上げたら、その後は余分な熱を与えたくないのですぐに火を止めて。 バターとチーズは余熱で溶けるので、手早く木べらで混ぜ、塩で味を調えたら完成。 器に盛り、粗びき黒こしょうをふります」 出来上がりを眺めてみると、しっとりと濡れているのに、粒が立っていて、米に張りがあるのがわかります。 スプーンですくって口にしてみると、口の中でパラリと米がほぐれる感覚。 まるでおじやとは違う食感で、かめばかむほどに美味しい! これぞ、まさにプロの味。 【アレンジレシピ】ベーコンときのこのトマトリゾット 上記で紹介したチーズリゾットに、ベーコンときのこ、トマトピューレを加えて作るアレンジ。 基本のレシピとの違いは、米を炒める前に具材を炒めること、ブイヨンで米を炊いていく途中にトマトピューレを加えるという2点だけです。 <材料>(2人分)• 米…1合(150g)• オリーブオイル…大さじ2• スライスベーコン(1㎝幅に切る)…2枚分• 白ワイン…大さじ1• トマトピューレ…50g• 塩…少々• 粗びき黒こしょう…少々 <作り方> 1 鍋にオリーブオイル、ベーコン、きのこを入れて中火で炒めると同時にブイヨンを温める ベーコンときのこのエキスをオリーブオイルに移します。 炒めすぎると焦げてしまうので、きのこがしんなりする程度でOK。 同時に別の鍋でブイヨンを中火で温めておきます。 白ワインと、あればローリエを加えるとブイヨンの香りがグンとよくなります。 2 米を加えて、米に油が回るまで炒める チーズリゾットと同様に、米が油を吸って全体的に白くなるまで炒めます。 3 お玉2杯分のブイヨンを入れて、米を炊き始める 米が油を吸って熱くなり、表面が均等に白っぽくなったら熱々のブイヨンを注ぎます。 「木べらで混ぜずに、鍋底がこげないように、時折、鍋をふってください。 具材が入ると焦げやすくなるので、チーズリゾットよりも鍋を頻繁にふるのがポイントです」 4 トマトピューレを加え、軽く混ぜる お玉2杯分のブイヨンがなくなり、次のブイヨンを足す前にトマトピューレを加えて軽く混ぜます。 「トマトピューレは生のトマトを濃縮した調味料。 トマトピューレがなければ、トマト缶を煮詰めて水分を飛ばしたもので代用しても」 5 ブイヨンをつぎ足しながら、20分炊く ブイヨンを米が吸って、表面にカニ穴のような穴が開いてきたらその都度、お玉半量の熱々のブイヨンを足しながら、弱火で20分炊きます。 「味見をして、米に微かに芯が残る程度に炊き上がったら、火を止めます。 塩で味を調えてから、器に盛って、シブレットと粗びき黒こしょう、オリーブオイル(分量外)をかけたら出来上がり」 トマトだけでなく、牛乳や生クリームなどを加えるとバリエーションはもっともっと広がります。 まずはシンプルなチーズリゾットから挑戦してみてください!.

次の

筋トレ中のたんぱく質の取れるオートミールのレンチンレシピ

オートミール チーズ リゾット

夏のような暑さを感じる今日この頃。 そろそろ本格的に薄着対策をしたいと思っている人も多いのでは? 薄着というと、気になるのがぽっこりおなか。 特に夏に水着になる予定の人は、今から対策をしていくといいかも。 そんな人におすすめなのが、オートミール。 オートミール(燕麦)は、食物繊維たっぷりで、おなかぽっこり対策が手軽にできちゃうんです。 小松菜は2センチくらいにざく切り、玉ねぎはみじん切りにする。 厚手の鍋に油をしき、玉ねぎをアメ色になるまで炒める。 小松菜とミックスビーンズを加えさらに炒める。 3に水、トマトジュース、コンソメ、オートミールを加えて3分程度煮込む。 塩コショウで味を整え、火を止めて粉チーズを入れてざっくり混ぜる。 完成! 小松菜とミックスビーンズは東洋医学でいう「血」をチャージする大切な食材。 気持ちを落ち着かせたり、PMSを和らげたりする効果も期待できると言われています。 玉ねぎはみじん切り、キノコ類は食べやすい大きさに切る。 厚手の鍋に油をしき、玉ねぎをアメ色になるまで炒める。 2にキノコ類を加え、しんなりするまで炒める。 水、牛乳、油を切ったツナ缶、コンソメ、オートミールを加えて3分程度煮込む。 塩コショウで味を整える。 完成! 生クリームは使わなくても、オートミールを入れることでクリーミーになっちゃいます。 きのこをたっぷり食べられるので、さらにおなかぽっこり解消にもなっちゃいます。 その両方をバランスよく取らないと、いくら食物繊維をとってもおなかぽっこりが解消されないことも。 つまり、ダイエット中にも最適! さらに、食物繊維だけでなく、カルシウム、鉄、亜鉛、ビタミンB6、パントテン酸などといった栄養素も豊富に含んでいるので、「ダイエットしたら元気がなくなっちゃった」なーんてことにも予防できます。 いかがでしょうか。 これからの季節におなかぽっこり対策&ダイエット食として、ぜひオートミール・リゾットを取り入れてみてくださいね! レシピ考案・料理・撮影=.

次の