ブログ 有料記事。 雑記ブログで稼げてない人は『収益化しやすい記事』を積極的に作るべし

note(ノート)有料記事。賢く運用するために抑えたいアクセス解析と集客方法|ferret

ブログ 有料記事

どうやら最近、「ブログをやめてnoteに行こう、無料コンテンツよりも有料コンテンツだ」みたいなことを言っている人が一部でいるらしく、そういう話題をなどで見る機会が非常に多くなってきているような気がする。 個人的な感想としては、良質なコンテンツを発信できる人がそれをお金に変える手段が増えたことについてはよいことだと思う。 noteも、あるいは同じ会社のcakesも、ネットの「とりあえずどんな内容でもいいからPV取った者勝ち」的な傾向に一石を投じる可能性をもったメディアなので、ネットのそういった煽り記事に飽き始めているひとりのユーザーとしてはそれなりの期待は持っている。 ただ、現時点でnoteで出回っている有料記事を見てみると、残念ながら現実は厳しいと思わざるを得ない。 そういう記事にありがたがって課金するぐらいだったら、ブックガイドを持って本屋にでも行ったほうが何倍も密度の高い情報に接することができるだろうし、かかるお金も少なく済むだろう。 某ブロガーがコンテンツは無料より有料のほうが面白くなると書いていたが、 それはコンテンツを生み出すために相応のコストをかけた場合にだけ言える話だ。 たとえば綿密な取材を行い、時間をかけて執筆し、徹底的な推敲がなされ、さらには編集者の手による編集と校閲が入り……というコストがコンテンツの価格に転嫁された結果、有料になってしまうというのであれば「無料より有料の記事のほうが面白い」というのは正しいということになるだろう。 ところが、現状有料で売られているコンテンツはそういうふうな「労力が転嫁した結果のプライス」として有料になっているようには思えない。 もちろん、有料記事なんだからということで著者なりのサービスが多少はあるのだろうけど、クオリティとしては「よくできた無料記事」ぐらいが実際のところだと思われる。 もっとも、一部の人の有料noteは売れているし、結構な利益も出ている。 それはたしかに事実だ。 ただ、これはもうみんな薄々気づいているだろうけど、これらの売れてるnoteはコンテンツの力で利益が出ているわけではない。 その人の絶大な支持層が、コンテンツの内容や値段に関係なく買っているだけだ。 よく言えばファンクラブ、悪く言えば新興宗教の集金モデルとあまり変わらない。 こうなってしまうと、作り出すコンテンツのクオリティと売上は比例しなくなってくる。 この手の有料課金ビジネスモデルを採用した時点で、その人のコンテンツは面白くなるどころか、他の人から見ればどんどん無価値で面白くないものになっていく。 「とにかく炎上させて煽った者が勝てる」というのが無料コンテンツの世界だとしたら、現状の有料コンテンツは「価値に見合わないコンテンツにも金を払う信者を囲い込んだものが勝てる」という世界になってしまっている。 果たして、これが目指すべき場所なのだろうか。 「良質なコンテンツを作った人が一番儲かる」という世界が作る側にとっても消費する側にとっても理想だと思うのだけど、有料noteが売り場みたいになってしまっている現状を見ると、そういう世界がネット上に到来する日は来ないのかなと絶望せざるをえない。 良質な情報が読みたい人は、有料記事を購読するよりブックガイド持って図書館に行くといいですよ。 無料ですし。

次の

【無料/有料】アフィリエイトにおすすめのブログサイトは2つだけ【初心者が2020年開設すべきサービス比較ランキング】

ブログ 有料記事

どうやら最近、「ブログをやめてnoteに行こう、無料コンテンツよりも有料コンテンツだ」みたいなことを言っている人が一部でいるらしく、そういう話題をなどで見る機会が非常に多くなってきているような気がする。 個人的な感想としては、良質なコンテンツを発信できる人がそれをお金に変える手段が増えたことについてはよいことだと思う。 noteも、あるいは同じ会社のcakesも、ネットの「とりあえずどんな内容でもいいからPV取った者勝ち」的な傾向に一石を投じる可能性をもったメディアなので、ネットのそういった煽り記事に飽き始めているひとりのユーザーとしてはそれなりの期待は持っている。 ただ、現時点でnoteで出回っている有料記事を見てみると、残念ながら現実は厳しいと思わざるを得ない。 そういう記事にありがたがって課金するぐらいだったら、ブックガイドを持って本屋にでも行ったほうが何倍も密度の高い情報に接することができるだろうし、かかるお金も少なく済むだろう。 某ブロガーがコンテンツは無料より有料のほうが面白くなると書いていたが、 それはコンテンツを生み出すために相応のコストをかけた場合にだけ言える話だ。 たとえば綿密な取材を行い、時間をかけて執筆し、徹底的な推敲がなされ、さらには編集者の手による編集と校閲が入り……というコストがコンテンツの価格に転嫁された結果、有料になってしまうというのであれば「無料より有料の記事のほうが面白い」というのは正しいということになるだろう。 ところが、現状有料で売られているコンテンツはそういうふうな「労力が転嫁した結果のプライス」として有料になっているようには思えない。 もちろん、有料記事なんだからということで著者なりのサービスが多少はあるのだろうけど、クオリティとしては「よくできた無料記事」ぐらいが実際のところだと思われる。 もっとも、一部の人の有料noteは売れているし、結構な利益も出ている。 それはたしかに事実だ。 ただ、これはもうみんな薄々気づいているだろうけど、これらの売れてるnoteはコンテンツの力で利益が出ているわけではない。 その人の絶大な支持層が、コンテンツの内容や値段に関係なく買っているだけだ。 よく言えばファンクラブ、悪く言えば新興宗教の集金モデルとあまり変わらない。 こうなってしまうと、作り出すコンテンツのクオリティと売上は比例しなくなってくる。 この手の有料課金ビジネスモデルを採用した時点で、その人のコンテンツは面白くなるどころか、他の人から見ればどんどん無価値で面白くないものになっていく。 「とにかく炎上させて煽った者が勝てる」というのが無料コンテンツの世界だとしたら、現状の有料コンテンツは「価値に見合わないコンテンツにも金を払う信者を囲い込んだものが勝てる」という世界になってしまっている。 果たして、これが目指すべき場所なのだろうか。 「良質なコンテンツを作った人が一番儲かる」という世界が作る側にとっても消費する側にとっても理想だと思うのだけど、有料noteが売り場みたいになってしまっている現状を見ると、そういう世界がネット上に到来する日は来ないのかなと絶望せざるをえない。 良質な情報が読みたい人は、有料記事を購読するよりブックガイド持って図書館に行くといいですよ。 無料ですし。

次の

アメブロで「有料記事」を販売して副収入を得る3つのコツ

ブログ 有料記事

その1:有料ブログとアフィリエイト 有料ブログを始める目的は 「ブログで収入を稼ぎたい」という理由ではないでしょうか。 もし日記や趣味だけなら無料ブログを使って簡単にできますね。 でも、わざわざ有料ブログにレベルアップする理由は 「ブログでアフィリエイト」を始めることだと思っています。 なのでこの記事はその目的を達成するための手順として流れを紹介するものです。 有料ブログのメリット 例えば、Googleアドセンスのクリック報酬型のアフィリエイトは有料ブログが条件となっています。 収益を得るためには有料ブログを始める必要があります。 無料ブログとの違い 違いの一つは、有料ブログはドメインが半永久的に使える事です。 ドメインはブログの住所みたいなものですから、一度設定すればそれが永久的に変わらないのです。 でも、無料ブログでは、その住所を借りているのでブログ会社がサービスを停止したり、撤退したりするとドメインは使えなくなってしまします。 その2:有料ブログを作る手順 有料ブログを作るまでの流れを説明します。 ブログで収益を得るアフィリエイトは最後に説明します。 1.ブログの設計をする 2.ドメインとサーバーを決めて契約する 3.有料ブログを作るWordPressの準備する 4.有料ブログの初期設定をする 1.ブログの設計をする 最初は簡単に 「どんなブログを作るのか?」を決めます。 得意な分野を紹介するのか、ものを売るブログかあるいはトレンドを扱うブログなのかを決めてイメージしましょう。 ブログのタイトル名を決める ブログのネーミングは大変重要です。 適当に付けてしまうと、後から変更したくなります。 後から変更すると、大きな損失になることがありますから最初にきめたら変更しないくらいにしたいものです。 例えば「世界の最新グルメを紹介するブログ」があったとします。 そのブログを作り込んでいく過程で、世界の化粧品にも触れたくなったとします。 どうでしょうか。 ブログのタイトルはグルメですから、読者はグルメで検索してそのブログにやってきます。 そしてブログを開いたら、トップページに「新しいファンデーションの紹介」なんて記事があると、目的とは違うからブログの入口で帰ってしまします。 始めに「世界の最新情報を紹介するブログ」にすれば、そのブログの中で「ファッション」と「化粧品」のカテゴリーを作っておけば両方が紹介できますね。 つまり、最初にブログを設計しておくことが重要なのです。 とはいえ、私も失敗に失敗を重ねてきました。 運営して始めて発見することも多いのであまり神経質に考える事もありません。 大筋で決めておきましょう。 2.ドメインとサーバーを決めて契約する ブログのイメージが決まったら次はタイトルに相応しいドメイン名を決めます。 (1)ドメインを決める ドメイン取得の手続きをする前に決めておきましょう。 com」の部分です。 com」の部分は「. net」「. jp」「. org」・・・等取得する時に選べます。 内容とマッチするネーミングが良いのです。 ブログのタイトルとマッチする名前がベターです。 名前が具体的過ぎると、少しの変更や違う分野の記事を書きたい時に、ブログの内容とあわなくなってしまします。 例 「夏祭りのブログ」の場合 「natumaturi. com」、「natu-maturi」,「natu-maturi123」などのスタイルが一般的ですね。 数字や決まった記号がつかえます。 日本語で作る人もいますが、後々から醜いことにもなりますので、英数記号で作ることをおすすめします。 ドメインが使えるかと申込の方法を確認しましょう。 ドメイン名は決めたとしても、すでに使われているかもしれません。 そこで、利用可能かを調べる事ができます。 安くて人気の3社を選びました。 (2)レンタルサーバーを決める ブログのタイトルとドメイン名をきめたら、次はレンタルサーバーを決めます。 私は初心者が使い易くサポートがしっかりしていて、サーバーが安定している 「エックスサーバー」をおすすめします。 エックスサーバーを契約すると、その契約画面からでも「ドメイン」を取得できるので大変便利です。 例えは、レンタルサーバーは「エックスサーバー」でドメインは「お名前. COM」と別の業者で契約しても問題はありません。 初心者には、エックスサーバーが楽です! でも、エックスサーバーを契約して同じエックスドメインでドメインを取得すると、ネームサーバーの設定などの細かい部分をやってくれるので初心者には簡単で便利なのでおすすめしているます。 その他おすすめのサーバーで、 「mixhost」、「カラフルボックス」、「conoHa WING」の公式サイトも用意しましがので、以下のボタンから閲覧できます。 サーバーとドメインがセットで申し込めます。 別々では面倒だという方はセットで申し込めます。 詳細は以下の記事を参考にしてください。 その4:アクセス解析を設定する ここまでできれば、ほぼブログは初期段階の設定が完了して、とりあえず記事を書いて投稿することが可能となりました。 その他に、 Googleアナリティクス、Googleサーチコンソールを設定したり、外観(テーマ)を選んだり、 各種プラグインを設定してブログをカスタマイズしていきます。 その5:ブログ記事を書く ブログに書いた記事を投稿するまでの段階に入りました。 ここからは、記事の書き方の説明になります。 記事の書き方で収益は大きく変わります。 どの様に書いて投稿するのかポイントを紹介します。 読まれる記事の書き方 ブログを運営する上での一番の悩みが「読まれる記事が書けない」、「アクセスが増えない」という事です。 読まれる記事だからアクセスが増えるのです。 良い記事を書くことは、結果を裏切りません。 読者の方々が「読んでよかった」「ためになった」「方法が分かった」そして、「また、このブログに来よう!」となれば読者はついてきます。 どうしたら読まれる記事になるのでしょう? その書き方や文章の構成、キーワードの選定などのスキルをアップして行きましょう。 参考記事をご覧ください。 作ったブログがすぐに収益に結びつくことは初心者には大変難しいことです。 しかし、確実にブログがGoogleから評価されて検索順位の高位に表示されるようになると、収益は格段に上がってきます。 ブログも毎日成長していくのです! それには、ある程度の記事数と毎日の更新が重要となってきます。 コツコツと毎日、読者の役に立つ記事をアップすることがブログが収益を出すことに繋がっていくのです。 途中でやめたら、そこで終わるのです。 途中でやめたらそこでストップしてしまします。 続ける努力が重要です。 参考記事をリンクします。 レンタルサーバーと独自ドメインの公式サイト いま初心者に人気があり安心して使えるリーズナブルなサーバーです。 ドメインも公式サイトからセットで申し込むことができます。 設定が楽です。 レンタルサーバー公式サイト 独自ドメイン公式サイト ドメインとサーバーを別々で申し込む場合のドメイン公式サイトです。 希望のドメインが使えるか調べることができます。 まとめ この記事では、有料ブログの始め方から有料ブログの初期設定までの流れを説明しました。 収益を得るブログを作る方は是非チャレンジしましょう。 Nao(NAOテック).

次の