レヴォーグ sti 馬力。 レヴォーグ300馬力とは!?加速感が凄すぎる!スペックを徹底検証

【絶対買うな!】レヴォーグSTI Sport2.0Lの加速と馬力を徹底評価!

レヴォーグ sti 馬力

6Lはエンジンの設定をいじっていないので、加速力は ノーマルのレヴォーグ1. 6Lと同じです! もし、あなたが、レヴォーグ STI Sportの1. レヴォーグSTI Sport(1. 6L車)の馬力とトルクを評価! 出典:subaru. jp レヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)に搭載されるエンジンから検証しましょう。 同車に搭載されるエンジンは以下の通りです。 ・ FB16型: 1599㏄水平対向 4気筒 DOHCターボ 上記のエンジンを見てピンと来た人も多いかと思いますが、スバルの「XV」「インプレッサ」と同じエンジンにツインスクロールエンジンを搭載したモデルとなり、通常型のレヴォーグ1. 6Lと同じエンジンとなります。 では、「STI」の名を冠していますので、特別なチューンが行われているか、レヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)の馬力とトルクを評価してみましょう。 【レヴォーグSTI Sport 1. FB16型エンジンは、水平対向では難しいと言われるロングストローク化に成功したエンジンで、生粋のスポーツエンジンである FA型に比べて、実用性や燃費性能を重視したものです。 ロングストロークエンジンのフラットトルクと水平対向エンジンの官能的なスムーズな吹け上りを節度のあるセッティングでバランスのとれたエンジンです。 その FB16型エンジンに直噴ターボを組み合わせたのが、レヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)のエンジンになるのですが、やはり 2. 0L車に搭載される 300psの馬力を持つ FA20型と比べると圧倒的な差があるのです。 ただ、全域でフラットなトルク感があるので、実用的には扱いやすいエンジンと言えます。 そうは言っても、 1. 6Lの FB16型エンジンは街乗りメインのエンジンと言えるので、果たしてそれがレヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)というスポーティグレードに見合うのかと言うと微妙なところです。 私の個人の考えでいえばレヴォーグ STI Sportは 2. 0Lモデルだけで良かったのではないかと思います。 特別装備 内容 通常型 1. 6GT-S 1. 6STI Sport EyeSight ・ダンパー ビルシュタイン ビルシュタイン DampMatic2 ・スプリング ノーマル 専用チューニング ・パワステ ノーマル 専用スクランプス ティフナー付 ・フロント バンパースカート ノーマル 専用フロントバンパー (スカート部:メッキ加飾) 参考: 上記の様に検証すると、それにしても、加速に関するチューニングが少なすぎると思いませんか? レヴォーグSTI Sport(1. 6L車)とノーマルの差はほとんどが内外装の加飾になっており、肝心な走行性能には「ほぼ」手が加えられていないことが分ります。 どうしても STIと聞くと、ラリーなどで活躍するスポーツ的なイメージを持ってしまうので、そこからはかなりかけ離れたチューニング内容と言えるでしょう。 極端に言えばセレナの NISMOのように、足回りをちょっと良くしてエアロパーツを付けただけのようなものです。 【セレナnismo】 出典: autoc-one. jp NISMOのように外装がド派手ではないのがせめてもの救いですが、シンメトリカル AWDの設定を変えるとか、リニアトニック CVTのマニュアルモードのセッティングを変えるくらいなら十分可能だと思いますが、あくまでもスポーティな内外装に重点が置かれていることは非常に残念です。 走行に関する大きな変更点である、ビルシュタイン製 Damp Matic2も減衰力可変式のダンパーと言うだけなので、 1. 6GT-Sに搭載される可変式でないビルシュタインで十分です。 【ビルシュタイン製 Damp Matic2】 出典:subaru. jp 以上の点からして、1. 6Lのレヴォーグと加速感は何ら変わることのない、実用域を重視した加速感なので、水平対向のターボから発生する 過激な馬力感や加速感を求める人を満足させるには至らないでしょう。 ちなみに、ノーマルとの変更点は 1. 6Lと 2. 0Lのレヴォーグ STI Sportで同じになっています。 なお、各速度域の実際の加速感は、下記の通常型レヴォーグ1. 6L車の記事で詳しくご紹介していますので、是非そちらもご覧ください。 スポンサードリンク その3. レヴォーグSTI Sport(1. 加速タイムは全国のユーザーや加速動画を参考に独自集計したものですので、多少の誤差はご了承ください。 6STI Sport EyeSight :9. 1秒 タイムは、 1. 6GT-Sと同じなので、これではレヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)の STIが泣いてしまいますね。 レヴォーグ STI Sport( 2. 0L)と比較して評価してみましょう。 0STI Sport EyeSight : 5. 8秒 同様にして、レヴォーグ STI Sport( 2. 0L車)もレヴォーグ 2. 0GT-S( 2. 0L車)のタイムの差もありませんが、 2. 0Lモデルはノーマルでも十分馬力があり加速性能も優れているので 、レヴォーグSTI Sportを欲しければ迷わず2. 0L車にした方が良いでしょう。 レヴォーグ STI Sport( 1. 6L)は、普通に走れればよくて、質感のよい4 WDステーションワゴンが欲しいというマイルドな人に向けたグレードであり、車に加速を第一に求めるような人に評価される車ではありません。 俺の一言! 数値に表れないスバルらしいどっしりとした走り味を、実用域で扱いやすくセッティングされたのがレヴォーグ STI Sport( 1. 6L)の特徴であると言えます。 加速マニアとしては少々残念ですが、レヴォーグ STI Sport( 1. 6L)が追加された当初は、レヴォーグ購入者の約 4割近くがこのグレードだったらしいので、マーケティング的には成功しています。 しかし、車は走れてナンボという古い考えを持つ私にはなかなか理解しがたいコンセプトとなっています。

次の

STIのレヴォーグ用エギゾーストキットを試してみた!

レヴォーグ sti 馬力

6Lはエンジンの設定をいじっていないので、加速力は ノーマルのレヴォーグ1. 6Lと同じです! もし、あなたが、レヴォーグ STI Sportの1. レヴォーグSTI Sport(1. 6L車)の馬力とトルクを評価! 出典:subaru. jp レヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)に搭載されるエンジンから検証しましょう。 同車に搭載されるエンジンは以下の通りです。 ・ FB16型: 1599㏄水平対向 4気筒 DOHCターボ 上記のエンジンを見てピンと来た人も多いかと思いますが、スバルの「XV」「インプレッサ」と同じエンジンにツインスクロールエンジンを搭載したモデルとなり、通常型のレヴォーグ1. 6Lと同じエンジンとなります。 では、「STI」の名を冠していますので、特別なチューンが行われているか、レヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)の馬力とトルクを評価してみましょう。 【レヴォーグSTI Sport 1. FB16型エンジンは、水平対向では難しいと言われるロングストローク化に成功したエンジンで、生粋のスポーツエンジンである FA型に比べて、実用性や燃費性能を重視したものです。 ロングストロークエンジンのフラットトルクと水平対向エンジンの官能的なスムーズな吹け上りを節度のあるセッティングでバランスのとれたエンジンです。 その FB16型エンジンに直噴ターボを組み合わせたのが、レヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)のエンジンになるのですが、やはり 2. 0L車に搭載される 300psの馬力を持つ FA20型と比べると圧倒的な差があるのです。 ただ、全域でフラットなトルク感があるので、実用的には扱いやすいエンジンと言えます。 そうは言っても、 1. 6Lの FB16型エンジンは街乗りメインのエンジンと言えるので、果たしてそれがレヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)というスポーティグレードに見合うのかと言うと微妙なところです。 私の個人の考えでいえばレヴォーグ STI Sportは 2. 0Lモデルだけで良かったのではないかと思います。 特別装備 内容 通常型 1. 6GT-S 1. 6STI Sport EyeSight ・ダンパー ビルシュタイン ビルシュタイン DampMatic2 ・スプリング ノーマル 専用チューニング ・パワステ ノーマル 専用スクランプス ティフナー付 ・フロント バンパースカート ノーマル 専用フロントバンパー (スカート部:メッキ加飾) 参考: 上記の様に検証すると、それにしても、加速に関するチューニングが少なすぎると思いませんか? レヴォーグSTI Sport(1. 6L車)とノーマルの差はほとんどが内外装の加飾になっており、肝心な走行性能には「ほぼ」手が加えられていないことが分ります。 どうしても STIと聞くと、ラリーなどで活躍するスポーツ的なイメージを持ってしまうので、そこからはかなりかけ離れたチューニング内容と言えるでしょう。 極端に言えばセレナの NISMOのように、足回りをちょっと良くしてエアロパーツを付けただけのようなものです。 【セレナnismo】 出典: autoc-one. jp NISMOのように外装がド派手ではないのがせめてもの救いですが、シンメトリカル AWDの設定を変えるとか、リニアトニック CVTのマニュアルモードのセッティングを変えるくらいなら十分可能だと思いますが、あくまでもスポーティな内外装に重点が置かれていることは非常に残念です。 走行に関する大きな変更点である、ビルシュタイン製 Damp Matic2も減衰力可変式のダンパーと言うだけなので、 1. 6GT-Sに搭載される可変式でないビルシュタインで十分です。 【ビルシュタイン製 Damp Matic2】 出典:subaru. jp 以上の点からして、1. 6Lのレヴォーグと加速感は何ら変わることのない、実用域を重視した加速感なので、水平対向のターボから発生する 過激な馬力感や加速感を求める人を満足させるには至らないでしょう。 ちなみに、ノーマルとの変更点は 1. 6Lと 2. 0Lのレヴォーグ STI Sportで同じになっています。 なお、各速度域の実際の加速感は、下記の通常型レヴォーグ1. 6L車の記事で詳しくご紹介していますので、是非そちらもご覧ください。 スポンサードリンク その3. レヴォーグSTI Sport(1. 加速タイムは全国のユーザーや加速動画を参考に独自集計したものですので、多少の誤差はご了承ください。 6STI Sport EyeSight :9. 1秒 タイムは、 1. 6GT-Sと同じなので、これではレヴォーグ STI Sport( 1. 6L車)の STIが泣いてしまいますね。 レヴォーグ STI Sport( 2. 0L)と比較して評価してみましょう。 0STI Sport EyeSight : 5. 8秒 同様にして、レヴォーグ STI Sport( 2. 0L車)もレヴォーグ 2. 0GT-S( 2. 0L車)のタイムの差もありませんが、 2. 0Lモデルはノーマルでも十分馬力があり加速性能も優れているので 、レヴォーグSTI Sportを欲しければ迷わず2. 0L車にした方が良いでしょう。 レヴォーグ STI Sport( 1. 6L)は、普通に走れればよくて、質感のよい4 WDステーションワゴンが欲しいというマイルドな人に向けたグレードであり、車に加速を第一に求めるような人に評価される車ではありません。 俺の一言! 数値に表れないスバルらしいどっしりとした走り味を、実用域で扱いやすくセッティングされたのがレヴォーグ STI Sport( 1. 6L)の特徴であると言えます。 加速マニアとしては少々残念ですが、レヴォーグ STI Sport( 1. 6L)が追加された当初は、レヴォーグ購入者の約 4割近くがこのグレードだったらしいので、マーケティング的には成功しています。 しかし、車は走れてナンボという古い考えを持つ私にはなかなか理解しがたいコンセプトとなっています。

次の

スバル レヴォーグ!STIと通常グレードの違いは?

レヴォーグ sti 馬力

愛車の最高の査定額を知る方法 車の下取り、査定を考えている方、 最高価格で売るためにはコツがあります。 ディーラー下取りはメチャクチャ損しますよ! 本当に賢い査定方法をご紹介します。 スバル・レヴォーグsti sportは、通常のレヴォーグよりもスポーティなタイプで、より走行性能に磨きが掛かった車種になっております。 スペックは高いのは間違いないのですが、価格に見合った車なのか、という点について気にななっている方も多いのではないでしょうか。 スバル車やレヴォーグsti sportに乗るユーザーは、実際のところ辛口な評価も多めです。 そこで今回は、レヴォーグsti sportの口コミと評価をご紹介します。 具体的にどのような評価を受けているのかを詳しくまとめてみました。 それほどレヴォーグsti sportに期待が大きいという事も分かります。 しかし、レヴォーグsti sportの良い所や悪い所は、人それぞれ感じることがあるので辛口な評価を全て鵜呑みにする必要はないです。 車が気に入るかどうかは、そのユーザーの主観による所が大きいです。 車を選ぶ際は、ご自身が車に何を重点的に求めているかを改めて確認しましょう。 エクステリアやインテリア、走行性能はご自身の好みに左右される事が多いので、良い評価も悪い評価はあくまで参考までに、実際には試乗や実車を確認して判断するのがオススメです。 ・レヴォーグsti sportの評価はなぜ辛口が多い? レヴォーグsti sportはなぜ辛口な評価が目立つのかというと、下記のようなことが考えられます。 STIシリーズはもともと注目度が高く、ユーザーからの期待度もかなり高い為• 価格設定は外車セダン並みの価格なので、価格相応のクオリティを求められている• スポーツカーテイストで、かつ実用性を求められる現代ユーザーからは辛口な意見が目立つ 主にこのような3点が辛口評価の要因だと考えられます。 反対に、レヴォーグsti sportがそれほど話題性のある魅力的な車だということでしょう。 スポンサードリンク スバル・レヴォーグsti sportの良い口コミ、良い評価 それではまず、レヴォーグsti sportの良い口コミ、評価をご紹介します。 これを見ればきっと新たな魅力に気が付くはずです。 ・レヴォーグsti sportの良い口コミと評価 【エクステリア】• ワイルド感が前期よりも増し、よりカッコよくなった。 STI専用のフロントバンパーがカッコよく、外見上の不満はない。 個性的でスバルらしいデザイン。 スポーティさもあり個人的には好み。 【インテリア】• 決して高級感は無いけど、機能的にレイアウトされており不満はない。 視界の良さはきちんと考慮されていて閉塞感が少ないので乗りやすい。 STIのロゴがあるステアリングやメーターは特別感があって良いと思う。 アルミペダルやスポーツシートは乗用車にないスポーティさがとても良い。 後席を倒すと広い荷室空間が出来るのは嬉しい。 【走行性能】• 足回りがかなり良く、固すぎず、柔らかすぎずちょうどいい。 6Lのレヴォーグsti sportでも走行はスムーズで、2. 0Lかと錯覚する程パワーがある。 ロールが少なく非常に良く曲がってくれる。 AWDという安心感もあり走行はバッチリ。 低重心で地面に張り付くように走るので、ステアリングに対する車の反応が正確で安心できる。 ボディ剛性もしっかりしていると実感できるくらい、心地よく揺れが収まるのが良い。 【燃費】• 高速道路やバイパスだと比較的グングン伸びるのでそこまで不満はない。 上記の通り、高評価な口コミや意見がありました。 レヴォーグsti sportで何と言っても高評価なのは「走行性能」で、2. 0Lはもちろんですが1. 6Lでもパワー不足を感じさせない走りが魅力のようです。 スポーツカーのような走りと足回りで、剛性もパワーアップしているので、誰もが実感できる高性能な車です。 また、機能面にも優れていてインテリアの実用性を評価しているユーザーも多かったです。 エクステリアやインテリア、走行性能などに満遍なくコストが掛けられたレヴォーグsti sportは、思った以上に高評価な口コミが寄せられています。 スポンサードリンク スバル・レヴォーグsti sportの悪い口コミ、悪い評価 続いてレヴォーグsti sportの悪い口コミや評価をご紹介します。 辛口な厳しい評価も多いレヴォーグsti sportは、具体的にどのような口コミが集まっているのでしょうか。 ・レヴォーグsti sportの悪い口コミと評価 【エクステリア】• フロント、サイド、リアはそれぞれバラバラのデザインに見えるので、あまり好みではない。 価格等も考慮すると、ウインカーやライセンスランプなどは標準でLEDにしてほしかった。 バックランプが左側にしかないのが微妙。 安全を謳うなら両方に付けるべき。 【インテリア】• 後部座席は乗り降りしづらい。 また、後席にエアコンの吹き出し口が無いのはこのクラスの車種にしては疑問に感じる。 インテリアの質感は値段相応。 ピアノブラック塗装は高級感はあるものの、指紋が目立ちやすいのが難点。 本革シートのヘタリが早すぎる。 半年ほどで摩擦が目立つ。 エアコンの吹き出し口部分はUSBポートになっていて、明らかなコストダウンが見えていて不満。 高級っぽさを演出したのかもしれないが、細部では粗さが目立つ。 ステッチや中地の雑さが気になる。 【走行性能】• 6Lと2. 0Lを比較すると、1. 6Lの出だしのモッサリ感は気になってしまう。 なぜボクサーエンジンにCVTの組み合わせなのでしょうか。 スバル本来の走行性能がCVTでかき消されていると思う。 CVTだからかエンジンブレーキの効きが良くない。 6Lは乗車人数が満員だとやはり重い。 8Lの選択肢が欲しいところ。 0Lはパワフルだけどロールが思ったよりも気になった。 スピードを出すとビビり音も出てくる。 【燃費】• 前期型より更に悪くなったと思う。 6Lでも2. 0Lでも、燃費は期待出来ない。 上記の通り、やはりレヴォーグsti sportには厳しい意見が多数ありました。 レヴォーグsti sportは、1. 6Lも2. 0Lも新車で購入すると総額400万円を超える車です。 とても高価な車なので、期待値も大きいのは当たり前でしょう。 しかし、 その価格の割にコストダウンしている部分が「内装」で、厳しい声が目立ちました。 内装に関してはもう少し400万円台の外車などを見習ってほしい部分です。 また 、「燃費」に関してもあまり期待できないという評価が多かったです。 スバル車特有のボクサーエンジンやターボ仕様を考慮すると、燃費の大きな改善は今後も難しいかもしれません。 その他の点は今後のモデルチェンジで頑張ってほしい所ですね。 あとがき いかがでしたか?今回は、レヴォーグsti sportの口コミと評価をご紹介させて頂きました。 レヴォーグsti sportはこのクラスの乗用車としては比較的価格が高価です。 安い買い物とはいかないので、良い部分も悪い部分も十分に知っておく必要があります。 レヴォーグsti sportに興味がある方は、 ご自身でも一度、レヴォーグsti sportに試乗してみる事をオススメします。 記事を閲覧いただきありがとうございました。 本サイトには車に関する多くの記事ストックがありますので、閲覧いただければ幸いです。 読者の方のお役に立つ情報があるかもしれません。 パソコンで閲覧されている方は、記事面の右にカテゴリーの窓がございますので、そこから興味のある車種、話題等を閲覧可能です。 スマートフォンの方は、本記事を下にスクロールいただくと、カテゴリー窓がありますので、そちらから検索いただければと思います。 また、この少し下に青い車種名などが書いてある部分がありますので、そちらをクリックすることでも閲覧は可能です。 〈関連記事の表記のすぐ上です〉 強力!新車が値引き金額から更に 20 万円安くなる裏技 新車の購入を検討している方へ。 ディーラーの値引き金額から、さらに安くできる裏技があるのをご存知でしょうか。 興味がある方の参考になれば幸いです。 スポンサードリンク.

次の