伊勢神宮は世界遺産。 伊勢神宮はなぜ世界遺産登録をしないのか?…その納得の理由に「なるほど!!」の声

世界遺産にしたい場所ランキング| 伊勢神宮に鎌倉、東京タワー……登録されないのには理由があった!?

伊勢神宮は世界遺産

家族で行ってきました。 日本の神社の最高峰であり、日本人の心のふるさと。 20年に一度のを経ながら、技術を継承し、常若(とこわか)の状態を保つ、清浄の地。 外宮(げくう)と内宮(ないくう)の正宮。 ところが。 実は、ではないのである。 なんと、をたらしめている。 これこそ、登録を阻む要素と言われている。 登録されるには、顕著な普遍的価値、即ち「人類全体にとって現在だけでなく将来世代にも共通した重要性をもつような、傑出した文化的意義や自然的な価値」が認められることが必要である。 そのために、真正性と完全性が求められるのだが、で20年に一度バラしてゼロリセットしてしまうには、真正性が認められない、という事。 これが、ネットで一般になどから出てくる回答。 しかし、本当にそうだろうか。 真正性の定義は「建造物や景観などが、形状や意匠、素材、用途、機能などがそれぞれの文化的背景の独自性や伝統を継承していること」である。 しかも、1994年の奈良文書では、「遺産の保存は地理や気候、環境などの自然条件と、文化的・歴史的背景などとの関係の中ですべきである」とされた。 となると、バラしているとはいえ、形状、意匠、素材などは伝統を継承しているし、その保存が文化的・歴史的背景から行われてきたことを考えると、寧ろ真正性を有していると言えるのではなかろうか。 では、なぜ、ではないのか?ワタクシは、仮説だが「も、地元も、そもそも登録に興味がない」ということではないか?と考える。 登録は、地元が「にしてほしい!」と挙手し、の場合はそれに基づいてが審査を行い、国としての登録申請の準備に入る、という手続きを踏む。 しかし、伊勢では、「をに!」なんて雰囲気はまるでない。 地元は、「お伊勢さんは、別格」という自負があるのはいつも感じるが、その思考回路からすると、「世界に1052もあるなんてものと、別格である我らのお伊勢さんを並べてもなぁ…」となるのは想像に難くない。 だいたいにして、でないとができないという状況になく(むしろ、圧倒的なシステムを構築している)、観光地として地元活性化をする必然がまるでない(既に圧倒的観光需要がある)。 これで「をに!」という活動をしても、必然性がない上に、登録に向けた申請書作成などの手間ばかりかかるので、誰もやろうとしないのも宜なるかな。 必然性がないから、の登録の日は来ない。 それはそれで、いいのかもしれない。 が絶対不可侵かつ唯一、でもないのだから。 worldheritagemeister-k.

次の

1位は伊勢神宮。みんなが選ぶ「世界遺産」にしたい名所ランキング

伊勢神宮は世界遺産

出典: 伊勢神宮はどうして世界遺産登録をしないのか?その理由を述べた一連のツイートが、納得できるものだったと話題になっているのでご紹介します。 つい先日、伊勢志摩サミットが開催されたこともあり、伊勢神宮に対しても改めて海外メディアからの注目が集まっていました。 そんな伊勢神宮がなぜ世界遺産登録をしないのか?観光客誘致のためには、世界遺産登録した方が良いのでは?という声も一部では挙がっていました。 世界遺産登録をしない理由について述べた一連のツイート そういえば先月つぶやいていた「伊勢神宮は何故世界遺産登録をしないのか?」という話なのですが。 実はあの話題が出てから2週間もしないうちに元国連職員の方や神宮さんの広報関係に関わっておられる神職の方とお話する機会がありまして。 大体の流れをつかむことが出来ました。 — 有馬啓太郎 aryiaman 出典: 「伊勢神宮は20年に一度遷宮によって建造物を新造するため、世界遺産の基準を満たせず登録することが出来ない」これは間違いです。 そこまでは予想通りでした。 先述のお二人の答えがほぼ同じでしたので間違いないと思います。 — 有馬啓太郎 aryiaman 出典: お二人の話をまとめますと「遷宮のたびにユネスコに必要書類と資料を提出し、許認可が必要な世界遺産登録なんてやっとれんわ!!」といった感じの内容になるかと思います。 世界遺産に登録された建造物はちょっとした修理にもユネスコの許可が必要になってしまうそうで、そりゃ確かにやっとれんわなと。 — 有馬啓太郎 aryiaman 出典: ブラタモリでも紹介されていましたが、遷宮に必要な木材のパーツ数だけでも8万種類。 これの移送・建造まで含めた膨大な資料を作るのも手間ですし。 それを受けて審査する人材や余裕もユネスコ側にあるやいなや— 有馬啓太郎 aryiaman 出典: 結果として世界遺産登録を目指さないというのは、神宮にとってもユネスコにとっても「まあ、そりゃそういう選択肢になるわな」という非常に納得のいくものでした。 あくまで現実に即した判断なんだなあと。 ちゃんちゃん!— 有馬啓太郎 aryiaman 出典: しかも20年毎なんで、前回担当した職員がユネスコに居ない可能性の方が高く再度ゼロからやり直し・・・— 有馬啓太郎 aryiaman 出典: 伊勢神宮が20年に一度の遷宮の度に、ユネスコに必要書類と資料を提出し許認可をとらねばならないこと。 遷宮に必要な木材のパーツ数だけでも87万種類あり、それらの移送・建造まで含めた膨大な資料を作ることが手間であることなどが理由として挙げられています。 出典: (世界遺産登録には反対という声) 伊勢 神宮は世界遺産にしない方がいい。 絶対いい。 神宮は生きているんだ。 「遺産」ではないのだよ。 神宮は聖地。 皇室と日本国の為に祈願する特別なお社。 外国人観光客がズカズカ観光する場所ではない。 【伊勢神宮に世界が注目「素晴らしい聖地」海外メディアの取材相次ぐ】 保守速— kakataisyou kakataisyou 出典: (世界遺産登録に対して肯定的な声) もう何回も行っているけど何度行っても飽きない不思議な場所。 式年遷宮が原因で世界遺産に登録出来ないみたいなのが残念。 今回、伊勢神宮が世界遺産登録されない理由について語られていましたが、こうした理由であれば、今後も世界遺産登録をせずにすみそうですね。 出典:.

次の

伊勢神宮が世界遺産にならない理由について

伊勢神宮は世界遺産

この節のが望まれています。 熊野古道として人々の注目を浴びてきたのは主に和歌山県側の道であり、庶民が主に利用した伊勢路が注目されることはまでほとんどなかった。 一方で、頃より一部の地域住民が伊勢路に関心を抱き、山中に埋もれた古道の掘り起こしや古道などの活動を開始した。 (平成6年)には三重県と8市町村が合同で東紀州地域活性化事業推進協議会を立ち上げ、熊野古道の整備を重点施策に掲げ、伊勢路の調査と広報を開始した。 世界遺産化においても、伊勢路を有する三重県では、奈良県や和歌山県に比べ盛り上がりに欠けていたが、が『伊勢人』で取り上げたことで三重県民の関心が高まり、登録に至るきっかけを与えた。 他方で多くの東紀州の地域住民にとって伊勢路は「いつもの散歩道」という感覚であり、世界遺産登録後も基本的に認識の変化はない。 三重県立熊野古道センター (平成19年)に、が尾鷲市向井にオープンした。 同センターは伊勢路とその周辺の・・を対象とし 、これらの保全・活用の拠点として、また世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の東の入り口としての役割を担っており 、熊野古道の保存や研究に関わってきた個人や団体が結集して発足した(NPO)熊野古道自然・歴史・文化ネットワークが指定管理者として管理運営を行っている。 東紀州観光地域振興公社によれば、(平成24年)の熊野古道伊勢路の観光客数は273,673人であり、前年比9. (平成26年)に世界遺産登録から10年を迎えたことから10周年記念事業が開催され、同年の観光客数は過去最高の約429,000人を記録、は21億7千万円と推定された。 観光客数の推移 [ ] (平成8年) 3,000人 (平成9年) 10,000人 (平成10年) 30,000人 (平成11年) 141,000人 (平成12年) 76,000人 (平成13年) 83,000人 (平成14年) 92,000人 (平成15年) 113,000人 (平成16年) 156,000人 (平成17年) 146,000人 (平成24年) 273,673人 (平成26年) 429,000人 コース [ ] 2012年(平成24年)に最も観光客数の多かった「浜街道・花の窟」には3割に相当する91,844人が訪れた。 2位は馬越峠、3位はツヅラト峠であった。 始神峠は山中に埋もれていたところを地域住民により発掘・再整備されて通行可能となった。 コース• コース• ・コース• コース 尾鷲市側からを越える熊野古道伊勢路の道• コース• 越えコース• ~コース• コース• ~コース• ~コース• コース• ~コース• コース(により2013年5月現在通行止め )• コース• コース• 川端 川丈 街道• 浜街道コース 北• 浜街道コース 南 注 [ ]• 国指定文化財等データベース. 2009年6月11日閲覧。 世界遺産登録推進三県協議会、2005、『世界遺産 紀伊山地の霊場と参詣道』、世界遺産登録推進三県協議会(和歌山県・奈良県・三重県)pp. 39,75• 379. ""2011年10月14日(2013年3月18日閲覧。 , p. , p. , p. , p. 85, 87. , p. 380. 参考文献 [ ]• 安食和宏「東紀州」『中部圏』・ 編、〈日本の地誌 7〉、2007年4月25日、373-381頁。 山口祐佳里「三重県立熊野古道センター 尾鷲にオープン 〜美しい木造建築物に驚き! 全国で話題のビジターセンター〜」『HRI report』第117号、百五経済研究所、2007年5月、 21-23頁、。 『三重の法則』三重の法則研究委員会 編、泰文堂〈リンダパブリッシャーズの本〉、2015年3月1日、174頁。 関連項目 [ ]• - 外部リンク [ ]• - 観光三重(三重県観光連盟).

次の