ラティナ デイル 結婚。 【海外の反応】うちの娘 7話「ラティナの子供らしいリアクションがキュートで癒された」

【小説】うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。4【感想】

ラティナ デイル 結婚

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (うちの娘。 )のアニメのストーリー!最終回の結末をネタバレ! それでは、うちの娘。 のアニメのストーリーについてご紹介していきます。 アニメでは、ラティナがデイルに拾われて、その関係が徐々に変化していく様子が描かれます。 ここからはネタバレを含みますのでご注意ください。 うちの娘。 (C)CHIROLU・景・ぽた。 デイルは拙いながらも魔人族の言葉を使い、会話します。 彼女の名前は、ラティナ。 (……まあこれも縁か) デイルはそう考え、彼女に手を差し伸べます。 (C)CHIROLU・景・ぽた。 「我 共に 汝 行く?」 その言葉にラティナは笑顔を見せ、彼の手を取るのでした。 デイルが向かったのは、ケニスとリタという夫婦の経営する酒場兼宿屋「踊る虎猫亭」。 彼がお湯でラティナの身体を洗うと、彼女がすごく美少女であることに気付きます。 あー……こりゃあ、寝覚めも悪くなるし、ますます見捨てる訳にはいかねぇかぁ…… そう考え、一度関わったからには覚悟を決める。 この子をどうするつもりなのか、というリタの言葉に、 「俺がこの子の保護者になるよ」と答えるのでした。 最初はなんとなく拾っただけ。 しかしデイルの心境は変化していきます。 冒険者である以上、依頼を受けて出かけることが多い。 ラティナと離れることが、辛いと、親馬鹿を発揮するようになっていきます。 しかし、これからも離れることはあると、ラティナを虎猫亭に置き仕事へ向かうデイル。 その間、ラティナは虎猫亭の酒場で給仕を始めます。 拙いながらも健気に食器を下げる姿を、ケニスと客は暖かく見守ります。 そしてまかないのゼリーに目を輝かせたり、「いってらっちゃい」と見送る姿に、ケニスも徐々に魅了されていきます。 (C)CHIROLU・景・ぽた。 その後も、ラティナはいい子にしてデイルを待ちます。 一人でおとなしく絵本を読み、行儀よく食べて自分で片付ける。 わがままを言わない彼女に、ケニスは周りに気を遣いすぎだと感じるのでした。 しかし時間が経つにつれ、ラティナはデイルがいないことに不安を覚えていきます。 起きてもデイルがいない。 もう会えないのかもしれない……。 彼女にとってデイルは既に特別な存在になっていました。 デイルが帰ってくると彼に抱きつき、「おきゃーりなちゃい」と笑顔を見せます。 彼は完全にニヤけヅラを抑えることができなくなってしまうのでした。 少しずつ文字や料理を覚えてきたラティナ。 しかしそんな折、またデイルは依頼に出かけることになります。 留守番をしているラティナはケニスに言います。 「ラティナ ずっとデイルのそば いてもいいのかな……? ラティナ……うまれたとこ ラティナわるいこだから おいだされたよ」……と。 父・ラグはラティナが追放されてからも悪い子じゃないと着いてきてくれた。 悪い子じゃないと言ってくれたのは家族だけだった。 デイルは初めていい子だと、家族じゃないのに言ってくれた。 だから。 (C)CHIROLU・景・ぽた。 「デイルがはじめてだったの デイル ラティナのとくべつなの」 彼女は自分が悪い子だと知るとデイルに嫌われると思ったから、彼にだけは話せなかったのです。 ケニスはそんな彼女のために、1つ提案をします。 帰ってきたデイルにラティナの手料理を食べさせるために、一緒に料理の練習をしないかと。 ラティナは猛特訓を始めるのでした。 依頼中、デイルはずっとラティナのことだけを考えていました。 そしてついに帰還。 (C)CHIROLU・景・ぽた。 ラティナの手料理を振る舞われ、歓喜します。 そして、学舎に通うこととなったラティナ。 友達ができて、先生たちもいい人。 しかしそれも、新しい教師が来たことによって崩れます。 (C)CHIROLU・景・ぽた。 「なぜ『ひと』の街に忌々しいいお前のような『モノ』がいるの!!!」 彼女は人間族以外の亜人を「モノ」であると叫ぶ。 何故か。 人間と魔人族は一体何が違うというのか。 騒ぎを聞きつけてやってきた先生が言います。 魔人族は人間族の倍以上を生きる、長寿の種族であると。 その言葉を聞いて、ラティナは深く絶望してしまう。 (C)CHIROLU・景・ぽた。 ラティナは自分の部屋に戻り、自らの残っていた角を折った。 物音を聞いてケニスたちが駆けつけます。 デイルがやってくると、ラティナは錯乱しながらも本心・弱音を吐き出します。 「何で、ラティナのじかんだけ、ちがうのっ? みんながしんじゃったあとも、ラティナだけ……ひとりだけのこされるのなんて、いやだよぉっ……」 魔人族じゃなくなるために、自ら角を折ったのです。 それでも、泣きじゃくるラティナを抱きしめてデイルは言います。 「俺はお前と出会えて、本当に良かったって思ってる。 限りのある時間の中を、お前と過ごせて良かったって思ってる」と。 そうしてお互い「特別」に思っていることを伝えあって、ラティナの心を癒やすのでした。 「うん。 ……ラティナ、デイルとあえて、よかったよ……」 「大好きだよ」 「ラティナも、デイルのこと、いちばんだいすき……」 (C)CHIROLU・景 そしてデイルは、その教師を断罪するべく学舎へ赴き、然るべき制裁を与えるのでした。 うちの娘。 彼は10歳になった彼女を連れて、旅に出ます。 向かうは、デイルの故郷であるティスロウ。 外の景色にはしゃいだり、デイルのために料理を作ったり、2人で一緒に眠ったりと、初めての旅にはりきるラティナ。 そして着いたデイルの故郷。 そこは橙の神(コルモゼイ)を祀る「大地に愛されし一族」の村でした。 そこでデイルは父に、「前よりましな面に戻った」と言われます。 以前帰ってきた時は、ラティナと出会う前。 自分が一番駄目になっていた時期。 そこから救い出してくれたのは、紛れもなくラティナだと彼は彼女に心の中で感謝するのでした。 デイルの弟・ヨルクの結婚式で、花嫁衣装に憧れるラティナ。 その姿を見てデイルは不安を覚えてしまうのでした。 花嫁に興味をもってしまった。 この人と結婚しますなんて何処の馬の骨かもわからない輩を連れてきたら、文字通り骨にしてもいいんだろうか。 少なくとも自分より優れたやつじゃないと認めない。 でも反対したらラティナに嫌われるのかな……と。 しかし、婚礼が終わった後。 ラティナはデイルを心配します。 デイルが先程の親馬鹿とは別に、何かに悩んでいることに気付き、彼の力になりたいと聞きます。 この村の当主を継ぐのは自分だと思っていた。 なのに、自分に与えられた役割は「外に出て戦う」というもの。 当主になったのは弟だった。 ……村を挙げての婚礼。 その中心にいるのは自分じゃない。 外に出ている間に、自分だけが知らない時間をみんなが共有している。 そんな孤独感が彼の胸の内を支配していたのです。 そんな彼を抱きしめながら、ラティナは早く大人になって、デイルの力になりたいと思うのでした。 でも、彼にとってラティナは既にこれ以上ない救いでした。 「戦う」という彼に与えられた役割。 それは彼の心をすり減らしていたのです。 村にいた時は、獣を殺すだけだった。 平常心で居続けることはできなかった。 そんなときに、彼が命を救ったのがラティナでした。 彼女が幸福になるために戦う。 そんな拠り所を彼は得たのです。 「ラティナは、よく、『俺と出会えて良かった』と言ってくれているけど、それは俺もだよ」 「俺は、ラティナと出逢えて良かった」 「……ラティナも、デイルと出逢えて良かったよ」 そう、言葉を交わして彼らは笑顔になるのでした。 うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 (うちの娘。 )を楽しむなら うちの娘。 を楽しむ方法を紹介していきますね。 書籍版を揃えるなら うちの娘。 書籍版は書き下ろしの閑話やかわいい挿絵があるのでハマったならぜひ読んでほしいです。 書籍版を揃えるなら、ebookjapanがオススメ。 今なら会員登録で一冊半額クーポンがもらえて、50%オフで読めるのでぜひどうぞ。 たくさん買うほどポイントがつくので、書籍版を揃えるならここがいいですよ。

次の

【感想】『うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。2』ほた。(著), CHIROLU (著) ラティナがカワイすぎる問題、発生中!【マンガ感想・レビュー】

ラティナ デイル 結婚

2019年8月16日 2019年8月24日 うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない。 7話 海外の反応 1. 海外の反応 今週も可愛らしいラティナにたくさん癒されるエピソードだった。 彼女が知らない色々な光景に感動して、はしゃいでいる姿が最高にキュートだったね。 彼女の生い立ちや故郷についても少しだけ明かされたし、今後がますます楽しみになってきた! 2. 現実でも子供は好奇心旺盛だし、ラティナの好奇心旺盛で子供らしい姿がうまく描かれていたと思う。 彼女の可愛らしい私服も素晴らしかったね! 3. 海外の反応 ようやく世界のことや魔人族のことが少しずつわかるようになってきた! 魔王という絶対的な存在が一人だけ存在するのではなく、色々な魔王が存在しているという設定は面白いね。 海外の反応 一の魔王が二の魔王によって殺されてしまった。 そして、ラティナの故郷は一の魔王が統治していた場所にあった。 ラティナは戦争孤児であり、二の魔王の勢力によって住む場所を奪われてしまったってことかな? 6. 少なくとも、一の魔王が殺されてしまったことと、絶対に関係があると思う。 一の魔王がラグだということも考えられるね。 魔王も倒せるかもしれないっていうタイトルは、親の仇を取るために二の魔王を倒すってことなのかな? 8. 海外の反応 これまでに、ラティナが人間より長く生きられることを寂しそうに思う描写があった。 だから、最後のグラロスに夫と出会えて幸せだったのかを聞いたシーンが印象的だったよ。 グラロスは子供を授かることなく夫と死別してしまったみたいだけど、彼女の幸せだったという言葉が聞けて心が救われた気持ちになった。 例えデイルと死に別れることになっても、ラティナが後悔せずに幸せになれるような生き方をしてほしい。 海外の反応 ラティナが初めてみる風景に感動するエピソードだった。 はしゃぐ彼女が可愛かったけれども、それだけにもう少し風景の作画をどうにかして欲しかったかな。 ラティナの顔を映すシーンばかりで、肝心の風景のシーンはすぐに切り替わっていた。 ラティナが最低限可愛く描かれていればそれで大丈夫だよ。 アニメだから当たり前なんだけど、それにしても平面的すぎるというか、立体的には見えなかった。 海外の反応 魔人族と人間が結婚することもあるんだね。 人間は基本的に魔人族について何も知らないという設定がちょっと不思議だった。 グラロスやラティナのように人間と交流する魔人族もいるぐらいだから、もうちょっと魔人族について知られていてもいいんじゃないかな。 人間の世界では基本的に自分が魔人族であることを隠して生活をしているから、魔人族の話を聞く機会なんてないんじゃない? 17. 海外の反応 ラティナが人間と結婚をしたグラロスについて興味を示していた。 まだまだ早いとは思うけど、彼女にもデイルと結婚してずっと一緒にいたいという願望があるのだろうか。 海外の反応 最後に獣人が登場していたけど、なんだったんだろう? 彼がラティナに危害を加えなければいいんだけど・・・。 今後も旅の途中でグラロスのような魅力的なキャラクターと出会って欲しいし、次のエピソードも楽しみにしてる。

次の

うちの娘の為ならば、俺はもしかしたら魔王も倒せるかもしれない 。

ラティナ デイル 結婚

デイルとラティナの関係が変わる出来事と2人の年齢 出来事と年齢、小説の巻数の一覧 出来事 デイルの年齢 ラティナの年齢 小説の巻数 2人の出会い 18歳 7歳 1巻 デイルの故郷への長旅 20歳 9歳 2巻 ラティナの告白 25歳 14歳 3巻 デイルの意識の変化 4巻 婚約 26歳 15歳 5巻 デイルの魔王への復讐 推定26~28歳 推定15~17歳 6巻 甘々な日常 7巻 結婚 推定29歳 推定18歳 8巻 2人が婚約した以降の年齢は、作中で年齢描写が無いため推定としています。 結婚した年齢をラティナ18歳と推定する理由は、 2人が活動している ラーバンド国では 18歳以上が成人として認められるため。 ですので、デイルとラティナは 出会いから11年後に結婚、11歳差の夫婦となった と私は思っています。 出会いから11年後に結婚した、11歳差の夫婦 年齢が一回り違う夫婦なのか 現実でも夫婦で年齢が一回り離れているということは、 多くはないですがあります。 個人的には、20歳前後も年齢が離れているとなれば 「それはちょっと・・・」 となってしまいそうですし、一般的な感覚としても同じだと思います。 ですが、10歳前後の年齢差の夫婦ということであれば、 あまり違和感なく受け入れられるものではないでしょうか。 ということで、 「2人の年齢の差」というもので賛否が分かれているものではありません。 そこで、 賛否が分かれる原因として考えたのは、 娘 むすめ(こ)という言葉の捉え方の違い。 「娘」という言葉の捉え方の違いによって賛否が分かれる 保護者 デイル と 娘 ラティナ という関係からはじまる2人。 この「娘」という言葉を• 「自分の子供」としての娘• 「男ではない異性」としての娘 どちらとして捉えるかによって賛否が分かれると思います。 序盤は「自分の子供」として感情移入しがち 序盤は特に「自分の子供」という観点で感情移入する人が多いと思います。 出来事で言うと「2人の出会い」~「ラティナの告白」までの部分。 小説で言うと1巻~3巻。 マンガだと現在(2019年7月)既刊の5巻でも、まだこの部分ですね。 アニメは放送中なので分かりませんが、全12話を使って このあたりまでを映像化するのではないでしょうか。 (なのででは 「親バカ」系のアニメだと紹介しました。 ) ここまでは、デイルもラティナを本当の娘のように可愛がり親バカを発揮します。 中盤からは「自分の子供」として見ると、気持ち悪い 中盤の「デイルの意識の変化」からは、 自分の子供という観点だとつらくなると思います。 小説だと4巻以降。 ここからは、「娘」が 「自分の子供」という観点から 「男ではない異性」という観点に 話の流れが変わっていくタイミングです。 小説1~3巻までは デイル「娘が可愛すぎる」 読者「わかる」 デイル「初めて貰ったプレゼントなんて、周りに見せびらかしまくるほど尊い」 読者「すごくよくわかる」 と、 共感を持ちながら読めていたものが、 4巻を超えたあたりで デイル「娘が可愛すぎるから、もう嫁にするわ」 は? と、 唐突な裏切りを受けたかのように感じ、 この 作品に対して否定的な立場になってしまうのかと思っています。 小説4巻以降はマンガ・アニメでは未描写の段階(2019年7月時点) 「娘」を「男ではない異性」として書かれていく小説4巻以降。 この部分は、マンガ・アニメともにまだ描かれていません。 (2019年7月時点) 小説というモノは、良くも悪くも触れる人が少ないモノです。 ですが、 マンガ・アニメというモノになると触れる人が増えます。 そうなると、この 作品に対して否定的な意見の人が増えることは明らか。 ですので、少しでも作品を楽しめるように 「どういった観点」で読む・見ると否定的にならずにいられるかを提案したいと思います。 酒場の客のような立場でニヤニヤしながらだと楽しい デイルとラティナが 拠点としているのは、知り合い夫婦が経営している 酒場です。 酒場なので、当然そこには客が来ます。 と、ここで提案です。 あなた自身が「酒場の客」という立場で読む・見ると、この作品は最高に楽しめます! 例えば、 デイルが少女時代のラティナを連れて帰った時は 「なんか坊主が小さい子を連れてきたぞ。 隠し子か?」 デイルが娘かわいいと親バカを発揮した際は 「分かった分かった。 娘が可愛いのはホントよく分かった!」 デイルがラティナを異性として意識しはじめたら 「娘じゃなくて1人の女の子として意識してんじゃねぇか」 と、 ツッコミをいれるような第三者の立場だと楽しめる作品です。

次の