グーグル マップ 経由 地。 マップでルート案内する方法

【スマホ版】Googleマップのルート検索で経由地が追加できるようになった!

グーグル マップ 経由 地

パソコンの路線図 Google マップの路線図はパソコンとスマホでは機能が異なります。 ここではパソコンの路線図について説明します。 パソコンのGoogle マップの路線図は、地下鉄を色分けして表示するものです。 路線図というと全ての鉄道に対応している思われますが、JRや私鉄、モノレールには対応していません。 従い、地下鉄のある都市、札幌、仙台、横浜、名古屋、京都、大阪、神戸、福岡のみで表示します。 又、混同しやすいですが、路線図は時刻表や乗り換え案内の機能とは異なります。 あくまでも地下鉄の路線を示す機能です。 パソコンで路線図を表示させるには、メニューをクリックして「路線図」をクリックしますが、ここはさいたま市の主要部分ですが、埼玉県には地下鉄が存在しないため、「路線図」の部分はグレーになっていてクリック出来ません。 日本で一番地下鉄が密集している東京都内を見てみます。 メニューをクリックすると「路線図」がクリック出来るようになりました。 「路線図」をクリックすると、地下鉄の路線により色分けされて見やすくなりました。 というか、東京都内では地下鉄は色分けされていないと、何線だかさっぱり分かりません。

次の

Google Mapのルート作成方法|経由地を決めて経路を作ろう!

グーグル マップ 経由 地

Googleマップをより快適に使いこなそう 一度はGoogleマップを使ったことがあるかと思います。 ただ、現在地から目的地までは検索したことはあるものの、経由地を追加できることを知っていましたか?この記事では、WebブラウザとスマホのアプリのGoogleマップを使う際の経由地の追加をする方法を紹介していきます。 グーグルマップでの経由地の追加とは Googleマップの経由地の追加とは、例えば、大阪から東京に行く際に、途中で愛知に寄り道にします。 その場合の愛知が経由地です。 経由地は複数追加をすることができ、上の例えに追加をすると、愛知の後に、神奈川を追加することもできます。 あまり広く知られていることではないですが、この経由地もGoogleマップでは追加をして経路を検索することができます。 WebブラウザでGoogleマップを開きます。 左上に目的地の検索バーがあるので目的地を検索します。 目的地が地図上で表示されたら、左側にも目的地の詳細が表示されます。 詳細の中から、 ルート・乗換をクリックします。 クリックをすると、左側の表示が変わり、出発点と目的地を決めることができます。 ルート検索の方法は以上です。 先ほど決定した目的地の下に、 目的地を追加という項目が出て来ます。 ここに新たな目的地を追加します。 追加をした2つ目の目的地も地図上に表示をされます。 1つ目と2つ目を入れ替えたい場合は、目的地を入力した欄の左側にマウスカーソルを合わせると、 ドラッグして並べ替えますと出てくるので、ドラッグしながら変更をします。 PCのGoogleマップでの経由地の追加の方法は以上です。 PC版と同様に、上部にある検索バーに目的地を入力します。 すると下に経路と出てくるので、経路をタップします。 経路をタップすると、今入力した目的地と現在地が上に表示されます。 上の欄には出発点を入力できます。 下の欄には、先ほど検索をした目的地が表示されています。 出発点と目的地が入力をされているのが確認できたら、再度下にある経路をタップすればルートが検索されます。 先ほどの続きになりますが、出発点と目的地を入力した右側に ・・・が表示されているので、タップします。 下からメニューが出てくるので、中から経由地を追加をタップすれば新たな目的地を追加することができます。 最初に決めた目的地と次に決めた目的地を入れ替えたい場合は、どちらの目的地でも大丈夫なので、長押しをすると入れ替えを行えます。 スマホのアプリのGoogleマップでの経由地の追加の方法は以上です。 グーグルマップで複数の経由地を追加する方法 ここからは、Googleマップで複数の経由地を追加する方法を紹介していきます。 グーグルマップで複数の経由地を追加する方法【PC編】 PCブラウザで複数の経由地を追加する方法は、先ほど追加した経由地の下に+マークをクリックすると複数追加することができます。 新たに追加をしたら、また下に追加するための+マークがでてきますので、追加をしましょう。 同時に複数の経由地を追加をすることはできないので、一つずつ追加をしていきましょう。 グーグルマップで複数の経由地を追加する方法【スマホ編】 ここからは、Googleマップアプリで複数の経由地を追加する方法を紹介していきます。 PC同様、同時に複数の経由地を追加をすることは出来ないので、一つずつ追加をしましょう。 移動手段の選択で、車・徒歩を選択したの場合は経由地を追加することができますが、公共交通期間を選択した場合は、追加をすることができません。 こちらに関しては、Googleマップの仕様ですので、公共交通期間で検索を行いたい場合は、一つずつ検索をするようにしましょう。 注意点としては、車や徒歩で経由地を追加した状態で公共交通機関に切替えれると、一つ目の経由地が目的地と設定され、それ以降の経由地は消えてしまうので気をつけましょう。 その場合は、アプリやブラウザを一度終了させて再起動させましょう。 スマホの機種によって方法が違うので各々の機種の方法で終了させましょう。 PCでブラウザを再起動させても改善がない場合ははキャッシュのクリアも試してみてください。 アプリのアップデートは、iPhoneの場合はAppStoreから、Androidの場合は、GoogleplayStoreからアップデートの確認をしましょう。 再インストールの場合は、一度削除が必要になります。 Googleマップは、データ保存されているようなことはないかと思いますが、削除する際は履歴は削除されますので気をつけて行いましょう。

次の

Google Mapのルート作成方法|経由地を決めて経路を作ろう!

グーグル マップ 経由 地

グーグルマップの邪魔な表示を消したい グーグルマップ上には様々な表示がされています。 建物名、店舗名、道路の名前、様々な情報が表示されていますね。 この表示、 消した状態でスッキリとしたマップを見たい!なんて時はありませんか? 実際、グーグルマップ上の表示は便利です。 筆者自身も、一目で建物や道路の情報などが分かるこの表示で快適な思いをしたことが何度もあります。 ただ、場所によっては 表示がごちゃごちゃしてしまう瞬間があるんですよね。 「表示のせいで本当に見たい場所が見辛いんだけど!」 「建物名はいいからこの道がどうなってるのか見せてくれ!」 正直筆者も感じたことがあります。 グーグルマップの表示を消すことは可能なのか? この記事ではそれを詳しく解説していきます。 PC版、スマホ版どちらのグーグルマップも記事内で取り扱ったので、是非とも参考にしてみてください。 グーグルマップで邪魔な表示は消せる? というわけで筆者も色々と調査、実験をしてみました。 まずは、PC版グーグルマップでの解説です。 グーグルマップの航空写真では簡単に消せる グーグルマップが「航空写真」の状態であれば、ある程度の表示は消すことができます。 しかもすごく簡単に。 (MacbookのSafariで表示しています。 ) PC版グーグルマップにて、渋谷駅周辺を表示してみました。 駅名、建物名、高速道路の名称や信号の名称まで…色々と表示がされています。 一見周辺に何があるか一目で把握できるのですが、実際の地形が表示で隠れてしまっている部分もありますね。 この地図上の表示を全て消してみましょう。 まず 航空写真の状態で、 検索窓の左端にある三本線をクリックしてください。 左端からメニューが出てきますね。 この上から二番目、青くなっている 「航空写真」の欄がありますね。 その下に少し小さく 「ラベルを表示」という文字があるのが分かりますか? 建物名や道路名などの、地図上の表示は「ラベル」と呼びます。 この「ラベルを表示」をクリックしてみましょう。 するとメニューが左にフェードアウトすると同時に、 地図上の表示が消えます。 とてもスッキリ! ちなみにこの状態で再度左の三本線から先ほどのメニューを呼び出してみましょう。 お分かりでしょうか? 先ほどは「ラベルを表示」と書かれていた部分が 「ラベルを非表示」に変わっていますね。 ここの欄で、現在ラベルが表示されているのか、されていないのかがわかるようになっているのです。 お気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、ここでこの「ラベルを非表示」をクリックすれば、 先ほど消えた表示が全て復活します。 この部分をクリックするごとに、表示を消すか消さないか切り替えられる仕様です。 簡単な操作で、かなり地図上がスッキリして地形や道路などが見やすくなりますね。 グーグルマップの通常の地図は消せない仕様に ちなみになのですが、 航空写真ではない通常の地図表示にはこの機能がありません。 航空写真のモードでは左の三本線から呼び出せるメニューに「ラベルの表示/非表示」の欄がありましたね。 通常の地図を見ているときには、 そもそもこの「ラベルを表示/非表示」欄が存在しません。 つまり 表示を消すことができない仕様です。 「地図上の表示を消したい時は、航空写真モードで消せる」と覚えておきましょう。 検索窓は隠しておける 通常モード/航空写真モードどちらであっても、 左上の検索窓は隠しておくことが可能です。 ラベル非表示状態の渋谷駅周辺です。 この状態で検索窓も隠して見ましょう。 左上検索窓のすぐ下、 「移動時間、交通状況、付近の場所を表示」をクリックします。 このように画面左側にメニューが出てきますね。 この時、検索窓のすぐ右に 小さい三角形が表示されているのがお分かりでしょうか。 ここにカーソルを合わせると、 「サイドパネルを折りたたむ」という文字が出てきます。 この左のメニューは「サイドパネル」と言うんですね。 (入力切替のアイコンで隠れて見えづらいですが) なので、 この三角形をクリックしてみましょう。 先ほどまで左上にあった検索窓が、隠れて見えなくなりました。 ラベルを非表示&検索窓も無くして、かなりスッキリとした地図になりましたね。 この状態で左上の三角形を押すと、 「サイドパネルを展開」と出て検索窓を復活させることができます。 ちなみに通常モードでも検索窓を見えなくしてみました。 ラベルを非表示にはできませんが、これだけでも少し見える範囲が広がるので見やすいですね。 この機能、グーグルマップの 「ライトモード」では搭載されていないようですのでお気をつけください。 地図右下に 稲妻のアイコンがある方は、クリックして通常モードにしておきましょう。 ラベルとサイドパネル以外は消せるのか ラベルとサイドパネルを消すと、残りのログインボタンなども消してしまいたくなりますね。 筆者のSafariの環境下では、ブラウザで簡単に消すことができるのは ラベルとサイドパネルのみでした。 全て表示を消したい、もしくは全画面で地図を表示したい!という方は、 FirefoxやGoogle Chromeにてそのようなアドオンがあるようです。 少々手間にはなってしまいますが、まっさらな地図だけ見たいという方はアドオンの導入も是非ご検討ください。 グーグルマップの表示をスマホでは消せる? ここまではPC版グーグルマップにて解説をしてきました。 ただ、スマホでグーグルマップを使用している方も多いのではないでしょうか。 スマホ版でも邪魔な表示を消したい!という方のために、スマホでも調査・実験をしてみました。 基本的には消せない 結論から述べると、 スマホ版で表示を消すのは現段階では難しいようです。 iOS版グーグルマップにて、同じく渋谷駅周辺を表示しています。 航空写真の状態ですが、ラベルの表示/非表示を切り替えるボタンがありません。 iOS版グーグルマップでは、残念ながら 建物名などの表示を消すことができない仕様になっています。 ただし、検索窓などを消して全画面表示にすることは可能です。 地図上を軽く一回タップしてみてください。 タップでなく長押しをしてしまうとそこにピンが立ってしまうため、軽くタップです。 全画面表示になって見やすくなりました。 もう一度タップすれば検索窓などが復活します。 グーグルEarthを使う方法 ただ、「どうしてもスマホでグーグルマップの表示を消したい!」というとき、 グーグルEarthを使う方法もあります。 グーグルEarthでは、表示が 「レイヤー」という機能になっています。 アプリ版でどうやらレイヤーの表示/非表示を切り替えられるようですね。 スマホ版グーグルマップでは表示を消して地図を見ることができない仕様のようです。 しかしどうしてもスマホで表示を消したい、もしくは消して見る必要のある場合は、スマホ版グーグルEarthの導入も検討してみてくださいね。 グーグルアースをインストールしていなかった場合は少々手間になってしまいますが、表示を消すことはグーグルEarthで可能です。 まとめ ここまでの結論は、 ・PC版グーグルマップでは航空写真の状態で建物名などのラベル・検索窓などの表示を消すことができる。 それ以上のアイコン、全画面表示などは、各ブラウザのアドオンなどを駆使すれば可能 ・スマホ版グーグルマップでは建物名などのラベル表示を消すことができない。 検索窓などは消して全画面表示にすることができる。 スマホ版グーグルEarthを仕様すれば建物名などを消すことが可能 ということになりました。 グーグルマップですべての表示を消して、まっさらな地図のみ見たいという場合は少し手間をかけねばならないようです。 が、 簡単な操作である程度見やすくなるので、状況に応じて使い分けてみてくださいね。 グーグルマップで快適な地図を見られるようにするため、是非覚えてみてください。 ありがとうございました。

次の