アメリカン ファラオ。 【ユニコーンS】カフェファラオ驚速進化!レーン先週より「さらに良くなった」― スポニチ Sponichi Annex ギャンブル

アメリカンファラオステークス

アメリカン ファラオ

アメリカンファラオ n Phah とは、生のである。 年間閉ざされていたをこじ開けた名。 概要 of the 、、 Glnという血統。 アメリカンファラオは代の産駒である。 は未で、そのに2頭の重賞がいるが、系を相当遡らないと活躍は出てこない。 は重賞未で入着歴もなし。 良血かどうかは判断が分かれるところだろう。 人のーダーであるアハメド・ザヤット氏によって生産されたこの、時代は手がかからないしいだったという。 セリに出される数週間前に脚をぶつけてコブが出来ていたために買い手からは敬遠されており、「有望なは以下では売らない」というザヤット氏がこのとき万で買い戻したというから、たぶんりに期待されていたと思われる。 育成で既に「何をさせても璧」と評判になっていた2歳、アメリカンファラオはと同じく名伯楽・ァート師に預けられた。 数々の名を育ててきたァート師もこのの動きに惚れ込み、「こんな動きをするを管理したことがない」と絶賛したという。 、デーの未戦でするが、9頭立ての5着。 どうもンが合わなかったらしい。 というわけで2戦はンを外してに綿を詰め込み そういうのもなのか 、上に・ーザを迎え、未ながらGIデーチュに出走。 未が9頭中4頭を占めたせいか2番に支持されると、ここを4身の差をつけ圧勝。 初でGIになってしまう。 確かにでは初が重賞ってのはままあるが、GIで初となると最近はそう多くないのではなかろうか。 続くGIランナーSもて楽勝。 BCジュヴェナは故障で回避したが、この2勝の勝ちっぷりとBCジュヴェナを勝った をランナーSで一蹴していたことが評価されて最優秀2歳を獲得する。 明けて3歳、初戦のは6身差で切ると、の前戦アーービーは単勝1. 1倍の評価に応えて後続を8身ぎり圧倒。 大本命として堂々へ乗り込んだ。 本番、アメリカンファラオは当然1番だったが、オッズは3. 9倍と案外た。 同厩で6戦敗のアニタDound、BCジュヴェナ2着で前走GIグラスS勝ちのCe mなど強なが多かったからであろう。 ズには史上最多となる万3人が詰めかけたというから、このへの期待がうかがえる。 外からしたアメリカンファラオ。 飛び出していくがは奪えず、外3番手のになる。 はDoundがを打ち、前走Iを14身差で勝ったFi が2番手。 はかなりだったのだが、後続はついていくのがやっとという感じ。 3では前3頭のになる。 直線に向くや否やアメリカンファラオが外から2頭をかわすと、連れて間のFi も脚を伸ばす。 Doundはこらえきれず徐々に後退。 2頭の合いにもつれ込むが、アメリカンファラオがもう一脚を使って競り落とし、1身差でした。 Doundも3着を死守。 結果的に前3頭の強さばかりが際立つになった。 Mthij? ああ、いたなそんなの。 続くは1. 9倍の1番。 絶対的大本命になったが、あまりにがだったことで自体のを疑う者もいないではなかったという。 まあ、このにそんなものは関係なかったわけだが。 結論から言えば、て7身差で圧勝。 直前からのでかと思うようななのに、楽な手応えで。 他は3でおっつけ通しだったのに、このはのも入れずに突き放してるんだからどうしようもない。 しかも後続はと泥でももドロドロなのに、切ったアメリカンファラオとーザは でビショビショだけど まっさらなまま。 もうこのの独壇場というほかに言葉が見当たらない。 この後には種の権利がに売却されることが決定。 お値段なんと 24億円。 まだ3歳なのに。。 こうなれば狙うは最後の一冠、すなわちである。 の以来、年間は誕生していなかった。 年以降12頭が二冠としてに挑んだが、いずれも弾き返された。 1頭は屈腱炎で挑戦もできなかった。 厳しいローテ、0mという長、成長する……。 越えなければいけないは限りなく高い。 輸送前に調整を全て終え、直前輸送でに乗り込んだアメリカンファラオ。 には入場制限がかかり、9用意された入場券も飛ぶように売れ、前日時点で売。 論断然の1番。 この年のすべてに出たのはこのただ1頭というがというの厚さをる。 まあそのもこのには ん中からよくを奪ったアメリカンファラオ。 そのまま楽にを取る。 後ろに取り付いたは露に前をしていたが、知ったこっちゃないとばかりに々ていく。 3で後続が一気に手綱を始めた……んだが、持ったままのアメリカンファラオに全く追いつけない。 というか、さらにが開いてないか 直線、ーザがひょいひょいと押すだけでグングン加速。 後続はすら踏めない。 結局5身の差をつけて切り勝ち。 この間、第12代が誕生し、年間の二冠の呪縛は解き放たれた。 ちなみに・ァート師は4回、・ーザは3回に挑戦して敗れており、念願かなってのだった。 勝ちは史上6番に速かった。 それでもホルダーのとは26も違う。 あいつは本当にだったのだろうか……。 この後一休みして、3歳の大の一つケル招待Sから始動。 中楽に2番手を進むと、3で軽く仕掛けて先頭を奪い、直線は独走。 最後に詰められたため着差こそ大きくなかったが……この、直線は全に持ったままだったのだ。 を見てもらえばわかるが、最ただの弱い者である。 続いて「の」ことに出走。 ここも楽勝……と思いきや、 特に暑くもないのに発汗するという臭漂う現が発生。 そしてそれに不安を抱いたーザの懸念は的中してしまい、中ベルモントS2着のedに執拗に絡まれてを乱され、直線で前走2着に下した1勝Keen に差し切られ2着に敗れてしまう。 初以来続いていた連勝は8で。 edを突き放す意地は見せたものの、まさかの敗戦には肩を落とした。 それはも同様で、出走を提案したのが自分だったこともあってか「これでさせるかもしれない」とこぼすほどを受けたようだ。 気を取り直し、王者の意地を懸けてBCンに直行。 年内でのが決まっており、これが正正銘の。 現役Beherこそ出走取消となったが、前述のKeen とed、などGI4勝の代表Gsなど、8頭立ての少頭数ながら不足のないがった。 そして本番、4番から。 いつも通りを奪いの態勢に入る。 今度はさほど競り掛けるもおらず、楽なに持ち込む。 こうなればもう敵はなし。 4で仕掛けると一で後続を置き去りにし、直線も差は開くばかり。 最後にはの大歓を一身に浴びながら、2着のEに6身半差をつける圧勝。 のを存分に示し、有終の美を飾った。 通算11戦9勝、GI8勝。 とにかくが圧倒的で、楽にてしまえばもうもついて来られない、正しくと呼ぶにふさわしい強さを誇った。 今後はが所有するュスタッドで種として繋養される。 に産駒が。 で of が初出走初を挙げたほか、本でもSt MelaがBCジュヴェナターフで3着に入るなど滑り出しは上々である。 にも産駒が輸入され、時点で出走7頭中6頭が勝ち上がっている。 怪物の再来は成るだろうか。 馬名について このをるとき、必ずに上るのが名をめぐる問題である。 の媒体だと、大体半分くらいが「アメリカンファラオ」、半分が「アメリカンフェイロー」と表記している。 とのように伸ばすか伸ばさないかくらいの違いはよくあるが、ここまで全く違う方をされるのもしい。 実はこれ、名の登録が原因といわれている。 人であるのアハメド・ザヤット氏は、このの名を募し、「アメリカンファラオ」という名を選んだ。 ご存知の通りとはの王のことである。 の王になろうというのだから壮大な名前だなぁ。 それはいいとして、アメリカンファラオはでは「 n Ph aoh」である。 しかし、ザヤット氏が名を電子登録する際に「 n Ph h」と間違って登録し、それがそのまま通過してしまった。 「Phah」を読んだら「フェイロー」。 それで「アメリカンファラオ」と「アメリカンフェイロー」という二通りの方が現れてしまったのである。 もっとも、などで「Phah」とすると結構な数のっぽい商品がすることから、このは割とよくあるっぽい。 しかし「フェイロー」は「」の訛りの発音なので、実は とは関係がない。 本来の意味からくる表記とより現地に近い表記によって「アメリカンファラオ」と「アメリカンフェイロー」という二通りの方が現れてしまったのである。 なお、達成時に彼にかけられたには「 Tle n er n Phoh」と記されていた。 が気を利かせたのか、単になのかは定かでない。 ちなみにでは「競走を勝ったと同じ名前を名付けることはできない」というがあるが、このが活躍した後、「n Ph aoh」も使用禁止名となったらしい。 まあ名はともかく、今やアメリカンファラオを「の王」と呼ぶことに異論はあるまい。 関連動画 バだ…… 関連商品 関連コミュニティ 関連項目•

次の

【伝説の名馬vol.27】アメリカンファラオ〜史上初のグランドスラム、近代米競馬の象徴〜(JRA

アメリカン ファラオ

17日の最終追い切りでは、カフェファラオ(牡=堀)が新コンビを組むダミアン・レーン(26)を背にWコースで圧巻の動き。 圧倒的な強さでデビュー2連勝を飾った米国産馬が登竜門を難なく突破するか。 ダート3戦3勝デュードヴァン(牡=加藤征)も好気配で、梅雨の憂鬱(ゆううつ)を吹き飛ばす熱戦の予感だ。 王の道を行く。 調教馬場が開場して間もない午前6時すぎ。 カフェファラオがレーンを背にWコースのど真ん中を豪快なストライドで駆け抜けた。 「品がある。 シンプルにいい馬。 間違いなく高いポテンシャルを秘めているよ」。 引き揚げてきた鞍上は、確かな手応えを伝えた。 その最終追いはプルクラ(4歳1勝クラス)を2馬身後ろに従えてスタート。 2週連続で騎乗したレーンとの折り合いは抜群だ。 序盤はリラックスしていたが、4角で僚馬が内から並びかけてくると、先頭を譲るまいと気合が乗る。 馬なりのまま徐々にペースを上げ、ラスト1Fは12秒1(5F67秒2)。 「先週の動きも良かったが、さらに良くなっていた。 まだまだ成長の余地がある」とレーン。 結局、併走相手の鼻面がファラオの前に出ることは一度もなかった。 米国のトレーニングセール(OBSマーチセール)出身。 偉大な父の血を継ぐ怪物のデビュー初戦は、他馬を寄せ付けない逃げ切り圧勝。 前走・ヒヤシンスSでは一転、出遅れ最後方からの豪快な差し切りVを決めた。 新馬戦で10馬身ちぎった2着馬バーナードループはその後3連勝で重賞制覇。 絶対的能力を疑う余地はない。 相手関係について、森助手は「まだキャリア2戦で経験の差があって不利な面はあるものの、能力は通用すると思う。 ゲートも練習して良くなった」と自信のジャッジだ。 ユニコーンSの勝ち馬は15年ノンコノユメ以来5年連続でのちに砂G1を制覇している。 ダート界の登竜門を突破すれば、眼前に砂王への道が大きく開ける。

次の

新種牡馬「アメリカンファラオ」について

アメリカン ファラオ

経歴 [ ] アメリカンファラオは、オーナーでもあり、Zayat Stables LLCのを務めるアーメド・ザヤット(Ahmed Zayat) により生産された。 父の(Pioneerof the Nile)にとっては2世代目、母の(Littleprincessemma)にとっては2頭目の産駒である。 2013年の8月にはTaylor Made Sales Agencyに引き渡され・サラトガセールに出品されたが、ザヤットの代理人により30万ドルで買い戻された。 2014年の春には、ザヤットの所有馬として(Bob Baffert)厩舎に入厩した。 アメリカンファラオは歩様が他馬より滑らかでストライドが長く、バファートも「彼のような動きをする馬を管理したことが無い」とコメントしている。 名前 [ ] アメリカンファラオの名は、父がパイオニアオブザナイル、母父がヤンキージェントルマン(Yankee Gentleman)であることと オーナーがアメリカ在住のエジプト人であることから付けられた。 なお、の王・の綴りは" Pharaoh"であるが、電子登録の際に間違えたため本馬は"American Pharoah"となっている。 そのため日本語媒体では馬名を「アメリカンフェイロア」としている例もある。 「アメリカンフェイロー」と表記されることもあるが 、これは" Pharaoh"の英語読みの一つであり( )、綴りの間違いや表記揺れとは関係がない。 競走馬時代 [ ] アメリカンファラオのオーナーであるザヤットステーブルの 2歳(2014年) [ ] アメリカンファラオは、2014年の8月2日に、デルマー競馬場のオールウェザー(ポリトラック)6. 5ハロンのメイドン(Maiden) で鞍上にを迎えてデビューした。 9頭立てのこの競走で、アメリカンファラオは勝ち馬から9馬身以上離された5着に敗れた。 デビュー戦での敗戦にも関わらず、次走には9月4日に行われたG1・(オールウェザー7ハロン)が選ばれ、単勝2番人気に支持された。 なお、この競走からが手綱を取っている。 また、前走ではを着用していたがバファートはこれが合っていなかったと考え、遮眼部分を除いた上で耳の部分に綿を詰めてこの競走に挑んだ。 続いて、9月27日にサンタアニタ競馬場で行われたG1競走、(ダート8. 5ハロン)に出走、前回のレースと同様に逃げ切り勝ちを収めた。 次走にはを予定していたが、 左前脚の故障により回避した。 しかし、では、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル勝ち馬で上記のフロントランナーステークスでは3着で入線したテキサスレッド(Texas Red)を抑えて最優秀2歳牡馬に選出された。 3歳(2015年) [ ] 3歳初戦は、3月14日にのG2、レベルステークスに出走した。 このレースでアメリカンファラオには他馬より2ポンド(約0. 9キログラム) 以上重い119ポンド(約54. 0キログラム)の重量が課されたが、単勝1. 4倍 の支持に応え、6馬身4分の1差で勝利した。 次走には、同じオークローンパーク競馬場で4月11日に開催されたG1、アーカンソーダービー(ダート8ハロン)に出走した。 8頭での競走で単勝1. 1倍 の圧倒的な1番人気に推されたアメリカンファラオは、ここでも8馬身差の圧勝を飾った。 5月2日、アメリカンファラオはアメリカ三冠の1戦目・(ダート10ハロン)に出走。 出走馬18頭となったこの競走は、単勝の1番人気がアメリカンファラオ(3. 9倍 )で、以下G1・など6戦無敗のドルトムント(Dortmund) 、BCジュヴェナイル2着馬でG1・などに勝利したカープディーム(Carpe Diem) 、G3・サンランドダービーの勝ち馬で、5戦2勝2着3回と安定した成績を残してきたファイアリングライン(Firing Line) と続いた。 レースは序盤からドルトムントが逃げ、その後にファイアリングライン、アメリカンファラオの順に進む。 他馬も向こう正面までは後ろを追走していたが、第3コーナーからこの3頭が引き離しにかかる。 最後の直線では、最内にドルトムント、その外にファイアリングライン、一番外にアメリカンファラオが並び叩き合う。 まずドルトムントが脱落し、その後抜け出したアメリカンファラオが2着のファイアリングラインに1馬身の差をつけて優勝した。 エスピノーザは、「初めて騎乗したときから、彼はずっと特別な馬だ」「彼は多くの才能を持っており、信じられない馬だ」と述べた。 なお、エスピノーザはレース中にムチで32回アメリカンファラオを打っているように見え、使用が多過ぎるのではないかと審査が行われた。 その結果チャーチルダウンズ競馬場の裁決委員は、「何度も何度もリプレイを見直したが、問題となるようなことは無かった」との見解を示した。 またバファートは、「エスピノーザは(馬体ではなく)ゼッケンの上から打っていた」と述べた。 ケンタッキーダービーの2週間後の5月16日に、アメリカンファラオはアメリカ三冠の2戦目、(ダート9. 5ハロン)に出走、単勝1. 9倍 の1番人気に支持された。 発走の直前には雷を伴う激しい雨に見舞われ 、1983年以来となる不良馬場での競走となった。 レースでは、1番枠から出走したアメリカンファラオがスタート後のホームストレッチで先頭に立ち、後続を離して逃げていく。 第3コーナーから第4コーナーにかけてドルトムントら後続も差を詰めにかかるがアメリカンファラオは先頭を譲らない。 直線に入ると後続を引き離す一方で、エスピノーザはムチを使うことなく7馬身差をつけて優勝、二冠を達成した。 エスピノーザにとっては、前年の(California Chrome)に続き2年連続でのケンタッキーダービー・プリークネスステークス制覇となった。 また、バファートにとってはアメリカ三冠の最初の二冠を制したのは過去19年で4度目である。 この競走の後に、ザヤットはアメリカンファラオの種牡馬としての権利をに売却し、2015年終了後にアシュフォードスタッドで種牡馬入りすることを発表した (しかし、この譲渡交渉は2014年の間に既に成立していたとされている )。 2015年のベルモントステークスにおけるアメリカンファラオ に向け、バファートはアメリカンファラオを自らの厩舎があるチャーチルダウンズ競馬場で調教して競走直前の火曜日にに輸送することにした。 現地での調整を行わない方法に疑問を呈する調教師もいたが、バファートはアメリカンファラオを「ハッピー」に保つことが重要だと考え、2001年には同様の方法でにベルモントステークスを勝たせていた。 6月6日のベルモントステークスは、8頭での競走となった。 他の7頭のうち、5頭はプリークネスステークスを回避してケンタッキーダービーから直行、1頭は逆にプリークネスステークスのみに出走、もう1頭はを経由しての出走と、5週間で全てが行われ日程的に厳しいアメリカクラシック三冠競走に全て出走していたのはアメリカンファラオだけであった。 レースでは、揃ったスタートからすぐにアメリカンファラオがリードをとり、最初のコーナーに向かっていく。 第3コーナーから多くの馬は騎手が手綱を動かし始めるが、アメリカンファラオは持ったままで先頭を走り続ける。 ベルモントステークスの翌朝には、バファートがベルモントパーク競馬場に報道関係者を招き入れ、約30人がアメリカンファラオと触れ合うことが出来た。 チャーチルダウンズ競馬場に戻ったアメリカンファラオは、6月13日に同競馬場でお披露目され、約3万人が駆け付けた。 また、関係者にケンタッキーダービーの記念品と三冠のトロフィーも授与された。 8月2日、アメリカンファラオは、G1・(ダート9ハロン)に出走。 7頭立てとなったこの競走では、道中は他馬に先頭を譲り、2番手で追走する。 次走には、の(ダート10ハロン)が選ばれた。 これはザヤットが望んだものであったが、バファートは、8月に2度目の出走となり、しかもいずれもアメリカ大陸を横断する遠征となるため、アメリカンファラオに対する負担を考慮して乗り気ではなかった。 しかし調教は順調であったため、「トラヴァーズステークスに出走しない口実を探してみたが、見つからなかった」として出走を決めた。 この競走は10頭で行われた。 特に暑い日ではなかったが、発走ゲートでアメリカンファラオに発汗が見られたことから、エスピノーザは不安を感じていた。 レースでは、スタート直後からアメリカンファラオが先頭に立つが、道中は常にフロステッド(Frosted)が1馬身以内につけてプレッシャーをかける。 この敗戦について、エスピノーザは「3週間の間に飛行機で往復したのが少し厳しかったかもしれない。 アメリカンファラオは非常に気持ちよく走っていたが、いつもとは少し違った」とコメントした。 ザヤットは敗戦直後にはアメリカンファラオの引退も口にしたが、5日後には「今回はアメリカンファラオがベストを出せない複合的な要因があったと思うが、再びベストの走りが出来る自信がある」として、ブリーダーズカップ・クラシックへの出走を表明した。 10月31日のブリーダーズカップ・クラシック(ダート10ハロン)には8頭が出走。 その中でもアメリカンファラオは単勝1. 7倍 の1番人気に推される。 レースではスタート直後から先頭に立ったアメリカンファラオは、道中は後続に1-2馬身差をつけて逃げる。 3コーナーから動き始めると、直線では2着馬との差を広げ、6馬身半差で優勝、有終の美を飾った。 勝ちタイムの2分0秒07は、従来のコースレコードを5秒以上更新するものであった。 以上の活躍を受け、2015年の年度代表馬および最優秀3歳牡馬に満票で選出された。 年度代表馬に満票で選出されたのは、1981年の以来2頭目である。 また、バファートは最優秀調教師、ザヤットは最優秀馬主および最優秀生産者に選ばれた。 一方、エスピノーザは最優秀騎手表彰で、 に次ぐ2位であった。 記録 [ ]• アメリカンファラオは「アメリカクラシック三冠とブリーダーズカップ・クラシック」と定義されるグランドスラム を史上初めて達成した。 アメリカンファラオは3歳時に828万8800ドルを稼いだが、これは当時のアメリカにおける単年の最多獲得賞金額であった。 生涯獲得賞金額の865万300ドル は、引退時点では史上4位であった(2015年終了時点での1位はの1050万1800ドル )。 レーシングポストレイティングは、1988年の発表以来のアメリカ調教馬最高となる138をアメリカンファラオに与えた(これまでの最高はとの135)。 全世界の歴史上でもこれを上回ったのは(143)と(139)だけであり、138は他に、、がランクされている。 では134で2015年の世界1位にランクされた。 競走成績 [ ] 出走日 競走名 距離 頭数 着順 タイム 1着(2着)馬 出典. 09 メイドン 6. 5 9頭 5着 M. ガルシア - - Om 2014. 48 (Calculator) 2014. 27 G1 8. 5f 8頭 1着 V. 95 (Calculator). 14 レベルS G2 D8. 5f 7頭 1着 V. 78 (Madefromlucky) 2015. 11 オークローンパーク G1 D8f 8頭 1着 V. エスピノーザ (8馬身) 1:48. 52 (Far Right) 2015. 02 G1 D10f 18頭 1着 V. エスピノーザ (1馬身) 2:03. 02 (Firing Line) 2015. 16 G1 D9. 5f 8頭 1着 V. エスピノーザ (7馬身) 1:58. 46 (Tale Of Verve) 2015. 06 G1 D12f 8頭 1着 V. 65 (Frosted) 2015. 02 G1 D9f 7頭 1着 V. 95 (Keen Ice) 2015. 29 G1 D10f 10頭 2着 V. 31 G1 D10f 8頭 1着 V. 07 (Effinex) 引退後 [ ]• オークローンパーク競馬場にアメリカンファラオの銅像が建てられ、2018年1月11日に除幕式が行われた。 アメリカンファラオが2014年に勝利したフロントランナーステークスは、2018年に(American Pharoah Stakes)に改称された。 種牡馬時代 [ ] ブリーダーズカップ・クラシックから2日経った11月2日、アメリカンファラオは近郊のに到着。 種牡馬として、第二の馬生を送ることとなった。 初年度の種付け料は、20万ドルに設定された。 これは、アメリカにおける初年度の種付け料としては2006年のに並ぶ史上最高額である。 また2016年におけるこの額は、2014年と2015年ので 2016年の種付け料が30万ドルのに次いで、と並ぶ全米で2番目の高額である。 2016年は208頭の牝馬を集め、そのうち55頭がG1優勝馬自身またはG1優勝馬の母であった。 2017年1月3日に初仔が誕生。 同年の11月に行われたファシグ・ティプトン・ノベンバーセールとキーンランド・ノベンバーセールで合計7頭の初年度産駒が取り引きされ、平均価格は約47万ドル、最高額は100万ドル であった。 2017年シーズンからはでもとして供用されている。 2019年4月13日、アイルランドのネース競馬場で厩舎に所属するモナークオブエジプトがを背に芝1000メートルのメイドン戦でデビューし先行抜け出しの競馬で勝利。 産駒の初出走初勝利という快挙を成し遂げた。 同じく初年度産駒からG13着のスウィートメラニア、G2を優勝したフォーホイールドライブを輩出。 また、フランスではG3のデュボワ賞をメイヴィンが勝ち、まずまずのスタートとなり、2020年度の種付け料が17万5000ドルに設定された。 主な産駒 [ ] 2017年産• フォーホイールドライブ -• メイヴィン - デュボワ賞• アメリカンファラオの活躍を受け、種牡馬入り直後の2010年には2万ドル だった父・パイオニアオブザナイルの種付け料は、2015年には6万ドル、2016年には12万5000ドルに上昇した。 また、祖父・は2011年から日本で種牡馬生活を送っていたが 、2016年からアメリカに戻ることになった。 全妹アメリカンクレオパトラは2016年の GI で2着。 半妹(父)はの GI 勝ち馬。 脚注 [ ] 注釈 [ ]• と判断され、2014年にはこれを表す「Ridgling 」を性別として記述されていた事もある (アメリカの性別欄では通常の牡馬やと区別される )。 しかしザヤットは「アメリカンファラオはずっと(健康な)牡馬だった」と述べている。 ザヤットは有望な仔馬は100万ドル以下では売らないとしており、2007年のセールでもパイオニアオブザナイルを29万ドルで買い戻している。 なおこの時のアメリカンファラオについて、ザヤットは「彼の振る舞い、オーラ、馬体、動き方には輝きがある」と評価していた。 アメリカンファラオは競りの数週間前に脚をぶつけたためセールの際に小さなコブがまだ残っており、これが入札者に購入を躊躇させる一因となった。 「Yankee」の日本語訳は「アメリカ人(の)」である。 ベルモントステークスに勝利した際にはアメリカクラシック三冠達成を記念したが着せられたが、これには「AMERICAN PHARAOH」と書かれていた。 欧米における新馬・未勝利馬による競走の呼称。 アメリカンファラオ126票、テキサスレッド111票。 ブリーダーズカップが開催されるようになって以来、ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルに未出走の馬が最優秀2歳牡馬に選ばれるのは5頭目である。 1ポンドは約0. 453592キログラム。 この「1を足した数字」が日本式のオッズに等しいので、この記事では日本式のオッズを記述する。 この着差は、プリークネスステークス史上6番目の大差である。 エスピノーザは、2002年にも で二冠を制覇している。 ケンタッキーダービーは4勝目、プリークネスステークスは6勝目。 まず980万ドルで売買され、三冠を達成したことで400万ドルが追加された。 この着差は、三冠馬がベルモントステークスで2着につけた差の中で4番目の大差である。 三冠達成時に62歳だったバファートは史上2番目に高齢の三冠トレーナー 、43歳だったエスピノーザは最高齢の三冠ジョッキーとなった。 なお、2018年にがアメリカクラシック三冠を達成したことで、その管理調教師でもあったバファートは自身の記録を65歳に更新し、52歳だったが最高齢の三冠ジョッキーとなった。 1票は2ドルで購入でき、3. 5ドルの払い戻しを受けられる。 これについてバファートは「アメリカンファラオを皆と共有し、彼がいかに優しく可愛いかを示したかった」と述べている。 主催者である側は、この出走に対してザヤットとバファートにそれぞれ7万5000ドルを支払うと共に、賞金総額を100万ドルから175万ドル(1着賞金105万ドル)に引き上げている。 過去にトラヴァーズステークスに挑んだ三冠馬は3頭いたが、勝利したのはのみであり、とは敗れていた(アファームドは1着で入線したが進路妨害により2着に降着)。 また、同じ競馬場で開催された1919年のサンフォードメモリアルステークスではが生涯唯一の敗戦を喫し、1973年のでも三冠達成後のが敗れているため、サラトガ競馬場は「王者の墓場(Graveyard of Champions)」とも呼ばれる。 キーンアイスは、ケンタッキーダービー(7着) 、ベルモントステークス(3着) 、ハスケルインビテーショナルステークス(2着) でアメリカンファラオに敗れており、4度目の対戦で初勝利を挙げた。 2015年は、キーンアイスでアメリカンファラオを破ったトラヴァーズステークス をはじめG1競走で17勝を挙げるなど活躍。 344勝はこの年の北米1位であり、さらに北米記録を更新する2812万767ドルを獲得した。 ブリーダーズカップ・クラシックは4歳以上でも出走出来るが、グランドスラムを達成するには3歳時にこの競走に勝利する事が求められている。 先代の三冠馬であるアファームドは1978年にアメリカクラシック三冠を達成し、その後の1984年にブリーダーズカップ・クラシックが創設されたため、この称号への挑戦自体アメリカンファラオが史上初である。 従来の記録はが2004年に記録した756万3535ドルであるが、この中には2015年時点では廃止されていた500万ドルのボーナス(レベルステークス、アーカンソーダービー、ケンタッキダービーを全て制した馬にオークローンパーク競馬場から与えられていた )が含まれる。 2017年にが1333万8000ドルを獲得してこれを更新した。 出典にはマイルを用いているものもあるが(例えばケンタッキーダービーは「One And One Fourth Miles」 )、1マイルは8ハロンであることから換算。 1ハロンは約201. 168メートル。 この地でレベルステークスとアーカンソーダービーに勝利した後にアメリカクラシック三冠を達成したことから、飛躍の礎になった場所として建設された。 2016年は、20万ドルで2頭の牝馬に種付け出来たとされている。 この馬が取り引きされたファシグ・ティプトンの当歳セールでは過去最高に並ぶ高額である。 アメリカンファラオを種牡馬として購入したクールモアグループは、オーストラリアにも牧場を保有している 出典 [ ]• Equibase. 2015年6月6日閲覧。 Racing Post. 2015年11月1日閲覧。 日本中央競馬会. 2019年3月15日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年1月17日. 2015年6月6日閲覧。 月刊『優駿』2015年6月号91頁• Yahoo! Sports 2015年6月2日. 2015年6月3日閲覧。 Equineline 2015年2月9日. 2015年5月23日閲覧。 Thoroughbred Daily News 2015年4月27日. 2015年5月24日閲覧。 The Boston Globe 2015年5月31日. 2016年11月24日閲覧。 Daily Racing Form 2015年5月29日. 2015年7月8日閲覧。 Sports Illustrated 2015年4月27日. 2015年5月23日閲覧。 Lexington Herald-Leader 2015年5月30日. 2015年6月6日閲覧。 2015年5月22日. 2015年5月22日閲覧。 英辞郎 on the WEB. 2015年11月1日閲覧。 CNN 2015年4月30日. 2015年6月6日閲覧。 The Courier-Journal 2015年4月21日. 2015年6月6日閲覧。 The Louisville Courier-Journal 2015年6月7日. 2016年11月16日閲覧。 競馬ブックweb. 株式会社ケイバブック. 2019年3月15日閲覧。 ZBAT! 株式会社産業経済新聞社 2015年6月7日. 2019年3月15日閲覧。 2008 , Longman Pronunciation Dictionary 3rd ed. , Longman,• 石川ワタル「世界の3歳競馬と日本の3歳競馬」『』、、1990年8月、 65-66頁。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 2015年5月15日. 2015年6月6日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2014年10月28日. 2015年6月6日閲覧。 Throroughbred Racing Associations. 2015年6月6日閲覧。。 Dairy Racing Form 2015年1月6日. 2015年6月6日閲覧。。 google. 2016年11月16日閲覧。 2016年5月20日閲覧。 [ ]• The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年3月14日. 2015年6月6日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 Equibase. 2015年6月6日閲覧。 Equibase. November11, 2016閲覧。 Equibase. November11, 2016閲覧。 Equibase. November11, 2016閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年5月3日. 2015年6月6日閲覧。 Daily Racing Form. 2015年6月6日閲覧。 Courier-Journal 2015年5月7日. 2015年5月21日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年5月13日. 2015年6月6日閲覧。 New York Daily News 2015年5月16日. 2015年6月6日閲覧。 com. 2015年6月6日閲覧。 Sports Illustrated 2015年5月16日. 2015年6月6日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 ESPN 2015年5月16日. 2015年5月23日閲覧。 ABC News 2015年5月16日. 2015年6月6日閲覧。 Equibase. 2015年6月6日閲覧。 Pimlico 2015年5月16日. 2016年11月16日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年5月20日. 2015年6月6日閲覧。 The New York Times 2015年6月4日. 2015年2月14日閲覧。 月刊『優駿』2015年12月号57頁• Lexington Herald-Leader 2015年5月30日. 2015年6月1日閲覧。 NBC Sports 2015年6月5日. 2015年6月6日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 ESPN News Service 2015年6月6日. 2015年6月6日閲覧。 CNN 2015年6月6日. 2016年11月16日閲覧。 Blood-Horse 2015年6月7日. 2015年6月7日閲覧。 netkeiba. com. 株式会社ネットドリーマーズ 2015年6月7日. 2015年6月7日閲覧。 The Washington Post 2018年6月9日. 2018年3月15日閲覧。 The New York Times 2015年6月11日. 2015年6月11日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年6月7日. 2019年5月15日閲覧。 Lexington Herald-Leader 2015年6月13日. 2016年11月15日閲覧。 The New York Times 2015年8月2日. 2019年3月15日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 netkeiba. com. 株式会社ネットドリーマーズ 2015年8月3日. 2016年7月7日閲覧。 The Courier-Journal 2015年8月14日. 2015年8月23日閲覧。 Paulick Report 2015年8月23日. 2015年8月23日閲覧。 Los Angeles Times 2015年8月29日. 2019年3月15日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 netkeiba. com. 株式会社ネットドリーマーズ 2015年8月30日. 2016年7月7日閲覧。 CBS New York 2015年8月21日. 2015年8月23日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年8月29日. 2015年11月25日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年9月3日. 2015年9月5日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 The Washington Post 2015年10月31日. 2016年11月16日閲覧。 netkeiba. com. 株式会社ネットドリーマーズ 2015年11月1日. 2016年7月7日閲覧。 2016年1月16日. 2016年1月18日閲覧。 2016年11月18日閲覧。 CNN 2016年1月20日. 2017年9月28日閲覧。 Paulick Report 2016年1月1日. 2016年11月2日閲覧。 espn. com. 2016年6月13日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2018年1月5日. 2019年3月15日閲覧。 Equibase. 2016年6月6日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年11月1日. 2016年6月6日閲覧。 Racing Post 2015年11月2日. 2016年6月6日閲覧。 Racing Post 2015年11月11日. 2016年6月6日閲覧。 International Federation of Horseracing Authorities. 2016年11月22日閲覧。 日本中央競馬会. 2016年5月8日閲覧。 google. 2016年5月20日閲覧。 BloodHorse. com 2018年1月11日. 2018年2月8日閲覧。 Blood-Horse Publications. 2019年3月15日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年11月2日. 2015年11月6日閲覧。 Lexington Herald Leader 2015年11月6日. 2018年2月8日閲覧。 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル 2017年1月20日. 2018年2月8日閲覧。 Gainesway. 2016年5月5日閲覧。 Blood-Horse 2017年1月3日. 2018年2月5日閲覧。 www. drf. com 2017年11月9日. 2018年1月8日閲覧。 ジャパン・スタッドブック・インターナショナル 2017年3月9日. 2018年2月8日閲覧。 Horse Racing Nation 2018年4月15日. 2019年4月13日閲覧。 Horse Racing Nation 2019年4月4日. 2019年4月13日閲覧。 JRA-VAN. 2019年11月28日閲覧。 netkeiba. com. 株式会社ネットドリーマーズ. 2016年5月5日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications. 2016年5月5日閲覧。 The Blood-Horse. Blood-Horse Publications 2015年10月19日. 2015年11月25日閲覧。 2015年11月6日閲覧。 2015年11月6日閲覧。 netkeiba. com. 株式会社ネットドリーマーズ 2015年10月1日. 2015年11月8日閲覧。 Racing Post. 2018年12月31日閲覧• netkeiba. com 2018年12月11日付. 2018年12月30日閲覧 外部リンク [ ]• 競走馬成績と情報 、、.

次の