タピオカ タイヤ。 タピオカミルクティー飲んだ男性の体に異変 材料は革靴や古タイヤだった

タピオカの飲み過ぎに注意…体内から未消化のタピオカが発見される事象が発生

タピオカ タイヤ

もちもちしておいしいタピオカドリンク。 そんなタピオカの原料が中国ではタイヤで出来ていたというとんでもない事件があったことはご存知でしょうか? この記事では、そんなタピオカの原料偽装でタイヤが使われていたことを紹介したいと思います。 2015年タピオカタイヤ事件発覚! ことの発端は今のタピオカブームの時からさかのぼること2015年。 中国で、タピオカミルクティーを飲んだ女性が病院でCTスキャンしたところ、未消化のタピオカが胃の中に入っていることが判明!! この事件がきっかけとなり中国でタピオカを販売していた業者がタイヤを原料にしていたと告白したものだから衝撃が走りました! タイヤは消化できない異物 タイヤで作った偽物のタピオカはなぜ消化できなかったのでしょうか。 それは タイヤの原料がゴムだからです。 タイヤは天然ゴム・石油で作られる合成ゴムで作られていますが、いずれも元はゴム。 ゴムは胃では消化できないため、中国の女性の胃の中にも残っていたのです!! ちなみに ゴムで作られているものに「ガム」があります。 よく、飲み込んじゃダメ!!って言われますよね~? その理由はガムも原料にゴムが使われているからなんです。 でもガムって1個間違えて食べたくらいでは大丈夫ですよね? これは胃で消化できなかったものはそのまま消化されずに、便として排出されるからなんです。 でもタピオカって1回飲むときでもたくさん入っています! 中国の女性が未消化で胃に詰まっていたのは、消化できないゴムが多くあったので、腸までの道が詰まって排出できなかったんだと思います。 胃から腸に移動したとしても、便秘がずっと続いたりと恐ろしいことになるますので、タイヤのタピオカは恐ろしいですね~。 タピオカは車の燃料にもなる ちなみにタイヤつながりで 実はタピオカは車の燃料にも利用できるんです! タピオカの原料であるキャッサバを乾燥させて「キャッサバチップ」というチップ状のものが、 中国ではバイオエタノールになり 車のバイオ燃料になるのです。 このタピオカの原料で作ったバイオ燃料は酢酸とエステルと呼ばれ、中国では年に約80万もの量が作られるそうです。 意外にもタピオカと車って関連性があるんですね~! 日本で流通しているタピオカは大丈夫!? 安心してください。 日本で流通しているタピオカは国産、台湾産、マレーシア産が基本なので大丈夫です。 気になる方はタピオカを購入するときに原産国をチェックするといいと思いますよ!! いかがでしたでしょうか。 タピオカの原料でタイヤが使われてしまったことやタピオカと車の意外な関係についてお伝えしました。 この雑学をもとにタピオカドリンク飲んでみてください! <タピオカに関連する記事>.

次の

タピオカミルクティー飲んだ男性の体に異変 材料は革靴や古タイヤだった

タピオカ タイヤ

私はこの事件に関して2つの考察をしてみました。 1つ目はタピオカの原料によるものです。 タピオカはキャッサバという根菜の1種から作られており、そこに増粘剤が加えられることであのモチモチとしたクセになる食感が生まれています。 このキャッサバが加工されて「 キャッサバ粉」を用いているようなんですが、 難消化性デンプンなのです。 わかりやすくいうと、非常に消化されにくいものだというわけです。 医師によると、さらに増粘剤が加えられていることによって、 消化器官の機能が損なわれる可能性があるとのこと。 つまりこの少女はタピオカの美味しさに魅了されてしまい、親に隠れて大量に摂取したことにより、消化機能が低下して体内に入ったタピオカが消化されなくなってしまったのではないのかと推測する。 2つ目は中国のタピオカの実態によるものです。 実は4年前に、中国である騒動が起こっていました。 それが「 中国で販売されたタピオカミルクティーにタイヤ素材が入っていた」というものです。 参考: しかもたまたま混入していたわけではなく、故意にタイヤを使ってタピオカに偽造していたというなんとも呆れた話でした。 確かにゴムのような弾力で、色は黒という点でタピオカと似ているかもしれないが、それを本当に販売してしまうとは誰が思うでしょうか。 当時このタイヤドリンクを飲んでしまった女性は病院でCTスキャンを受けると、 体内に白い物体が映ったそうです。 本物のタピオカなら消化されて映らないはずですからね。 つまり今回の少女が飲んだタピオカも本物ではなくて、異物が混入していた可能性もあるのではないかという推測ができます。 日本のタピオカも危ないのか?もうタピれない!? 中国でこのような事件が起きてしまったが、日本のタピオカドリンクは果たして大丈夫なのだろうか? 主要なタピオカとして、 問題は原料であるキャッサバの方ですね。 個人的な考えとしては、普通に飲む分には全く問題がないと考えています。 というのも「 しっかりと噛んでから飲み込む」という前提での話ですが。 確かにあの丸い形状のまま大量摂取してしまえば、かなり消化されにくいでしょう。 ですがきちんと小さくなるまで噛んでしまえば十分消化できるようになります。 そもそもヒトの消化は「 物理的消化」と「 化学的消化」に分類されており、 咀嚼(食物を歯で噛み砕く事によって食物を細かくする)が第1条件として必須なのです。 なのでタピオカを食べる時には絶対にそのまま飲み込むことだけは避けましょう。 そうすればこれまで通り飲んでも構いません。

次の

タピオカミルクティー飲んだ男性の体に異変 材料は革靴や古タイヤだった

タピオカ タイヤ

Contents• html 中国でタピオカの原料がタイヤだと報道されたのは2015年10月19日のこと。 山東省青島市のあるタピオカミルクティーを販売する店でタピオカミルクティーを飲んだ客(テレビ局の記者)が違和感を覚えてCTスキャン撮影をしました。 そうしたら、なんと、胃の中に 無数の白い点がうつっていたとのこと。 naver. イモですからデンプンからできています。 デンプンならば消化吸収されるはずなのでCTスキャンには写らないはずなんですけど…。 店員の証言によるとその店で売っているタピオカの原料はなんと「 革靴の靴底」や「 古いタイヤ」から作られているそう! え~~?! なんじゃそりゃ?! 確かにタピオカはプルプルしてゴムっぽいからタイヤや革靴の靴底を使ってもバレなそう…。 ってそんなわけあるかいっ! ふつう食べているうちに分かりそうなものだけど…。 固さだってタピオカより固いだろうから噛み切れないと思うのですけど。 呑み込んじゃうから分からないのですかね? テレビ局の記者に問い詰められた店員はこんな名言を残したそう。 html すごい考えですね。 食品の安全に対する考え方が日本人とはまるっきり違いますね。 でもタイヤや靴底を食べたら病気になっても可笑しくはなさそうですけど。 ちなみにちゃんとデンプンから作られたタピオカを飲んで40分後にCTスキャンしたところ、白い点は写らなかったそうです。 白い点として写っていたものは飲んでから40分以上経っていたということですから、明らかにおかしいですよね。 html 店員の証言からタイヤが使われているとされているタピオカですが、そこのお店で使われている原料紛を実際に青島大学化学実験センターで調べてみたそうです。 そうしたら残念ながら詳しい成分はよく分からなかったそう。 唯一分かったことは通常のタピオカのデンプンよりも非常に粘着性が強かったことだそうです。 ということは普通のタピオカではないことは明らかですね。 タイヤや革靴の靴底と同じようなゴム成分が粉になったものかもしれません。 それをタピオカのように丸めて作ったのではないかと考えてしまいます。 消化できなくても体外にちゃんと排出されればいいですが、腸で詰まってしまったら大変です! ネット民の声を見てみると玉こんにゃくを食べて腸閉塞になったことがある人がいるそう。 ちゃんとした食べ物である玉こんにゃくでも腸閉塞になるなら、タイヤのタピオカを食べたら腸閉塞になっても可笑しくはないですね。 もし中国でタピオカミルクティーを飲む機会があったら注意したほうが良いかもしれません。 スポンサーリンク タピオカの原料をタイヤにする以外にもある中国の食品偽装 さて、タイヤでタピオカを作ってしまう中国ですが、こんなものは氷山の一角。 他にもとんでもない食品偽造をやらかしています。 naver. 中国の中華料理店協会によるとプラスチック米を茶碗3杯食べるとポリ袋1枚食べるのと一緒だそう。 そんなものを食べていたらタイヤタピオカと同じく腸閉塞になってしまいそうです…。 naver. 広東省汕頭市で紙製の米が見つかったそう。 なんと買った人は半年前からずっと気づかずに食べていたそう。 普通気づくと思うんですけど…。 naver. これはすぐにバレそうに思うんですが、バレないと思ってやったのでしょうか…。 食べる前に気づいたそうで良かったです。 naver. 加熱するとゴムボールみたいになるとか 笑 価格も安くて利益がでるとは思えない商品でしたが、本物の卵の10分の1のコストで作ることができ、卸販売価格は本物の卵の2分の1。 意外とコストパフォーマンスが良かったようです。 これもすぐバレるのになんでやるんだろう…。 スポンサーリンク.

次の