在宅 勤務 やる気 でない。 在宅勤務でやる気が出ない人へやる気が出る習慣を伝授!【必見】

在宅勤務のやり方!経験から学んだやる気が出ない人向けのアドバイス

在宅 勤務 やる気 でない

テレワークの現場をよく知るスピーカー5人を招いて、5月7日に開いたウェブセミナー「今取り組むべき在宅テレワークの『進め方』と『解決策』とは?」(主催:ドコデモ、共催:KaleSco. )で繰り広げられた議論を一部紹介する。 (イベントのモデレーターは西舘 聖哉氏:KaleSco. 代表) 「働き方改革」が進まない中での緊急事態宣言 松本 国一 富士通シニアエバンジェリスト(以下、松本):昨年4月に「働き方改革関連法」が施行されました。 しかし、現状は「まったく実感できない」という人たちが約7割、管理職においては、かえって仕事が増えて「改悪した」と言っている人が約6割もいるんです。 でも、この「働き方改革」を今やらないと、少子高齢化による労働力人口の減少、育児介護の問題、さらには副業や兼業をする人の増加で、日本は人材のリソースが大幅にいなくなってしまいます。 そんな中、緊急事態宣言が発令されました。 オフィスで仕事ができなくなりつつあり、「デジタルへの移行」が急務となっています。 この話をすると、「いや、うちは機材や環境が整ってない」「制度が整っていない」「テレワークできる仕事じゃない」と答えられる方々が非常に多いです。 では、オフィスをそのままデジタル化すれば解決するのかというと、そうではありません。 働き方を環境に対応させることが必要となります。 野崎 友邦 ミナジン取締役COO(以下、野崎): 「テレワークと勤怠の問題あるある」には、「社員が本当にちゃんと仕事をしているのか?」がとても多いですね。 松本:何もやらなくても給料がもらえる人と、やりすぎて疲弊して辞めていく人たちが出てくると、会社としてもかなり大きな課題ですね。 野崎:「勤怠管理システムに要求される事例」に.

次の

怠惰の誘惑に負けない! 在宅勤務でモチベーションを保つために

在宅 勤務 やる気 でない

テレワークの現場をよく知るスピーカー5人を招いて、5月7日に開いたウェブセミナー「今取り組むべき在宅テレワークの『進め方』と『解決策』とは?」(主催:ドコデモ、共催:KaleSco. )で繰り広げられた議論を一部紹介する。 (イベントのモデレーターは西舘 聖哉氏:KaleSco. 代表) 「働き方改革」が進まない中での緊急事態宣言 松本 国一 富士通シニアエバンジェリスト(以下、松本):昨年4月に「働き方改革関連法」が施行されました。 しかし、現状は「まったく実感できない」という人たちが約7割、管理職においては、かえって仕事が増えて「改悪した」と言っている人が約6割もいるんです。 でも、この「働き方改革」を今やらないと、少子高齢化による労働力人口の減少、育児介護の問題、さらには副業や兼業をする人の増加で、日本は人材のリソースが大幅にいなくなってしまいます。 そんな中、緊急事態宣言が発令されました。 オフィスで仕事ができなくなりつつあり、「デジタルへの移行」が急務となっています。 この話をすると、「いや、うちは機材や環境が整ってない」「制度が整っていない」「テレワークできる仕事じゃない」と答えられる方々が非常に多いです。 では、オフィスをそのままデジタル化すれば解決するのかというと、そうではありません。 働き方を環境に対応させることが必要となります。 野崎 友邦 ミナジン取締役COO(以下、野崎): 「テレワークと勤怠の問題あるある」には、「社員が本当にちゃんと仕事をしているのか?」がとても多いですね。 松本:何もやらなくても給料がもらえる人と、やりすぎて疲弊して辞めていく人たちが出てくると、会社としてもかなり大きな課題ですね。 野崎:「勤怠管理システムに要求される事例」に.

次の

在宅勤務でやる気が出ない人へやる気が出る習慣を伝授!【必見】

在宅 勤務 やる気 でない

自宅で仕事をする気になれない まずは、自宅というプライベート空間で働く、ということに抵抗があり、慣れることができないでいるケースについてお話します。 原因は? この手の状況に陥る人は、「 仕事とプライベートを明確に区別するタイプ」です。 会社に出勤することで、思考が仕事モードに切り替わる、というのは大半のビジネスマンに共通することではないでしょうか。 なので、 「プライベート空間で仕事をする」という行為自体が性に合わない、という方は、在宅で働くということ自体が至難の業です。 そして、もう一つの原因として見逃せないのは、 家族と顔を合わせ続けないといけない、ということです。 妻や夫、子どもたちと常に一緒に居なければいけないことで、家事にも追われますし、家族の姿がどうしても気になり、肝心な仕事に集中できない、ということがあります。 特に夫婦関係は、ある程度の距離感があったから良好な関係を保てる、ということが往々にしてあります。 在宅勤務のためとはいえ、四六時中一緒にいる、となると… ひとりで仕事をする気になれない 家族との関係が良好でも、または家族の邪魔が入らないひとり暮らしであったとしても、自宅の中の個室で一人で作業をする、ということに抵抗感を感じる人は少なくないでしょう。 また、周りに誰もいないことでハリがない、行動をチェックされないのでだらけてしまう、ということもあります。 原因は? 会社の中で同僚に囲まれて仕事をする、ということが当たり前になっていると、急に一人ぼっちで仕事をする、と言ってもすぐには対応できないのは当然です。 何年も、人によっては何十年もこびりついた習慣を急に改めるのは至難の業であることは言うまでもありません。 さらに、オフィスワークでは何かと「協調性」が求められ、お互いに助け合って仕事をしたり、共にプロジェクトを遂行したりしてきたと思います。 「まわりに誰かがいてくれる」というのは、働くうえで想像以上に安心感を与えていたのです。 解決法は? 在宅勤務になっても、会社の人たちの人間関係が立たれるわけではありません。 LINEやFacebookグループだったり、チャットワークだったりと、オンラインで交流を続けるわけです。 なので、 ・環境の変化に戸惑い仕事に熱意が持てない ・リモートワークのワークスタイルについていけない ・仕事そのものに飽きてきている 解決法も、それぞれ異なります。 解決法は? ・環境の変化に戸惑い仕事に熱意が持てない これは時間をかけて慣れるしかありません。 ポイントは、完璧主義に陥らないこと。 最初から完璧にこなそうとせず、「できることを1日ひとつづつ増やす感覚」で臨めば十分です。 素早い成果を求められると焦りますが、急に職場環境が変わったところで頑張りすぎると、メンタルに悪影響になるので注意が必要です。 ・リモートワークのワークスタイルについていけない リモートワークがどうしても性に合わない、という場合は、仕事に置いていかれて立場が苦しくこともあるので、在宅勤務でない部署への転換を申し出るか、転職も視野に入れていいでしょう。 「自分らしい働き方」ができていないと、日々消耗するだけで、時間を浪費している感覚が続くことになりますよね。 「自分に向いていないものが分かった」ということで、次のステップに進むといいでしょう。 ・仕事そのものに飽きてきている 在宅勤務になったことで、仕事に対する考え方に変化が生じることがあります。 仕事そのものを「何のために頑張ってるんだろう」と冷静になったとき、「飽きている」と感じることがあります。 あなたの心がもはやワクワクしないのであれば、副業を始めるなどして、徐々に新たなキャリアを志向する時期が来ているということ。 その一方で、在宅勤務をむしろ利用して仕事の新たな取り組み方が見つかると、飽きがおさまり再び楽しくなることもありますので、しばらく様子を見るのも一つの手です。

次の