ひぐらしのなく頃に 再放送 放送局。 ひぐらしのなく頃に(アニメ)1期再放送の放送日はいつ? 無料動画で見逃し配信!

『ひぐらしのなく頃に』、第1期の再放送が決定!登場キャラクター紹介

ひぐらしのなく頃に 再放送 放送局

『School Days』(スクールデイズ)は、オーバーフローの同名のアダルトゲームを原作とした日本のTVアニメ。 主人公とメインヒロイン2人を中心にした三角関係とその末路が描かれた内容となっている。 2007年7月から同年9月まで、独立UHF局などで全12話が放送された。 テレビアニメ「School Days」の最終回放送の前日である2007年9月18日、少女が父親を鉈で殺害する「京田辺警察官殺害事件」が発生。 さらにその一週間後には報道を見た少年が斧で父親を殴打する事件が起き、また同年5月には会津若松で少年が母親の首を切断して殺害した事件もあったため、大きな騒動となった。 結果として、地上波全局が殺人シーンのある「School Days」最終回の放送を自粛した。 『School Days』最終回は、アニメ史に残る衝撃のラスト・バッドエンドで有名になっている。 あまりにも残酷なシーンが続くため、放送自粛は妥当な判断だった。 『School Days』物語終盤には西園寺 世界(さいおんじ せかい)から妊娠したと打ち明けられ、伊藤 誠(いとう まこと)は校内で居場所を失って孤立する。 世界は誠が戻ってくることに期待するが、逆に彼は桂 言葉(かつら ことのは)とヨリを戻していく。 そして堕胎を提案されたことに逆上し、世界は誠を刺殺してしまう。 その後、誠の遺体を発見した言葉は、死んだはずの誠を装って世界を呼び出して殺害し、切断した彼の頭部を抱えながらヨットで海の彼方へ消えていった。 主人公の伊藤誠と西園寺世界の二人が殺されるという、あまりにも壮絶な『School Days』最終回は、アニメ史に残る衝撃のラスト・バッドエンドとして有名になっている。 『School Days』最終話放送予定日の前日に、京都府で少女が警察官の父親の首を斧で切りつけ殺害するという事件(京田辺警察官殺害事件)が発生したため、アニメ最終回が一部地域で放送中止となったことが話題となった。 2007年9月18日深夜、TVK テレビ神奈川 で放送されるはずだったテレビアニメ「School Days」の最終回の放送が予告なしに中止になり、「都合により、番組を変更してお送りしています」とのテロップとともに城やボートを映した環境映像が代わりに流された。 その際「Nice boat. 」という言葉が生まれ、ネット上で広がっていった。 最終回の結末は、殺害された主人公の生首を抱くヒロインの「桂 言葉」(かつら ことのは)がヨットで遠海に進むという展開だったため、本当にNice boat. オチであった。 「ひぐらしのなく頃に解」は07th Expansion製作の同人ゲーム『ひぐらしのなく頃に』及び、同ゲームを原作とする小説・漫画・ドラマCDのうち「解答編」と称される4編。 略称は「ひぐらし解」。 テレビアニメ第2期『ひぐらしのなく頃に解』は、2007年7月から同年12月まで2クール放送された。 本作では当初6つの放送局が本作を放送していたが、東海テレビとテレビ埼玉がテレビアニメ「ひぐらしのなく頃に解」放送を途中で打ち切る事態が発生した。 東海テレビは9月20日の第12話放映を急遽休止し、その後正式に打ち切りを決定。 テレビ埼玉は10月1日の第13話放送をもって放送を打ち切り(同話本編終盤で『今回で放送を休止します』の告知テロップを出し、その後、同局の公式サイトからも番組紹介が削除された)。 打ち切りの理由は両局とも明確にはしていないが、同年9月17日に京都府京田辺市で発生した16歳少女による父親殺害事件の犯行状況に本作を想起させるものがあったためというのが定説となっている。 事の発端となった事件は少女がゴスロリファッションに傾倒していた事と、凶器の共通点から「ひぐらしのなく頃に」の影響が取り沙汰されたが、実際は警察官であるにも関わらず浮気を繰り返す父親と、その事をひたすら愚痴り続ける母親に対して、潔癖だった少女が追い詰められた結果であった。 斧での殴打事件は少女の事件報道に影響されたもので、母親殺害事件は放送開始よりも遥か前の事件であるため、三件とも作品を視聴したために発生した事件ではない。 『エコエコアザラク』 は、古賀新一による日本のホラー漫画作品。 また、これを原作としたテレビドラマ、映画も繰り返し製作された。 テレビ東京で1997年2月1日から5月31日まで、テレビ大阪で1997年10月2日から1998年4月1日までギャガ・コミュニケーションズ製作、円谷映像制作で放送された。 佐伯日菜子演じる黒井ミサは最高のハマリ役と言われ、視聴率は深夜2時の放送としては異例の高視聴率を記録した。 全26話。 テレビ東京版は神戸連続児童殺傷事件の影響により18話で打ち切りとなったが、事件の犯人逮捕後に放送が開始されたテレビ大阪と地方局で番販された際は最終話まで放送された(実質裏送り放送に近い構成)。 『バロム・1』(バロムワン)は、さいとう・たかをによる漫画作品。 1970年から約1年間『週刊ぼくらマガジン』に連載。 『超人バロム・1』は『バロム・1』を原作にした特撮テレビドラマ。 東映、よみうりテレビ制作の特撮テレビドラマ作品『超人バロム・1』は、1972年(昭和47年)4月2日から同年11月26日まで、日本テレビ系で毎週日曜19:30 — 20:00 JST に全35話が放送された。 作品の傾向としては、敵であるドルゲの尖兵であるドルゲ魔人のグロテスクな怪奇性が強調され、ドルゲの作戦も邪悪・弱い心を持つ人間を操るものが中心で、さらにドルゲの怪奇性を強めていた。 特撮テレビドラマ『超人バロム・1』が全35話という比較的短期間で終わったのは、ドルゲ事件の影響だと言われている。 『魔法少女ちゅうかなぱいぱい! 』は1989年1月15日から同年7月9日までフジテレビ系列で放送された特撮テレビ番組。 東映不思議コメディーシリーズの第9作。 全26話。 これまでロボット物や探偵物であったが、終了した『スケバン刑事シリーズ』や『少女コマンドーIZUMI』で好評だった要素を取り入れ美少女路線に方向転換した最初の作品であり、また年号が平成に変わってからの初の作品でもある。 シリーズの路線変更に当たっては、当時新進アイドルとして活躍していた小沢なつきが起用された。 「魔法少女ちゅうかなぱいぱい! 」は、主演女優「小沢なつき」がマネージャーと駆け落ち未遂事件を起こして降板、打ち切りになった。 打ち切りとはいえ物語は完結しており、残り半年は主役を交代した続編「魔法少女ちゅうかないぱねま! 」へ引き継がれた。 『太陽にほえろ! 』(たいようにほえろ)は、1972年(昭和47年)7月21日から1986年(昭和61年)11月14日まで、日本テレビ系列で金曜日20時から1時間枠で放送された刑事ドラマである。 全718回。 1972年のスタートから15年近くに亘って放送が続けられた長寿番組であり、現在では日本の刑事ドラマの代表格とも称される作品である。 メインだった石原裕次郎の体調が 1981年に倒れ番組出演を休んでいた時よりも)末期的状況になってきたため打ち切られた。 タクシードライバーの推理日誌』は、1992年5月から2016年3月までテレビ朝日系「土曜ワイド劇場」で放送されたテレビドラマシリーズ。 全39回。 主演は渡瀬恒彦。 元警視庁の敏腕刑事という経歴を持つタクシードライバーがその視点を通して、乗客が関わった事件を解決する推理ドラマである。 主演の渡瀬恒彦が2017年3月14日に死去したため、2016年放送の第39作で最後となった。 「タクシードライバーの推理日誌」他「渡瀬恒彦」主演2時間サスペンスドラマシリーズは、主演の渡瀬恒彦が死去し、続編製作が不可能になったため、すべて打ち切りとなった。 タクシードライバーの推理日誌は第40作目の完成台本も出来上がっていたという。 『快傑ズバット』(かいけつズバット)は、1977年(昭和52年)2月2日から9月28日にかけて東京12チャンネルで水曜日19:30 — 20:00枠に全32話(本放映では3話分の再放送を追加)が放送された、東映製作の特撮テレビドラマ、および劇中に登場する変身ヒーローの名称である。 当時東京12チャンネルが製作に関わったアニメ・特撮作品の中でも高視聴率をマークしたのがこの『ズバット』であり、3月9日に放送した第6話では15. 5%に達した。 しかし、関連玩具が売れ行き不振のためスポンサーだったタカトクが降板したため、32話で打ち切りになった。 『快傑ズバット』の熱心な支持者は、製作側が設定していた年齢層より上の年代であり、スポンサーの望む客層とは不一致であったようだ。 対象年齢設定ミス。 『小さなスーパーマン ガンバロン』は、日本テレビ系列局ほかで放送されていた特撮テレビドラマである。 日本テレビと読売広告社と創英舎の共同製作。 全32話。 番組の開始当初は、視聴率的にも好調で比較的予算にも恵まれ、シリーズ中盤では大々的にグアム島ロケが敢行されている。 スポンサーだったブルマァクが倒産、資金繰りが困難になり後半は大幅に制作規模を縮小せざるを得なくなった。 結果、千葉県御宿温泉に舞台を限定し、登場人物は主人公の天道輝をはじめとする少年タイムズメンバーと悪役のドワルキンのみ(ワルワル博士は全く登場しない)に限定した展開となり(この千葉県御宿ロケ以降はオープニングも変更されている)、結果的には32話で打ち切りとなった。 『宇宙戦士バルディオス』(うちゅうせんしバルディオス)は、1980年6月30日から1981年1月25日まで東京12チャンネルで放送された、葦プロダクション・国際映画社製作のロボットアニメ。 全31話が放送され、後に劇場版も公開された。 全39話を予定した作中では、やや高年齢の視聴者層を意識したハードなストーリーが展開されたが、作画面でのバラつきが多かったことからアニメ雑誌での誌面獲得もできなかった。 また、たびたびの時間変更がされていた。 結局、スポンサーの経営悪化などでこれからクライマックスに入るという時に打ち切りが決定したが、広告代理店の尽力によって当初の予定より1か月放送期間が延長されている。 その後放送順を調整し、敵の人工太陽作戦に対する判断ミスで地球は水没、人類滅亡が示唆されたシーンで「完」の文字が出て終了という、地球人側の全面敗北ともとれる衝撃の最終話となった。 『魔法のプリンセス ミンキーモモ』(まほうのプリンセス ミンキーモモ)は、1982年と1991年に一話完結型のテレビアニメシリーズとして放送された魔法少女アニメ。 葦プロダクション製作。 夢の国からきた少女ミンキーモモが、魔法の力で大人に変身し、人々の夢を守るために活躍するというストーリー。 第1作『魔法のプリンセス ミンキーモモ』は女児向けの玩具販売で収益をあげることを意図して制作された。 メインのスポンサーとなったのは、バンダイの子会社ポピーである。 ポピーからはミンキーモモのステッキやペンダントなどの玩具が発売された。 楽曲はビクター音楽産業から提供された。 放映期間は1年間52話の予定だった。 また、同時にある程度の年齢の男性たちにも(俗に言うロリコンものとして)想定外の層からも支持を集めていたが、スポンサー側は第42話で打ち切りとする意向を示したことに対して、スタッフはこれに反発を示し、読売広告社からの働き掛けもあり、46話を最終話とすることになった。 打ち切り決定のおかげで、前期最終回 第46話)は、ミンキーモモが交通事故で死亡するという衝撃の結末を迎え物議をかもした。 その直後に放送延長が決定された。 『蒼き流星SPTレイズナー』(あおきりゅうせい エスピーティー レイズナー)は、1985年(昭和60年)10月3日から1986年(昭和61年)6月26日まで日本テレビほかで木曜 17:30 — 18:00に全38話が放送された、日本サンライズ製作のSFアニメ(ロボットアニメ)である。 放送は当初の予定を果たせず打ち切りとなったが、完結編は1986年10月21日にOVAで発売された。 しかし、1985年末から1986年初頭にかけて発覚したサンヨー石油ファンヒーター一酸化炭素中毒事故により、2クールをもって三洋電機(現・パナソニック)がスポンサーを降板。 さらにタイアップのプラモデルの売れ行きが不振だったことも重なり、メインスポンサーのバンダイの意向で、第38話で急遽打ち切りとなった。 『新世紀GPXサイバーフォーミュラ』(フューチャーグランプリ サイバーフォーミュラ、Future GPX Cyber Formula)は、架空のモータースポーツを描いた1991年に放送されたサンライズ製作のテレビアニメ、およびその後発売されたアニメーションシリーズ、ラジオ、小説、ゲームなどの作品。 『魔神英雄伝ワタル』、『魔動王グランゾート』、『魔神英雄伝ワタル2』と3年間続いたロボットアニメで成功を収めた放送枠でのスタートとなったが、視聴率及び関連玩具の売り上げは振るわず、本来は4クールで全50話程度を1年かけ放送する予定だったが、ほぼ3クール(9ヶ月)の放送、全37話で打ち切りとなった。 特に玩具の売り上げ不振は深刻で、結果的にタカラがメインスポンサーを降板したため、打ち切りを余儀なくされている。 TVシリーズは商業的には失敗したが、ストーリーが短縮された結果、内容が凝縮された終盤の熱い展開が、玩具の対象年齢外の中高生以上の層から大好評を博し、読者投票による1991年度の第14回アニメグランプリでは『ふしぎの海のナディア』など同じ年の他作品をおさえて作品賞ほかを受賞するなど、打ち切りの結果に終わったアニメではあったが、素晴らしい評価と多くの幅広いファンを手に入れた。 以後媒体をOVAへと移行し、翌1992年の『新世紀GPXサイバーフォーミュラ11(ダブルワン)』から2000年の『新世紀GPXサイバーフォーミュラSIN』完結に至るまで、10年間に渡り新作シリーズが1年も途切れることなくリリースされ続ける異例のロングランシリーズとなった。 しかし原作者かつメインスポンサーであるスクウェア社が出資・制作し2001年7月11日にアメリカで劇場公開した映画『ファイナルファンタジー』が記録的な不入りで、興行面で大失敗となり約130億円もの特別損失を出した。 これによりスクウェア社は財務面で窮地に陥る事態となり、当時手掛けていた映像事業からの撤退などを余儀なくされた。 本作もスクウェア社が2002年3月放映分でスポンサーを降板したため打ち切りが決定、放送期間は半年(全25話)に短縮された。 『宇宙戦艦ヤマト』(うちゅうせんかんヤマト)は、1974年に讀賣テレビ放送・日本テレビ放送網で放送されたテレビアニメ及び、1977年に劇場公開されたアニメーション映画作品。 通称「一作目」「ヤマト」「ヤマト1」「パート1」。 当初は同時間帯に放送されていた『アルプスの少女ハイジ』『フランダースの犬』(フジテレビ)、『猿の軍団』(TBS)などの影響もあって視聴率が低迷。 本来の予定回数から短縮された。 視聴率不振により1クール短縮された。 行きはさんざん難航したヤマトが帰路はアッという間に帰ってくるのはこの短縮のためにほかならない。 しかし、再放送などで改めて注目され、再編集した劇場映画が公開される頃までには社会現象とも言える大ブームとなっていた。 その後の『銀河鉄道999』『機動戦士ガンダム』『超時空要塞マクロス』『新世紀エヴァンゲリオン』に至るアニメブームの先駆けとなった。 『機動戦士ガンダム』(きどうせんしガンダム、英:MOBILE SUIT GUNDAM)は、日本サンライズ制作の日本のロボットアニメ。 テレビシリーズアニメとして1979年から名古屋テレビほかで放映された。 初回放送時の視聴率は名古屋地区で平均9. 視聴率低迷のため、スポンサーの要望によって量産型の他にいわゆる「やられメカ」を毎回出すことになり、試作機が投入されたという設定でグフやドムなどの新MSやモビルアーマーが登場したが視聴率は好転しなかった。 視聴率低迷は関連商品の不振につながり、スポンサーから「シャアという陰気なキャラクターがいけない」と指摘され作中でシャアを左遷したが、今度は「何でシャアが出ないのだ」という抗議の手紙が殺到した。 こうした手紙は中高生のファンからであり、サンライズ側の当初の狙い通り、本作には中学生以上のファンがついていた。 名古屋テレビの関岡渉によると左遷どころか殺す予定だったのをスタッフを説得して取りやめになったとある。 その後もテコ入れが試みられたが、視聴率も売り上げも挽回できず全52話の予定が全43話に短縮される形の打ち切りとなった。 『ドラゴンクエスト』は、フジテレビ系列で放映されたテレビアニメ。 なお、DVDのリリース時には「勇者アベル伝説」というテレビ放映時にはなかった副題がつき、アニマックスなどで放映される際にもこのように案内されている。 本放送当時は裏番組に『おぼっちゃまくん』や『クイズダービー』などが存在したが、本作は第32話で一旦放送終了になっている。 第32話の後半ではお婆さんがその後のストーリーをアベル似の少年とティアラ似の少女に聞かせるシーンが見られた。 明言されてはいないが老婆はのちのティアラであることが示唆されており、このとき語られたストーリーは、「主人公アベルたち仲間はティアラを除いて全員死亡する」という展開であった。 『カウボーイビバップ』OPの「Tank! 」、EDのTheRealFolkBluesは今なお「神曲」との呼び声が高い。 地上波放送版では自主規制が行われ、暴力表現および性的表現、光の明滅が修正・カットされている。 これは、製作開始時から放送までの間に神戸連続児童殺傷事件や栃木女性教師刺殺事件といった未成年による凶悪事件が起きたことや、「ポケモンショック」によってテレビ東京の規制が強まったためである。 最終回である総集編「よせあつめブルース」は、これらの規制・カットに対する抗議をメインキャラクター達の独白という形で吐露したもので、通常の総集編とは異なり、物語自体にはほとんど言及していない。 エンディングは「THIS IS NOT THE END. YOU WILL SEE THE REAL "COWBOY BEBOP" SOMEDAY! (これが終わりじゃない。 いつか本当の「カウボーイビバップ」を目にするだろう! )」という挑発的なメッセージで締めくくられている。 この回はその後の再放送から除外され、DVDなど映像ソフトへの収録も行われていない。 『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』(ドラゴンクエスト ダイのだいぼうけん)は、監修:堀井雄二、原作:三条陸、作画:稲田浩司による日本の漫画、およびそれに基づいたアニメ作品。 1989年から1996年までの間の7年間に渡り、『DRAGON QUEST -ダイの大冒険-』として『週刊少年ジャンプ』にて連載された。 テレビアニメ「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」は、東映動画 後の東映アニメーション 製作で、1991年10月から1992年9月までTBS系列木曜19時に放映された。 長期に放映する予定だったが、テレビ局側の都合 番組編成枠の大幅な改正による煽り で打ち切り。 ドラゴンクエスト ダイの大冒険 1991~1992 は、視聴率も関連商品の売り上げも上々だったが、『編成の都合』という名目でスポンサーの断りもなく打ち切られてしまった。 中盤から終盤にかけての「ダイ」の柱になるポップの成長物語は描かれず、アニメの範囲では単なるいらない子で終わってしまった。 物語も冒頭 デルパイルイル篇 からバラン篇前半までと、中途半端な所で終了している。 『メルヘン・メドヘン』 は、松智洋・StoryWorks・カントクによるメディアミックス作品。 2018年1月から3月までテレビアニメが放送された。 アニメ版『メルヘン・メドヘン』の打ち切りは、あまりにも酷い作画崩壊が発生したことが原因とされる。 あまりにも作画が雑すぎて視聴者からクレームが殺到。 クオリティアップのため2週間放送をお休みし、満を持して放送した回が「さらに酷い作画崩壊」を起こして炎上したテレビアニメーション「メルヘン・メドヘン」。 アニメ版は全12話以上での放送を予定していたが、8話での急な作画クオリティの低下が問題視され、それを受けてか続く9話はクオリティアップのために二週間延長して放送がされたものの結果は変わらず、これ以上の放送枠は取れないということで2018年3月26日に、同月29日放送の第10話を持ってアニメ版の放送を終了することが伝えられた。 作画がひどすぎて「最終回を放送せずして終了」となった。

次の

ひぐらしのなく頃に(アニメ)1期再放送の放送日はいつ? 無料動画で見逃し配信!

ひぐらしのなく頃に 再放送 放送局

番組概要 昭和54年6月 あの惨劇の始まりから41年————。 「綿流し」の日に毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという「雛見沢連続怪死事件」。 去年、連続怪死事件の始まりから40年の節目で実施致しました 「綿流しの日」当日のアニメ一挙放送が、好評につき今年も実施の運びとなりました! 今年は「ひぐらしのなく頃に」全26話に加えて、「ひぐらしのなく頃に解」全24話も併せてお送り致します。 長時間の番組となりますが、 ひぐらしチャレンジとして是非お楽しみ下さい。 VTuberと「ひぐらしのなく頃に」同時視聴ニコ生 アニメイントロダクション 「ひぐらしのなく頃に」 昭和58年夏。 昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が 暑さの訪れの早い今年の6月を歓迎するかのように、雛見沢に木霊していた。 都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。 人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。 明るくて話上手な圭一は、学校でもすぐに周りのクラスメートと仲良くなった。 一番の仲良しで世話好きなレナ、リーダー格で委員長の魅音、 トラップの達人で下級生の沙都子、古手神社の娘であり、不思議な雰囲気の持ち主の梨花・・・ 仲間との他愛のない日常を過ごしていた。 それは、永遠に続くかに思えた。 毎年6月に行われる祭、「綿流し」。 そう、その日も楽しい一日になるはずだった。 雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・。 祭りの日に、繰り返される惨劇。 毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。 事件の真相は?犯人は?圭一は、好奇心から村の闇へと足を踏み入れてしまう。 その日を境に、圭一の周りが少しづつ、だが、確実に変わりはじめる。 そう、すべてが・・・ ひぐらしのなく声だけが変わらず、雛見沢に、少し、早めの夏を告げていた。 C 2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通 「ひぐらしのなく頃に解」 昭和58年初夏。 都会から遠く離れた山奥の寒村、雛見沢。 昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が木霊していた。 圭一、レナ、魅音、沙都子、梨花、詩音 今日も「部活メンバー」の明るく、賑やかな声が雛見沢に響いていた。 そんな中、梨花は時折悲しげな表情を見せていた。 それは毎年6月に行われる祭「綿流し」が近づいていたからであった。 過去4年続く、祭りの日に、繰り返される惨劇。 毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという「雛見沢連続怪死事件」。 今年も惨劇は起こる。 梨花は全てを知っていた。 ハジマリも、オワリも…。

次の

『ひぐらしのなく頃に』、第1期の再放送が決定!登場キャラクター紹介

ひぐらしのなく頃に 再放送 放送局

7月より新しくTVアニメ放送を迎える『ひぐらしのなく頃に』を記念して、TVアニメ第1期『のセレクション放送として1話~13話の再放送が、今晩4月9日(木)24:30よりTOKYO MXで放送されます。 ニュース?? 再放送決定?? 今回の再放送も楽しみです!• 第1話鬼隠し編 其の壱 ハジマリ 昭和58年夏。 昼にはセミの、夕暮れにはひぐらしの合唱が暑さの訪れの早い今年の6月を歓迎するかのように、雛見沢に木霊していた。 都会から遠く離れた山奥にある寒村、雛見沢。 人口2千に満たないこの村に、最近都会から引っ越してきた前原圭一。 明るくて話上手な圭一は、学校でもすぐに周りのクラスメートと仲良くなった。 一番の仲良しで世話好きなレナ、リーダー格で委員長の魅音、トラップの達人で下級生の沙都子、古手神社の娘であり、不思議な雰囲気の持ち主の梨花・・・仲間との他愛のない日常を過ごしていた。 それは、永遠に続くかに思えた。 毎年6月に行われる祭、「綿流し」。 そう、その日も楽しい一日になるはずだった。 雛見沢にまつわる、ひとつの謎を知るまでは・・・。 祭りの日に、繰り返される惨劇。 毎年、一人が死に、一人が行方不明になるという、数年前から始まる連続怪死事件。 事件の真相は? 犯人は? 圭一は、好奇心から村の闇へと足を踏み入れてしまう。 その日を境に、圭一の周りが少しづつ、だが、確実に変わりはじめる。 そう、すべてが・・・ひぐらしのなく声だけが変わらず、雛見沢に、少し、早めの夏を告げていた。 C 2020竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会 C 2006竜騎士07/ひぐらしのなく頃に製作委員会・創通.

次の