三浦半島。 佐島のシラス直売所【平敏丸】の詳細情報!紹介するおすすめの理由は?|湘南・三浦半島NEWS!

三浦半島1DAY・2DAYきっぷ

三浦半島

・フレンチレストラン「ル・ボ・リバージュ」お食事10%割引• ・レストラン「浜木綿」 お食事10%割引• ・温浴施設「SPASSO」 大人(中学生以上)400円割引 小人(小学生以上)300円割引• ル・ボ・リバージュ ランチ:11:30~14:00 L. ディナー:17:00~20:00L. (コース)/~20:30L. (アラカルト) レストラン直通:046-844-9080• 浜木綿 ランチ:11:30~14:30 L. ディナー:17:00~20:00L. (コース) レストラン直通:046-844-9080• 温浴施設「SPASSO」 10:00~23:00(最終入館22:30) お問い合わせ:046-844-4848.

次の

グランピング|観音崎京急ホテル×snow peak

三浦半島

危機は迫っているのか(時事通信フォト) 日本だけでなく世界中の地震観測データを日々分析し、微弱な震動や噴火等から「来る大地震」を予測してきた著名な地震研究家から、本誌・週刊ポスト記者に緊急メールが届いた。 神奈川県の三浦半島で、巨大地震の兆候が現われたのだという。 「変な匂いがあたりに充満している」 6月4日、三浦市や横須賀市で、異臭を訴える119番通報が夜8時から2時間ほどの間に150件以上寄せられた。 気分が悪くなり緊急搬送された方も1人おられます。 火災の危険があるかどうかを調べたのですが、結果として都市ガスの漏れなどは検知されず、原因不明のまま調査は終わっています」(横須賀市消防局指令課) この異臭について「巨大地震の前兆の可能性がある」と警鐘を鳴らすのが、立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授で地震学者の高橋学氏だ。 地形変動や気候変動の知見から20年以上にわたり地震を研究してきた高橋特任教授は、2016年10月に阿蘇山が36年ぶりとなる爆発的噴火をした際、その1年以上前から九州地方の火山活動の活発化を察知、メディアで警告を発し続けた人物である。 そんな高橋特任教授が長年注目してきたのが、「匂い」と巨大地震の因果関係だ。 「1970年代に大阪市立大学の研究チームが岩石に人工的な圧力をかけて破壊する実験を行なった際、こげくさいような独特の匂いが発生することが確認されており、現在では地震発生前や斜面崩壊前に確認される現象として知られています。 1995年の阪神・淡路大震災が発生する数か月前にも、神戸市東部でこのような異臭が確認されました」 高橋特任教授によれば、大地震は突然起きるわけではなく、本震が発生する数か月ほど前から地盤が割れたり、プレート同士が密接している部分(固着域)が剥がれたりといった現象が水面下で進行しているという。 その上で、今回の異臭騒ぎが三浦半島を支えるプレートの異変を示している可能性を指摘する。 「三浦半島や東京湾を挟んで対岸にある房総半島南部の周辺には活断層が多く、東京湾口には『相模トラフ』が存在します。 相模トラフは北米プレートの下にフィリピン海プレートが潜り込む形で摩擦により固着しているのですが、フィリピン海プレートによる圧力が強くなると、固着域が剥がれていき、それに伴い岩石が崩壊する。 それが今回の異臭騒ぎの原因となった可能性があるのです」 「スーパー南海地震」の可能性 この1〜2か月、各地で地震が頻発している。 5月20日から22日にかけて、東京湾を震源とする地震が7回発生。 中部地方では4月22日から5月13日にかけて長野・岐阜の県境を震源とする地震が88回発生し、福島県沖や茨城県沖、千葉県北東部、四国の紀伊水道などでも5月以降、震度4を超える地震が頻発している。 6月16日には千葉県南部を震源とするマグニチュード4. 2の地震が発生した。 気象庁の統計によれば、直近1か月(5月14日〜6月14日)の全国の地震発生回数は211回。 1〜2月の2か月間で発生した地震は計219回で、急増は顕著だ。 「とくに茨城から西日本にかけて多発している地震は、全てフィリピン海プレートの影響で起きていると考えられます。 その最中に三浦半島で異臭騒ぎが起きたので、警戒心が一層強まりました」 そう語る高橋特任教授は、一連の地震や異臭騒ぎが、懸念されている「南海トラフ地震」の兆候である可能性を指摘する。 「政府が『30年以内の発生確率70〜80%、想定死者数32万〜33万人』と予想する南海トラフ地震ですが、私はフィリピン海プレートが影響する地震は全て連動する可能性があると考えています。 西日本の南海トラフだけでなく、相模トラフ、そして沖縄トラフが全て連動した超巨大地震『スーパー南海地震』が起きる可能性があるのです。 この地震が発生した場合、私が東日本大震災のデータをもとに計算したところ、47万人以上の死者が出る。 引き続き各地の揺れを分析し、警戒を強めていくつもりです」 未曾有の災害は、いつ起きてもおかしくない。

次の

三浦半島1DAY・2DAYきっぷ

三浦半島

神奈川県南部の三浦半島で4日夜、原因不明の異臭騒動が起きた。 SNS上では「赤潮説」や、「クジラの漂流説」なども挙がるなか、地震の兆候ではないかと指摘する声もある。 横須賀市消防局によると、4日午後8時8分ごろ、三浦市南下浦町金田地区から「ゴムの焼けたようなにおいがする」と119番があったほか、午後9時55分ごろまでに約200件の通報があった。 逗子市でも、消防に異臭の通報が入ったとされ、東沿岸部でも確認されている。 ツイッターでは《赤潮でも発生しているんじゃないか》といった説から、昨年5月下旬に横須賀市の北下浦海岸で、腐敗が進んだザトウクジラの死骸が見つかった例を挙げ、《クジラの死骸が打ち寄せられてる可能性》と憶測が飛び交った。 赤潮の場合は、人が感知できる匂いは少ないとされる。 硫化物を含む海底近くの水が、風で海面に上昇し青白く見える「青潮」の場合、腐乱臭が発生するケースがあるという。 「巨大地震の直前に『岩石が崩壊する臭い』や『電磁波』が出ることが知られている」と語るのは、立命館大学環太平洋文明研究センター特任教授の高橋学氏。 「花崗(かこう)岩に圧力をかけ破壊する実験に立ち会ったことがあるが、岩がこすれ合う際に、こげくさいような、ホコリくさいような臭いが出る。 1995年の阪神淡路大震災の前にも六甲山の東端地域で異臭が発生したとされる」 三浦半島周辺は、北日本や首都圏を含む北米プレートと、日本列島を南から押すフィリピン海プレートとの境界である相模トラフ上に位置する。 高橋氏は、「関東で特に断層が密集している地域でもある。 押されたプレートが跳ね上がる場合、岩をすり潰すようなにおいが出ることも考えられる」と指摘した。

次の