竜 騎士 ガイア プリズマ。 遊戯王カード考察:≪竜魔道騎士(りゅうまどうきし)ガイア≫螺旋融合で出せば5200打点と7800打点でそれぞれ攻撃!

【竜魔導の守護者】

竜 騎士 ガイア プリズマ

暗黒騎士ガイアとは、• 「」に登場する。 「『暗黒騎士ガイア』」。 概要(暗黒騎士ガイア) が使用する。 六つで攻撃0、守備0。 初登場時のく「族の中でを誇る」とのこと。 初登場は「-T編」の。 祖のから託されたに入っていた。 「闇・」で強化された「闇・のー」を前に防戦一方だったがドローし、召喚されて闇・を攻撃、破壊した。 しかし次の、「」の攻撃を受けて破壊された。 「の王編」のでは、「」によって「」とした「」となることで、地上のへ攻撃する「・」の攻撃を回避し、中攻撃が可となった。 この後も王編ではたびたび使用されるのだった。 では、序盤に召喚して攻撃したが、「幕の」によって攻撃を半減されて、次のに反撃された。 しかし、終盤に「」で復活、「の」でこのにのを宿し、「」となった。 六つということでよりは使いやすいが、が導入されたシ編以降は登場していない。 では、後述する「の暗黒騎士ガイア」が登場するようになった。 また、この自身も「」ので「」のに利用されている。 攻撃名は「螺・旋・・殺(・シェイ)」。 巻のにある、気に入ってる10の第10位。 は「描くのがめんどくさい!」。 OCG版 「V. 1」(発売)でに登場。 突進攻撃に注意。 初期のころは設定に関係なく、攻撃・守備でを決めていたため、に設定された。 登場当時のでは生け贄なしで召喚できたため、高攻撃のとしてなかなかの活躍ができたが、現行のでは級としてはあまりにも低すぎる攻撃のため、まともに使用するのは困難。 ・6の上級のにすら達していない。 の面で見ても、「」など、より優れたが多数存在する。 あえてこのを使用するならば、専用との併用が前提となる。 「螺旋殺」の効果を受けられるが、得られるものが貫通効果しかないため、このを使うほどのものではない。 「」のに定されているため、「」や「準備」などのに関するを受けることが可。 「召喚師の」などで手札に加えやすくもあるため、「」のを狙う場合にできる。 「熟練の」や「」で特殊召喚可。 この場合は以下の暗黒騎士ガイアでも同じことができるため、や上記のなどで化を図りたい。 一応専用が登場したとはいえ、の量や質、本体のなど、「」とべて大きくをあけられていると言わざるを得ない。 概要(「暗黒騎士ガイア」モンスター) 「熟練の」などの効果によって定される。 「ザ・・・リューション」で化されたが、そのときは「熟練の」しかいなかったため、使う意義がなかった。 その後、「ディメンション・・」で、「」と関連付けられる形で強化され、ようやくまともに使う意義が生まれた。 、族、攻撃0、守備0で統一されており、の「暗黒騎士ガイア」を除き、全て何らかの条件でしで(特殊)召喚できる効果が備わっている。 は8なので、「の宝」、「トレード・」を共有できないのが難点。 どちらも級と言うことでの危険があるので、投入のは考えたい。 現状、以下のが該当する。 暗黒騎士ガイアロード 「 THE RK E OF 」の劇場配布第2弾(~)として登場。 2 :1に1度、このより攻撃が高いが 相手に特殊召喚された場合に発動できる。 このの攻撃は終了時まで0する。 「」と同じ特殊召喚効果、特殊召喚に反応して攻撃を上げる効果を持つ。 較的容易な条件で特殊召喚できるため、7のに使いやすい。 「疾走の暗黒騎士ガイア」は特別な条件なしになしの召喚ができるため、合わせてすぐに7につなげられる。 2 の効果で攻撃0のまで対応できるが、その中しか持続しないのでに使っても使い勝手はあまりよくない。 自分から相手にを特殊召喚するとは相性が良い。 暗黒騎士ガイア一の自己特殊召喚効果という点で使いやすい。 初出の形式上、入手が面倒なのが難点。 元々は配布が行われたで登場するであり、が使用した。 覚醒の暗黒騎士ガイア 「」号(発売)のとして登場。 1 :相手のの数が自分のより多い場合、 このはなしで召喚できる。 2 :このがされた場合に発動できる。 自分の手札・から「」1体を選んで特殊召喚する。 3 :「」のを行う場合、 必要な分のの内の1体として、のこのを除外できる。 しで召喚する効果、を特殊召喚する効果、ののの代わりにから除外できる効果を持つ。 1 は「疾走の暗黒騎士ガイア」にべて条件付きになっているが、級としての扱いにくさを軽減しており、攻撃が下がらないのはうれしい。 「の暗黒騎士ガイア」とべると、相手にはするものの、基本的に条件は満たしやすい。 ただし、 2 の効果は手札からしても発動するので、理に召喚を狙う必要はない。 2 の効果はの特殊召喚。 のにして効果を発動すれば、一気に2体のを並べられる。 ただし、「」以外のは特殊召喚なので、生制限を満たしていないとから特殊召喚できないことには注意が必要。 3 の効果によって、からをする際のの代わりにできる。 しかし、なので、残り1つ分のをどうにかしなければならないのが難点。 「の」はをそろえる必要があるので、1の採用が必要となる。 疾走の暗黒騎士ガイア 「ディメンション・・」(発売)で登場。 1 :このはなしで召喚できる。 2 :なしで召喚したこのの元々の攻撃は10になる。 3 :このがされた場合に発動できる。 から「」1体を手札に加える。 攻撃が下がる代わりに、「の暗黒騎士ガイア」よりさらに容易に召喚できる効果と、された場合にを手札に加える効果を持つ。 1 の効果によって召喚が容易であるため、これまでの暗黒騎士ガイアにべて使いやすい。 しかし、ただアタッにするだけならばほかにいくらでも適任はいるため、高を生かして・にしたり、 3 の効果をしたりするのがとなる。 3 の効果はのでも使用できるため、のなどから効果を発動できる。 「」から特殊召喚すれば、再びを展開するもあるだろう。 名前にはの要素は見てとれないが、これまでの暗黒騎士ガイアと異なりに設定されている。 「」のにも利用できる。 疾風の暗黒騎士ガイア 「RUCTE K-編-」(発売)で登場した、「暗黒騎士ガイア」の。 限定的になしで召喚できるようになった。 効果が追加されたことで、元よりは単体でも出しやすくなった。 しかし、手札1枚という面倒な条件である上に、「」とは異なり召喚であり、攻撃も手間に見合わないため、のでは使い難い。 効果が追加された分、などが受けられなくなったため、実際のところは前よりも扱いにくくなるという結果になってしまった。 また、後発の2体はなしで出せるのに加え、更に効果も持っているため、ますのを使う意義が薄くなっている。 条件が違うことや、「疾走の暗黒騎士ガイア」の場合はで攻撃が下がることから、全ではないが、どの攻撃0ではでの大きな活躍は期待できない。 一応、と併用せず、攻撃が下がるのも嫌うならばこちらを使う意義はあるが。 アニメにおいて ではシ編以降登場しなくなった前に代わって、で登場。 「編」のでは、手札0枚の状況からドローされてなしで召喚。 「色の祝福」によって直接攻撃を決めてフィニッシャーとなった。 版「闘いの儀」でも登場。 が使用した。 序盤に「」の特殊召喚としてへ捨てられていたが、を破られた後のが「死の床からの覚め」で手札へ戻して召喚。 「」によってした「」をの、次のに「」の攻撃を受けて破壊された。 GXの十代でもが使用。 手札0枚からドロー、召喚し、「 」を破壊したが、次のに「 マン」に破壊された。 「暗黒騎士ガイア」に関するテキストを持つカード• 混沌の使者 「ング・」(発売)で登場。 そのの攻撃は終了時まで0し、 このそのとを行う相手の攻撃は 計算時のみ元々の攻撃になる。 2 :自分・相手のフェにこのがに存在する場合、 自分のからこの以外のと闇を 1体ずつ除外して発動できる。 このを手札に加える。 1 はおよび暗黒騎士ガイアの強化。 2 はからの回収。 詳細は「 」の項を参照。 熟練の青魔道士 「ザ・・・リューション」(発売)で登場。 2 :が3つ置かれているこのをして発動できる。 自分の手札・・から「暗黒騎士ガイア」1体を選んで特殊召喚する。 3 :自分フェにのこのを除外し、 自分のを置く事ができる1枚を対として発動できる。 そのにを1つ置く。 「」に対する「熟練の術師」、「」に対する「熟練の」と同じ立場にある。 それらと違い、を置く 3 の効果が追加されている。 1 、 2 の効果によって、3回以上を発動すれば暗黒騎士ガイアを特殊召喚できる。 しかし、暗黒騎士ガイア自体は攻撃が低く、に出して適用すべきもあまりないので、こので特殊召喚する意義は薄い。 の自身を除外してを置くことができる。 便利ではあるが、このをへ送る手段を用意しなければならないため、少々手間がかかる。 を用いるならば広く利用できる効果だが、暗黒騎士ガイア関連のでは「混沌の場」と組み合わせられる。 1の使用回数に制限はないので、「からの」でに戻すなどすれば連続して使用できる。 超戦士カオス・ソルジャー 「ディメンション・・」(発売)で登場した。 自分は「」を1に1度しか特殊召喚できない。 1 :このがで相手を破壊し、へ送った場合に発動する。 そのの元々の攻撃分のを相手に与える。 2 :このがまたは相手の効果で破壊されへ送られた場合に発動できる。 自分の手札・・から「暗黒騎士ガイア」1体を選んで特殊召喚する。 相手によってへ送られた場合に暗黒騎士ガイアを展開できる。 詳細は「 」の項を参照。 天翔の竜騎士ガイア 「UM 」(発売)で登場した「」の。 2 :このが特殊召喚に成功した場合に発動できる。 自分の・から「螺旋殺」1枚を選んで手札に加える。 3 :このが相手に攻撃宣言した時に発動できる。 その相手の表示形式を変更する。 元よりのが緩くなり、「螺旋殺」をする効果が追加されている。 名を「」として扱う効果を持っているため、「 螺旋殺」の効果を受けることが可。 2 の効果によってこのをするだけで「 螺旋殺」を手札に加えられる上に、 3 の効果で相手を守備表示にし、「 螺旋殺」による貫通とドロー効果を狙えるため、2枚の相性は非常に良い。 「 螺旋殺」を使いたい場合はこのを併用するのがよいだろう。 のは緩いが、名前を直接定しないゆえに「徴兵」などを利用することはできない。 この点は元の「」を併用することでしたい。 混沌の場(カオス・フィールド) 「ディメンション・・」(発売)で登場。 「混沌の場」は1に1枚しか発動できない。 1 :このの発動時の効果処理として、 から「」または 「暗黒騎士ガイア」1体を手札に加える。 2 :このがに存在する限り、 お互いの手札・からがへ送られる度に、 1体につき1つこのにを置く(最大6つまで)。 3 :1に1度、こののを3つ取り除いて発動できる。 自分はから1枚を手札に加える。 か暗黒騎士ガイアをサーチできる。 詳細は「 」の項を参照。 その他の関連カード ではなく、「暗黒騎士ガイア」の名を定するものや、などの設定に関連する。 竜騎士ガイア 「暗黒騎士ガイア」が「」とした姿。 で初めて登場したが決定打とはならず、「・」の特殊に敗れた。 しかし、このは囮に過ぎず、本命は「魔」と「」のであった。 闇のでも召喚されたが、「」によって射出された。 初のだが、あまりぱっとしない役割ばかりであった。 の展開ではもう少し出番が与えられている。 王編の、でも登場。 されて「」を倒したが、次のに「」の攻撃を受けて破壊された。 シ直前のでも登場。 されて「・」を倒したが、「工場」で強化された「王」に倒された。 のでも登場したが、「手術」と「」の効果で攻撃を阻まれ、「セクト」によって破壊された。 攻撃名は「・・」。 3」(発売)でに登場。 また、同じから「始祖アーム」ができてしまう。 また、このに効果が追加され、さらに同名として扱われる「の」の存在から、このをする意義はほぼない。 しかし、「」などのの名を参照するが利用できるのは「の」にはない利点なので、この点における利用価値は今でもある。 カオス・ソルジャー 「暗黒騎士ガイア」が「の」でのを得た姿。 ではの変更によって「暗黒騎士ガイア」との関連は失われてしまったが、「疾走の暗黒騎士ガイア」等の登場によって、共存させる意義が生まれた。 は共通が多数登場しており、積極的に組み合わせられるようになっている。 詳細は「 」の項を参照。 螺旋槍殺 は「・シェイ」。 「 ETERNY」(発売)で登場した。 永続 1 :自分の「暗黒騎士ガイア」「の暗黒騎士ガイア」「」が 守備表示を攻撃した場合、 その守備を攻撃がえた分だけ相手にを与える。 1 :このの 1 の効果の適用によって「」が 相手にを与えた場合に発動する。 自分はから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。 の3体のに貫通効果を与え、さらに「」の場合はドローも付いてくる。 「」のドロー効果は悪くないが、残り2体の場合は貫通効果しかないのが難点。 専用の「の」を利用すれば、をするだけでこのも手札に加えられ、貫通とドロー効果も生かせるので、このを使いたい場合は「の」と併用するのがよい。 登場時期の都合もあるだろうが、「『暗黒騎士ガイア』と名のついた」という定の仕方ではなく、「暗黒騎士ガイア」と「の暗黒騎士ガイア」を直接定している。 そのため、後発のは効果を受けられない。 電の 関連動画 関連商品 「暗黒騎士ガイア」モンスター 「暗黒騎士ガイア」モンスターに関するテキストを持つカード その他の関連カード 関連項目•

次の

暗黒騎士ガイアとは (アンコクキシガイアとは) [単語記事]

竜 騎士 ガイア プリズマ

はじめに 2020年4月18日に発売「ライズオブザデュエリスト」(以下ROTD にて登場した暗黒騎士ガイアデッキを紹介します。 今までの暗黒騎士ガイアデッキの特徴 暗黒騎士ガイアデッキとは従来はカオスソルジャー特殊召喚の素材もしくは獄炎のカースオブドラゴンと融合し天翔の竜騎士ガイアで螺旋槍殺を持ってきて手札のアドバンテージを増やしていく感じのデッキでした。 ROTDからの暗黒騎士ガイアデッキは? まずは竜騎士ガイア召喚へのルートがとても簡単になりデッキをあまり圧迫せずに少ないカードで竜騎士ガイアへつなげることが可能になりました。 そこから 高火力で殴り倒すというコンセプトになりました。 新規カードの解説は後程。 それではデッキレシピの紹介です。 このカードの効果で「 呪われし竜ーカース・オブ・ドラゴン」を特殊召喚します。 こいつを止められないように意識することが大事です。 「砲撃のカタパルト・タートル」か「魔道騎士ガイア」の効果で特殊召喚します。 このカードの効果で 「螺旋融合」をサーチします。 あとは手札の状況によって欲しいカードをサーチすればよいと思います。 それに加えバトルフェイズに安心して行動することができる信頼度の高いカードです。 以下このカードの効果でサーチできるモンスターです。 打点を2600上げて2回攻撃できる強いカード。 ガイアデッキにおけるモンスターで 相手ターンにフィールドのカードを一枚破壊できるモンスター。 ただ蘇生するレベル7以下のドラゴン族は範囲が広いので出張できる可能性が少しアリ…かも。 攻撃力が下がった竜騎士ガイアをワンチャン殴ってくれたらいいなぐらいの感覚で使うといいと思います。 相手のライフを削り切れない時のもう一押しに使えます。 「簡易融合」などを採用するともう少し使いやすくなるかなと思います。 一応ガイアデッキでも自分のターンまで生き残っていたら 「魔道騎士ガイア」をサーチしたいですね。 デッキに眠る大事な初動パーツを持ってこれるいいカード。 サモプリに対応しているのでとても優秀です。 ガイアデッキの動かし方 基本的にガイアデッキは手札2枚で動きます。 手札に欲しいカードは 「走破するガイア+魔道騎士ガイアor呪われし竜ーカース・オブ・ドラゴン」もしくは 「魔道騎士ガイアor呪われし竜ーカース・オブ・ドラゴン+砲撃のカタパルト・タートル」です。 つまりは「魔道騎士ガイア」と「呪われし竜ーカース・オブ・ドラゴン」を持ってきてくださいということです。 そしてこの2体で融合をして「竜魔道騎士ガイア」を融合召喚して5200の攻撃力で2回攻撃をするだけです。 あとは相手の場の状況にもよりますがライフを1ターンで削り切れない時や相手のモンスターを守備表示にして攻撃した方がダメージを稼げるときなどには 「天翔の竜騎士ガイア」を融合召喚して 「螺旋槍殺」をサーチします。 そして「螺旋槍殺」の効果でデッキから4枚ドローして次のターンに備えたり螺旋罠カードを持ってきたりなどもできます。 デッキ内の 他のカードについて 螺旋槍殺3枚採用の理由 こちらのカードを3枚採用している理由は試しにデッキを動かしていると1ターンで相手を倒すことが難しいことが多く、返しのターンで盤面がまくられることがよくありました。 自分のターンで螺旋槍殺でデッキからカードを多く引いて螺旋罠やサイクロン、ダイナレスラーなどを持ってきて次のターンに何もできずに終わりということを防いでいます。 3枚採用は多すぎるので2枚くらいが妥当だと思います。 サイクロン 汎用の魔法罠を除去するカードがこれしかなかったので勘弁してください。 カードを持っている方は羽箒など採用してください。 ダイナレスラー・パンクラトプス 打点もあり簡単な召喚方法で優秀な除去効果をもっているので後攻で動くこのデッキにはとても相性のいいカードだと思います。 まとめ ということで今回はガイアデッキの紹介でした。 こちらのデッキは各カードがとても安い値段で入手できるので気になってる方はぜひ組んでみてはいかがでしょうか!! こちら、デッキの自由枠がとても多いので自分好みのカスタムしやすいデッキです。 デッキを使うのに慣れてきたら自分好みにカスタマイズしてみましょう。 ちなみにマストはこんな感じで使ってます。 それではデッキ紹介終わります。 またお会いしましょう。

次の

【2020年 ガイア】デッキの回し方、対策方法が分かる解説記事

竜 騎士 ガイア プリズマ

1 :このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。 デッキから「融合」通常魔法カードまたは「フュージョン」通常魔法カード1枚を手札に加える。 2 :EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せて発動できる。 そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を自分の墓地から選んで裏側守備表示で特殊召喚する。 そして《E・HERO プリズマー》のようにエクストラデッキの融合モンスター素材を参照して、裏守備で蘇生する効果が備わってます。 《竜魔導の守護者》のスペック。 まず、手札を切って融合カードをサーチして、蘇生効果に繋げる流れですね。 闇属性・レベル4・ドラゴン族という恵まれたステータスにより《忍び寄る闇》等でサーチできます。 《竜魔導の守護者》のいずれかの効果を使うターンはエクストラデッキから融合モンスターしか出せませんが、融合召喚でなくてもいいので、それこそ《サイバー・ドラゴン》を蘇生して相手の機械族やエクストラモンスターを「キメラテック」で吸える訳ですよ。 冒頭部分がここで活きてきましたね。 ちなみに《インスペクト・ボーダー》が居ると《竜魔導の守護者》は動けないので、あしからず。 《竜魔導の守護者》による蘇生は裏側なので、戦闘耐性を持つ《魂を削る死霊》やリバースで動ける《召喚師アレイスター》辺りも意味のある選択肢ですね。 《竜魔導の守護者》は《融合徴兵》をサーチ可能なので、彼は融合魔法のみならず融合素材も調達できるってのは偉大なのでないでしょうか。 《融合回収》によるリカバリーを挿せるのもいいですね。 お馴染み《簡易融合》からの除去やら獣族の《フラワー・ウルフ》等を揃えて《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》、カード名を変える《融合識別》で《竜魔導の守護者》をテーマカードにしてXYZモンスター、コンタクト融合、剣闘獣といった道もあって素敵やん。 やはり《竜魔導の守護者》を融合素材に巻き込める方がスマートなので、検討枠。 《呪符竜》• 《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》• 《竜騎士ブラック・マジシャン》• 《重装機甲 パンツァードラゴン》• 《天翔の竜騎士ガイア》• 《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》• 《ビーストアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》• 《エルシャドール・ミドラーシュ》• 《捕食植物ドラゴスタペリア》• 《捕食植物キメラフレシア》• 《D-HERO デッドリーガイ》• 《E・HERO エスクリダオ》• 《スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン》• 《召喚獣カリギュラ》• 《エルシャドール・ミドラーシュ》• 《ミレニアム・アイズ・サクリファイス》etc 発売時期的には《竜魔導の守護者》でマジシャンをコストに《円融魔術》をサーチ、蘇生から融合。 《竜騎士ブラック・マジシャン・ガール》や《竜騎士ブラック・マジシャン》の流れです。 かなりスマートになるのは、上級モンスターを融合素材とする《天翔の竜騎士ガイア》や《竜破壊の剣士-バスター・ブレイダー》。 《竜魔導の守護者》で《暗黒騎士ガイア》を捨てて融合カードをサーチ、エクストラデッキの《竜騎士ガイア》を見せて蘇生効果を使い、《天翔の竜騎士ガイア》の融合素材+融合カードを揃えられるようになりました。 「《混沌の場》+《竜魔導の守護者》=《天翔の竜騎士ガイア》」等を狙える動きなので、「フィールド魔法+融合」を軸に《竜魔導の守護者》をやってみたいなと。 上手いこと融合サポートのフィールド魔法《融合再生機構》とかありますし。 以上、融合界のナイスミドルレンジ《竜魔導の守護者》の話でした。 融合もいい時代になりましたねぇ。 つくづく思います。 ではまた! girudoya.

次の