ナウシカ。 【ネタバレ注意】風の谷のナウシカ、原作での「テトの死」が悲しすぎ | シネパラ

スイーツ工房 ナウシカ

ナウシカ

「風の谷のナウシカ」漫画原作でナウシカ、アスベル、ケチャのネタバレは? まずは「風の谷のナウシカ」漫画原作での、ナウシカ、アスベル、ケチャの3人のネタバレをしていきますね。 「ナウシカってどんな話だっけ?」 「ケチャって誰?」 という方のために、考察の前におさらいしていきましょう。 最初は物語のネタバレも含めて、主人公のナウシカから紹介していきます。 ナウシカの登場人物 ナウシカ 16歳。 風の谷の族長の娘です。 ペジテの船が風の谷へ墜落したことをきっかけに、トルメキアと「土鬼(ドルク)」という二大勢力の戦争に巻き込まれていきます。 ナウシカもトルメキア軍として参加します。 そして世界に起きている異変、腐海の謎へと迫っていきます。 最後はナウシカ達の世界をつくった「神」ともいえる、旧人類と対決します。 ナウシカは旧人類の残したテクノロジーを破壊し、腐海の毒から救われる道を自ら閉ざします。 続いてはアスベルです。 映画との違いも含めて見ていきましょう。 ナウシカの登場人物 アスベル 16歳。 ペジテ市の王子です。 ペジテ市は巨神兵の秘密を握っていたため、クシャナ率いるトルメキア軍に襲撃を受けます。 アニメ映画版では女性や子供など、生き残った人々もいました。 一方で原作漫画では避難船が風の谷へと墜落したので、ペジテ市は壊滅しています。 ナウシカがトルメキアに従軍したあとは、ユパ達と行動を共にします。 しかし最後はナウシカを助けるため、旧人類との決戦の地へと向かいます。 最後はケチャです。 映画しか見たことのない方にとっては馴染みのないキャラなので、簡潔に紹介いたしますね。 ナウシカの登場人物 ケチャ 年齢は不明ですが、ナウシカやアスベルと同じ年ごろだと思われます。 ナウシカとぺジテの服を交換した、ラステルの母と一緒にいた少女に外見のイメージは似ています。 原作「ナウシカ」で、トルメキアと双璧をなす巨大国家「土鬼(ドルク)」。 土鬼(ドルク)は連合国家で、ケチャの一族も属していました。 しかし国家ぐるみの陰謀に巻き込まれ、一族は壊滅。 それからはユパやアスベルと動きます。 そしてこの三角関係の結末は…… 世界の命運を賭けた全てが終わり、アスベルとケチャは再会を抱き合って喜びます。 ナウシカは微笑みながらその様子を見つめ、生きていくことを決意します。 アスベルがパートナーとして選んだのは、ケチャだったようですね。 それでは、ナウシカとアスベルが結ばれなかったのはなぜでしょうか? スポンサードリンク 「風の谷のナウシカ」の漫画原作でアスベルと結ばれないのはなぜ? 「風の谷のナウシカ」の漫画原作で、ナウシカとアスベルが結ばれなかったことに驚いた方は多いでしょう。 「納得できない!」という方のために、理由を考察してみました。 まず結論を言いますと、 旧人類のテクノロジーを破壊するという決断のために、ナウシカは博愛でいなければならなかったから ではないかと思います。 旧人類には、ナウシカたちが生き続けられるように、体を作り替える技術もありました。 しかしナウシカは、旧人類の言葉を全て拒絶します。 自分たちの乗り越える力を信じて、あえていばらの道を選びました。 特定の愛する人や守りたい人がいた場合、この選択は難しかったでしょう。 旧人類の提案を受けて、もっと楽な方法を選んでいたはずです。 そしてナウシカの最後の決断ですが、 「勝手に大切なことを決めてしまって、ナウシカは自分勝手だ」 「ナウシカの主張もわからないでもない」 と、ファンの間でもいまだに賛否が分かれます。 しかしナウシカは、人類も蟲(むし)も植物も愛する博愛です。 そしてナウシカの奮闘する姿を見て、風の谷の人々はもちろん、トルメキア軍、蟲(むし)、巨神兵までもが心を動かされます。 全てに愛されたナウシカだからこそ、この思い切りすぎた決断も許されたのです。 こうして戦争も終わり、普段通りの日々が戻ってくるであろうナウシカの世界。 読者が気になるのは「アスベルとケチャはどうなったのか?」ということですよね。 スポンサードリンク 「風の谷のナウシカ」の漫画原作でアスベルはケチャとはその後結婚したのか? アスベルとケチャが結婚したのかどうか考察してみたいと思います。 再会したアスベルとケチャが結婚したのかどうか、原作には描かれていません。 しかし結婚したのだろう、と思っています。 私たちの現実世界でも、第二次世界大戦後にベビーラッシュがあったことは有名です。 自然界では、破壊の後に再生があります。 ナウシカの世界の人々は、私たちよりもっと自然に近いところで生きています。 再生への道を選ぶことは、より当然のことのように思えます。 またアスベルは、ぺジテ市の王子です。 有名な人物の幸せなニュースは、それだけで人々の希望になるでしょう。 「それではナウシカはどうなるの?」 という方のために、少しだけナウシカの最後についても触れておきますね。 腐海の中で暮らし、世界の秘密を知る「森の人」と呼ばれる一族に、ナウシカは保護されます。 ナウシカを介抱したのは「セルム」という名の青年でした。 最後のナウシカの決断のことを知っていたのは、セルムただ1人です。 セルムはナウシカに「共に生きましょう」と言います。 ナウシカもそれに対し「ハイ」と答えます。 ナウシカのその後は不明です。 しかし伝承の1つに、「森の人の元へ去った」と記されているそうです。 ナウシカもまた、セルムというパートナーを見つけたのかもしれませんね。 スポンサードリンク 「風の谷のナウシカ」の漫画原作ナウシカ、アスベル、ケチャまとめ ナウシカ原作漫画の恋愛模様、いかがでしたか? 最後に付け加えておきますと、ナウシカとアスベルは恋愛関係にこそなりませんでしたが、お互いに「特別な人」と思っているようです。 ナウシカは、アスベルに巻いてもらった包帯を常に身につけ、愛おしそうに眺める描写が何度も出てきます。 アスベルは最終決戦におもむくとき、心の中でナウシカを「ぼくの愛する風使い」と呼んでいます。 崩れ落ちていく旧人類の遺跡の中で、動けなくなっていたナウシカを救ったのもアスベルです。 もしナウシカとアスベルが恋愛的にパートナーとなっていたら、物語の展開は大きく変わっていたことでしょう。 行動派のアスベルことです。 「天空の城ラピュタ」のパズーとシータのように、ナウシカと2人で旧人類と対決していたかもしれませんね。 画像出典アンク@金曜ロードSHOW!公式:.

次の

漫画『風の谷のナウシカ』5分でわかる原作の魅力!映画版より面白い?【全巻ネタバレあり】

ナウシカ

C スタジオジブリ ナウシカの基本情報をまとめていきます。 声優 島本 須美 性別 女性 年齢 16歳 出身 風の谷 地位 風の谷の姫 特技 メーヴェ 凧 それぞれの項目についていきましょう。 ナウシカと風の谷の民たち ナウシカは風の谷の族長ジルの末娘になります。 母親と、10人いた兄弟はみな腐海の毒に侵され亡くなってしまっておりナウシカだけが生き残りました。 谷の少女たちを妹のように可愛がっており、少女たちからは「姫ねえさま」の愛称で呼ばれ慕われています。 また、風の谷に住まうすべての民たちからも絶大なる信頼を得ています。 ナウシカとトルメキア 率いるトルメキア軍は辺境の国々を統合するため風の谷にきました。 劇中では、風の谷の族長であるジルをトルメキア兵が殺害してしまうため、風の谷とトルメキア軍は敵対関係になります。 しかし戦力の差から、トルメキア軍とまともに戦っては風の民の命が危険に晒されますので、ナウシカは悲しみと怒りを抑え民のためにトルメキア軍に従うことを決意します。 ナウシカの性格 ナウシカは風の谷の民を愛し、他国の人々も等しく愛し、そして腐海の木々やそこに住まう蟲たちすらも平等に愛する心をもつ純粋で心優しい少女です。 風使いとして大気の風を読む能力に優れメーヴェ 凧 を自由自在に乗りこなし、剣術にも優れています。 風の谷の城の地下にあるナウシカの秘密の部屋では、腐海遊びで手に入れた腐海の植物を栽培し研究しており、腐海の毒は土が汚れている為だということを発見しました。 このことから、ナウシカが大変聡明であることがわかります。 ナウシカの声優 劇中でのナウシカの声を担当されているのは、島本須美 しまもとすみ さんです。 ナウシカのほか、「ルパン三世カリオストロ城」のクラリス、「それいけ!アンパンマン」のしょくぱんまん、「名探偵コナン」のコナンこと工藤新一の母である工藤有希子などの声優を務められています。 宮崎駿監督より指名され「ルパン三世カリオストロの城」のオーディションに参加し、見事にクラリス役に抜擢されたという逸話があります。 「カリオストロの城」を皮切りに、島本さんは宮崎駿監督の作品に多数出演することなり、「風の谷のナウシカ」では主人公であるナウシカ役、「となりの」ではとの母親役、「もののけ姫」ではトキの役など数多く出演されています。 「もののけ姫」に出演後は、宮崎駿監督が、声優を専業以外からの起用にシフトしたこともあり、「もののけ姫」以降は宮崎駿監督の作品には出演されていません。 ナウシカの名シーン・名セリフ ナウシカの名シーンや名セリフについて解説していきます。 ナウシカは心温まる名シーンから、人と自然のあり方、生命との向き合い方などを考えさせられるような名シーンなど数多く残しています。 ほらね、怖くない。 ね?怯えていただけなんだよね。 C スタジオジブリ キツネリスのテトに案内されて、ユパがナウシカの秘密の部屋に来た時にナウシカが言った言葉です。 トルメキア軍が風の谷に攻め入り、父親であるジルをトルメキア軍に殺されたのを見たナウシカは、我を忘れトルメキア軍の兵士たちを何人も殺してしまいます。 その場はユパが収めましたが、ナウシカは自分がしてしまったことに対して後悔と自分自身への恐怖を感じユパに相談します。 普段は慈愛に満ちているナウシカですが、やはり最愛の父を殺されたのを目の当たりにすると別人のようになってしまいました。 感情は簡単にコントロールできるものではありません。 自らの立場は理解しているナウシカであっても、一人の人間であるということがよくわかるシーンです。 姫様、笑うておる。 C スタジオジブリ 腐海の森の上空で城オジたちが乗っているバージ 小型貨物機 が墜落しかけ、慌てる城オジたちをなだめる為にナウシカがマスクを外したシーンです。 マスクをしなければ腐海の瘴気で肺は5分と持ちません。 そんな腐海の上空で、なんとナウシカはマスクを取り笑いかけます。 腐海という蟲たちがすまう世界に墜落しかけているという状況で冷静さをなくし、ナウシカの声も聞こえない城オジたちですが、ナウシカのこの行動によりパニックは収まりなんとか墜落を免れます。 城オジたちを助けるため、危険を顧みずにマスクを外す決断をするその覚悟と勇気は簡単にできることではありません。 ナウシカの皆を率いるものとしての覚悟がよく伝わります。 腐海の木々は人間が汚したこの世界をきれいにするために生まれたの.

次の

漫画『風の谷のナウシカ』5分でわかる原作の魅力!映画版より面白い?【全巻ネタバレあり】

ナウシカ

稲葉振一郎著。 宮崎駿『風の谷のナウシカ』(以下『ナウシカ』)の解読本。 ジブリ作品の「解読本」としては、私の読んだ中では異色かつ白眉の一冊。 『ナウシカ』をユートピア文学と捉え、作中からさまざまな論点を提起し読み解いていく。 かなり衝撃を受けました。 著者の稲葉さんは現在、明治学院大学助教授。 専攻は、なんだっけ・・・倫理社会学?1996年(七年前)初版発行。 現在読み返してもまったく違和感を感じない、現代的な視点(むしろ出版当時より現代的だと思う)を感じさせる。 ユートピア論そのものがすぐれて現代的なせいかもしれないが。 ------「政治」と「倫理」を巡る様々な問題について考えさせられる一冊。 個人的には、この本からノージックらのリバータリアニズム、テロをめぐる問題(文中では加藤朗が紹介されてるが)、ハンナ・アレント・・・と興味が広がりました。 解釈や論理の是非はともかくとして、ナウシカをネタにそっち系を考えてみたい方にはお勧め。 あと、「忘却の穴」とか万人が体制にとって潜在的に絶対の敵となる「状況」にゾッとしたい方にもお勧め。 やっぱり現代的だなぁ。 漫画ナウシカをよく整理して読み解きたいとの思いからこの本を読み始めたのだけれど、やはり難しい。 社会学や哲学に興味はあるものの、専門知識がなさすぎる自分にとっては、本書を読み進めるのに一つ一つの言葉を丹念に調べて行かねばならず、読み終えるのに大変苦労した。 ただ、最初から最後まで難解だというわけでもなく、直接ナウシカのテクストを扱っているページが本書全体の半分くらいあり、その辺りは専門知識がなくても比較的読みやすかった また、考察自体は納得できるものがあり、特に「同じ一つの事実と向かい合い、同じ一つの世界に共に生きているからこそ、様々に異なる立場、様々に異なる価値観のもとにある人々は、己の内に閉じこもることを許されないのである」という指摘には考えさせられるものがあった 本書は、現代のユートピア論として漫画「ナウシカ」の思想的意義を紡ぎだし、その限界を見定めようとする、大真面目な試みである。 著者は社会学者らしいが、本書は学者が自分の知識をひけらかすためにキャッチーな題材としてマンガやアニメを利用するだけの著作とはまったく違うし、せまい意味での「社会学」の枠に収まる内容でもない。 著者は自らも考えることを読者に対して容赦なく要求する。 現代哲学の理論的な話題も登場する。 論述の密度もかなり高い。 つまり、本書が「難解」であるのは、本書の知的水準が高いためだろう。 (他のレヴューにヨーロッパの哲学の素養が必要だと書いてあるが、それを言い出すなら英米系の分析哲学や本邦の政治思想史の知識も必要だ。 都市論のジェイコブズや哲学のノージックはアメリカ人だよー。 )とはいえ、最低限の説明は本文中でされている。 だから別に、求められる専門「知識」の水準が高いわけではない。 むしろ話題の広さが本書を「難解」にしているのかもしれない。 文体の硬さも余計に難しく見えることの一因か。 いずれにしても、「ナウシカ」がそれだけの思考を要求してくる作品であるということ、つまり、本物の社会的あるいは政治的・倫理的・哲学的問題を提起せずにはいられない作品であること。 私としては、アーレントを援用したノージック批評からナウシカの「倫理」を読み解く第五章が、とくに圧巻だと思う。 たいへん刺激的なナウシカ論だった。 「ナウシカ」の孕んでいるテーマが深甚であるだけに、言葉と概念とをもって語られることの意義は大きい。 特にマンガ「ナウシカ」は、アニメ版が環境や権力など諸問題の「形象」であるに留まるのに対して、諸問題が複雑に入り組みしかも二転三転する。 概念を用いてそれを解明するという意味で、本書は「読解」でなくて「解読」という題を冠するのだと思う。 ……「青き清浄の地」が、実は触れがたき地であるという事実。 ここに論旨があり、『人間の条件』や『啓蒙の弁証法』なんかを参照してユートピア論を展開する。 本書はむしろ「ナウシカ」という親しいテクストを介したアーレントやアドルノ・ホルクハイマーの入門書かもしれない。 けれども「ナウシカ」のユートピア観が相当ハイレベルなものであることは解る。 読んで実際スゴいと思った。 著者が、宮崎駿は思想家だと言っている箇所があるが、私もそれに同意したいと思う。 論の展開がテクストの複雑さに引き摺られている点、著者はもう少し修行が要る。 単にジブリ作品をネタとしたありがちなものではなく、この本は学者が知見を駆使してマジでナウシカを解読しています。 分析考察は容赦なく難解ですが、同時に画とセリフが小説のようにわかりやすく的確に言語化されており、この点が本当に素晴らしい。 漫画の表現の限界というか困難というか、漫画で表現すると難しいことが文章にすると随分判りやすくなるものですね。 そんなことを感じました。 それにしても、ここまで人口に膾炙した作品で人間のジレンマに触れるベリーダークな世界観を表現できる宮崎駿ってほんとに凄い。 しかしながら伝わりづらい部分も大きく、そこを補足し深堀するという誰かが成すべき仕事を本書は成したと思う。 巻末の駿インタビューも大ボリュームで買って損はないとおもいます。 多少難解だとしても。 よくある解説本とは違い、とても優れたユートピア論でした。 マンガ版ナウシカで、旧世界のエコ・テクノクラートたちは、汚れた旧世界を滅ぼし世界を浄化し、真の理想の生態系である「青き清浄の地」を創造しました。 アニメ版では、「青き清浄な地」として描かれた場所が、実は選ばれた(遺伝子操作で去勢された)人類しか入ることができない外部であるが故に、政治指導者ナウシカは、それを否定し、歴史から封印しました。 僕は、この部分に物凄い衝撃を受けました。 それ以外は選択肢がありえないある種の理想であり、それを拒否すれば現生人類は滅びる可能性もあるのに、誰にも何も言わずナウシカは、それを封印してしまったからです。 この部分を、ちゃんと理解したかったので、とてもいい参考書になりました。 確かに、アーレント、ノージックやジェーン・ジェイコブズが普通に引用されるので、ヨーロッパ哲学をかじっていない人には、難解な概念が続出する。 けれど、分かりやすいある意味教科書的な導入書だと僕は感じました。 最近『経済学という教養』という、「目利きの素人ファン」を育てるという意図で書いた作品がある稲葉振一郎さんですが、こうした素人のための教養的位置づけを考える人は、専門家ではなくて、素人に分かってほしいという視点を持っている人です。 この本も、その片鱗を感じます。 別にこんな解説を読まなくても、宮崎駿監督の作品は、最高のエンターテイメントであり、それで十分だとは思います。 黒澤明監督の作品の思想性を語ること自体が、間違いなのと同じことです。 しかし、ことマンガ版ナウシカの深さは、何かが違うと感じていましたが、これを読んで、すっげぇぇ~と、唸りました。

次の