カズヒロ。 カズ・ヒロ

藤田菜七子騎手、岩田康誠騎手に「俺に謝らせるなよ!」と言われ涙…

カズヒロ

概要 [ ] 在住。 、、大学院を卒業。 多摩美術大学では、に師事していた。 NHKの公募番組『』に入選し、作家活動に入る。 2012年、アニメーション制作会社「」の設立に参加。 作風 [ ] 独創的な世界を描く アニメーション作家。 繊細で優しい作風を持ちながら、力強い描写も得意。 動物、自然物、建物、乗物の描写を得意とする。 作品によっては絵柄を変える時もある。 コンピューターソフトと画材の併用で描く事も多い。 画材はアクリルガッシュ、色鉛筆、ペン、シャープペンシルなど。 ソフトはAdobe PhotoshopとAfterEffectsを主に使用。 アクリルガッシュの時は、味わい深い彩色をする為に、下地にテクスチャーや色を多く塗り重ね、筆先が開いた安物の筆を使用することもある。 人物 [ ] 幼い頃からNHKが好きで「」の映像を作る事に、強い憧れを抱いていた。 現在フリーのアニメーション作家として活動し、これまでに「みんなのうた」の映像を4本手がけているが、今でも「みんなのうた」が大好きである。 受賞歴 [ ] 2000年• NHKBSデジタル・スタジアム入選/爆走BABY• JACA日本ビジュアルアート展入選/絵画「街」 2001年• NHKBSデジタル・スタジアム入賞/青い部屋 2005年• 文化庁メディア芸術祭アート部門優秀賞/アニマ• デジタル・スタジアム入賞 デジスタアワード最終審査ノミネート /アニマ• 東京ネットムービーフェスティバル優秀賞/アニマ• 東京芸術大学大学院修了制作デザイン賞/アニマ• NHKBSデジタル・スタジアム入選/春 Spring 2006年• 東京アニメアワード公募学生部門優秀作品賞/アニマ• ソウル国際アニメーションフェスティバル入選/アニマ 2009年• Youtubeビデオアワードジャパンノミネート/DOUDOU 主な作品 [ ] 2002年• DOUDOU(自主制作アニメ) 2005年• 空へ(歌・、、アニメ制作• ANIMA(自主制作アニメ) 2007年• のびろのびろだいすきな木(歌・、NHKみんなのうた、アニメ制作、NHKハート展テーマソング 2008年• CRYSTAL CHILDREN (歌・、NHKみんなのうた、アニメ制作• ある夜の物語(、アニメ制作)• What's a wonderful world(教材用ミュージックビデオ、アニメ制作)• (監督作品、背景美術一枚提供) 2009年• 龍馬伝 龍馬30Seconds(NHK高知 をイメージしたスポット)• 四季(、の題名を使った10秒のショートアニメ制作)• (NHKBS、タイトル映像. 魔法の料理〜君から君へ〜(歌・、NHKみんなのうた、アニメ制作• TVアニメ「」第8話「えんそくにいく」(NHK、アニメ制作)• (、一部イラスト制作) 2011年• ジュウガイア(YouTubeNextUp支援アニメ、製作中)• 「フュースリ/夢魔」(NHKBS、アニメ部分制作)• 額縁をくぐって物語の中へ「ボッティチェリ/春」(NHKBS、アニメ部分制作) 2012年• TVアニメ「」(劇中絵本「ことりとり いろいろのいろ」の挿絵やEDイラストを担当)• 童話「トム君はめいたんてい」(挿絵) 2013年• 「よりそう」(NHK、アニメ制作)• あいうえおうさま(BS11、コンテ・撮影などを数話担当)• TVアニメ「」(絵を数枚提供)• (フジテレビ、オープニング制作)• (歌:、NHKみんなのうた、映像・CDジャケットイラスト制作)• 劇場版アニメ「」(一部背景を制作) 2014年• TVアニメ「」(エンディング映像制作) 2015年• アニメPV「」(監督) 2016年• TVアニメ 「」(第9話、特殊効果を担当)• TVアニメ 「」(第13話、演出)• TVアニメ 「」(コンセプトデザイン) 2017年• 劇場版アニメ 「」(コンセプトアート) 出典・脚注 [ ].

次の

カズ・ヒロ

カズヒロ

ついにアカデミー賞が発表されましたね、私はジョーカーに絞っていましたが、やはり作品賞は難しかったのでしょうね 笑 ネタについては、ここではネタバレになりますので申し上げにくいのですが、不安要素を助長するようなことをしたくなかったような一面もありえますよね。 でもホアキンフェニックスの減量と言い、この作品には非常に情熱を感じて他なりませんでしたが…それでも今回驚いたのが、またメイクの部分でカズヒロさんが2年ぶりにメイクアップ賞を受賞されたことですよね! これには本当に驚きましたし、やはり2年ぶりとはいえ直近で賞を受賞されているわけで、これで前回初受賞したのが実力だった!と更に印象付けたように思います。 日本人として嬉しい限りですが、少し気になったコメントがありましたね…日本では夢がかなわない。 これには一体何が隠されているのか、 日本文化が嫌いになったきっけかや原因、このあたりを推察していきたいと思いますが、他にも同賞を受賞した巧みな特殊メイク方法についても少し触れておきたいと思います。 Sponsored Link カズヒロ メイクアップアーティスト が日本文化を嫌いになったきっかけや原因とは… 日本人でありながら、何故日本文化が嫌いになってしまったのでしょうか。 この日本文化というのは伝統芸能などを指しているのではなく、 恐らく日本の習慣と言いましょうか、日本人の考え方などを指しているように感じるのですが、日本では何かとしがらみが多いですよね。 年齢を重ねるごとに、自分ではどうしようもないような障壁があったり、あとは実力がありながらもそれを評価しないような風潮があったり、確かにカズヒロさんが言う、特殊な日本文化はあるように思いますよね。 アメリカではそうではないのかもしれませんが 笑 勝手なイメージだと自由の国、そして誰にでもチャンスがあるようにも感じますね!例えば芸人の綾部さんがアメリカに行かれていますが、それも一握りのチャンスを掴みに行っていますし、 日本では限界を感じた所もあるのかもしれませんね。 原因は人間関係ともいわれていますが、やはりそうなるとしがらみなのでしょうね…自分はこうしたくても、会社が、組織が、先輩が、師匠がそうはさせてくれない、認めてくれない、自分がしたいことと真逆な事をしなければならない。 恐らくそのようなことなのでしょうね、きっかけはアメリカに行く前になるのでしょうから、1996年頃でしょうかね、 代々木アニメーション学院で講師を務められたりしていた頃でしょうから、もしかするとこの頃までには既に人間関係の悩みを少なからず持っていたことでしょう。 誰かを教えるということに疑問を感じたり…はたまた組織の中で何を成果にして、誰の為にどうするのかなど、疑問に感じることがもしかするときっかけや原因になったことも考えられるかもしれませんよね。 カズヒロが実践する特殊メイクの方法とは? 1996年ぐらいまでに、日本でカズヒロさんんい特殊メイクを習っていた生徒にとっては、本当に鼻が高いことでしょうね 笑 私が元生徒なら、絶対に自慢していると思います。 世界に羽ばたくメイクアップアーティストですからね…今後も間違いなく活躍をすることでしょう。 さて、カズヒロさんが実践されているメイク方法についてですが、少し調べて見ましたが、どうもほとんどのメイクアップアーティストが実践しているようなメイク方法は、基本的に顔の部分を覆う様なメイク方法をしつつ、実写の本人に寄せていくようなメイクをするのが基本のようです。 ですが、カズヒロさんのメイク方法については、少し違うようで、 部分的にメイクで盛ったりと元々の素材を生かしつつ、そしてカズヒロさんのメイクものせつつで作り上げていくようです。 今回の作品でもカズヒロさんのメイクは女優さんの元々の顔もしっかり残しつつ、そしてご本人にも似せていくようなナチュラルなメイクをされていましたので、うまくメイクをされているな!というような印象でした。 Sponsored Link カズヒロは結婚しているの?子供については… カズヒロさんですが、2000年代でかなり多くの活躍をされているのですが、ここ最近日本でも注目をされるようにはなりましたよね。 そんなカズヒロさんは既にご結婚をされているのか?少し調べて見たのですが、嫁さんと子供についての情報が一切ありませんでした 笑 今回のような授賞式には、意外と夫婦で出席とかあり得るのではと思っていたのですが…。 ブログ運営者:土屋 みつる 昭和から平成になる頃、日本に生まれました。 自称、WEB編集者の自動車マニアなわたくし土屋 みつるが、基本的には、皆様に役立つ自動車に関する裏話や色々な情報を発信してまいります。 小学校低学年からプラモデル、ミニ四駆の製作に没頭し、高学年になる頃には、両親の車の洗車やタイヤ交換をし始め、中学生になる頃には、車の軽整備なども、両親の影響ではじめました。 国産車や外国車についても、浅い所から深い所まで、精通しております。 最近の若人たちの車離れを、食い止めるべく、車の良さ、凄さなどを分かって頂きたいために、様々なエピソードやお役立ち情報など紹介してまいりたいと思います。 どうぞお楽しみください。

次の

藤田菜七子騎手、岩田康誠騎手に「俺に謝らせるなよ!」と言われ涙…

カズヒロ

この節のが望まれています。 主に: 学歴を詳細に 子供の頃に『』を見て映画に興味を持った。 京都・時代、地元の洋書店で手に入れた映画雑誌で、俳優がによるでそっくりに演じる様子が紹介されているのを見て、メイクを志した。 自分の顔でリンカーンのメイクを試すとともに、その写真を添えた手紙を雑誌に載っていたディックの住所に送ると「アメリカにも良い学校はないから、独学が一番だ」という趣旨の返信が来て、特殊メイクを学び始めた。 で講師を務めたり、の工房スタッフ時代にディック・スミスが特撮の総指揮を務めた邦画『』のメイクに携わったりした後に、に単身渡米。 ディック・スミスに師事し、その後に兄弟子の工房「シノベーションスタジオ」に所属して『』『』などに携わった。 公開のアメリカ映画『』で特殊メイクを担当。 で、と共ににノミネートされたが、受賞はならなかった。 でもアメリカ映画『』でと共に2年連続でにノミネートされたが、受賞はならなかった。 その後はの分野に転向し、にの壮年期・晩年の2倍サイズの頭像を制作。 ニューヨークの美術展に出品している。 公開の映画『』で、主演をオファーされていたから2016年に「あなたが(特殊メイクのオファーを)受けなければ、私はこの作品には出ない」と言われ、一週間迷った末に映画界復帰を決意。 ゲイリー・オールドマンの特殊メイクを担当し、においてを日本人として初めて受賞した。 アカデミー賞では1993年に衣装デザイン賞を受賞した以来25年ぶりの日本人の個人受賞である。 なお、この第90回アカデミー賞で作品賞を受賞した『』のクリーチャーにも参加している。 2019年3月に日本国籍を離れて、米国の市民権を取得。 名前をカズ・ヒロ(Kazu Hiro)に改名した。 米国に帰化した理由として、日本での人間関係に悩んでいたため国籍を切ることで解決したかったこと、また個人としてのアイデンティティを確立するには日本国籍を捨てる方が良いと考えたことを挙げている。 からの強い希望により、2019年公開の映画『』の特殊メイク担当に参加。 主な作品 [ ] 特殊効果 [ ]• Men in Black(1997)• The Devil's Advocate(1997)• Nutty Professor II: The Klumps (2000)• Men in Black II 2002• The Cave(2005) メイクアップ [ ]• (1989)• (1991)• (1992)• (1997)• Life(1999)• Wild Wild West(1999)• How the Grinch Stole Christmas(2000)• Planet of the Apes(2001)• Men in Black II 2002• The Ring(2002)• The Haunted Mansion(2003)• Hellboy(2003)• The Ring Two(2005)• Click(2006)• Norbit (2007)• Enchanted(2007)• Tropic Thunder 2008• The Curious Case of Benjamin Button 2008• Joe: The Rise of Cobra 2009• Salt 2010• Looper 2012• Darkest Hour 2017• Bombshell 2019 その他 [ ]• Mighty Joe Young(1998) 受賞 [ ]• )』)• (2018年) - (『( Darkest Hour)』• 在住映画ジャーナリスト) 2020年1月14日. 2020年1月15日閲覧。 シネマトゥデイ. 2020年1月15日閲覧。 『日本経済新聞』朝刊2018年2月22日(文化面)。 『毎日新聞』朝刊2018年3月18日(4面)。 ORICON NEWS oricon ME. 2018年3月5日. 2018年3月5日閲覧。 シネマトゥデイ シネマトゥデイ. 2018年2月26日. 2018年3月6日閲覧。 東洋経済新報(2020年1月21日作成). 2020年2月10日閲覧。 産経新聞(2020年2月10日作成). 2020年2月10日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• kazustudios -• - (英語)• アカデミー賞 -• 2008• 2011年度までは「メイクアップ賞」• 『』(名誉賞・)• 『』(名誉賞・)• (・)• 『』(名誉賞・)• (・)• (・)(・)• 『』黒澤明(・)• キヤノン()(・)• (・)• (・)• (・)• (名誉賞・)• 富士写真フイルム(科学技術賞・)• 宮城島卓夫(科学技術賞・1990年)• (・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 宮城島卓夫(2つの科学技術賞を同時受賞・1998年)• 宮城島卓夫(・)• (・)・()(科学技術賞・)• 『』(・)• (・)• 『』(・)• (科学技術賞・)• 『』(・)• 『』(・)• (・・)(科学技術賞・)• 富士フイルム(・・)(科学技術賞・)• (名誉賞・)• (・・・)(科学技術賞・)• (科学技術賞・)• ソニー(・ほか)(2つの科学技術賞を同時受賞・)• (・)•

次の